オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
いけにえと雪のセツナ公式サイトへ
読者の評価
59
投稿数:7
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
[TGS 2015]“死ぬために生き抜く”物語が描かれる。スクエニ新作「いけにえと雪のセツナ」配信番組レポート(TGSトレイラーあり)
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2015/09/19 14:09

イベント

[TGS 2015]“死ぬために生き抜く”物語が描かれる。スクエニ新作「いけにえと雪のセツナ」配信番組レポート(TGSトレイラーあり)

いけにえと雪のセツナ
 スクウェア・エニックスは,東京ゲームショウ2015の3日目に実施したニコニコ生放送番組「SQUARE ENIX PRESENTS JAPANスタジオ」内のコーナーで,2016年初頭に発売される「いけにえと雪のセツナ」PlayStation 4 / PlayStation Vita)の紹介を行った。
 「いけにえと雪のセツナ プレビュー」と題されたこのコーナーは,マーケティング部マネージャー・佐々木隆太郎氏と,本作のディレクター・橋本厚志氏によって進行。実機プレイ映像なども確認できたので,配信映像のキャプチャ画面と共に,公開情報を簡単にまとめておこう。

左:佐々木隆太郎,右:橋本厚志氏

 まず本作のコンセプトだが,橋本氏は「1990年代(スーパーファミコンやPlayStation世代)のRPGを,今風に作ってみたらどうなるのか」というものであると語っていた。そして「スクウェア・エニックスのRPGらしい,馴染みのあるゲームシステムで遊べる」というのが,本作のキーワードの一つである。
 開発は,スクウェア・エニックスの“兄弟会社”ともいえるTokyo RPG Factoryがメイン。そこに協力会社が参加して,30人前後という規模で開発が進められているそうだ。
 ちなみにTokyo RPG Factoryは,本作のコンセプトに共感したフリーランスのクリエイターが集まった,かなりカオスな雰囲気になっているとのこと。公式サイトは「こちら」だ。

 番組ではまず,TGS向けの最新トレイラーが流された。ここで分かるのは,本作の中心人物が,魔物に捧げられる“いけにえ”である「セツナ」と,セツナの(いけにえになるための)冒険を護衛する主人公であるということ。セツナは“死ぬために生き抜く”という過酷な運命を背負った人物なのだ。「せつないRPG」も本作のコンセプトの一つとのことだが,このトレイラーからも,その雰囲気は伝わるだろう。


 というわけで以下,キャプチャ画像を中心に,判明した情報をまとめよう。いうまでもなく本作は開発中のタイトルなので,グラフィックス,固有名詞,システムなどは変更される可能性が(十分に)ある。その点はご了承を。

いけにえと雪のセツナ
魔物のいけにえに選ばれたセツナ

いけにえと雪のセツナ
こちらが主人公。もちろん2人のほかにもキャラクターは登場し,冒険を共にすることになる。キャラクターのカスタマイズ要素なども作り込む予定だという

いけにえと雪のセツナ
街やダンジョンなどをつなぐワールドマップ。ここでは敵とエンカウントしないが,アイテムを拾ったり,探索したりといった遊びは用意される

いけにえと雪のセツナ
これは街(エリアマップ)だ。村人に話しかけることでストーリーが展開していく。このあたりも王道RPGな雰囲気

いけにえと雪のセツナ

いけにえと雪のセツナ
街には宝箱なども落ちている

いけにえと雪のセツナ
ショップ画面。ざっと眺めると分かるが,本作に登場するアイテムの名前は,ファイナルファンタジーシリーズを始めとした,スクウェア・エニックスのRPGがベースとなっている。ちなみに一番下にある「ミストーン」は聞き慣れないが,これは戦闘から“逃げる”ためのアイテムらしい。つまり本作の戦闘に“逃げる”コマンドはないのだ

いけにえと雪のセツナ
ダンジョンでは,敵に接触するとそのまま戦闘が始まる。シンボルエンカウントのような形だが,エリアマップから戦闘へはシームレスに展開する

いけにえと雪のセツナ
戦闘はATB(アクティブ・タイム・バトル)によるコマンド選択式だ。キャラクターのパラメータとして,HP,MPが横に並び,その下にATBゲージが配置されている。横にある,雪の結晶をあしらったような丸いゲージは,本作特有のシステムらしいが詳細は不明だ

いけにえと雪のセツナ
戦闘では,それほど複雑な操作は見られなかった。(あくまでも“ザコ戦”においてだが)ボタン連打でサクサクと進む模様である。このあたりはテンポが重視されているのかもしれない

 以上,ざっとまとめてみた。

 番組で橋本氏が語っていたが,本作のBGMは,基本的には全編「ピアノ」になるそうだ。実機プレイでも聞こえてきたのはすべてピアノの音色。「せつないRPG」を謳う作品として,なかなかに尖った仕様となるようである。

 今回の番組で雰囲気を確かめて,発売日が待ち遠しくなった人も多いだろう。発売日は2016年初頭だが,橋本氏は「雪のゲームなので,暖かくなるまえに……」としていた。続報に期待したい一本だ。

いけにえと雪のセツナ

「いけにえと雪のセツナ」公式サイト

スクウェア・エニックスの東京ゲームショウ2015特設サイト

4Gamerの東京ゲームショウ2015特設ページ

  • 関連タイトル:

    いけにえと雪のセツナ

  • 関連タイトル:

    いけにえと雪のセツナ

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2017/06/02)
いけにえと雪のセツナ【Amazon.co.jp限定】「いけにえと雪のセツナ」ダイナミックテーマ付
Video Games
発売日:2016-02-18
価格:9450円(Amazon) / 2138円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月22日〜08月23日
タイトル評価ランキング
92
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年02月〜2017年08月