オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
「PS Vitaに[L2/R2]トリガーを追加できるグリップ」を試す。これはPS4リモートプレイに必須のアイテムかも
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2015/03/09 12:00

テストレポート

「PS Vitaに[L2/R2]トリガーを追加できるグリップ」を試す。これはPS4リモートプレイに必須のアイテムかも

PS Vitaを上面部から見たカット。ゲーム操作に使えるボタンは2個だけである
「PS Vitaに[L2/R2]トリガーを追加できるグリップ」を試す。これはPS4リモートプレイに必須のアイテムかも
 PlayStation Vita(以下,PS Vita)で,「PS4リモートプレイ」(以下,リモートプレイ)を利用しようとすると,1つ困ることがある。PS Vitaの上面にあるゲーム操作用のボタンは2個のバンパーボタンだけで,PlayStation 4(以下,PS4)純正ゲームパッド「DUALSHOCK 4」の[L2/R2]トリガーに相当する機能がないため,ゲームによっては物理的な入力系の数が足りなくなることがあるのだ。

PS Vitaには背面タッチパッドがあり,ここをボタンとして使うことができる。が……
「PS Vitaに[L2/R2]トリガーを追加できるグリップ」を試す。これはPS4リモートプレイに必須のアイテムかも
 もちろん,ソニー・コンピュータエンタテインメントはその問題に対策しており,PS Vita背面タッチパッドのタップに,“足りないボタン”の代わりをさせることはできる。ただ,実際にPS Vitaでリモートプレイを使ってみたことがあるなら分かると思うが,「ゲーム中,ボタン代わりに背面タッチパッドをタップする」というのは,なかなか難度の高い操作だ。付け加えると,不意に指がタッチパッドに触れてしまって“誤爆”の原因となることもある。

L2/R2ボタン搭載 グリップカバー
メーカー:上越電子工業
問い合わせ先:アンサー(販売代理店) 0120-174-227(平日10001200,13001700)
アンサーストア価格:4298円(※4月下旬発売予定)
「PS Vitaに[L2/R2]トリガーを追加できるグリップ」を試す。これはPS4リモートプレイに必須のアイテムかも
 この問題を解決するかもしれないアイテムが,4月に発売予定として上越電子工業から発表された。それが,「L2/R2ボタン搭載 グリップカバー」(以下,グリップカバー)である。
 製品名そのままに[L2/R2]トリガーを搭載したこのグリップは,PS VitaのPCH-2000用。装着すると,PS Vitaで[L2/R2]トリガーを利用できるようになるというのが最大の特徴だ。

 上越電子工業というのは,ゲーム業界では聞き慣れない名前だと思う。実のところ,筆者にとっても初耳だったのだが,主な事業は,産業用機械の制御基板や,車載用ランプなどの製造だそうだ。
 「ではなぜ突然PS Vita用グリップを?」というと,販売代理店であるアンサーいわく,社長のゲーム好きが高じて,ゲーム周辺機器事業に参入することになったとのこと。今回のグリップカバーを出しておしまい,というわけではなく,今後も製品を投入する計画があるという。その意味では,名前を憶えておく価値があるかもしれない。

 今回4Gamerでは,そんな“新興ゲームデバイスメーカー”の第1弾製品,その開発途上版プロトタイプを入手できたので,その仕組みと効果を,取り急ぎファーストインプレッションとしてお伝えしてみよう。

 なお,それに先だって1つお断りしておくと,製品版で変更される予定の部分には,事情によりモザイク処理を施している。また,グリップ本体や[L2/R2]トリガーの見た目も製品版とは若干異なるとのことなので,この点はご了承を。

PCH-2000にグリップカバーをに取り付けたところ。なお,グリップカバーのカラーバリエーションは黒と白の2種類だが,入手したのはご覧のとおりの黒だ
「PS Vitaに[L2/R2]トリガーを追加できるグリップ」を試す。これはPS4リモートプレイに必須のアイテムかも


グリップ自体の握りやすさは上々

導電ゴムでタッチパッドを[L2/R2]トリガー化


 テストに先立って,グリップカバーの仕様をチェックしておこう。
 入手した開発途上版のサイズは実測約190(W)×91(D)×35(H)mm。重量は同72gだった。グリップカバーの右上と左上には小さな爪があり,装着時にはこの爪でPS Vitaを固定する仕組みだ。

グリップカバーの全景(左)。素材はプラスチックで重さは約72gと軽い。取り付け時にはPS Vitaを下側からはめ込んで,ボディを囲むように立ち上がった側面の上端にある爪(赤丸内)で支えるように固定する仕様である
「PS Vitaに[L2/R2]トリガーを追加できるグリップ」を試す。これはPS4リモートプレイに必須のアイテムかも

グリップカバーの前面(左)と背面(右)
「PS Vitaに[L2/R2]トリガーを追加できるグリップ」を試す。これはPS4リモートプレイに必須のアイテムかも 「PS Vitaに[L2/R2]トリガーを追加できるグリップ」を試す。これはPS4リモートプレイに必須のアイテムかも

