オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
[G-Star 2017]Nexon出展のPCオンラインゲーム「Need for Speed Edge」「天涯明月刀」「Battlerite」を紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/11/20 18:50

イベント

[G-Star 2017]Nexon出展のPCオンラインゲーム「Need for Speed Edge」「天涯明月刀」「Battlerite」を紹介

 G-Star 2017で最大のブースを展開していたNexon Korea。今年のプレイアブル出展タイトルは,PCが5種類,スマートフォンが1種類と,スマホ向けタイトルが大幅に増えた韓国においては珍しく,PCに力を入れた構成となっている。このうち,最も大きく扱われている「EA SPORTS FIFA Online 4」,日本でも知られるFPSのPCオンラインゲーム版「Titanfall Online」,そしてスマホ向けの「OVERHIT」はすでに記事を掲載しているとおりだ。
 本稿では,そのほかのPCタイトル「Need for Speed Edge」「天涯明月刀」「Battlerite」を紹介していこう。

今年のNexon Koreaは,ホールの右端をすべて占拠する巨大ブースを展開。PCタイトルのプレイアブル出展をメインに行った。ちなみに,日本でも期待している人が多そうなPC向け新作タイトル「PERIA CHRONICLES」は,今年は出展や新情報が一切なかった


Need for Speed Edge


 Electronic Artsのレースゲーム「Need for Speed」シリーズにおいて,韓国内初のPCオンラインゲームとなり,Nexon Koreaのブースでは,FIFA Online 4に次ぐ盛り上がりを見せていた。開発しているのは,Electronic ArtsのスタジオであるSpearheadだ。
 Frostbiteエンジンを使ったリアルなグラフィックスや,ライセンスを獲得して再現された実在する車の数々,そして誰でも簡単にレースを楽しめる手軽さなどが特徴だという。

Need for Speed Edge

 G-Star 2017の出展は,韓国でのテスト版からアップデートされたバージョンで,さまざまなレースが楽しめるだけでなく,ブレーキ圧力やハンドリング半径,タイヤ空気圧などのチューニングを行い,自分好みのスーパーカーを作れるようになっていた。
 なお,会期中は来場しなくても楽しめるようサーバーがオープンされていて,ランキング対戦で上位のプレイヤーは12月に行われる大会の参加権を獲得できた。この大会の賞品は,ゲームに登場する「フォード・マスタング GT」か「シボレー・カマロ SS」,希望する一台(実車!)を実際にもらえてしまうというもので,なんともすごい話だ。

 韓国での配信は2017年12月7日が予定されている。

Need for Speed Edge



天涯明月刀


 中国Tencentのオーロラスタジオが開発している武侠系のMMORPGだ。中国ではすでにサービスされており,韓国では2018年上半期の配信が予定されている。

Need for Speed Edge

 中国の武侠小説家である古龍の「天涯明月刀」を原作とし,さらに有名映画監督や武術監督,アートディレクターも迎え,ストーリーや演出に注力したタイトルになっているという。
 PvPやPvE,各種ダンジョンやレイドなどはもちろん,最大640人によるRvR,競馬や釣り,ハウジングなども楽しめるなど,コンテンツの豊富さもアピールされている。

Need for Speed Edge



Battlerite


 スウェーデンのStunlock Studios ABが開発するMOBAで,もともとはSteamのアーリーアクセスタイトルとして2016年9月に発売され,70万本以上の販売数を記録した人気作だ。配信当時,4Gamerでも連載で取り上げているので,覚えている人もいるかもしれない。

Need for Speed Edge

 ジャンルはMOBAではあるものの,「レーンがあって,ミニオンが進んでいって,敵の本拠地を……」といったタイプのものとは,かなり異なっている。本作は,アリーナ(というより,コロシアム)内で2対2,もしくは3対3でシンプルな対戦をすることに特化しているのだ。
 会場では,1ラウンド2分30秒,3本先取したチームが勝利というルールで,AIとの対戦が楽しめたのだが,敵に倒されるとリスポーンできないので,味方との連携が何よりも重要となっていた。プレイ時間は短めで,ルールも分かりやすく手軽ながら,激しいアクションと本格的なチーム対戦を楽しめるのが魅力だ。

Need for Speed Edge

 操作方法は,[W/A/S/D]キーで移動し,マウスカーソルの位置に合わせてキャラクターの向きが変わる,見下ろし型シューティングでよくあるタイプ。21体のチャンピオンごとに特徴的なアビリティが設定されており,攻撃や回避などのアビリティの応酬は,なかなか見応えがある。

 なお,本作は韓国ではNexon Koreaが2018年上半期にサービスを予定しているのだが,実はSteamでFree to Play版(と,チャンピオンが解除された有料版)が,11月8日に公開されている。インタフェースは日本語にも対応しているので,気になる人はプレイしてみよう。


4GamerのG-Star 2017記事一覧

  • 関連タイトル:

    Need for Speed Edge

  • 関連タイトル:

    天涯明月刀

  • 関連タイトル:

    Battlerite

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月14日〜12月15日
タイトル評価ランキング
83
82
ARMS (Nintendo Switch)
73
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
70
2017年06月〜2017年12月