オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
不思議な魅力と空気感を持つ,日記の中を旅するインディーズゲーム「Lost Words」をプレイしてみた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/04/22 21:35

イベント

不思議な魅力と空気感を持つ,日記の中を旅するインディーズゲーム「Lost Words」をプレイしてみた

 クロアチアで開催中のゲーム開発者向けのカンファレンス「REBOOT Develop 2017」だが,会場にはかなり広いインディーズゲームの展示スペースが取られており,たくさんの一風変わったタイトルを楽しむことができる。ここでは,中でもとくに不思議な雰囲気を放つ一本,「Lost Words」を紹介したい。

「Lost Words」公式サイト



文字どおり,日記の中を旅するゲーム


 「Lost Words」はイギリスに本拠を置くインディーズデベロッパFourth Stateが開発中の,たぶん,アクションパズルと呼ぶのが一番内容をよく表しているタイトルだ。
 ゲームとしてはきわめて一般的な構造で,2Dサイドビューの固定画面に対していくつかの足場が設定してあり,主人公を操作してゴールまでたどり着けば良いだけ。インタフェースは[A][D]キーで左右,[W]でジャンプ,マウスを使って環境に対するインタラクションを行うという,いたってスタンダードな構成だ。

 だが本作は,ひと目で「これは違う」という強い印象を与える作品になっており,これはもう,実際に画面写真を見てもらうのが早いだろう。

まさに,日記の中を旅することになる
不思議な魅力と空気感を持つ,日記の中を旅するインディーズゲーム「Lost Words」をプレイしてみた
不思議な魅力と空気感を持つ,日記の中を旅するインディーズゲーム「Lost Words」をプレイしてみた

 ご覧のように,プレイヤーキャラクターは,自分が書いた日記の文章を足場にして,ステージをクリアしていくわけだ。散らばっている単語をマウスを使って正しい場所に戻したり,挿絵を操作して足場を新しく作ったり,例えば「Fire」という単語を使って障害物を燃やしたりしながら,先に進んでいく。
 また,ゲームの進行にともない,プレイヤーキャラクターが別の物語に入り込むこともある。延々とシンプルな日記帳の中でパズルを解くだけというわけではないのだ。

マウスで文字を掴んで移動させ,足場にしたい場所まで移動させる
不思議な魅力と空気感を持つ,日記の中を旅するインディーズゲーム「Lost Words」をプレイしてみた
 本作は,いかにしてプレイヤーに物語を伝えるかという課題に対して,実に直球かつ興味深い手法を採用したと言える。インタラクティブ性が高く,ストーリーを読み飛ばされるといういつもの問題に遭遇することもないゲームシステムになっている。

 明らかな弱点といて挙げられるのは,本作のローカライズがおそろしく困難であるということだろう。当然,この点については開発者達も認識しており,「日本語版や中国語版を作るとなると,事実上,ゲームを作り直すことになってしまう」と語っていた。
 すばらしいゲームとして仕上がるポテンシャルを秘めた作品だが,内容を十分に堪能するには,それなりの英語力が必須となる。

ケーキに刺さったロウソクに触れると炎が消える。すべてを吹き消すと,次のステージへの扉が出現する
不思議な魅力と空気感を持つ,日記の中を旅するインディーズゲーム「Lost Words」をプレイしてみた


叙情的なゲームが好きな人にはもってこい


 「Lost Words」を開発中のFourth Stateは,フルタイムでゲーム制作に打ち込むメンバーが4人,パートタイムの協力者が数人という構成でゲーム作りを続けているそうだ。シンプルなゲームに見えるが,最初のきっかけ――ゲームジャムでForth Stateの創設者Mark Backler氏が基本となるゲームを作ってからは4年が,また,開発チームを編成しアニメーションの専門家などを招いてからは2年が経過しているとのこと。

不思議な魅力と空気感を持つ,日記の中を旅するインディーズゲーム「Lost Words」をプレイしてみた

 リリースは2018年2月,まずはSteamで発売される予定になっている。その後,状況を見ながらコンシューマ機への移植も考えていきたいとのこと。日本語版はきわめて望み薄だが,ご覧のように,それほど難しい単語は出てこないし,英文も短いので,英語でも問題ないという人は,ぜひトライしてほしい作品だ。

メインプログラマのAudrey Profit氏(左)と,創設者のMark Backler氏(右)
  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月21日〜07月22日
タイトル評価ランキング
88
82
ARMS (Nintendo Switch)
82
NieR:Automata (PS4)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年01月〜2017年07月