オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド公式サイトへ
  • 任天堂
  • 発売日:2017/03/03
  • 価格:6980円(税別)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
92
投稿数:16
レビューを投稿する
海外での評価
97
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
[TGS 2017]日本ゲーム大賞が決定。大賞は「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」,経済産業大臣賞はPokémon GOプロジェクトチーム,ゲームデザイナーズ大賞は「INSIDE」が受賞
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/09/22 00:00

イベント

[TGS 2017]日本ゲーム大賞が決定。大賞は「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」,経済産業大臣賞はPokémon GOプロジェクトチーム,ゲームデザイナーズ大賞は「INSIDE」が受賞

 CESA(コンピュータエンターテインメント協会)が主催する日本ゲーム大賞 2017(JGA2017)で,年間作品部門の受賞作品,経済産業大臣賞,ゲームデザイナーズ大賞が発表された。

[TGS 2017]日本ゲーム大賞が決定。大賞は「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」,経済産業大臣賞はPokémon GOプロジェクトチーム,ゲームデザイナーズ大賞は「INSIDE」が受賞

 年間作品部門の大賞には「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」Nintendo SwitchWii U)が選出され,「Splatoon(スプラトゥーン)」に続き,2年連続で任天堂が受賞となった。
 なお優秀賞11作品,特別賞,ベストセールス賞,グローバル賞 日本作品部門,同 海外作品部門の選出作品は以下のとおり。選評は記事末に引用したリリース資料で確認してほしい。

大賞
タイトル メーカー
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(Nintendo SwitchWii U 任天堂
優秀賞
タイトル メーカー
Overwatch(PCPS4 スクウェア・エニックス
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(Nintendo Switch/Wii U) 任天堂
NieR:Automata(PCPS4 スクウェア・エニックス
仁王(PS4 コーエーテクモゲームス
バイオハザード7 レジデント イービル(PCPS4Xbox One カプコン
人喰いの大鷲トリコ(PS4 ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ファイナルファンタジーXV(PS4Xbox One スクウェア・エニックス
ペルソナ5(PS4PS3 アトラス
Horizon Zero Dawn(PS4 ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ポケットモンスター サンムーン(3DS) ポケモン
モンスターハンターダブルクロス(3DS カプコン
特別賞
タイトル メーカー
PlayStation VR(PS4 ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ベストセールス賞
タイトル メーカー
ポケットモンスター サンムーン(3DS) ポケモン
グローバル賞 日本作品部門
タイトル メーカー
ポケットモンスター サンムーン(3DS) ポケモン
グローバル賞 海外作品部門
タイトル メーカー
FIFA 17(PCPS4PS3Xbox One エレクトロニック・アーツ

 経済産業大臣賞はPokémon GOプロジェクトチームで,配信開始から約2か月で5億ダウンロードを達成したこと,ゲームユーザーの裾野を拡大して産業の発展に貢献したこと,ゲームを通しての地域活性化,被災地復興への貢献などが評価されて受賞に至ったとのこと。

 12人の現役クリエイターが選ぶゲームデザイナーズ大賞は,Playdeadの「INSIDE」(PC/PS4)が受賞した。
 本作は「LIMBO」を手がけたPlaydeadが開発した横スクロール型のアクションアドベンチャーゲームだ(関連記事)。一人の少年が謎の研究施設へ侵入するという話なのだが,ストーリーの説明やセリフなどはなく,展開される出来事の解釈はプレイヤーに委ねられる。
 審査員長である桜井政博氏のコメントによれば,心に残る印象的な描写など,他に類を見ない表現手法のオリジナリティが評価され,審査員からもっとも多く票数を得たという。

日本ゲーム大賞公式サイト



<以下,メーカー発表文の一部内容をそのまま掲載しています>

年間作品部門 各賞が決定!
『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(任天堂株式会社)
が大賞を受賞!