中央の大きな開口部はタッチパッドを使うためのもので,上端にある小さな開口部がアウトカメラ用のものだ。これのおかげで,リモートプレイ以外の用途でPS Vitaを使うときにもグリップカバーを外さなくて済む
「PS Vitaに[L2/R2]トリガーを追加できるグリップ」を試す。これはPS4リモートプレイに必須のアイテムかも
 装着時でもタッチパッドやアウトカメラが使えるように,背面にはタッチパッド用の大きな開口部と,アウトカメラ用の小さな開口部が用意されている。そのため,装着したままでもPS Vita背面側の機能を利用するのに大きな支障はない。

 というわけでさっそく装着してみたのだが,第一印象はかなりよい。とくに好印象なのは,グリップカバー本体背面で大きく膨らんだブロックの存在で,グリップカバーごとPS Vitaを持つと,中指から小指が自然とこのブロックを覆うように収まってくれるのだ。「据わりが悪く,意図せずタッチパッドをタップしてしまう」といった問題は,まず生じないのではないだろうか。
 また,盛り上がるブロック部を中指以降でしっかり握れるため,「グリップカバー分,PS Vitaが重くなった」ことの悪影響は,あまり感じない。

大きな突起のようなグリップ部分(左)は,中指と薬指,小指で握ると適度にホールドできる(右)。タッチパッド部を“誤爆”するような心配も,まず無用という印象だ
「PS Vitaに[L2/R2]トリガーを追加できるグリップ」を試す。これはPS4リモートプレイに必須のアイテムかも 「PS Vitaに[L2/R2]トリガーを追加できるグリップ」を試す。これはPS4リモートプレイに必須のアイテムかも

 最大の特徴である[L2/R2]トリガーは,装着するとPS Vita側のバンパーボタン奥側(=机上に置いた状態では下側)にくる場所へ用意されている。DUALSHOCK 4の[L2/R2]トリガーとは似て非なる感覚で,左右に幅が広く,一方で厚みはない,大きめの板のような感じだ。

PS Vitaを装着した状態で,本体上面側から見たカット。銀色の大きなトリガーが,PS Vitaのバンパーボタン下側に来るよう配置されている。右はトリガーに寄ったところ
「PS Vitaに[L2/R2]トリガーを追加できるグリップ」を試す。これはPS4リモートプレイに必須のアイテムかも 「PS Vitaに[L2/R2]トリガーを追加できるグリップ」を試す。これはPS4リモートプレイに必須のアイテムかも

[L2/R2」 トリガーを押すと,モザイクで隠された部分にある導電ゴムが裏から押されて,タッチパッドに触れる。それが,指でタッチパッドをタップする動作の代わりになるわけだ
「PS Vitaに[L2/R2]トリガーを追加できるグリップ」を試す。これはPS4リモートプレイに必須のアイテムかも
 [L2/R2]トリガーの動作原理は,理解してしまえば単純だ。
 グリップカバーをよく見ると,PS Vita背面タッチパッドの一部を覆う部分が膨らんでいるのが分かるが,ここに「トリガーを引くと,タッチパッドをタップする」機構が搭載されており,[L2/R2]トリガーを引くと,写真でモザイクのかかっているところにある導電ゴムが内側に向かって膨らみ,PS Vita背面のタッチパッドをタップするようになる。
 PS Vitaのタッチパッドは,静電容量の変化を検出して「指が触れたかどうか」を検出し,押された場所の位置情報を踏まえて入力として受け付ける仕様になっている。なので,導電ゴムで擬似的に「指によるタップ操作」を再現できればいいというわけだ。

 ちなみに,この[L2/R2]トリガーの構造や形状は,上越電子工業が実用新案および意匠権を取得済みという。


新生FFXIVのリモートプレイでテスト

DUALSHOCK 4と同じ操作感の実現には設定変更が必要


 では,実際にPS4版「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」(以下,新生FFXIV)のリモートプレイで,グリップカバーの使い勝手を確認してみよう。
 まず,前段で「かなりよい」と評した第一印象は,実際にゲームをプレイしてもあまり変わらない。グリップカバーの自重分だけ,どうしても重くはなるが,本体背面にあるブロック状の膨らみのおかげで,むしろしっかり握れることのほうを評価したい感じである。

 気になる[L2/R2]トリガーは,引くときの感触がやや固め。DUALSHOCK 4のトリガーも固いのだが,グリップカバーのそれはさらに固い印象だ。
 ただ,「固すぎてつらい」わけではない。「DUALSHOCK 4のトリガーと比べると,引くのにやや強めの力がいる」というレベルの話であり,新生FFXIVを長時間プレイしても疲れるというほどではなかった。むしろ個人的には,[L2/R2]トリガーが少し遠いので,PS Vitaの[L/R]バンパーボタンから人差し指をスライドさせるときに少し面倒なのが気になったが,トリガー自体の操作性は問題ないと述べていいと思う。

