オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
D×2 真・女神転生 リベレーション公式サイトへ
  • セガゲームス
  • 発売日:2017年内
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
セガゲームスが「スマートフォン向け新作発表会 2017」を開催。2018年に配信予定の「サカつく」新作と新作RPGの情報などが明らかに
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/11/21 22:29

イベント

セガゲームスが「スマートフォン向け新作発表会 2017」を開催。2018年に配信予定の「サカつく」新作と新作RPGの情報などが明らかに

D×2 真・女神転生 リベレーション
 2017年11月21日,セガゲームスは,「スマートフォン向け新作発表会 2017」を東京都内で開催した。この発表会では既報のとおり,2017年内に配信開始予定の「D×2 真・女神転生リベレーション」iOS / Android)に関する続報と,2018年配信予定の新作「ワンダーグラビティ 〜ピノと重力使い〜」iOS / Android),「プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド」iOS / Android),「共闘ことばRPG コトダマン」iOS / Android)の情報が公開された。


関連記事
「セガゲームス スマートフォン向け新作発表会 2017」で2018年リリースの新タイトル3本が発表に。「D×2 真・女神転生リベレーション」の続報も


 発表会のオープニングには,セガゲームス 代表取締役社長COOの松原健二氏が登壇し,同社が2017年よりプラットフォームやデバイスの違いではなく,IPやスタジオの力を活かす方針にシフトしたことを紹介。例として,北米と欧州を中心に展開している「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」シリーズを挙げ,日本のみならず世界各地で最大限の力を発揮できるよう取り組んでいるとし,今回発表するタイトルも日本において各IPを広めるものや,新しいIPを展開するものであるとまとめた。

セガゲームス 代表取締役社長COOの松原健二氏
発表会の進行役はセガゲームス 取締役CSOの岩城 農氏が務めた。岩城氏は,発表されたタイトルのデモプレイにも参加した


「D×2 真・女神転生リベレーション」


「D×2 真・女神転生リベレーション」チーフプロデューサーの山田理一郎氏
 最初のプレゼンテーションは,「D×2 真・女神転生リベレーション」の続報である。本作でチーフプロデューサーを務める山田理一郎氏によると,東京ゲームショウ 2017で発表して以来,日本のみならず世界各国から期待の声が寄せられているという。
 現在の進捗状況は,デバッグや調整の段階に入っているとのことで,社内200〜300名でテストプレイを行っているそうだ。

D×2 真・女神転生 リベレーション D×2 真・女神転生 リベレーション
作品概要やコンセプトなどもあらためて紹介された
D×2 真・女神転生 リベレーション D×2 真・女神転生 リベレーション D×2 真・女神転生 リベレーション

 会場では,新たに「アリス」「バロン」「スサノオ」という3体の悪魔が発表された。いずれも「真・女神転生」シリーズではおなじみの悪魔達だが,本作ではそれぞれ★5というレアリティで登場する。ちなみに本作の悪魔達は,すべて最高レアリティとなる★6まで育成可能とのこと。

D×2 真・女神転生 リベレーション

 実機デモを通じて,アリス,バロン,スサノオの3体が本作でどのように再現されているかも示された。なお,スサノオの3D化は本作が初めてとなり,マントの着用方法について版元のアトラスから指摘を受けたという。

D×2 真・女神転生 リベレーション D×2 真・女神転生 リベレーション
D×2 真・女神転生 リベレーション D×2 真・女神転生 リベレーション

 また,実機デモでバトルがどうなっているのかも紹介された。本作では「真・女神転生」シリーズのプレスターンバトルシステムを継承しており,相手の弱点を突くなどすると味方の行動回数が増える仕組みが取られている。ただしスマホ向けに最適化しているため,「真・女神転生III-NOCTURNE」などとは少々異なる部分もあるようだ。

山田氏は,アリスに本作オリジナルのスキルが用意されていることにも言及していた
D×2 真・女神転生 リベレーション D×2 真・女神転生 リベレーション
もちろん悪魔を仲魔にすることもできる
D×2 真・女神転生 リベレーション D×2 真・女神転生 リベレーション

