オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
アライアンス・アライブ公式サイトへ
読者の評価
71
投稿数:5
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
愛理のど真ん中直球勝負!:第6球「今,物語が始まる」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/06/16 12:00

連載

愛理のど真ん中直球勝負!:第6球「今,物語が始まる」

愛理のど真ん中直球勝負!


 皆さん,こんにちは! 永野愛理です。6月に突入して,梅雨の季節になりましたね。雨ばかりで少し憂鬱な人もいれば,雨は落ち着くという人もいると思います。私は,どちらかといえば後者です。確かに,ジメジメしていて憂鬱だなとも思うのですが,雨の音って落ち着くので結構好きなのです。

 考えてみると,昔から雨が好きだった気がします。雨に濡れた町並みも,紫陽花も全部好きです。晴れている日を見慣れているからか,雨の日の景色はいつもと違って見えて,これもまた趣があります。眺めているだけでどんどん変化していく景色は,雨の日ならではだと思います。傘もこだわって買っていました。お気に入りの傘だと,雨の日でもお出かけするのが少し楽しくなりますよね。梅雨の自分なりの楽しみ方を見つけると,意外にあっさりと梅雨を乗り越えられるかもしれません。私も,新しい傘を買いに行こうと思います。

 さて,その梅雨で困るのがプロ野球ですよね。多少の雨なら,そのまま試合を行うこともありますが,雨が強くなると中止になってしまいます。そのため,私はいつでも雨が好きだと言えないわけです。やはり,野球が中止になるのは悲しいです。とくに,自分が見に行く予定の試合が雨で中止になると,とても残念な気持ちでいっぱいになります。野球好きの方なら,うなずいてくださるのではないでしょうか。

 そんなわけで,今回も楽天について語らせていただきます。今年はもう,話さずにはいられません!
 今,交流戦の真っ只中です。先日,楽天は今シーズン初の三連敗を喫してしまい,2位のソフトバンクに1.5ゲーム差まで詰め寄られました。さすが,王者ソフトバンク。いつ,その手が掛かってもおかしくはない状況です。しかし,このままズルズルといってしまうかと思いきや,しっかりとエースである則本投手が悪い流れを止めてくれました。そして則本投手は8試合連続2桁奪三振で,またもや日本記録を更新し,MLBの記録にも並びました。これが楽天のエースです。まだまだシーズンはこれから。皆さんにもぜひ,注目していただきたいですね!

 さて,今回も長々と余談にお付き合いいただき,ありがとうございます。それでは,今回ご紹介したいゲームはこちら!
 ニンテンドー3DS用ゲーム「アライアンス・アライブ」です。

「アライアンス・アライブ」のプロデューサー&ディレクターを務める松浦正尭さんと
 このゲームは,2017年6月22日にフリューさんから発売されるニンテンドー3DS用RPGです。なんと今回,フリューさんにお邪魔して,本作をプレイさせていただきました!

 先に言っておきますが,私はRPGが好きでよく買うものの,正直,あまり得意ではありません。次にどこへ行ったらいいのか分からなくなり,途方に暮れることもしばしばあります。そんな私だからこそ,断言します! とにかく,面白いです。多くを語らず,たくさんの方にプレイしてほしいと素直に思いました……が,少しでも多くの方にこのゲームの良さを知っていただきたいので,私の素直な感想をお伝えしたいと思います。

 まず,世界観の作り込みが素晴らしいです。中途半端なところがなく,どこを見ても完成された世界が目の前に広がっています。このゲームにはいくつかの世界が登場するのですが,背景美術が水彩画のような柔らかいタッチで描かれており,その独特な雰囲気に引き込まれます。また,それぞれの世界にマッチしたBGMが,よりイメージをふくらませてくれます。自分の心にぴったりと寄り添ってくるかのように,とにかく心地良かったです。

愛理のど真ん中直球勝負!:第6球「今,物語が始まる」

 この世界に引き込まれる理由は,これだけではありません。もう一つは“足音”です。ゲーム内の足音をあまり気にしたことがないという方も,たくさんいると思います。しかし,このゲームに関してはよく聞いてみてほしい。なぜなら,足音が一つではないからです。歩く場所や操作しているキャラクターによって,足音がそれぞれ違います。これはぜひ,自分の耳で聞いていただきたいです。

 また,あえてボイスを付けていないところにも,このゲームらしさが出ています。プレイヤーに想像の余地を残すことで,自分が主人公になった気持ちでしっかりと物語を読み,敵と戦って,自分の力で未来を切り開いていく感覚を得られるのです。こうした,細部まで手を抜かないこだわりが,このゲームの最大の魅力だと感じました。

愛理のど真ん中直球勝負!:第6球「今,物語が始まる」

 RPGが苦手な私。途中で分からなくなったらどうしよう……と正直なところ思っていました。しかし,そんな心配はまったく必要ありませんでした。調べられる場所や話しかけられる人が多いため,次はこうしてみよう! あっちへ行ってみよう! という気持ちがどんどん湧いてきます。ゲームをプレイしていくうちに徐々に自分が成長していくのが分かり,気づいたらかなり長い時間遊んでいました。

 キャラクターもとても個性的で,RPGがあまり得意ではない方や,あまりやったことがないという方にも入りやすいゲームですが,たとえばクエストの途中でプレイヤーがとった行動によって,その後の展開が変わることもあり,RPGが大好きな方にも遊び応えのある内容となっています。少しでも興味を持った方は,ぜひ遊んでみてください。きっと,独特の少し懐かしい落ち着いた雰囲気に魅了されると思います。時間を忘れるほどのめり込むという感覚を,皆さんもぜひ味わっていただけたら嬉しいです。私も発売が待ちきれません!!! 

愛理のど真ん中直球勝負!:第6球「今,物語が始まる」

 ということで,第6球はいかがでしたか? 少しでもみなさんに面白いと思っていただける記事を書けるように,これからも頑張っていきたいと思います! 次回もぜひ,読んでいただけたら嬉しいです。今回も読んでいただきありがとうございました。
永野愛理でした!!!!

「アライアンス・アライブ」公式サイト


■■永野愛理(声優)■■
「Wake Up, Girls!」林田藍里役でデビュー。ゲーム,アニメ,野球観戦が趣味で,出身地である宮城県を本拠地としている,東北楽天ゴールデンイーグルスの大ファン。アニメ作品と同名の7人組声優ユニット「Wake Up, Girls!」として精力的にライブ活動などを行うほか,「ウチの姫さまがいちばんカワイイ」白癒姫 キュア・パフィー役,「誰ガ為のアルケミスト」タマモ役,「スターリーガールズ -星娘-」プルートー役など,多数の作品で活躍中。

Wake Up, Girls! 総合公式サイト:http://wug-portal.jp/
Wake Up, Girls!オフィシャルブログ:http://ameblo.jp/wakeupgirls
  • 関連タイトル:

    アライアンス・アライブ

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月16日〜10月17日