※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2017
号外No.2
東京ゲームショウまとめ読み!9月22日〜24日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
高難度ミッションに挑戦
METAL GEAR SURVIVE
Co-opモードのプレイレポート
裏切り者を探す心理戦が展開
スマホでプレイするPS4タイトル
「Hidden Agenda」
このスピード感はまちがいなく「バーチャロン」
「とある魔術の電脳戦機」プレイレポート
期待のスマホ向けタイトル
23/7 トゥエンティ スリー セブン
D×2 真・女神転生 リベレーション
アルケミアストーリー
会場で異彩を放つユニークな出展も
“挙式VR”を体験レポート
ツイートが武器になる「Last Standard」
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
8K解像度と200度の視野角に対応したVRHMD「Pimax 8K VR」のKickstarterキャンペーンが間もなくスタート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/09/06 15:47

ニュース

8K解像度と200度の視野角に対応したVRHMD「Pimax 8K VR」のKickstarterキャンペーンが間もなくスタート

 中国Pimax Technologyは,8K解像度に対応するVRヘッドマウントディスプレイ「Pimax 8K VR」のクラウドファンディングキャンペーンを,Kickstarterで近日実施することを明らかにした。Steam VRとOculus Homeの双方にも対応し,499ドルで2017年内の販売を目指しているようだ。


 Pimax製のHMDについては,過去に4Gamerで「Pimax 4K VR」のプレビュー記事を掲載しているが,今回の製品はそのアップグレードモデルに当たるものだ。3840×2160ドットの液晶パネルを,2枚並列に置くという形状は,Starbreezeの5K対応ヘッドマウントディスプレイ「Star VR」を彷彿とさせるデザインになっている。
 その視野角は200度と,「Star VR」の210度には若干及ばないももの,8K解像度に対応したうえで,一般販売されるというのが大きな魅力となるだろう。

 「Pimax 8K VR」の詳細スペックは以下のとおりだ。

視野角:200度
解像度:3840x2160の2枚組で,合計は1660万ピクセル
MTPレテンシー:15ミリ/秒以下
リフレッシュレート:片目75/90Hz (Brainwarp機能で150/180Hzに対応)
プロセッサ:GTX980/1070もしくはAMD R9 Nano以上
インターフェース:DP1.4/USB 3.0
VRコンテンツ:PiHome/Steam/Oculus Home (要サードパーティ専用ツール)
オーディオ:3.5 mmミニピン×2,ステレオサウンド

 「Pimax 8K VR」は,着席,立位,ポジショナルトラッキングによるルームスケールに対応しており,「Leap Motion」を使えばハンドモーションも利用できる。
 Kickstarterのプロジェクトページによると,同製品は2017年12月中に499ドルで販売を開始する予定だ。同時に,349ドルの「Pimax 5K VR」もアナウンスされているが,こちらの詳細は不明である。

 Kickstarterのキャンペーンの目標額は10万ドルとなっているので,200台分ほどのユーザーの支持を得れば達成できるだろう。8K解像度を楽しむのに十分なコンテンツや市場があるのかという疑問は残るものの,これまでにないスペックを持つVRヘッドマウントディスプレイが,どのように評価されるのかは気になるところで,今後の動向にも注目しておきたい。

「Pimax 8K VR」kickstarterプロジェクトページ

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月23日〜09月24日