●任天堂作品が二年連続で大賞を獲得
●『PlayStation®VR』が特別賞を受賞!
●『ポケットモンスター サン・ムーン』がベストセールス賞とグローバル賞日本作品部門、そして優秀賞のトリプル受賞!

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会

「日本ゲーム大賞 2017(JGA2017)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、略称:CESA、会長:岡村秀樹) では、年間を代表するに相応しい作品が選出される「日本ゲーム大賞 年間作品部門」の受賞各賞を決定しました。栄えある「大賞」には、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(任天堂株式会社)が受賞しました。任天堂株式会社の大賞受賞は、昨年の「Splatoon」に続き、二年連続となります。

また、「優秀賞」、「特別賞」、「ベストセールス賞」、「グローバル賞 日本作品部門・海外作品部門」の各賞は、以下の通りです。

「日本ゲーム大賞 2017 年間作品部門」各賞一覧
(各賞内:カナ 50 音順)

受賞 タイトル 社名 プラットフォーム
大賞 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 任天堂株式会社 Nintendo Switch / Wii U
優秀賞 Overwatch 株式会社スクウェア・エニックス PS4 / PC
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 任天堂株式会社 Nintendo Switch / Wii U
NieR:Automata 株式会社スクウェア・エニックス PS4 / PC
仁王 株式会社コーエーテクモゲームス PS4
バイオハザード7 レジデント イービル 株式会社カプコン PS4 / Xbox One / PC
人喰いの大鷲トリコ 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント PS4
ファイナルファンタジーXV 株式会社スクウェア・エニックス PS4 / Xbox One
ペルソナ5 株式会社アトラス PS4 / PS3
Horizon Zero Dawn 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント PS4
ポケットモンスター サン・ムーン 株式会社ポケモン 3DS
モンスターハンターダブルクロス 株式会社カプコン 3DS
特別賞 PlayStation®VR 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント PS4
ベストセールス賞 ポケットモンスター サン・ムーン 株式会社ポケモン 3DS
グローバル賞
日本作品部門
ポケットモンスター サン・ムーン 株式会社ポケモン 3DS
グローバル賞
海外作品部門
FIFA 17 エレクトロニック・アーツ株式会社 PS4 / PS3 / Xbox One / PC

【略称 プラットフォーム名称】 PS4: PlayStation®4 / PS3: PlayStation®3 / 3DS: ニンテンドー3DS 及び 3DS LL / PC: Windows®

老若男女、全ての層から圧倒的な支持で大賞を受賞!
『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は、“謎解きの楽しさ”、“特徴的なキャラクター”、“重厚なストーリー”はそのままに、“自由度の高い冒険”が可能となった「ゼルダの伝説」最新作で、シリーズ初のオープンエアー作品です。一般投票では、「冒険が驚きと発見の連続で楽しい」、「謎解きとバトルの爽快感が最高」など、多くの賞賛の声が出ていたほか、5 歳から 74 歳まで性別・世代を問わず幅広い層からも支持を集めるなど、満場一致で本年の「大賞」受賞となりました。

■『PlayStation®VR』が特別賞を受賞!
プレイヤーの 360 度全方向を取り囲む、迫力ある3D 空間を再現。独自の3D オーディオ技術との連動により生まれる圧倒的臨場感は、ゲームの世界に入り込んでいるような体験をもたらし、ゲームの持つ可能性を広げると共に、プレイヤーに新たな楽しみ方を提示した点が評価され、本年の特別賞の受賞となりました。

■『ポケットモンスター サン・ムーン』が「ベストセールス賞」と「グローバル賞日本作品部門」のダブル受賞!
新作を待ち望んだ多くのファンからの期待に見事に応えると共に初めてポケモンにふれた新たなユーザーも獲得。2016 年 11 月 18 日の世界同時発売以来、今年 3 月末までの世界累計販売本数は 1,544 万本となり、日本ゲーム大賞対象期間中の最多販売本数を記録し「ベストセールス賞」を獲得。また、9 言語に対応する本作は、海外市場においても多くの支持を集め「グローバル賞日本作品部門」も受賞し、優秀賞と共に見事、トリプル受賞の獲得となりました。

■今年度も話題の 11 作品が「優秀賞」を獲得!