 さらにスペシャルニュースとして,2つの新情報が明らかにされた。
 ひとつめは,AR機能を開発中という情報だ。これは以前公開されたVR機能に対する反響が大きかったことを受けたものになるとのこと。会場ではテスト段階のAR機能により,スマホの画面に映し出されたステージ上に,ケルベロスやトール,ピクシーの姿が投影され,さまざまな角度から見られる様子が示された。
 続けて山田氏は,「こうして悪魔を呼び出すだけでは物足りないでしょうから,ファンの皆さんがより喜ぶようなバーチャル感を実装していきたい」と意気込みを語っていた。

D×2 真・女神転生 リベレーション D×2 真・女神転生 リベレーション
D×2 真・女神転生 リベレーション D×2 真・女神転生 リベレーション

 スペシャルニュースの2つめは,本作の世界配信が決定したことだ。これは前述したとおり,世界各国の反響を受けたもので,まずは台湾,香港,マカオで事前登録の受付を開始する。余談ながら,国内版配信の前に海外版の事前登録を行うのは,セガゲームス初の試みとのこと。

国内で行われている事前登録キャンペーンもあらためて紹介された。現在の登録者数は15万人に達したとのことで,20万人に到達するとモコイとリャナンシーが悪魔合体した悪魔がプレイヤーに提供される
D×2 真・女神転生 リベレーション


「ワンダーグラビティ 〜ピノと重力使い〜」


「ワンダーグラビティ 〜ピノと重力使い〜」プロデューサーの金 哲碩氏
 2018年配信予定の3タイトルで,最初に発表されたのは「ワンダーグラビティ 〜ピノと重力使い〜」だ。
 本作でプロデューサーを務めるf4samuraiの金 哲碩氏によると,主人公の少年が“星から生まれた小さき者”「ピノ」と出会い,「重力使い」となって「世界の底」を目指すという,空を舞台とした壮大なRPGになるとのこと。

D×2 真・女神転生 リベレーション D×2 真・女神転生 リベレーション D×2 真・女神転生 リベレーション

 重力使いは,重力を操ることが可能で,重力ダウンによって物体を浮かせることもできる。敵となる「デブリ」とのバトル時には,ピノとデブリの双方に重力場を作り,さらにデブリ側の重力を強めることによってピノを引き寄せさせて攻撃する。

D×2 真・女神転生 リベレーション

舞台となる世界,主人公達や彼らと敵対する「<世界機関>の暗躍組織」のイメージイラストや設定画なども紹介された
D×2 真・女神転生 リベレーション D×2 真・女神転生 リベレーション
D×2 真・女神転生 リベレーション D×2 真・女神転生 リベレーション
メインキャラクターおよびボイスを演じる声優陣の紹介もなされた
D×2 真・女神転生 リベレーション D×2 真・女神転生 リベレーション


 本作は,脚本原案に特撮TVドラマ「仮面ライダー電王」「侍戦隊シンケンジャー」や,アニメ「進撃の巨人」「ジョジョの奇妙な冒険」を手がけた小林靖子さん,音楽に「クロノトリガー」や「アナザーエデン」などを代表作に持つプロキオン・スタジオ,そしてオープニングアニメにはスタジオM2と,実力人気ともに高いスタッフを起用。金氏は「間違いなく,楽しい体験を皆さんにお届けします」と意気込みを語っていた。続報は,公式サイトおよび公式Twitterアカウントにて順次公開されるとのこと。

D×2 真・女神転生 リベレーション D×2 真・女神転生 リベレーション
D×2 真・女神転生 リベレーション
12月3日開催のイベント「f4ファンフェスティバル」でも,本作の続報が公開される予定
D×2 真・女神転生 リベレーション
本作には,GvGコンテンツも用意される。情報は2018年初頭より順次明らかにしていくとのこと


「プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド」


 2018年配信予定の2タイトルめは,「プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド」だ。本作でプロデューサーを務めるのは,D×2 真・女神転生リベレーションと同じく山田理一郎氏である。
 同氏によると,本作は「正統派『サカつく』シリーズの面白さを,スマホで手軽に」をコンセプトに,選手やチームの育成を軸に据えたゲームとして開発を進めているという。

