オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
GOD WARS 〜時をこえて〜公式サイトへ
読者の評価
85
投稿数:1
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
結のほえほえゲーム演説:第41回「腰を据えて立ち向かう,タクティクスRPGの引き返せない快感」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/07/29 00:00

連載

結のほえほえゲーム演説:第41回「腰を据えて立ち向かう,タクティクスRPGの引き返せない快感」


暑いので襟足をバッサリ切りました
 ごきげんよう,女優・タレントとして活動しております。です。

 皆さんは,“タクティクスRPG”というジャンルをご存じでしょうか。
 このジャンルには,「ファイナルファンタジータクティクス」シリーズや「タクティクスオウガ」シリーズなど,さまざまなタイトルがあります。私はとくに「ヴァルキリープロファイル 咎を背負う者」が大好きです。あぁリーゼロッテ……

 なんだか最近,タクティクスRPGの新作がリリースされる機会は相当減ったような気がするのですが,今年(2017年)6月22日に「GOD WARS 〜時をこえて〜」PlayStation 4 / PlayStation Vita。以下,GOD WARS)という新作タイトルが発売されたのです。今回は,この作品についてのお話をさせていただきます。

 GOD WARSの戦闘は,オーソドックスなターン制を採用しています。チュートリアルも兼ねている初戦闘はラクにクリアできるものの,いかに自分なりに美しく気持ち良く勝つかにこだわりたくなってくるのは,タクティクスRPG好きのさがってものでしょうか。
 相手をおびきよせてターン数をかけてもノーダメージでのクリアを目指す……とか。ついついやってしまいます。誰に見られているわけでもないのに,不思議ですよね。

 私は発売前の体験版を3周ほどクリアしたのですが,製品版は敵の行動,表示,発動,カメラ移動などあらゆる動作がサクサクに進化していて感動しました。ターン制のゲームなので,待ち時間のストレスの有無でかなり印象が変わってきます。製品版バージョンの体験版もリリースされたそうなので,未プレイの方はぜひ触ってみてください。

初めて見たときは衝撃的だったキンタロウのビジュアル
結のほえほえゲーム演説:第41回「腰を据えて立ち向かう,タクティクスRPGの引き返せない快感」

どんなシリアスなシーンでも「クマ」としか喋らないクマ。会話している人間達がツッコまないのがシュール
結のほえほえゲーム演説:第41回「腰を据えて立ち向かう,タクティクスRPGの引き返せない快感」

アニメパートはどことなく1990年代アニメっぽくて懐かしいです。コマや吹き出しを使ってテンポ良く進みます
結のほえほえゲーム演説:第41回「腰を据えて立ち向かう,タクティクスRPGの引き返せない快感」

 本作には職業というものが存在し,戦闘で使うスキルを育てていきます。カスタマイズ可能な成長要素の「主職業」「副職業」のほかに,キャラクターごとにスキルが異なる「固有職業」が存在します。
 人によってプレイに激しく特徴が出るのがタクティクスRPGですが,本作ほどスキルが多いと自分以外のプレイヤーがどんなスキルを使って戦闘しているのか想像がつきません。

 序盤はとにかくクマのけがれ(ヘイト)と物理攻撃力を上昇させるバフを使って進めていくとはかどります。クマをタンク役,カグヤを遠距離攻撃&回復役にするとして,キンタロウをどう育てていくかが悩みどころでしたが,前衛攻撃型でゴリゴリいくことにしました。我ながら脳筋。
 キャラとして好きなので,ついつい入れてしまうのはアオメですね。僕っ娘のローテンションが最高に可愛いです。

 ではここで,私が好きなスキルをいくつかご紹介しましょう。

カグヤの「鬼火」:攻撃範囲が広く,序盤から終盤までとにかく使えます。最優先でレベルをあげました。
ハナサカの「苔人の花術」:囮ユニットを召喚するスキル。これでタコ殴りにするのが好き。戦略の幅が広がります。
ウズメの「魅惑の踊り」:男性ユニットを錯乱状態にするスキル。一体どんな踊りなのか気になって仕方がありません。

