※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2017
号外No.2
東京ゲームショウまとめ読み!9月22日〜24日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
高難度ミッションに挑戦
METAL GEAR SURVIVE
Co-opモードのプレイレポート
裏切り者を探す心理戦が展開
スマホでプレイするPS4タイトル
「Hidden Agenda」
このスピード感はまちがいなく「バーチャロン」
「とある魔術の電脳戦機」プレイレポート
期待のスマホ向けタイトル
23/7 トゥエンティ スリー セブン
D×2 真・女神転生 リベレーション
アルケミアストーリー
会場で異彩を放つユニークな出展も
“挙式VR”を体験レポート
ツイートが武器になる「Last Standard」
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
4.7インチディスプレイの「iPhone 6」と5.5インチディスプレイの「iPhone 6 Plus」が発表,日本での発売は9月19日で,9月12日16:00よりNTTドコモとKDDI,ソフトバンクモバイルで予約受付開始
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2014/09/10 03:01

イベント

4.7インチディスプレイの「iPhone 6」と5.5インチディスプレイの「iPhone 6 Plus」が発表,日本での発売は9月19日で,9月12日16:00よりNTTドコモとKDDI,ソフトバンクモバイルで予約受付開始

iPhone本体

 Appleはアメリカのカリフォルニア州・クパチーノで2014年9月9日(現地時間)に開催されたイベントで,同社製スマートフォンの最新モデルとなる「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」を発表した。

iPhone本体

 気になる発売日も発表され,日本でのXデーは9月19日となる。9月12日より予約が開始されるとのこと。
 カラーバリエーションはiPhone 5sと同じ3種類(スペースグレイ/ゴールド/シルバー)で,容量は各色で16/64/128GBの3モデルが用意される。通信キャリアとの2年契約時における価格は,iPhone 6が199/299/399ドルで,iPhone 6 Plusは299/399/499ドルだ。

 日本でiPhoneを取り扱っているNTTドコモ,KDDI,ソフトバンクモバイルからはそれぞれ,iPhone6/6 Plusの予約に関するプレスリリースが9月10日に発表された。いずれも9月12日16:00から予約受付を開始する。NTTドコモは「9月19日から販売開始するドコモ販売店の店頭およびドコモホームページ」で,ソフトバンクモバイルは「iPhone取扱店およびソフトバンクオンラインショップ」で予約受付を行うとのこと。KDDIでは予約方法に関する具体的な情報はまだ発表されていない。

NTTドコモ:「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」に関するお知らせ
KDDI:au、iPhone 6、iPhone 6 Plusに関するお知らせ
ソフトバンクモバイル:「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」について

※9月10日16:00頃,日本での予約に関する文章を追加しました。

 Apple Storeの日本語公式サイトにはすでにiPhone 6とiPhone 6 Plusのページが公開されていて,SIMフリー版の価格が確認できるようになっている。その価格(※税別)は,iPhone 6は16GBモデルが6万7800円,64GBモデルが7万9800円,128GBモデルが8万9800円。iPhone 6 Plusは,16GBモデルが7万9800円,64GBモデルが8万9800円,128GBモデルが9万9800円となっていた。

iPhone本体 iPhone本体
iPhone本体

 いずれも新しいRetina HDディスプレイを採用しており,ディスプレイサイズはiPhone 6が4.7インチ,iPhone 6 Plusが5.5インチとなる。iPhone 6の解像度は1334×750ドットで326ppiの720p相当,iPhone 6 Plusは1920×1080ドットの解像度で,401ppiのフルHDを実現している。

iPhone本体

 両機種ともSoC(System-on-a-Chip)には,新しいA8チップとM8コプロセッサが搭載される。初代iPhoneと比べると,処理速度は50倍,グラフィックス性能は84倍まで向上したとのこと。また,消費電力も小さくなりバッテリー駆動時間も伸びる模様だ。