●『Overwatch』:
個性豊かなアニメのような親しみやすいキャラクターを操作。それぞれ異なる能力をもつキャラクターが担う「ロールプレイ」と、白熱するチーム対戦では、仲間と連携して敵を倒す爽快感に多くのユーザーが熱狂。FPS の新たな可能性を引き出し、プレイスキルを問わず誰でも楽しめる作品として、多くの支持が寄せられました。

●『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』:
宇宙人が繰り出す「機械生命体」の圧倒的戦力を前に、人類が月へと敗走している遥か未来が舞台。その独特の世界観とシナリオ、個性的なキャラクターたち、そして荒廃しつつも美しさを感じるグラフィックと秀逸な戦闘システム、更にはゲーム音楽、その全てに多くのユーザーから熱狂的な支持が寄せられての受賞となりました。

●『仁王』:
独特の世界観をフォトリアルで再現、豪華キャスト、秀逸なストーリー展開、そして、一瞬の油断が死を招く極限の緊張感。絶妙かつ歯ごたえのある難易度に多くのユーザーから「何度倒されても(死んでも) やめられない」「アクションゲームの最高傑作」との声が寄せられての受賞となりました。

●『バイオハザード 7 レジデント イービル』:
実写映画に匹敵する高クオリティのグラフィックと、生き延びるために必要なアイテム探索や謎解き、そしてアイソレートビューがもたらすゲームへの没入感と緊張感。更には、プレイステーション VR を使用した 360 度の究極の恐怖体験に多くのユーザーから「サバイバルホラーの最高傑作」との声が寄せられての受賞となりました。

●『人喰いの大鷲トリコ』:
圧倒的なスケールで描かれた独特の世界観。ゲームが進むにつれ、愛おしさがますトリコへの感情。作品全体を包むやさしさと厳しさ、そして切なさ、更には、感動のストーリー、エンディングに、その発売を待ち望んだファンから「心揺さぶられ涙した」との声も。熱狂的なファンの支持を受け、優秀賞を獲得しました。

●『ファイナルファンタジーXV』:
魔法の力を有するルシス王国の王子ノクティスが、奪われた故郷を取り戻すため、仲間と共に歩み続ける「旅」の物語。「リアル」と「ファンタジー」が融合した圧倒的な世界観とグラフィック、そしてシリーズ初挑戦となる「オープンワールド」を採用。更には自由度の高い爽快なバトルとリアルな臨場感に、多くの支持が寄せられての受賞となりました。

●『ペルソナ 5』:
シナリオ、ゲームシステム、グラフィック、キャラクターデザイン、BGM など、その全てが、さらにスタイリッシュに。熱狂的なシリーズファンのみならず新しいファンも魅了し、「ジャパニーズ RPG の最高傑作」との賞賛の声が多く寄せられ、優秀賞の受賞となりました。

●『Horizon Zero Dawn(ホライゾン ゼロ・ドーン) 』:
壮大なストーリーと美しい自然と生命に溢れる広大な大地を再現した圧倒的なグラフィック。そして、臨場感あふれる戦略的なバトルシステムがもたらすゲームへの没入感。まさにオープンワールドの最高峰にあたるゲームとして、早くも次回作への期待も多く寄せられるなど、多くの支持を集め、優秀賞を受賞しました。

●『モンスターハンターダブルクロス』:
懐かしの復活フィールドに加え、新たなフィールドと拠点を追加。そして新メインモンスターと、クロス初の復活モンスターも登場。更には新たな狩猟スタイル、14 の武器 すべてに新たな狩技が追加されるなどシリーズ最大級のやり込み要素が満載。多くのファンから「シリーズ最高傑作!」との声が寄せられての受賞となりました。

