※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2017
号外No.2
東京ゲームショウまとめ読み!9月22日〜24日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
高難度ミッションに挑戦
METAL GEAR SURVIVE
Co-opモードのプレイレポート
裏切り者を探す心理戦が展開
スマホでプレイするPS4タイトル
「Hidden Agenda」
このスピード感はまちがいなく「バーチャロン」
「とある魔術の電脳戦機」プレイレポート
期待のスマホ向けタイトル
23/7 トゥエンティ スリー セブン
D×2 真・女神転生 リベレーション
アルケミアストーリー
会場で異彩を放つユニークな出展も
“挙式VR”を体験レポート
ツイートが武器になる「Last Standard」
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
月額6.99ドルで毎月5タイトルをプレイ。HTCが定額制VRソフト配信サービスの詳細を明らかに
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/03/31 16:36

イベント

月額6.99ドルで毎月5タイトルをプレイ。HTCが定額制VRソフト配信サービスの詳細を明らかに

 SteamVR対応のVRヘッドマウントディスプレイ「Vive」を展開するHTCは,VRソフトウェア配信サービス「Viveport」に月額料金制の定額サービスを導入することを2017年1月に発表している。その定額サービスに関する詳細が,カリフォルニア州サンノゼで開催中のSilicon Valley Virtual Reality 2017(以下,SVVR2017)で明らかになった。

SVVR 2017の基調講演で壇上に立つRikard Steiber(President Viveport and SVP Virtual Reality,HTC)
 HTCのVR部門上級副社長であるRikard Steiber(リカード・シュタイバー)氏が,SVVR2017の基調講演でアナウンスしたところによると,Viveportの定額システムは,月額6.99ドルで定額システム対応ソフトの中から,毎月5タイトル分を遊べるとのことだ。

 対応タイトルとしては,海底を探索する「theBlu」,火星で探査機を動かす「Mars Odyssey」,アポロ11号の乗組員として月着陸を疑似体験できる「Apollo 11」,不死の花を求める王子の物語を描いた「Firebird - La Péri」,さまざまなオブジェクトを組み合わせて動く物体を作り上げる「Fantastic Contraption」,そしてお絵かきなどが楽しめるクリエイティビティツール「Arcade Artist」など,2016年度に登場したVRソフトの優秀作に贈られる「Viveport Developer Awards」を受賞した話題作を中心にした6タイトルを用意している。
 今後は,定額サービスでプレイできるタイトルもさらに増えていくはずだ。

Viveportの定額制サービスについて説明するSteiber氏。対応タイトルは6タイトルとまだ少ないが,今後も続々と増やしていくようだ
Vive

 定額サービスの利用者は,プレイした5タイトルに気に入ったものがあれば,1か月を過ぎても継続してプレイできるように個人のライブラリで所有したり,セールス期間中に安価に購入したりできるとのこと。「1か月で十分に楽しめたと思えるソフトは,(翌月には)別のタイトルに変更できる」と,Steiber氏は説明していた。

グローブの手首部分に取り付けたVive Tracker。これを身につけて手を動かせば,その動きをVRソフト内で再現できる
Vive
 ここ最近のHTCは,Viveの周辺機器として,テニスラケットやモデルガン,グローブなどに取り付けて,その動きを認識するモーショントラッカー「Vive Tracker」の販売を開始するなど,VR産業では,競合他社よりも一歩リードし始めている印象だ。
 調査会社であるSuperdataのStephanie Llamas(ステファニー・ヤマス)氏がSVVR2017会期中に報告したところによると,2016年度におけるViveの販売台数は42万台となり,Oculus VRが展開する「Rift」の24.3万台を,大きく引き離し始めているという。

競合他社のVRおよびARプラットフォームに対する,Viveの優位性を示したスライド。ソフトウェア開発者が,現在および今後,VRソフトを開発する対象プラットフォームとして,Viveを最も多く挙げているそうだ
Vive

 そのほかにもSteiber氏は,基調講演の中で,VRゲームのスタートアップ企業をパブリッシング面でサポートするプログラム「Vive Studios」の設立を発表。「Knockout League」や「VRSports: Ping Pong & Tennis」,「Arcade Saga」「Front Defense」といったタイトルが,このプログラムによって開発されているとのことだ。

スタートアップ企業を支援するVive Studiosによって,いくつもVRゲーム開発が進められている
Vive

 さらに,1億ドルに及ぶVRソフトウェア開発支援プログラム「Vive X」の延長や,スティーブン・スピルバーグ氏が監督する2018年の新作映画「Ready Player One」とのコラボレーション作品の制作も発表している。
 HTCは,こうした取り組みを通じてViveport専用のVRタイトルを増やしていくことで,競合との差別化を狙っていくという方針を,明確に打ち出した基調講演だった。

Vive

Vive 日本語公式Webサイト

  • 関連タイトル:

    Vive

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月22日〜09月23日