オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Mushroom 11公式サイトへ
  • Untame
  • 発売日:2015/10/15
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
不思議な緑の生物がモチモチ進む! 「Mushroom 11」をプレイムービーで紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2015/10/28 00:00

企画記事

不思議な緑の生物がモチモチ進む! 「Mushroom 11」をプレイムービーで紹介

 ニューヨークのインディーズスタジオ,Untameが開発したパズルアクション「Mushroom 11」が,Steam,GoG.com,The Hunble Storeにて配信されている。東京ゲームショウ2015で実施された「メディアアワード」のインディー部門4Gamer大賞にも選ばれた本作の魅力を,プレイムービーで紹介しよう。


荒廃した世界が舞台になっているので,ロゴがキノコ雲に見えるような気も……
Mushroom 11

 本作は,荒廃した世界を舞台に,緑色をした菌類のような生物を操作し,さまざまな仕掛けを乗り越えてステージクリアを目指すパズルゲームだ。
 生物は“削られた分だけ別の部分が細胞分裂のように増殖する”という奇妙な性質を持っていて,プレイヤーはマウス操作により生物を削って動かしていく。

 生物は押されて動くわけではなく,消滅と増殖を同時に行いながら移動していくので,見た目にも操作にも不思議な面白みがあり,動かしているだけでも楽しい。
 これを気に入った筆者がステージ開始直後,ただモチモチと生物をこねくり回していたところ,いきなりTIPSが始まって強制的に“こうやって削って動かすんだよ”とレクチャーされてしまった。さっさと進めってことですね。

うまく形を整えてやると,大きな段差も乗り越えられる。面倒臭そうに感じるかもしれないが,姿形を自在に変える主人公(?)の様子がユニークで,飽きない
Mushroom 11

壁などのくぼみに引っかかりさえすれば,ロッククライミングのような感じで高所へ登っていくことも可能だ
Mushroom 11

 洞窟や平野を延々と進んでいくわけではなく,ときには世界荒廃前の遺物がギミックとして登場するのも興味深い。ステージの背景には崩れかかったビル群や,脱線した列車の姿などがあり,一瞬にして世界が崩壊してしまったのかもしれないと考えさせられる。何も乗せず,目的を失ったまま動き続けているベルトコンベアや、骨組みを残した建築物にそって上下し続けるエレベーターなどを足場にして進む緑の生物。ステージをすべてクリアしたあとには,希望が待ち受けているのか,それとも……。

上下に動いていることで,なんとかエレベーターだと分かる。まだ動くということは,文明崩壊してから間がないのかも
Mushroom 11

以前は公園だったのだろうか。馬の乗り物が残されている。よく見たらちょっと怖い看板がありますけど,何なんですかね……?
Mushroom 11

 こういったギミックで作られたステージは,進めるか否かの緊張感を演出してくれる。かなりの時間をかけて作りこんだのだろうと思わせる絶妙の難度に仕上がっていて,本当に進めるのかな? と思いながらも挑戦し,それが成功したときの嬉しさ達成感はかなりのものだ。緑色の主人公は相変わらず何の感情も表さないけれど。

建築物の補強材が残ったのだろうか。今にも崩れそうな不安定な足場を,ヌルヌルと器用に伝って進んでいく
Mushroom 11

 ステージを進んでいくと,ボスが登場する。倒し方は,体のあちこちに付いている弱点を破壊すべく,ボスの手足を伝って登っていく……といった具合だ。ここでの戦いに必要なテクニックは,ちゃんとステージ途中にあるギミックで“学習”できる。いわば総まとめ,おさらいのような感覚だ。

ボス戦の前で遭遇する,謎の植物。触れて赤い実を潰すと倒せる,ということをここで学習できる
Mushroom 11

こちらがボス。さきほど登場した植物の親玉のような姿だ。これも赤い実を潰せばいい
Mushroom 11

 やり応えのある謎解き要素,独特の操作感が生み出すアクション性,そしてUKテクノバンドのThe Future Sound of Londonが担当する音楽と,どれをとっても素晴らしい。奇抜な設定と操作方法に目が行きがちだが,それ以外の部分もしっかりと作り込まれている印象だ。
 Unityを用いて,3年の歳月をかけてじっくりと手塩にかけて開発された本作。数々のインディーズ関連アワードを受賞した前評判を裏切らない作品になっているので,ムービーをみて気になった人は実際に触ってみてほしい。

Mushroom 11
Mushroom 11

「Mushroom 11」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Mushroom 11

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月22日〜05月23日