オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
グランツーリスモSPORT公式サイトへ
読者の評価
67
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
「グランツーリスモSPORT」プレイレポート。さまざまなレースや撮影特化の「スケープス」で,初心者から上級者まで楽しめる
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/11/10 00:00

プレイレポート

「グランツーリスモSPORT」プレイレポート。さまざまなレースや撮影特化の「スケープス」で,初心者から上級者まで楽しめる

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは2017年10月19日,PlayStation 4(PS4)用タイトル「グランツーリスモSPORT」を発売した。
 1997年に第一作が登場した人気ドライビングシミュレータ「グランツーリスモ」シリーズの最新作であり,PS4向けとしては本作が初となる。グラフィックスやサウンドの進化はもちろんのこと,最新の挙動シミュレータの搭載,クルマのブランドの歴史を学べる「ブランドセントラル」など,新たな要素も多数盛り込まれている。本稿では,そんな本作の魅力をお伝えしていきたい。

グランツーリスモSPORT

 まずは,オフラインで遊べるモードを紹介していこう。「アーケード」の項目からは,「シングルレース」「タイムトライアル」「ドリフトトライアル」などのモードが楽しめる。

 シングルレースは,現時点で38種類あるコースを選択して,AIと対戦できるモードだ。最初の時点で選べるコースは7種類で,プレイヤーのレベルアップによりコースは徐々に解放されていく。
 また「SUNRISE」「MORNING」「NOON」「AFTERNOON」「EVENING」「DUSK」「NIGHT」といったコースコンディションも選択可能。それぞれ時間帯によって天候も異なり,グリップや視界などにも影響してくる。

グランツーリスモSPORT グランツーリスモSPORT
グランツーリスモSPORT

 選べるクルマはコースによって違うが,それぞれのコースに5〜10種類が用意されているほか,ガレージから自分の所有しているクルマも選択できる。CPUのクルマの数はコースによって異なるが,15〜20台ほどだ。

 タイムトライアルは,その名のとおり1ラップの時間を記録するもの。シングルレースとは異なり,1台で走るので,気兼ねなく参加できる。
 ドリフトトライアルは,ドリフトの腕前を競う内容で,コース上に設定されたドリフトポイントで,うまくドリフトを決めれば高得点がもらえる。

グランツーリスモSPORT

 シングルレースに本作の基本が詰まっているといっても過言ではないので,オンラインに乗り込む前に練習したいという人は,まずこれをプレイしてみるといいだろう。とくに車種ごとの操作感は,ここでしっかり掴んでおきたい。筆者のオススメはマツダの「ロードスターS(ND)`15」で,初心者でも操作しやすく,安定して走行できる。
 筆者は昔からポルシェに憧れていたので,「ポルシェ911 GT3 RS(991)`16」も試してみたのだが,操作にクセがあって練習必須という印象だった。今の筆者にはうまく扱えず,まるで暴れ馬に乗っているかのようだ(暴れ馬,乗ったことないけど)。自分にあったクルマを見つけるのも,楽しみの1つだ。

筆者のお気に入りの「マツダ ロードスターS(ND)`15」
グランツーリスモSPORT

 そのほか,周回数や制限時間,走行台数,タイヤの摩擦の調整など,細かな設定を行える「カスタムレース」や,画面分割で2人で対戦できる「2プレイヤー対戦」,そしてPlayStation VRに対応した「VRツアー」なども用意されている。

レース前に様々な設定が行えるカスタムレース
グランツーリスモSPORT


気軽に参加できるデイリーレースだけでなく,本格派向けレースも用意


 オンラインを介したレースは,ホーム画面から「スポーツ」を選択すると表示される「レースエントリー」から参加できる。

 気軽に腕試しできるのが「デイリーレース」だ。これはドライビングスキルの近い対戦相手とマッチングされるレースで,とりあえずオンラインで対戦したいという人にはもってこい。オンラインだからと身構える必要はない。筆者も最初はいくらがんばっても最下位で終わっていたが,何度もエントリーするにつれ徐々に順位も上昇し,確実に上達しているのを実感できたので,自信がなくてもとにかく挑戦してみるといいと思う。

初のオンラインでのレースに緊張する筆者。結果は惨敗
グランツーリスモSPORT

 なお,オンラインのレースで良い成績を残すと「ドライバーレーティング(DR)」というランクが,E,D,C,B,A,Sの順に上がっていく。DRが上がると,スペシャルカーやホイールなどと交換できるマイレージポイントや,選手権ランキングのポイントが多くもらえるようになるので,高みを目指している人はその辺りも意識してプレイしてみよう。
 「スポーツマンシップレーティング(SR)」もぜひ覚えておいてほしい要素だ。SRとは,簡単に言うと,ドライバーのマナーの良さを表す数値。他車との接触といった危険な行為を行うと下がっていき,もらえるマイレージポイントも下降する。SRを下げないためにも,マナーには気を遣いながらプレイしたいものだ。