 実は私,スキルを成長させずに最初に覚えたスキルのままで1章をクリアしちゃったんです。どうりでやたらとキツかったわけですよ……。スキルの存在に気付いてもう一度最初からやり直したのですが,せっかくなので難度を「難しい」に変えてみました。なかなかの歯ごたえがあります。

 装備はよろず屋の試着システムが便利です。前衛攻撃型などの役割を指定するだけで,どれを買えばいいか教えてくれます。フルコーディネートで試着して「これ全部ください! このまま着ていきます!」という憧れのアレができます。少女漫画とかでヒロインがやってもらうアレですね。

よろず屋の主人がゲーム中で最もイケメンなんじゃないかと思ってます
結のほえほえゲーム演説:第41回「腰を据えて立ち向かう,タクティクスRPGの引き返せない快感」

戦闘中にキャラ同士のカットインが入ると闘志が燃えます
結のほえほえゲーム演説:第41回「腰を据えて立ち向かう,タクティクスRPGの引き返せない快感」

 マップのバリエーションの多さも特徴的です。高低差があったり,パーティが複数に分かれて始まるステージがあったりと,戦略の幅を試される場面が多々あります。

 パーティの人数が増え,マップも広くなると1回の戦闘にかかる時間がぐっと増えます。1回の戦闘に負けると5〜6時間がゼロに戻るかもしれない。この引き返せない感じがたまらないんです。しかもプレイの状態はゼロに戻っても,プレイヤースキルが少しずつ上がっていく感覚があり,前戦闘よりラクに進めたり。
 このように,腰を据えてじっくり立ち向かえることが,タクティクスRPGの醍醐味だと思います。ソーシャルゲームなどの影響もあり,いかに気軽にプレイ出来るかに注力したタイトルも多い時代ですが,こういった真逆の存在を楽しめることに幸せを感じるゲーマーは,きっと私以外にも大勢いるのではないでしょうか。
 そんな方にはぜひ,まずは体験版からでも触れてみてほしい作品です。

最近プレイしているゲーム(2017/7/29)
PlayStation 4:「GOD WARS 〜時をこえて〜
ニンテンドー3DS:「桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!
Steam「FTL: Faster Than Light
iOS:「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
iOS:「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ
iOS:「SINoALICE

■■結(女優・タレント)■■
女優・タレントとしてフリーランスで活動中。国内映画祭にて主演女優賞を多数受賞。幼少期からのゲーム好きが高じ,数多くのゲーム番組でMCを務め,イトキチ(糸吉)の愛称で親しまれている。

ニコニコ公式チャンネル「結チャンネル」で,人狼生放送を2週連続放送予定。7月29日は強弁な人狼プレイヤー,8月5日は麻雀プロや将棋棋士を集めてお送りします。先日600万DL,累計プレイヤー3億2千万人を突破した「人狼ゲーム 〜牢獄の悪夢〜」の開発者,鈴木教久さんの新作ゲームを世界初プレイするコーナーもありますので,お楽しみに。

また,8月7日には写真家・青山裕企さんのトークイベント「写真家・青山裕企のガールズフォト・ナイト」にゲスト出演いたします。

隔週金曜夜20時から生放送している「Jスタとあそぼう」もよろしくね。MCを担当しております。

公式サイト:http://yui-monogatari.com/
公式Twitter:https://twitter.com/xxxjyururixxx
ニコニコチャンネル「結チャンネル」:http://ch.nicovideo.jp/yuichannel
  • 関連タイトル:

    GOD WARS 〜時をこえて〜

  • 関連タイトル:

    GOD WARS 〜時をこえて〜

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月11日〜12月12日
タイトル評価ランキング
83
82
ARMS (Nintendo Switch)
73
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
70
2017年06月〜2017年12月