オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
「デュエル エクス マキナ」,最新版のプレイレポートをお届け。対人戦で使えるオススメの勢力とガーディアンも紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/03/29 15:00

プレイレポート

「デュエル エクス マキナ」,最新版のプレイレポートをお届け。対人戦で使えるオススメの勢力とガーディアンも紹介

 ディー・エヌ・エーは,同社初となるスマートフォン向け対戦型デジタルカードゲーム「デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA)」iOS / Android)を2017年3月30日にリリースする予定だ。
 本稿では,いち早くプレイできた正式版アプリのプレイレポートに加え,対人戦で使えるオススメの勢力とガーディアンを紹介しよう。

スタイリッシュなデザインが目を引く本作。操作に対するレスポンスが良く,プレイ中にストレスを感じさせないのは非常に好感が持てる。なお,2016年8月に行われたβテストのインプレッションも記事にしているので,ぜひチェックしてみてほしい
デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA) デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA)

2×3マスのフィールドを制す“デュエル”。デジタルTCG「デュエル エクス マキナ」βテストをレポート



縦持ちで楽しめるデジタルカードゲーム


 本作は,前列と後列に分かれた“2×3のフィールド”と,さまざまな効果を持った“地形”が特徴の対戦型デジタルカードゲーム。端末を縦に持って遊ぶタイプの作品で,片手でもしっかりと遊べるよう,UIが画面下部にまとめられている。電車内で吊り革を握っているときなどでも,片手でスムーズにプレイできるというのは嬉しいポイントだ。

基本操作はスワイプで行う。カードをタップすれば詳細を確認することも可能だ
デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA) デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA)

 2×3のフィールドを舞台にした対戦は,ターンごとに増えるリソース(マナ)を使ってカードを展開していくという,現在人気を博している対戦型デジタルカードゲームに近い作りとなっている。地形は,「氷河にいるときATKとHPを+1する」など,戦略に幅を持たせる要素だ。

ルール自体は極めてシンプルなので,この手の作品に触れたことがない人でも,チュートリアルやストーリーを進めることで,すんなりと入っていける。チュートリアルでは,すでに用意されたデッキを使用するため,資産となるカードがなくても進められるほか,報酬としてカードがもらえることもある
デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA) デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA)


充実したストーリーモードと多彩なガーディアン


 本作には,「オリンポス」「ルクソール」「アスガルド」「イズモ」「トリニティ」という5つの勢力と,15人(各勢力に3人)の「ガーディアン」が存在する。ガーディアンには,それぞれが異なる「ガーディアンパワー」が備わっており,デッキのコンセプトに合わせて選ぶことができる。

ガーディアンはストーリーを進めていくことでアンロックされる。まずはストーリーをクリアして,全ガーディアンの開放を目指すといいだろう。ストーリーでは,勢力やガーディアンの特性についても学べるほか,クリア報酬としてスタンダードパックやマナコインが手に入るので積極的にプレイしていこう
デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA) デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA)

 また,すべての勢力のストーリーをクリアすると,β版ではプレイできなかった第2章に突入する。第1章はいわばチュートリアルのようなものだが,第2章では歯ごたえのある敵も登場し,手に汗握るバトルが楽しめる。

正直,デジタルカードゲームには自信があったのだが,頭を悩ませたり詰まったりするシーンがいくつかあった。「所詮はストーリーモードでしょ?」と甘く見ず,腕自慢のプレイヤーもぜひ挑戦してみてほしい
デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA) デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA)


さまざまな条件下で楽しめるイベントバトル


 1人で楽しめるモードとしては,ストーリーモードのほかに,決められた条件下で戦う「イベントバトル」も用意されている。今回プレイできたのは「戦乱前夜」「パズルバトル」の2つだ。
 戦乱前夜は,あらかじめ用意されたデッキを使うことになるので,特徴のあるデッキの練習としてはもってこいの内容。後半のステージでは“自身の使うデッキの弱点を突いてくるデッキ”を相手にすることになるなど,高難度のバトルが待ち受けている。

デッキは固定なので,カード資産がなくても楽しめる。「たくさんのカードを展開する」「地形効果を活用する」など,コンセプトに沿ったデッキが用意されているので,自分がデッキを組む際の参考にもなるだろう
デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA) デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA)

 β版でもあったパズルバトルは“詰め将棋”のようなもので,あらかじめ決められた状況下で,1ターン以内に勝利するための解答を見つけ出すことが目的だ。パズルを解くことで,知らず知らずのうちに,本作のイロハやギミックについて知ることができる。
 どちらのモードも,しっかりとした報酬が用意されているので,資産を増やしたい人はストーリーと併せて進めていこう。

パズルバトルは基本から応用までさまざまな内容の問題が出題される
デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA) デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA)


オススメの勢力は「イズモ」


デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA)
 本作の醍醐味である「ランクマッチ」は,ほかのプレイヤーと対戦しつつ,上位ランカーを目指すというもの。やはりランクマッチへ挑戦する際には,どのガーディアンを選択すればいいのか,という点が気になるだろう。
 個人的な見解ではあるが,筆者がさまざまな勢力やカードを触ってみた結果,少々テクニカルなプレイングが必要になるが,アグロ(速攻)寄りの「イズモ」が強力に感じた。

 イズモは相手の盤面に配置されたカードを手札に戻したり,位置を動かしたりすることで,相手をすり抜けてガーディアン本体を狙うことを得意とする勢力。また,序盤から展開できる優秀なカードが多いのも特徴だ。
 とりわけ優秀なのが,ガーディアンにダメージを通すたびにカードを引ける「忍者 くノ一」(3コスト,2/2)と,ガーディアンにダメージを与えたとき,相手カードをランダムで選んで手札に戻す「占師 陰陽博士」(4コスト,2/3)の2体だろう。

イズモはテクニカルなカードが多く,条件を満たすことで発動する能力が多い。その中でも,忍者 くノ一は1回でもドローできれば,占師 陰陽博士は高コストの相手カードを1回でも手札に戻せれば,コスト以上の働きをしたことになるだろう
デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA) デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA)

 また,イズモの強さを後押ししているのが,相手カードを横に移動させる能力「威圧」と,同様の効果を持った「ツクヨミ」のガーディアンパワーだ。イズモには,威圧持ちのカードが多く揃っており,比較的ガーディアン本体を攻撃しやすい。強力なカードと対峙した場合でも,そのカードを移動させて占師 陰陽博士でガーディアン本体を叩き,相手の強力なカードを手札に戻してしまうといったことが可能なのだ。

デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA) デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA)

 気をつけるべきは,どの列であっても相手をブロックする「護衛」持ちのカードだが,2コストで相手カードを手札に戻すスペル「鬼切の誘引」や,相手を大国主のネズミ(0/1)に変えてしまう「大国主の神米」などで対策が可能。一度マウントをとってしまえば相手は簡単に対処できなくなるため,非常に強力なコンボといえる。
 今回の先行プレイでもかなりの勝率だったので,おそらく人気の出るコンセプトになると思う。ゲーム開始時,目指すデッキに迷ったら,まずは「イズモ」の特色を活かしたデッキ作りを目指してみるといいかもしれない。

「デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA)」公式サイト

  • 関連タイトル:

    デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA)

  • 関連タイトル:

    デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA)

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月18日〜10月19日