■主なスペック
  iPhone 6 iPhone 6 Plus
メーカー Apple
OS iOS 8
本体カラー シルバー/ゴールド/スペースグレイ
ディスプレイパネル 4.7インチ液晶
(解像度1334×750ドット)
5.5インチ液晶
(解像度1920×1080ドット)
ストレージ 内蔵(容量16GB,64GB,128GB)
アウトカメラ 有効画素数約800万画素
インカメラ 有効画素数約120万画素
本体サイズ 67.0(W)×6.9(D)×138.1(H)mm 77.8(W)×7.1(D)×158.1(H)mm
本体重量 129g 172g
プロセッサ Apple製A8チップ/M8コプロセッサ
メインメモリ容量 非公開
バッテリー容量 非公開
連続通話時間 3Gで約14時間 3Gで約24時間
連続待受時間 約250時間 約384時間
LTE 対応
無線LAN 対応(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)
その他機能 指紋認証センサー,Bluetooth(Version.4.0),NFCなど

iPhone本体
iOS 8を搭載し,ホーム画面が横表示にも対応する
iPhone本体
「Metal」対応を表明したデベロッパも紹介された。早くて2014年内にはiPhone 6向けのゲームが登場する模様だ
iPhone本体

【News Release】
Apple、iPhone 6とiPhone 6 Plusを発表 - iPhone史上最大の進歩

劇的に薄いデザインに美しいRetina HDディスプレイとパワフルなA8チップ、先進のカメラそしてApple Payを搭載

詳細を見る


2014年9月10日、Appleは本日、iPhone 6およびiPhone 6 Plusを発表しました。iPhone史上最大の進歩を遂げた2つのモデルは、美しい4.7インチと5.5インチのRetina HDディスプレイを搭載、まったく新しくなった、劇的に薄い継ぎ目のないデザインに革新的なテクノロジーを詰め込んでいます。新しいiPhoneは、ディスプレイのシェイプされたガラスに継ぎ目なくつながる、酸化皮膜処理されたアルミニウムからなる精密なユニボディの筐体を特長とし、完全になめらかで連続的な表面を特長としています。iPhone 6とiPhone 6 Plusはこれまでで最も薄くなるように設計されており、より大きなディスプレイを、持ちやすく使いやすいデザインで実現しています。

iPhone 6とiPhone 6 Plusには、第二世代の64ビットデスクトップクラスアーキテクチャを持ち、超高速パフォーマンスと電力効率を実現する、Appleが設計したA8チップ、先進のiSightカメラとFaceTime HDカメラ、超高速ワイヤレステクノロジー、そして指で触れるだけで簡単かつ安全に支払いをするためのより簡単な方法であるApple Payといった革新的な新技術が詰め込まれています。両モデルとも世界で最も先進的なモバイルオペレーティングシステムの最新バージョンであるiOS 8を搭載し、新しいメッセージおよび写真機能、QuickTypeキーボード、新しいヘルスケアアプリケーション、ファミリー共有そしてiCloud Driveを用いた、より簡単で、より素早くそして直感的なユーザエクスペリエンスを特長としています。

「iPhone 6とiPhone 6 PlusはiPhone史上最大の進歩です。iPhoneは世界で最も愛されているスマートフォンであり、業界随一の顧客満足度を誇っていますが、私たちはそれをあらゆる面でさらに良いものにしています。最高のハードウェア、ソフトウェア、サービスをこのような、かつてないレベルで組み合わせることができるのはAppleだけです。お客様にはきっと喜んでいただけることと思います」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、ティム・クックは述べています。

iPhoneでは初めて、2つのサイズが提供されるようになります。iPhone 6は1334 × 750の解像度を持つ、美しい4.7インチRetina HDディスプレイを特長とし、iPhone 5sより38%大きな表示領域を提供します。iPhone 6 Plusは、解像度が1920 × 1080のさらに大きな5.5インチRetina HDディスプレイを特長とし、iPhone 5sと比べて88%広い表示領域とおよそ3倍の画素数を提供します。Retina HDディスプレイは、より深い黒を表現するより高いコントラストや、より広い視野角でより正確な色を表現するデュアルドメインピクセルといった、先進のテクノロジーを提供します。

