オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
[TGS 2017]寝たままゲームができる夢のデスク環境がTGS 2017に。痒いところに手が届いて自堕落プレイを極められそう
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/09/22 09:00

イベント

[TGS 2017]寝たままゲームができる夢のデスク環境がTGS 2017に。痒いところに手が届いて自堕落プレイを極められそう

Bauhutte
 お一人様向け室内用テント「ぼっちてんと」(関連記事)を開発した「Bauhutte」(バウヒュッテ)ブランドを展開するビーズは,近年,ゲーマー向けチェアだけでなく,ゲーマー向けデスクにも力を入れている。
 単なる完成品の机を販売するだけでなく,デスクのパーツを組み合わせて,ユーザーの好みに合わせたゲーマー向けデスクを構築できる組み立て式の製品を展開することにも注力しており,東京ゲームショウ2017(以下,TGS 2017)のBauhutteブースではそのデモ機がいくつも展示されていた。こうしたアイテムを体験できる場所はあまりないため,TGS 2017へ行くのであれば,ブースを見学する価値はあるだろう。

Bauhutteブースにおけるゲーマー向けデスク&チェアのデモ。寝転がった姿勢で,ゲームをサクサクプレイできる。これ大事
Bauhutte

 パーツを組み合わせて作るゲーマー向けデスクとはどんなものなのか。さっそく紹介しよう。


理想の机は,パーツの組み合わせで実現する


 PCゲームや据え置きゲーム機向けのゲームを寝たままプレイしたい。そう考えたことのある読者は多いだろう,たぶん。スマートフォンでゲームをするように,ゴロゴロ寝転がりながらプレイをしたり,だるくなってきたらそのまま寝落ちしたりできるのは,理想的なゲーム環境のひとつだ。
 しかし,実際に挑戦した人は,思った以上にマウスが動かしにくかったり,キー入力ごとに無理な体勢になってしまったりと,苦労も同時に経験しているのではないだろか。そのあたりをまるっと解決してくれるのが,Bauhutteの提案する「寝たままゲーム」の構成だ。

Bauhutteが,構成例のひとつとして提案していた「寝たままゲーム」
Bauhutte

 デモ環境は,Bauhutteの昇降式ゲーマー向けデスク「BHD-1200M」と,同じく昇降式のL字デスク「BHD-670H-BK」をコアに構築されている。BHD-1200Mは,天板の高さを床面から59〜80cmの範囲で,BHD-670H-BKも57〜78cmの範囲で調整できるデスクである。任意の高さに設定できるので,楽な姿勢を追求しやすい。

写真中央がBHD-1200Mで,右側にある袖机風のデスクがBHD-670H-BK。チェアに寝転がってみたら,BHD-670H-BKは,すごくちょうどいい高さだった
Bauhutte

キーボードとマウスを置いたデスクの高さを調整できる
Bauhutte

2台設置可能なディスプレイアームで保持された液晶ディスプレイの位置や角度も調整できる(左)。なお,写真は寝転がった状態で撮影してみたもの。この姿勢だと,キーボードは視界に入らないので,タッチタイプ前提となる。多ボタンマウスでフォローすれば,タッチタイプが苦手な人でもどうにかなる……かも
Bauhutte Bauhutte

スタッフのおねーさんが寝転がってモニターを見ている様子。首も自然な角度に設定できるので,なにかと楽である
Bauhutte Bauhutte

Bauhutte
ゲーマー向け向けに開発したというオットマン。一般的なオットマンよりもほどよいフワフワ具合で足を乗せている感が薄いこともあってか,寝転がって試用中,睡魔に襲われた
Bauhutte
けだるげなおねーさん曰く「普段,ゲームしているときと同じなんで,素のまどろみ顔です」とのこと
 また,リクライニング機能付きのゲーマー向けチェアと組み合わせる用途に適したオットマン(足置き)もラインナップされ,こうしたデスクとチェアを組み合わせることで,自分の体に合ったゴロ寝プレイ環境を構築できますよ,というのがBauhutteの提案というわけだ。

 BauhutteのWebサイトには「机の高さと椅子の座面の高さの関連性」というWebページがあり,そこでデスクやチェアに必要な高さを求めることができる。座り方や腰痛対策など,人体への配慮をきちんと考慮していることも窺えるのは,さすがに本職の家具ブランドといったところ。
 担当者に「なぜこの構成を思いついたのか」と質問してみたところ「自分が欲しかったから」と,明快な答えが返ってきたのも好印象だった。

 さて,気になる価格だが,各パーツを自作PCのように揃えていくと,ゲーマー向けチェア込みでの価格は約11万5000円程度になるという。リクライニング対応のゲーマー向けチェアがすでにある場合,デスク周りだけであれば,8万円ほどで完成する。
 机と椅子は,ゲーム環境のひとつであるだけでなく,長く付き合うことになる物だ。腰にクリティカルダメージを受けると,腰痛と一生付き合うはめになることを考えた先行投資と思えば,安いものではないだろうか。

 Bauhutteブースにはほかにも,立ったままの姿勢でもゲームをプレイできるデスクや,フィットネスバイク一体型の「エクササイズデスク」(型番:BGD-780-BK-1)といったユニークな製品もあった。
 ちなみに,スタンディングデスクは,ワンプッシュで通常の机の高さから,スタンディング仕様に変更できるというものだ。あぐらや正座でプレイした状態から,スタンディングに切り替えて気分転換,といったことが可能である。

一見すると,ごくごく普通の机だが,ワンプッシュで大きく昇降する
Bauhutte

エクササイズデスクを使用している様子
Bauhutte
 エクササイズデスクは,デスクの下にペダルの強度調整が可能なエアロバイク部分を合体させたものだ。運動しながらゲームができるというわけだが,残念ながらバイク部分にPCのキー入力を行う機能はなく,たとえば,4文の1回転分漕ぐと,[W]が1回入力されるといったことはできない。純粋に運動用である。
 ここ最近,運動不足が気になってきたが,ゲームプレイ時間を削るつもりがないという根っからのゲーマーであれば,解決策のひとつになるだろう。ただ,実際にはゲーマー以外からのオーダーが目立っているそうだ。

 ちなみに,エクササイズデスクを漕ぎながらデレステをプレイしてみたが,難易度Masterのフルコンボができてしまった。ゲームジャンルにもよるのだろうが,ゲームプレイにクリティカルな支障はなさそうである。スマホゲーによくある周回プレイに向いていそうだ。

エクササイズデスクの机部分。78×58cmとマウスを楽々動かせる広さがある
Bauhutte

左右ペダルの間に強度調整ダイヤルがある。8段階となっているが,8段階めでも漕ぐほうに意識が集中するほどの重さではなかったので,ながらゲーム前提の調整なのだろう
Bauhutte Bauhutte

Amazon.co.jpで「BHD-1200M」を購入する(Amazonアソシエイト)

Amazon.co.jpで「BHD-670H-BK」を購入する(Amazonアソシエイト)

Amazon.co.jpで「エクササイズデスク」を購入する(Amazonアソシエイト)


Bauhutte公式Webサイト

4Gamer「東京ゲームショウ2017」記事一覧

  • 関連タイトル:

    Bauhutte

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月22日〜10月23日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
72
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
56
アズールレーン (iPhone)
2017年04月〜2017年10月