■「グローバル賞海外作品部門」に『FIFA 17』
欧州主要リーグ、J リーグ全クラブの全プレイヤーを実名で再現。シリーズ初のストーリーモードを搭載、プレイヤーはプレミアリーグの期待の新星「Alex Hunter」としてプレイし、一人のサッカー選手
の成長を追体験可能に。更には新エンジン「Frostbite エンジン」を採用し、よりリアルになった本作をプレイした世界中のファンからの圧倒的な支持を受け、本年の「グローバル賞海外作品部門」を受賞しました。


当協会では、今後も日本ゲーム大賞を通じて、より多くの方々に、コンピュータエンターテインメントのもつ楽しさ、素晴らしさを伝え、日本のゲーム産業の発展に寄与することを目指してまいります。



経済産業大臣賞
Pokémon GO プロジェクトチーム

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会

「日本ゲーム大賞 2017(Japan Game Awards 2017)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、略称:CESA、会長:岡村秀樹) では、Pokémon GO プロジェクトチームを「日本ゲーム大賞 2017経済産業大臣賞」に決定しました。本日、東京ゲームショウ 2017(会場:幕張メッセ)内で発表授賞式を執り行い、同チームに賞状が授与されました。

【受賞理由】
世界中を熱狂の渦に巻き込み、配信開始からわずか約 2 カ月で 5 億ダウンロードを達成。ゲームファンのみならず、子どもから大人まで多くの方がプレイされる様子が町中にあふれるなど、日本でも大きな社会現象になりました。
AR 技術を活用し、現実世界と融合させた新たなゲームの楽しみ方を提示、ゲームユーザーの裾野を大きく拡大し、当産業の発展に貢献された点。更には、ゲームを通しての地域活性化、被災地復興への貢献など、ゲームコンテンツの新たな可能性と、その優位性を示した点が評価されての受賞となりました。


「日本ゲーム大賞 経済産業大臣賞」は、近年に制作・発表された作品の実績から日本のコンピュータエンターテインメントソフトウェア産業の成長・発展に寄与し、多大なる貢献をされた人物や団体を称える唯一の賞として、経済産業省後援のもと、2008 年に設立されました。選考は、日本ゲーム大賞選考委員による厳選なる審査を行い、決定しております。

【経済産業大臣賞 歴代受賞者】
年度 氏名・団体
2016 ドラゴンクエスト30周年プロジェクトチーム(株式会社スクウェア・エニックス)
2015 桜井 政博 氏(有限会社ソラ 代表)
2014 日野 晃博 氏 (株式会社レベルファイブ 代表取締役社長/CEO)
2013 パズル&ドラゴンズ開発チーム(ガンホー・オンライン・エンターテインメント株式会社)
2012 ニンテンドー3DS開発チーム(任天堂株式会社)
2011 石原 恒和 氏 (株式会社ポケモン 代表取締役社長)
2010 堀井 雄二 氏(ゲームデザイナー )
2009 モンスターハンター開発チーム(株式会社カプコン)
2008 宮本 茂 氏(任天堂株式会社)



ゲームデザイナーズ大賞 2017
『INSIDE』(Playdead)

プラットフォーム:PS4/PC

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会

「日本ゲーム大賞 2017(JGA2017)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、略称:CESA、会長:岡村秀樹) は、『INSIDE』(Playdead / プラットフォーム:PS4/PC) を 2017 年度の「ゲームデザイナーズ大賞」に決定しました。

受賞理由について、ゲームデザイナーズ大賞の審査員長である桜井政博氏(有限会社ソラ代表)は、以下の通り述べています:

今回の審査は、優秀賞などに選ばれているような有名な作品も数多く挙がりましたが、審査員からもっとも多く票数を得たのは本作でした。
操作方法は極めてオーソドックスですが、印象的な描写が心に残る作品です。
主人公を含めた、謎めいた世界。その表現手法は、数多の作品と比較しても、「似ている」と言える作品がほぼありません。
これもオリジナリティの形として、独創性を重視するゲームデザイナーズ大賞に選考させていただきました。