「DUALSHOCK 4にあるのに,PS Vitaにはない」トリガーが復活。これだけでグリップカバーには十分すぎるほどの価値がある
「PS Vitaに[L2/R2]トリガーを追加できるグリップ」を試す。これはPS4リモートプレイに必須のアイテムかも

新生FFXIVのボタンカスタマイズ画面。ここでL1ボタンとL2トリガー,R1ボタンとR2トリガーの割り当てを入れ替えると,DUALSHOCK 4と同じ操作感を得られる
「PS Vitaに[L2/R2]トリガーを追加できるグリップ」を試す。これはPS4リモートプレイに必須のアイテムかも
 ちなみに,PS4版新生FFXIVのリモートプレイでDUALSHOCK 4と同じ操作体系にするためには,ボタン割り当てを一部変更する必要があった。というのも,DUALSHOCK 4の[L2/R2]トリガーがPS Vitaの[L/R]ボタンに割り当てられており,DUALSHOCK 4の[L1/R1]バンパーボタンはPS Vitaの背面タッチパッドに割り当てられているからだ。「システムコンフィグ」の「カスタマイズ」から,[L2/R2]と[L1/R1]の機能を入れ替えることで,DUALSHOCK 4とまったく同じ操作感を得ることができる。

 新生FFXIVの場合,[L1]ボタンがオートラン,[R1]ボタンがホットバーセットに割り当てられている。オートランは戦闘中に多用するようなものではないが,ホットバーセットは戦闘中に使う頻度が高く,うまく使いこなせないと戦闘不能に陥ることもある。そのため,「グリップカバーを装着してちょっとボタン割り当てをカスタマイズすれば,DUALSHOCK 4と同じ操作感を得られる」のは,かなり有用と感じた次第だ。

「PS Vitaに[L2/R2]トリガーを追加できるグリップ」を試す。これはPS4リモートプレイに必須のアイテムかも
 気になる入力精度だが,新生FFXIVをプレイする限り,何の問題もなかった。上越電子工業によると,グリップカバーが採用する導電ゴムでは,特殊な加工を施すことで導電性を高めてあり,また,ユーザーによる[L2/R2]トリガーの引き方がタップのムラにならないような対策も施してあるとのことだが,その効果はあるということなのかもしれない。
 よりアクション性の高いタイトルでどうなるかは分からないが,上越電子工業では,最終製品版で,導電ゴムのサイズをより大きくし,トリガー入力のさらなる安定性向上を図るとのことなので,この点は期待していいのではなかろうか。


操作性の向上を実感できるのは○

最終製品版でのブラッシュアップに期待


2月24日に実装された新生FFXIVの新コンテンツ「マンダヴィル・ゴールドソーサー」。チョコボレースやトリプルトライアドといった新しいアクティビティは,グリップカバーを使えばリモートプレイでも楽しめそうだ
「PS Vitaに[L2/R2]トリガーを追加できるグリップ」を試す。これはPS4リモートプレイに必須のアイテムかも
 筆者は,「PS4では新生FFXIVしかプレイしていない」と断言して差し支えないほど“どハマり”しているため,新生FFXIVのリモートプレイのみで開発途上版を評価したが,グリップカバーによる操作性の向上は明らかに実感できた。

 PS Vitaを用いたリモートプレイを,ギャザラーやクラフターといった生産職用と割り切っているプレイヤーも多いと思うが,そこまで割り切ったとしても,DUALSHOCK 4と比べて使いにくいという印象を持っている人はいるのではなかろうか。正直,筆者もその1人だったのだが,このグリップカバーは,そういう不満を解決してくれる存在だと感じている。
 もちろん,リモートプレイそのものにどうしても遅延があるのと,そもそも画面解像度が低すぎるという問題もあるため,エンドコンテンツのようにシビアな戦闘には向かない。ただ,ちょっとした戦闘なら十分こなせるレベルになる。これは,小さいようで大きな違いだ。

「PS Vitaに[L2/R2]トリガーを追加できるグリップ」を試す。これはPS4リモートプレイに必須のアイテムかも
 4300円前後という実勢価格をどう判断するかは人による気もするが,本気でPS Vitaを使ったリモートプレイを行いたいのであれば,このグリップカバーは重要な存在であり,決して高すぎることはないと思う。
 最終製品版の仕上がりを待つのもアリだが,待ちきれないなら現時点で注文してしまってもいいのではなかろうか。

L2/R2ボタン搭載 グリップカバー 製品情報ページ

「L2/R2ボタン搭載 グリップカバー ブラック」をAmazon.co.jpで購入する(Amazonアソシエイト)

「L2/R2ボタン搭載 グリップカバー ホワイト」をAmazon.co.jpで購入する(Amazonアソシエイト)

上越電子工業 公式Webサイト

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月18日〜08月19日
タイトル評価ランキング
92
82
NieR:Automata (PS4)
82
ARMS (Nintendo Switch)
78
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年02月〜2017年08月