第二世代の64ビットデスクトップクラスのアーキテクチャを持つ、まったく新しいA8チップは、より速いパフォーマンスを提供し、エネルギー効率もより高くなっています。その結果、かつてない速いパフォーマンスを維持しながら素晴らしいバッテリー駆動時間を実現しています。iOS 8の新しいグラフィックステクノロジーであるMetalを用いると、デベロッパはA8チップのパフォーマンスをさらに活用し、コンソールクラスの3DゲームをiPhoneで提供することができるようになります。A8チップには、Appleの設計による、新しい、パワフルな画像信号プロセッサが搭載されており、高度な静止画および動画機能を可能にしています。

両モデルとも、加速度センサー、ジャイロスコープ、コンパス、そして気圧を感知して相対的な高度のデータを提供する気圧計からの動作データを集めるM8モーションコプロセッサを搭載しています。M8モーションコプロセッサは、デバイスがスリープ中であってもユーザの運動データを連続的に測ることができるため、一日中センサーを使うフィットネスアプリケーションの電池寿命を節約することができます。iOS 8を使うと、M8からの動作データがヘルスケアアプリケーションに表示されるため、例えば階段を何段分上ったか、どれだけの距離を歩いたか、走ったかなどを見ることができます。デベロッパはM8とHealthKitを利用するCoreMotion APIを使って、ユーザの健康とフィットネスをよりよく管理するアプリケーションを作ることができます。

iPhone 6とiPhone 6 Plusには、物理的な店舗にある商品やサービスを購入したり、アプリケーションを購入したりする際に、指で触れるだけで安全に支払をするための簡単な方法であるApple Payが初めて採用されます。ユーザはTouch IDの上に指を置いたまま非接触リーダーの近くに端末をかざすだけで、店舗で安全かつ便利に支払をすることができます。iPhoneのロック解除をしたり、アプリケーションを立ち上げたりする必要はありません。Apple Payを使うと、クレジットカードや配送先の情報を入力することなく、アプリケーションの中からワンタッチで購入することもできます。すべての支払情報は、新しいiPhoneの内部にあるSecure Elementというチップだけに、暗号化された状態で厳重に保存されます。

iSightカメラは、より高速なオートフォーカスを可能にするFocus Pixelsを持つ新しいセンサーにより、さらに良くなりました。これによりどんな瞬間でも素早く撮影することがこれまで以上に簡単になります。iPhone 6 Plusのユーザはさらに、低照度下での手ぶれを補正し、iOS 8と連携して被写体ぶれを減少させる光学式手ぶれ補正を利用することもできます。iPhoneのHDビデオは、1080pビデオで60fpsまで、スローモーションで240fpsまでのより速いフレームレートや、連続オートフォーカス、映画レベルのビデオ手ぶれ補正、そしてタイムラプスビデオといった機能により、さらに良くなりました。FaceTime HDカメラは、新しいセンサー、より大きなf/2.2の開口部、そしてバーストモードやHDRビデオといった先進の新機能により、これまでより80%以上多くの光を捉えることができます。

これまでより速い、最大150 MbpsのLTEダウンロードスピードにより、iPhone 6およびiPhone 6 Plusのユーザは、コンテンツをこれまで以上に速く閲覧、ダウンロードそしてストリーミングすることができます。新しいiPhoneはまた、LTE (VoLTE) およびWi-Fi通話を使った高品質音声通話をサポートしています※※。世界のどのスマートフォンよりも多い最大20のLTEワイヤレスバンドをサポートすることにより、新しいiPhoneモデルでは世界中の高速ネットワークを体験することがこれまで以上に簡単になっています。両モデルとも、最大433 Mbpsのスピードで動作する802.11ac Wi-FiとBluetooth 4.0を搭載しています※※※

新しいiPhoneは、App Storeの登場以来最大のリリースとなるiOS 8を搭載し、より簡単、より素早く、より直感的なユーザエクスペリエンスと、QuickTypeキーボード、新しいヘルスケアアプリケーション、ファミリー共有そしてiCloud Driveを含む新しい機能を提供します。4,000以上の新しいAPIを持つiOS 8は、デベロッパが主要な拡張機能や、HealthKitおよびHomeKitのような頑健なフレームワークを使って、ユーザエクスペリエンスをさらにカスタマイズすることを可能にします。iPhone 6およびiPhone 6 Plusのユーザはまた、世界155カ国のiPhone、iPadそしてiPod touchのユーザに130万本以上のアプリケーションを提供している革新的なApp Storeにアクセスすることができます。

