オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[GDC 2014]多くの時間がインディーズゲーム関連の話題に割かれた,Microsoftフィル・スペンサー氏のQ&Aセッションをレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/03/22 18:32

イベント

[GDC 2014]多くの時間がインディーズゲーム関連の話題に割かれた,Microsoftフィル・スペンサー氏のQ&Aセッションをレポート

 Microsoft Game Studiosを統括するPhil Spencer(フィル・スペンサー)氏が,GDC 2014においてインタビュー形式のセッション「Fireside Chat」(暖炉を囲んでの小話)を行った。文字どおりモニターに映し出されたデジタル暖炉をバックに,リラックスした状態で話をしようという趣向で,これまでのGDCでも何度か行われたことのある形式だ。インタビュアー役は,ゲーム業界誌Gamasutraの編集長であるKris Graft(クリス・グラフト)氏である。

Microsoft Game Studiosを統括するPhil Spencer(フィル・スペンサー)氏

 なお,当初はXbox部門の副社長だったMarc Whitten(マーク・ウィッテン)氏がスピーカーとして予定されていたのだが,「こちら」でお伝えしたように,GDCの直前に退社を表明してしまったことから,スペンサー氏が急きょ壇上に上がることになったという経緯がある。
 そんな事情もあり,スペンサー氏の守備範囲内の話題がやや少なく,それほど突っ込んだ内容にはならなかったのが残念だ。2014年6月のE3 2014で公表されるであろう“新戦略”の話題に触れないよう,スペンサー氏自身も注意深く言葉を選んでいる印象を受けた。

 そんな中,グラフト氏が多くの時間を割いて聞きた出していたのが,Xboxプラットフォームにおけるインディーズゲームへのサポートについてだった。Microsoftは,つい先日も「ID@Xbox」に関する情報を公開しているが(関連記事),インディーズへのフルサポートをいち早く表明したSony Computer Entertainmentには大きく差を付けられている恰好だ。


 これに対してスペンサー氏は,「SCEは非常にうまくやったと思う」とライバルを賞賛。「我々の当初の計画では,最初の発表でエンターテインメント部分を,そしてE3 2013ではコアゲームを,そしてその後にインディーズゲームについてを発表する予定だった。インディーズのサポートプログラムは最初から存在していた」と語り,その広報的なミスについては「我々自身,多くのことを学ぶことができた」と無難な答えでかわした。

 「私はXbox LIVE Arcadeの大ファンであり,インディーズゲームを遊んでいる時間のほうが長い」と話すスペンサー氏だが,グラフト氏の「Xbox LIVE Arcadeで発売日を選択できないシステムはインディーズ開発者には不評だった」という趣旨の質問に対しては,そのポリシーの抜本的な変更までは確約しなかった。そのうえで「どのプラットフォームホルダーでも,そのライブラリにトップレベルのゲームが並ぶのを目標にしている」と語り,これまでどおり厳選的な「ゲームライブラリの質の高さ」を全面に押し出していく方針を協調しているようだった。

 実際,ID@Xboxがインディーズ開発者のニーズに応えられているとは言い難いが,「言い訳をするわけではないが,その反響は非常に大きく,すでに登録メンバー数が,我々のサービスの許容量を超えているような状態だ」とスペンサー氏は話しており,同部門のディレクターであるChris Charla(クリス・チャーラ)氏の運営手腕を信頼していると述べた。現段階では,Microsoftの(販売にゴーサインを出すための)バグチェックや認証テスト,そのフィードバック対応といったサポートを行うことに変更はなく,「Xbox LIVEでゲームを検索したとき,何百もの類似ゲームが出てくるような状況は,コンソールビジネスの追うべきところではない」とコメントしていた。

 今回のインタビューでは,多くの時間がインディーズ開発者を対象とした内容だったが,Microsoft Game Studiosの責任者らしく,(よりコンシューマ的な)AAAタイトルのリリースに,スペンサー氏は大きな興味を抱いている様子だった。今のところ,6月に開催される予定のE3 2014での発表に集中し,ウィッテン氏のいなくなった穴をカバーしながら方針をまとめ上げているというスペンサー氏は,果たしてどのような発表を行うつもりなのか。日本での発売日も正式に決定したXbox Oneにとって,2014年は正念場と言える年になりそうだ。
  • 関連タイトル:

    Xbox One本体

  • 関連タイトル:

    Xbox LIVE

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月25日〜06月26日