D×2 真・女神転生 リベレーション

 キャッチコピーは,「Jから世界へ。」である。日本から世界にチャレンジすることを意味するこのキャッチコピーどおり,本作は世界同時展開を予定しているとのこと。

D×2 真・女神転生 リベレーション

 この発表に合わせ,「プロサッカークラブをつくろう!」シリーズの公式Twitterアカウント「サカつく.com」が開設となったことも紹介された。山田氏は,「このタイトルにより,『サカつく』シリーズを今以上に盛り上げていきたい」と意気込みを見せていた。

D×2 真・女神転生 リベレーション


「共闘ことばRPG コトダマン」


「共闘ことばRPG コトダマン」プロデューサーの中村たいら氏
 2018年配信予定の最後のタイトルとして紹介されたのは,新規IPとなる「共闘ことばRPG コトダマン」だ。プロデューサーを務めるのは,「モンスターギア」などを手がける中村たいら氏である。

 中村氏は,まず本作を企画するに至った背景を説明。それによると,スマホゲームは2012年から2015年にかけて,パズル×RPG,クイズ×RPGなど「○○○×RPG」の時代であり,バトルのゲーム性や遊びで勝負していた時代だった。その中のいくつかのタイトルは世間一般に受け入れられ,今なおランキング上位に顔を見せているが,同じタイプの新作が登場する機会は減っている。

D×2 真・女神転生 リベレーション

 一方,2015年から現在は「IPの時代」となり,IPやキャラクター,世界観が重視されており,ランキングや新作のラインナップにもそれが如実に反映されている。しかしIP重視のゲームは,ゲーム性や遊びが似通ったタイプになりがちでもある。

D×2 真・女神転生 リベレーション

 こうした昨今の風潮から考えると,現在,世間一般に求められているのはIPを重視したタイトルである。
 しかし,共闘ことばRPG コトダマンは,そうした風潮にあえて疑問を投げかけ,再び原点に立ち返りゲーム性と遊びで勝負するタイトルとして企画開発したと,中村氏は語った。

D×2 真・女神転生 リベレーション D×2 真・女神転生 リベレーション

 本作は,開発に2年以上の期間を費やしており,開発コストもモンスターギアの倍近くになっているという。そのキャッチコピーは「『ことば』で闘う新感覚RPG。」である。

D×2 真・女神転生 リベレーション

 本作のバトルでは,最大4人のプレイヤーが文字の精霊「コトダマン」を1体ずつ出し合い,「ことば」を作って敵を攻撃する。いわゆるパズルRPGのバトル部分でパズルのピースをそろえる過程が,文字をそろえて言葉にするという形式になっているというわけだ。
 中村氏は「パズルのピースを言葉にしたことで,パズルの面白さや分かりやすさが高まり,コミュニケーションが生まれやすくなる」と説明し,「ゲーム史上,もっとも笑いが生まれやすいタイトルとなったのではないか」と続けた。

D×2 真・女神転生 リベレーション D×2 真・女神転生 リベレーション


 また本作は,ローンチ時に約20万語の言葉を収録するが,そのひとつひとつにテーマを設定している。例えば「バナナ」であれば「食べ物」「黄色い」といったように,ひとつの言葉に複数のテーマが設定されていることもある。こうしたテーマ設定により,食べ物に弱い敵や,色で発動するスキルなどを用意することが可能となり,プレイヤー同士で連想ゲームのように盛り上がれるという。
 加えて特定のIPをテーマやワードに設定することにより,単にキャラクターが登場するだけに留まらないコラボレーションの展開も可能になるのだとか。

D×2 真・女神転生 リベレーション

 さらにバトルには,揃えたはずの文字が違う文字に変化してしまう「チェンジマス」や,制限ターン内にお題に沿った言葉を作れないとダメージを受けてしまう「タイムボム」,意味のある文字列を作るとダメージを受けてしまう「トゲブロック」といった,さまざまなギミックが施され,ゲームを一層盛り上げる。

D×2 真・女神転生 リベレーション

 前述したとおり,ゲーム性や遊びを重視する本作ではあるが,その一方でストーリーや世界観にもこだわっている。舞台となるのは言葉によって生まれた「言霊界」で,悪魔に支配された広大なマップを解放していくストーリーになるとのこと。
 このストーリーは,各キャラクターのフレーバーテキストやイベントからから読み解いていく形式となり,理解していなければゲームを楽しめないような位置付けにはなっていないそうだ。