【価格と販売について】
iPhone 6は、ゴールド、シルバーまたはスペースグレイの3色から選ぶことができ、米国では、2年契約での希望小売価格は16GBモデルが199ドル、64GBモデルが299ドル、さらに、新しく128GBモデルが399ドルとなります※※※※。iPhone 6 Plusは、ゴールド、シルバーまたはスペースグレイの3色から選ぶことができ、米国では、2年契約での希望小売価格は16GBモデルが299ドル、64GBモデルが399ドル、さらに、新しく128GBモデルが499ドルとなります4。両モデルとも、米国ではApple Online Store ( www.apple.com/jp )、直営店のApple Store、そしてAT&T、Sprint、T-Mobile、Verizon Wireless、その他の通信事業者、そしてiPhone取扱販売店を通じてお買い求めいただくことができます。iPhone 6およびiPhone 6 Plusは、米国、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、香港、日本、プエルトリコ、シンガポール、そして英国で、9月19日(金曜日)から販売され、日本ではNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが取り扱います。また両モデルとも、9月12日(金曜日)から先行予約の受け付けが始まります。

Appleのデザインによるレザーケースは、ブラック、ソフトピンク、オリーブブラウン、ミッドナイトブルーそして(RED)の5色が用意され、米国での価格はiPhone 6用が45ドル、iPhone 6 Plus用が49ドルです。シリコーンケースはブラック、ブルー、ピンク、グリーン、ホワイトそして(RED)の6色が用意され、米国での希望小売価格はiPhone 6用が35ドル、iPhone 6 Plus用が39ドルです。これらはApple Online Store ( www.apple.com/jp )、直営店のApple StoreそしてiPhone取扱販売店を通じてお買い求めいただくことができます。

iPhone 5sは、米国では、16GBモデルが99ドルで、32GBモデルが149ドルで、またiPhone 5c 8GBモデルは無料で提供されます。iOS 8は9月17日(水曜日)から無料ソフトウェアアップデートとして提供されます。機能の中にはすべての製品では使用できないものもあります。Apple Payは米国のお客様を対象に、iOS 8の無料ソフトウェアアップデートとしてこの10月に提供されます。

※Apple Payは米国でのみご利用いただけます。

※Apple Payは米国内のiPhone 6およびiPhone 6 Plusのお客様を対象に、iOS 8の無料ソフトウェアアップデートとしてこの10月に提供されます。
※※LTE、VoLTEおよびWi-Fi通話は、特定の通信事業者で利用することができます。通信速度は事業者のネットワークにより異なります。詳しくはお使いの地域の通信事業者にお問い合わせください。
※※※理論的なスピードに基づいています。実際のスピードは変動します。
※※※※条件を満たすお客様のみを対象としています。詳しくはお使いの地域の通信事業者にお問い合わせください。



 また,今まで「iWatch」として登場が噂されていた腕時計型の新型デバイスが,「Apple Watch」として正式に発表された。ディスプレイをタッチ操作できるだけでなく,“Crown”と呼ばれる竜頭を重視したユーザーインタフェースが採用されている。Apple Watchを利用するにはiPhoneが必要で,対応端末はiPhone 5/5c/5s/6/6Plusとなる。
 なおApple Watchは2015年初頭に発売予定で,価格は349ドルからになるとのこと。

iPhone本体 iPhone本体
iPhone本体 iPhone本体

【News Release】(米国報道発表資料抄訳※ - 2014年9月10日)
Apple、Apple Watchを発表 - Appleのこれまでで最もパーソナルなデバイス

