オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ChainMan公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
VRタイトル「ChainMan」の配信が本日開始。プレイヤーが次々とチェーンソーの餌食になったメディア向け体験会の模様をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/08/16 11:00

イベント

VRタイトル「ChainMan」の配信が本日開始。プレイヤーが次々とチェーンソーの餌食になったメディア向け体験会の模様をレポート

 桜花一門が開発するPC向けVRタイトル「ChainMan」の配信が本日(2017年8月16日),Steamで開始された。
 暗闇の中で,迫り来るゾンビから逃げ回るホラーアクションとなっている本作を,配信に先駆けて開催されたメディア向け体験会でプレイできたので,その模様をレポートしよう。

体験会が行われたのはマウスコンピューターの秋葉原ダイレクトショップで,試遊用のPCは同社のNEXTGEARシリーズとなっている。対応ヘッドマウントディスプレイはHTCの「Vive」だ
ChainMan ChainMan

 今回プレイできたのは,製品版に収録されているステージの一部を切り出した専用の体験版だ。見知らぬ山小屋のような場所で目覚めたプレイヤーは,目の前のディスプレイに映し出されるグループチャットのログを見て,ここで何か得体の知れないことが起きているということに気付く。
 それが何かをじっくり考える暇もなく,プレイヤーは突如現れたゾンビのようなクリーチャーに襲われそうになり,さらにそのゾンビが別のゾンビにチェーンソーで斬り殺されるという事態が発生。
 チェーンソーを持ったゾンビはプレイヤーを無視してどこかへ行ってしまうが,ゲーム中に再び彼と出会うときはプレイヤーが死ぬときでもある。

ChainMan ChainMan
グラフィックスはほとんどモノクロだが,身を隠せる場所やアイテム,そして血液には赤い色がついている
ChainMan

 プレイヤーが向いた方向を照らすライトの光が届かない場所は漆黒の闇。グラフィックスに色がないというのも,闇の怖さを倍増させている。プレイヤーはこの闇の中をほぼ手探りの状態で移動し,脱出手段を見つけ出さなければならない。

操作はViveのコントローラを1つだけ使用
ChainMan

 本作の最大のポイントは,攻撃手段が一切存在しないこと。プレイヤーは両手を鎖で縛られているため,ゾンビが近づいてきたときに箱やドラム缶,あるいは扉の陰などに隠れることができなければ確実に死ぬ。

 左右への移動は行えず,方向キーまたは頭の向きを変えて旋回し,前進または後退しなければならない。ライトは2段階(手元を広く照らす/遠くをピンポイントで照らす)の調整が可能で,途中で手に入る発煙筒を投げることもできる。

 舞台となる謎の島は複数のステージで構成されていて,今回体験できた屋内に加えて,野外などのさまざまなシチュエーションが用意されている。ゾンビにやられてしまうとステージの最初からやり直しとなるが,ステージ自体はそれほど長くないので,トライ&エラーを繰り返し,正しいルートや隠れる場所などをじっくり探していくことが重要になるだろう。

 暗闇の中を右往左往しながら,反撃ができない状態でゾンビに追われる感覚は,遊園地にあるウォークスルータイプのお化け屋敷を思わせる。遠くから聞こえるゾンビのチェーンソーの音に聞き耳を立てていると,突然近くのオブジェクトが大きな音を立てて倒れて驚かされる,といった演出もお化け屋敷そのものだった。

 ちなみにこの体験版の難度は製品版よりもかなり高いそうで,会場でプレイをしたメディア関係者は,筆者も含めて全員がゾンビのチェーンソーに切り刻まれ,クリアすることができなかった。

闇の中に立つゾンビの姿がお分かりいただけるだろうか? なおゾンビはライトの光には反応せず,こちらを視認したときに襲ってくるらしい
ChainMan

 桜花一門の代表取締役である高橋建滋氏は,歌舞伎町やロサンゼルスなどを深夜に徘徊するスリリングな体験が好きだそうで,その緊張感を本作に込めようとしたとのこと。
 また,開発にあたっては,リアルに徹することが直接ゲームの面白さにはつながらないという考えから「リアリティのつまらなさ」を徹底的に排除したという。とはいえ,ゲーム色が強すぎてもVRでプレイする意味が薄れてしまうため,数百人によるテストプレイを行い,両者の落としどころを見つけたとのことだ,

桜花一門 代表取締役 高橋建滋氏。過去にはコーエーテクモゲームスやクリーチャーズに在籍していた
ChainMan

 配信が開始されたばかりの本作だが,ローカルでの2人協力プレイモードがアップデートで実装されることが決定している。こちらは専用のステージが用意され,VRヘッドマウントディスプレイを装着してプレイする側と,ディスプレイを見ながらドローンを操作する側に分かれてのプレイになるとのこと。VRユーザーが自宅に人を招いて一緒に遊ぶようなシチュエーションを想定しているそうだ。

本作のイメージボード。タイトル名の「ChainMan」は,チェーンソーを持つゾンビや,自身が鎖につながれている状況から付けられたとのこと
ChainMan ChainMan

 PlayStation VR版も開発中だが,そちらの配信はもう少し先の予定。また,メディア向け体験会が行われたマウスコンピューターの秋葉原ダイレクトショップでは,本日から一般向けの常設体験展示が行われる(終了日は未定)ので,気になる人は店頭に足を運んでみよう。

「ChainMan」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ChainMan

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月21日〜11月22日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
76
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年05月〜2017年11月