オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
エレコム,VR&AR対応のスマホ用モーションコントローラ「JC-VRR02VBK」を10月下旬発売
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/10/02 19:54

ニュース

エレコム,VR&AR対応のスマホ用モーションコントローラ「JC-VRR02VBK」を10月下旬発売

エレコム,VR&AR対応のスマホ用モーションコントローラ「JC-VRR02VBK」を10月下旬発売
 2017年10月2日,エレコムはスマートフォン用VRコントローラ「JC-VRR02VBK」を発表した。この製品は6軸のモーションセンサーを搭載しており,Android 5.0(Lollipop)以降もしくは,iOS 10.0以降搭載のスマートフォンでVR&ARアプリをコントロールできるもので,技術的には,ワンダーリーグという会社のVROOM(ヴルーム:後述)プラットフォームに準拠している。

 ハードウェア面のスペック情報を挙げておくと,JC-VRR02VBKは,
6軸のモーションセンサーを内蔵したワイヤレスコントローラで,上面にアナログスティック1個,ボタン2個,奥にトリガー1個,側面に音量アップダウン/ボタン計2個とデンゲンスイッチを備えている。スマホとの通信はBluetooth 4.0 Class/2 GATTプロファイルで行われている。コントローラを2個使った両手の操作にも対応している。
 公称本体サイズは机上に置いた状態で46(W)×149(D)×89(H)mm,公称重量は約56gだが,動作には別途単4型電池2個が必要となる。定価は税込み7279円(税別6740円)だが,店頭販売価格は,3980円くらいになるだろうとの話だった。発売は10月25日の予定だ。

エレコム,VR&AR対応のスマホ用モーションコントローラ「JC-VRR02VBK」を10月下旬発売
左側面にあるのは電源スイッチだ
エレコム,VR&AR対応のスマホ用モーションコントローラ「JC-VRR02VBK」を10月下旬発売
右側面には音量調整ボタンがある

梶浦幸二氏(エレコム 商品開発部)
楠 祐介氏(エレコム 商品開発部)
 エレコムはすでにVRコントローラ製品もいろいろ展開しているが,それらの売り上げは月間3000台ほどだそうだ。それに対して,今回の製品ではアプリ制作協力企業としてすでに13社が名前を挙げられており,積極的にアプリ展開を行っていくという。加えて世界展開を行うことでワールドワイドで100万台の売り上げを目指すとのことだ。また,スマホVRを推進するため,同社自身がスマホゲーム事業に参入しVRゲームのリリースを行うことなども発表された。

 なお,JC-VRR02VBKの特徴としては,スマホVR特有の手軽に扱えることと,PC用などのコントローラを使ったハイエンドVRの体験を両立できることなどが挙げられていた。利用シーンとしては,普通のゲーム用のコントローラ,VR用のコントローラ,Apple TVなどでの多人数用のコントローラなどが想定されているという。さらにゲーム用だけでなく,B2Bでの活用も進めていくとのこと。会場のデモでは,不動産業者向けのインテリア変更アプリも紹介されていた。部屋の中(10×10m程度)を歩き回って家具の配置などを変更できるというものだ。

エレコム,VR&AR対応のスマホ用モーションコントローラ「JC-VRR02VBK」を10月下旬発売
エレコム,VR&AR対応のスマホ用モーションコントローラ「JC-VRR02VBK」を10月下旬発売 エレコム,VR&AR対応のスマホ用モーションコントローラ「JC-VRR02VBK」を10月下旬発売

VROOMを開発したワンダーリーグの北村勝利氏
 ちなみにVROOMというのは,Googleがスマ―フォン用のVRゴーグルDaydreamを発表後に,iPhoneでも同じようなことができないかと考えたワンダーリーグによってクロスプラットフォームのVR/AR入力デバイスとして企画されていたデバイスだった。Kickstarterでの資金調達キャンペーンは惜しくも失敗していたが,それが今回エレコムとの協力で復活したという理解でいいだろう。
 もともとはオープンハードウェアとして企画されていたもので,すでにUnityをベースとしたSDKも公開されているが,今回,ハードウェアの提供はエレコムの独占となるとのことだった。
エレコム,VR&AR対応のスマホ用モーションコントローラ「JC-VRR02VBK」を10月下旬発売
 実際に使ってみると,操作に対して若干の遅延が確認できる。もの凄く障害になるほどではないが,PC用ないしPSVR用のものと同じ感覚というわけにはいかないようだ。ゲームによっては少し注意が必要かもしれない。

 また,前述の家具配置アプリでは,画面内に手は出てくるものの,表示位置は固定で角度だけが変わる仕様となっていた。せっかくのモーションコントローラなので手を伸ばして操作したいところだが,手は伸ばせない。オブジェクトにカーソルを合わせてトリガーで選択といった感じだ。ただ,これだと注視+ボタン操作で,Gear VR単体でもほとんど同じ感じでできてしまうような気はしないではない。

体験会の模様
 6軸のセンサーということで,3軸の傾きと3軸の加速度を取って制御を行っているわけだが,これだとモーショントラッキングはできるが,正確なポジショントラッキングができるわけではないことには注意が必要だ。加速度だけでもある程度の位置を出すことはできるが精度は低い。手が見えないVR専用機ならまだしも,実際の手の位置が見えてしまうARでは,対応を謡うなら完全な精度が要求されるのが厳しいところだろうてくるだろう。現状ではこのあたりが少し弱い感じではある。
 3軸センサーしかないコントローラに比べればモーション取得の精度は上がっているのだが,ARKit/ARCoreによってバーチャル空間内を歩き回れるような自由度が実現された現在だと,「Vive」の専用コントローラや「Rift」用コントローラ「Oculus Touch」,あるいは「PlayStation Move」のようなハンドプレゼンスを期待したくなってしまうのだ。個人的にはカメラを使って位置補正をするなどの対応が望みたいところだ。

 とはいえ,VRヘッドセットでなにかコントローラがあると格段に便利にはなる。ほとんど最低限の機能しかないRift用リモコン「Oculus Remote」でさえ,あるとないとでは操作性は大きく変わってくるわけで,AndroidでもiOSでも使え,比較的安価で提供されるVR/ARコントローラは貴重な存在である。今後ARKitやARCoreを使ったアプリが増えてくると予想されるだけに,今後の展開に注目したいところだ。

●JC-VRR02VBKの主なスペック
  • 対応機種:Bluetoth 4.0 GATTプロファイルに対応したAndroid端末,iOS端末
  • 対応OS:Android 5.0以降,iOS 10.0以降
  • ボタン数:6ボタン
  • アナログスティック:1本(XY2軸)
  • モーションセンサー:6軸(ジャイロ,加速度)
  • 適合通信規格:Bluetooth 4.0 Class 2/プロファイルGATT(Generic Attribute Profile)
  • 使用周波数帯:2.4GHz
  • 電波到達距離:最大約10m
  • 連続動作時間:約75時間(アルカリ乾電池使用時)
  • 電源:単4アルカリ乾電池,単4マンガン乾電池,単4ニッケル水素電池いずれか2本
  • 公称サイズ:46(W)×149(D)×89(H)mm
  • 公称重量:約56g(※電池含まず)

エレコムVR関連製品ページ


  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月26日〜05月27日