2014年9月9日、カリフォルニア州クパティーノ、Appleは本日、同社のこれまでの製品の中で最もパーソナルなデバイスとなるApple Watchを発表しました。Apple Watchは革新的な新技術と先駆的なユーザーインターフェイスに、精密な時計作りの豊かな伝統に敬意を払った美しいデザインを特長としています。Apple Watchは、スクロール、ズーム、ナビゲートといった操作を革新的な方法で行うことができる、特別にデザイン、設計されたデジタルクラウンを初めて採用しています。デジタルクラウンはiPodのクリックホイールそしてiPhoneのマルチタッチ以来最も革新的なナビゲーションツールです。Apple Watchは、メッセージの送受信、iPhoneにかかってきた電話への応答などを腕に付けた本体から行うという新しい方法でのコミュニケーションを可能にします。また、Digital Touch機能を使って自分の心拍などのパーソナルな情報を送信することもできます。Apple Watchはまた、人々がより健康的な毎日を送ることができるようにする総合的なヘルスケアとフィットネスのアプリケーションを初めて採用します。Apple Watchは、Apple Watch、Apple Watch Sport、Apple Watch Editionという3つの特徴のあるコレクションで提供されます。

「Appleはこれまでに、Mac、iPod、iPhoneそしてiPadといった、カテゴリを定義するいくつもの製品を世界に提供してきました。そして今、Appleは再び、人々の毎日を豊かにすることができる革新的な製品で世界を魅了しようとしています。これは私たちがこれまでに作った中で最もパーソナルな製品です」と、AppleのCEO(最高経営責任者)、ティム・クックは述べています。

「Apple Watchでは、身に付けるようにデザインされたデバイスであることを意識して、複数の技術とまったく新しいユーザーインターフェイスを開発しました。それは物理的なモノとユーザーインターフェイスとの境界すらをなくしてしまいます。これまでにないパーソナル化を可能にする一群の製品を作りました」と、Appleのデザイン担当シニアバイスプレジデント、ジョニー・アイヴは述べています。

Apple Watchは、より小さなデバイスのために特に作られた、革新的なデザインとiOSベースのユーザーインターフェイスを初めて採用しています。Apple Watchは、スクロール、ズーム、ナビゲートといった操作を、ディスプレイを指で覆うことなく流れるように行うための革新的な方法であるデジタルクラウンを搭載しています。デジタルクラウンはホームボタンとしても機能するほか、Siriにアクセスするための便利な方法でもあります。Apple WatchのRetinaディスプレイにはタップとプレスの違いを検知するForce Touchという技術が採用され、この技術による新しい方法により、アプリケーションの中で素早く、簡単にコントロールにアクセスすることができるようになります。Apple Watchは新たに採用したTaptic Engineと内蔵スピーカーの組み合わせることで、アラート音や通知をまったく新しい方法で、控えめに、耳でも肌でも知ることができます。Appleは、コンピュータアーキテクチャ全体を一つのチップに小型化する、独自のS1 SiP (System in Package)を専用にデザインしました。Apple Watchはまた、Wi-Fi 802.11b/gおよびBluetooth 4.0を搭載しており、iPhoneとシームレスにペアリングをすることができます。

Apple Watchは、Apple Watch、Apple Watch Sport、Apple Watch Editionという3つの特徴のあるコレクションで提供されます。それぞれに38mmと42mmの2つのサイズが用意されています。美しくデザインされた耐久性に富む筐体は、ポリッシュ仕上げまたはスペースブラックのステンレススチール、スペースグレーまたはシルバーの酸化皮膜処理されたアルミニウム、そして18金のローズまたはイエローゴールドなどの特別な合金から精巧に作られています。Appleはまた、豊富な種類の時計ストラップも作りました。高機能エラストマー製スポーツバンド、しなやかなマグネット式ステンレススチールメッシュ製のミラネーゼループ、素早く固定、調整をするためのマグネットが隠れたソフトなキルトレザー製のレザーループ、無垢のバックルで留める革製のモダンバックル、革製のクラシックバックル、そしてステンレススチール製のリンクブレスレットです。Apple WatchはAppleのMagSafe技術と電磁誘導充電を組み合わせ、素早く位置を合わせて接続することができるユニークな充電システムを採用しています。

Apple Watchは極めて正確な時計であると同時に自分を表現するためにカスタマイズすることもできます。Apple Watchには、トラディショナルなアナログ文字盤から、ダイナミックなタイムラプス文字盤、地球、太陽、月そして惑星のインタラクティブなリアルタイム3Dモデルであるアストロノミー文字盤、現代的な日時計であるソーラー文字盤など、11種類の文字盤が用意されています。Apple Watchは、次の予定、月の満ち欠けまたはユーザのアクティビティレベルなどの追加情報で外観や機能をパーソナライズすることができ、何百万種類もの構成が可能です。

