オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
感情を読み取る分析ユニット「ExoLife Emotion Engine」がゲーム市場向けに販売開始
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/09/12 16:34

ニュース

感情を読み取る分析ユニット「ExoLife Emotion Engine」がゲーム市場向けに販売開始

 ニューヨークを拠点とするEmoShapeは現地時間の9月11日,感情分析ユニット「ExoLife Emotion Engine」の予約販売を初めてゲーム市場向けに開始した。ハードウェアメーカー向けの「ExoLife Processing Unit II Chip」(EPU II)が150ドル,一般向けのUSB対応外付けユニットが249ドルという価格で,公式サイトにて4週間後の配送開始を目途に予約を受け付けている。

感情を読み取る分析ユニット「ExoLife Emotion Engine」がゲーム市場向けに販売開始

 「ExoLife Emotion Engine」のEPU IIには,怒り,恐怖,悲しみ,嫌悪,無関心,後悔,驚き,予想,信頼,自信,願望,そして喜びという12種類の感情パターンを64兆個にもわたり解析できる自社開発のアルゴリズム「Emotional Profile Graph」(EPG)が搭載されている。会話による感情分析の精度は94%にも達し,これを利用することでロボット玩具やIoTデバイスに感情を与えたり,利用者の感情に応えたりすることが可能となる。

感情を読み取る分析ユニット「ExoLife Emotion Engine」がゲーム市場向けに販売開始
感情を読み取る分析ユニット「ExoLife Emotion Engine」がゲーム市場向けに販売開始

 これが実際にどのようにゲームソフトに使えるかは不明だが,ExoLife Emotion EngineはWindows,Mac OS,Android,そしてRasberry Piに標準対応しており,「Unity」及び「Unreal Engine」向けのプラグインも公開されている。EmoShapeでは,元Pixerのアニメーションディレクターを雇用し,その概念実証(Proof of Concept)となる内製ゲーム「Dreams」を開発しているという。

 EmoShapeは,過去4年以上にわたって「ExoLife Emotion Engine」を開発し,これまでIT業界のイベントやカンファレンスなどでは多くのデモを公開してきた。対応ゲームソフトがまったくない現時点で,一般消費者が「ExoLife Emotion Engine」に飛びつく魅力はないと思われるが,今後のゲーム市場では大きな可能性を秘めているのではないだろうか。

「EmoShape」公式サイト

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月26日〜09月27日