DRとSRはレースの結果により変動する。ランキングとは切っても切れない要素だ
グランツーリスモSPORT グランツーリスモSPORT

 オンラインで楽しめるのは,デイリーレースだけではない。複数のレースの獲得ポイントで総合優勝を決める本格派の「チャンピオンシップレース」も用意されている。その内容も,国や地域の代表として競う「FIA GT ネイションズカップ」や,お気に入りの自動車メーカーとドライバー契約を交わし,与えられたクルマで戦う「FIA GT マニュファクチャラーシリーズ」など,いくつかに分かれている。
 11月11日まで実施されるテストシーズン1では毎日レースが開催されており,誰でもエントリー可能だ。

グランツーリスモSPORT


見どころはレースだけじゃない。お気に入りの愛車を撮影できる「スケープス」が最高


 レース以外のモードにも触れておきたい。初めて「グランツーリスモ」シリーズをプレイする人におすすめなのが,ホーム画面の「キャンペーン」から選択できる「ドライビングスクール」だ。これはゲームの基礎を学べるモードで,クルマを発進させるという基本中の基本から,ステアリングやブレーキの操作,コーナーの曲がり方,減速のタイミングといった応用に至るまで,すべてナレーション付きの教習ビデオを通して指導してくれる。
 正直なところ,筆者は「グランツーリスモ」シリーズは初期のタイトルを嗜(たしな)んだ程度で,今回久しぶりにプレイしたので,こういった初歩を学べるモードはとても助かった。

基礎からきちんと学べる「ドライビングスクール」
グランツーリスモSPORT

 キャンペーンにはほかにも「ミッションチャレンジ」が用意されている。ミッションにはそれぞれ,「最後尾から追い上げよう」「制限時間内にできるだけ多くのパイロンを倒せ」など,全部で64種類のイベントが用意されており,これを一定数こなすたびにプレゼントカーを獲得できる。

イベントを好成績でクリアしてゴールドトロフィーを目指せ
グランツーリスモSPORT グランツーリスモSPORT

 「ブランドセントラル」にも注目してほしい。ここには,世界中の有名なブランドの歴史を学べる「ミュージアム」が収録されている。世界史の主要な出来事とブランドの軌跡を比べながら,これまでの歩みを見ていくのはなかなか楽しい。「チャンネル」では,各ブランドの紹介映像も見られる。どの映像も凝った内容になっているうえ,すべてのブランドを合わせるとかなりのボリュームになるので,クルマ好きなら,これを眺めているだけでも時間が経ってしまうことだろう。

こちらはフェラーリの歴史
グランツーリスモSPORT グランツーリスモSPORT

 レース以外で,ぜひ触ってみてほしいイチオシのモードが「スケープス」だ。これは,世界中のさまざまなスポットにお気に入りのクルマを配置し,自由に写真撮影できるというものだ。
 カメラの設定は,シャッタースピードや絞り値など,実際のカメラさながらに細かく調整可能だ。日本やフランス,ポルトガルなど,さまざまなロケーションでの撮影が楽しめる。

 筆者は日本の背景を中心にスケープスを遊んでみたのだが,浅草や秋葉原といった馴染み深いロケーションで愛車の写真を撮っていると,思わず心が躍ってしまった。撮影した写真は,ほかのプレイヤーに公開できるので,渾身の一枚を撮影してみよう。ほかのプレイヤーのセンスに溢れた写真を見るのも,なかなか勉強になる。

雷門の前で一枚
グランツーリスモSPORT
カーリバリーでは,クルマのペイントやデカールの貼り付け,ホイールのカスタマイズができる。デコレートした自慢の愛車の写真を撮りまくろう
グランツーリスモSPORT

 先に述べたとおり,筆者は「グランツーリスモ」シリーズを久しぶりにプレイしたのだが,本シリーズに対して長いこと「難しそう」というイメージを持っていた。しかし,それは良い意味で裏切られたというのが正直な感想だ。「FIA GT ネイションズカップ」など,実力者御用達のレースもあるが,シングルレースやデイリーレースなど,気軽に遊べるモードは用意されているし,スケープスはいろいろといじっているだけでも面白い。初心者から上級者まで幅広く楽しめるタイトルに仕上がっているので,クルマ好きならぜひプレイしてみてほしい。

グランツーリスモSPORT

「グランツーリスモSPORT」公式サイト

  • 関連タイトル:

    グランツーリスモSPORT

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月19日〜11月20日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
76
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年05月〜2017年11月