Apple Watchは、腕につけているということの利点を生かし、タイムリーな情報を一目で分かるように提供します。Smart Replies機能と音声入力機能を使うと、メッセージに素早く返答することができます。Handoff機能を使うと、Apple Watchでメッセージの作成を始め、途中からiPhoneで続けることができます。文字盤を上方向にスワイプしてグランスを表示させると、ユーザが知りたい情報、例えば現在の位置や、株価、次のミーティングなどをすぐに見ることができます。横のボタンを押すと、お気に入りの人々を表示するフレンド画面が表れ、素早く簡単に連絡を取ることができます。Digital Touch機能を使うと、スケッチ、穏やかなタップ、Walkie Talkieを使った音声メッセージ、あるいは自分の心拍までを送信することができます。Apple Watchを使うと身の回りの世界と素早く、便利に対話することができるため、Apple Payを使ってコーヒー代を支払ったり、Passbook搭乗券で飛行機に乗ったり、Apple TVを操作したり、道順を教えてもらったりすることができます。

Apple Watchには、一日を通じてもっと行動的になるよう動機づけするようにデザインされた画期的なアクティビティアプリケーションや、真剣にトレーニングしている最中に必要な測定値を提供するためにデザインされた、まったく新しいWorkoutアプリケーションが含まれています。Apple Watchは加速時計、内蔵された心拍センサー、GPSそしてiPhoneからのWi-Fiを用いることで、ユーザの毎日の活動をまとめて見ることができます。アクティビティアプリケーションは、燃焼カロリー、活発な活動、そして一日の間に何回立ち上がったかという、運動の3つの異なった側面を計測します。Workoutアプリケーションは、ランニングやサイクリングなど人気のあるセッションベースのトレーニング中の目標設定とペーシングを提供します。iPhone上の対応するFitnessアプリケーションがこれらの活動データを集めるため、ユーザは自分の活動歴をより詳しく知ることができます。Apple Watchはこの履歴を使って、ユーザに適したパーソナルな、現実的な目標を提案し、一定の目標をクリアするごとにほうびを与え、モチベーションをキープさせます。

Appleが新たに導入するWatchKitは、手首用にデザインされたユニークなエクスペリエンスをデベロッパが作るための新しいツールとAPIを提供します。Apple Watchでは、デベロッパは、アクション通知や、タイムリーな情報を提供するグランスを取り入れたWatchKitアプリケーションを作ることができます。来年後半からは、デベロッパはApple Watch用の完全にネイティブなアプリケーションを作ることができるようになります。

【価格と販売について】
Apple Watchは3つのコレクションで提供されます。ポリッシュ仕上げまたはスペースブラックのステンレススチールケースと選べるストラップからなるApple Watch、スペースグレーまたはシルバーの酸化皮膜処理したアルミニウムケースとスポーツバンドからなるApple Watch Sport、そして18金ローズまたはイエローゴールドケースとこのコレクション専用の選べるストラップからなるApple Watch Editionです。Apple Watchのストラップには、ブラック、ブルー、グリーン、ピンクおよびホワイトのスポーツバンド、ブラックおよびミッドナイトブルーのクラシックバックル、ブライトブルー、ライトブラウンそしてストーンのレザーループ、ミッドナイトブルー、ブラウン、ソフトピンク、ローズグレーそしてブライトレッドのモダンバックル、ステンレススチールのミラネーゼループ、そしてブラシ仕上げのステンレススチールとポリッシュ仕上げのスペースブラックのリンクブレスレットが用意されています。Apple Watchは2015年初めに販売開始され、価格は349ドル(米国)からとなります。Apple Watchは最新バージョンのiOS 8を搭載したiPhone 5、iPhone 5c、iPhone 5s、iPhone 6またはiPhone 6 Plusと一緒に使うことができます。

※Apple Payは米国でのみご利用いただけます。

※本資料は、米国発2014年9月9日付けで、米国Appleが発表したニュースリリースを日本語に翻訳したものです。



  • 関連タイトル:

    iPhone本体

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月22日〜09月23日