今年度は、株式会社フロム・ソフトウェアの宮崎英高氏が新たに審査員に加わり、総勢12名のトップクリエイターが、プロの視点から「独創性」や「斬新性」などの評価軸で、受賞作品を選出しました。日本ゲーム大賞のもう一つの大賞である「ゲームデザイナーズ大賞」は、今後のゲーム産業の発展のための一つの指標として、創造性豊かな作品を引き続き紹介していきます。来年の「ゲームデザイナーズ大賞」も是非ご期待ください。

「ゲームデザイナーズ大賞 2017」審査員
(敬称略、五十音順)
審査員名 代表作 所属・肩書き
飯田 和敏 アクアノートの休日 / アナグラのうた-消えた博士と残された装置- 立命館大学 映像学部教授
イシイジロウ タイムトラベラーズ / 428 〜封鎖された渋谷で〜 / 3年B組金八先生 伝説の教壇に立て! (株)ストーリーテリング代表
上田 文人 ICO / ワンダと巨像 / 人喰いの大鷲トリコ ゲームデザイナー
小川 陽二郎 ソニックと秘密のリング / クロヒョウ シリーズ など エヌ・シー・ジャパン(株) 開発統括本部長
LIONSHIP STUDIO 代表
神谷 英樹 Viewtiful Joe / 大神 / BAYONETTA(ベヨネッタ)/ The Wonderful 101 プラチナゲームズ(株)、ゲームデザイナー
小高 和剛 ダンガンロンパ シリーズ (株)スパイク・チュンソフト
桜井 政博 大乱闘スマッシュブラザーズ シリーズ / 星のカービィ (有)ソラ
巧 舟 逆転裁判 / ゴースト トリック/ 大逆転裁判 (株)カプコン
外山 圭一郎 SIREN シリーズ / GRAVITY DAZE シリーズ (株)ソニー・インタラクティブエンタテインメント
藤澤 仁 ドラゴンクエストIX 星空の守り人 / ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 (株)スクウェア・エニックス
三上 真司 アラジン / ゴッドハンド / バイオハザード / サイコブレイク ゼニマックス・アジア(株) / Tango Gameworks
宮崎 英高 アーマード・コア4 シリーズ / Demon's Souls / ダークソウル / Bloodborne (株)フロム・ソフトウェア

公式サイト:http://awards.cesa.or.jp/

4Gamerの東京ゲームショウ2017特設サイト


  • 関連タイトル:

    ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

  • 関連タイトル:

    ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

  • 関連タイトル:

    Overwatch

  • 関連タイトル:

    オーバーウォッチ

  • 関連タイトル:

    NieR:Automata

  • 関連タイトル:

    NieR:Automata

  • 関連タイトル:

    仁王

  • 関連タイトル:

    バイオハザード7 レジデント イービル

  • 関連タイトル:

    バイオハザード7 レジデント イービル

  • 関連タイトル:

    バイオハザード7 レジデント イービル

  • 関連タイトル:

    人喰いの大鷲トリコ

  • 関連タイトル:

    人喰いの大鷲トリコ

  • 関連タイトル:

    FINAL FANTASY XV

  • 関連タイトル:

    FINAL FANTASY XV

  • 関連タイトル:

    ペルソナ5

  • 関連タイトル:

    ペルソナ5

  • 関連タイトル:

    Horizon Zero Dawn

  • 関連タイトル:

    ポケットモンスター サン

  • 関連タイトル:

    ポケットモンスター ムーン

  • 関連タイトル:

    モンスターハンターダブルクロス

  • 関連タイトル:

    PlayStation VR

  • 関連タイトル:

    FIFA 17

  • 関連タイトル:

    FIFA 17

  • 関連タイトル:

    FIFA 17

  • 関連タイトル:

    FIFA 17

  • 関連タイトル:

    INSIDE

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月22日〜10月23日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
72
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
64
CROSSOUT (PC)
2017年04月〜2017年10月