D×2 真・女神転生 リベレーション
D×2 真・女神転生 リベレーション D×2 真・女神転生 リベレーション

 なお,キャラクターはローンチ時に350体以上おり,それぞれが進化するので,その数は700体以上になる。いずれのキャラクターにもアニメーション処理が施されているという。

D×2 真・女神転生 リベレーション D×2 真・女神転生 リベレーション
D×2 真・女神転生 リベレーション D×2 真・女神転生 リベレーション

会場では,中村氏と岩城氏を含めた4名のスタッフによる実機デモプレイが披露された。「きん○○○○く」と表示されているので,順番に空いている部分に文字を入れて,2文字以上の言葉を作っていく
D×2 真・女神転生 リベレーション D×2 真・女神転生 リベレーション
D×2 真・女神転生 リベレーション D×2 真・女神転生 リベレーション
結果として,「きん(金)」「きんり(金利)」「きんりん(近隣)」「りんぎ(稟議)「うく(浮く)」といった言葉のコンボにより,敵を攻撃することとなった
D×2 真・女神転生 リベレーション D×2 真・女神転生 リベレーション
ボス戦も同様に言葉を作って攻撃していく

 配信までまだ期間のある本作ではあるが,すでに「ウルトラマン」シリーズ新日本プロレスリングセガ オールスターズとのコラボが決定している。これらのほかにも,多くのコラボを予定しているとのことだ。

D×2 真・女神転生 リベレーション D×2 真・女神転生 リベレーション
D×2 真・女神転生 リベレーション D×2 真・女神転生 リベレーション

 さらに本作は,配信開始まで徹底的に作り込むとのことで,「開発会議」と題し,Twitterにて一般からアイデアやリクエストを募る。本作の公式Twitterアカウントをフォローすると,ゲームのローンチ時に開発者の一員として名を連ねることができるそうだ。そのほか,開発現場からの配信など,ほかではあまり見られないような情報も発信していく予定だという。

D×2 真・女神転生 リベレーション

本作の発表に合わせて開始された事前登録キャンペーンも紹介された
D×2 真・女神転生 リベレーション

 発表会のエンディングでは,岩城氏が「本日は4タイトルそれぞれ紹介しましたが,いずれも鋭意開発中です。準備ができ次第,続報をお伝えしていきますので,ぜひ期待してください」とまとめて,発表会を締めくくった。

発表会終了後,筆者も短い時間だが「共闘ことばRPG コトダマン」をプレイする機会を得た。このプレイでは,他メディアの記者陣と協力して「てむじん(テムジン)」「ばあちゃ(バーチャファイター)」といった,セガゲームスの往年のタイトルに関連する言葉を作ることに成功
D×2 真・女神転生 リベレーション D×2 真・女神転生 リベレーション D×2 真・女神転生 リベレーション
「さく○○○せ○(サクラ大戦)」を完成させるチャンスも訪れたのだが,残念ながら成功ならず。やはり文字数が多い言葉は難しい……
D×2 真・女神転生 リベレーション D×2 真・女神転生 リベレーション D×2 真・女神転生 リベレーション

「D×2 真・女神転生 リベレーション」公式サイト

「ワンダーグラビティ 〜ピノと重力使い〜」公式サイト

「プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド」公式サイト

「共闘ことばRPG コトダマン」ティザーサイト

  • 関連タイトル:

    D×2 真・女神転生 リベレーション

  • 関連タイトル:

    D×2 真・女神転生 リベレーション

  • 関連タイトル:

    ワンダーグラビティ 〜ピノと重力使い〜

  • 関連タイトル:

    ワンダーグラビティ 〜ピノと重力使い〜

  • 関連タイトル:

    プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド

  • 関連タイトル:

    プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド

  • 関連タイトル:

    共闘ことばRPG コトダマン

  • 関連タイトル:

    共闘ことばRPG コトダマン

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月14日〜12月15日
タイトル評価ランキング
83
82
ARMS (Nintendo Switch)
73
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
70
2017年06月〜2017年12月