オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
「Ryzen Threadripper」到着! これまでにない製品ボックスと,アイデア賞モノのCPU取り付け方法を見てみよう
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/08/03 22:00

テストレポート

「Ryzen Threadripper」到着! これまでにない製品ボックスと,アイデア賞モノのCPU取り付け方法を見てみよう

 4Gamerに,Ryzen Threadripperがやってきた。

Ryzen Threadripperの製品ボックス
Ryzen

 到着したのは,日本時間2017年8月10日22:00に発売予定の16コア32スレッド対応モデル「Ryzen Threadripper 1950X」(以下,1950X)と,12コア24スレッド対応モデル「Ryzen Threadripper 1920X」(以下,1920X),そして対応マザーボードなど評価機材一式だ。

 Ryzen Threadripperは,非常にユニークな製品ボックスを採用することが発表済みなので,それが届くのかと思ったのだが,届いた段ボールを開梱して中から出てきたのは,製品名プリント入りの,樹脂製ローリングケース。それを開けると,1950Xと1920Xの製品ボックス――見てのとおり「箱」ではないけれども,便宜的にいつもどおりこう呼ぶ――が入っているのだが,このケースには「扉が開いたことを感知するセンサー」が仕込んであって,1950Xと1920Xの製品ボックスを下から照らすようになっているのである。

こちらが4Gamerに届いた,レビュワー向けローリングケース。何と言うか,カメラマン用の望遠レンズとかモノブロックストロボ運搬用ケース的な外観である。こういう遊び心を持てる余裕がAMDのCPUチームに出てきたのだと思うと感慨深い
Ryzen Ryzen
ローリングケースを開けた状態
Ryzen
比較的弱いオレンジ色の光が,製品ボックス内のRyzen Threadripperを淡く照らしている(左)。右は製品ボックスを取り出して,ケースの底面にあるライト部を覗き込んだところ
Ryzen Ryzen

 ちなみにケースには,Ryzen Threadripperプロセッサ入りの記念品も入っていた。おそらく市販はされないと思うが,ずっしりとしていて,なかなかの存在感だ。

トレーディングカードコレクターにしか分からない気もする説明を使うと,「Ryzen Threadripperの刻印入りスクリューダウンホルダー,CPUパッケージ入り」である
Ryzen Ryzen

 というわけで取り出した1950Xおよび1920Xの製品ボックスだが,これまで存在していたCPUの製品ボックスのどれとも似ていない。

1950X(左)と1920X(右)の製品ボックス。外観に違いはない
Ryzen

製品ボックスを正面(左)および背面(右)から見たところ。背面には「さあ回してください」という部分があるが,それについては後述する
Ryzen Ryzen
製品ボックス正面向かって左側(左),右側(右)。左に製品情報シールが貼ってある
Ryzen Ryzen
製品ボックス天面(左)と底面(右)。法令関連の文言は底面にあった
Ryzen Ryzen

 ローリングケースを開けたときのギミックで分かるように,製品ボックス中央部のRyzen Threadripperロゴ部は光を通すようになっているため,やろうと思えば,CPUを取り出した後,部屋のオブジェとして使うことも可能だろう。

製品ボックスの背後に光源を置いて撮影したカット。光源の明るさ次第ではこんなに鮮やかにすることもできる
Ryzen


Ryzen Threadripper,製品ボックスの中身はこうなっている


RIP HEREの指示に従って紙の帯を切る
Ryzen
 さて,いよいよ“開封の儀”である。
 前段で示した写真を見て気付いた人もいると思うが,Ryzen Threadripperの製品ボックスは,正面向かって左側面にある「RIP HERE」のところを指でつまんで軽く引けば,「本体を覆う紙の帯」がジッパー加工に沿って切れて,外れるようになっている。切り取った部分の裏には「紙の帯を外したら次にどうすればいいのか」がプリントしてある親切設計だ。

Ryzen
「紙の帯から切り取った部分」の裏には,これからの手順が書いてある。4コマの流れは左から右
Ryzen
紙の帯を外した状態の製品ボックス。ここにもRyzen Threadripperロゴが入っている。芸が細かい

 というわけで,手順書に従って取り出していこう。まず発泡スチロール製のボックス外装を上下に分離し,大きなRyzen Threadripperロゴの入った樹脂製ブロックを取り出す。

発泡スチロール製のボックス外装は簡単に外れる(左)。樹脂製ブロックも,難なく取り出せた(右)
Ryzen Ryzen

 発泡スチロール製ボックス外装の底面側には,ドキュメント類の入った紙製ケースがあり,その下にはトルクスドライバーとCPUクーラー取り付け用ブラケットが入っていた。

ボックス外装底面側から紙製ケースを出したところ(左)。中央は紙製ケースの中身で,その1つはCPUの取り付け方ガイドだった(右)
Ryzen Ryzen Ryzen
トルクスドライバーとCPUクーラー取り付け用ブラケットを取り出した(左)。トルクスドライバーは片面に「Ryzen」,片面に「Threadripper」と入っている(中央)。ビス穴直径4mmに対応するタイプで,規定トルク値は1.5Nmだ(右)
Ryzen Ryzen Ryzen

 樹脂製ブロックは見た目こそ大仰ながらも作りはシンプルで,前段でも紹介した,背面側にある「さあ回してください」的なところを回して引き抜くようにすれば,CPUの台座が出てくる。

樹脂製ブロックの「UNLOCK THE POWER」と書いてある取っ手を逆時計回りに回すと,半透明のオレンジ色をした台座が外れる
Ryzen Ryzen

Ryzen
 CPUの台座は,金属製クリップで黒いカバーを固定するようになっているので,まず取っ手でクリップを外し,さらに,2か所ある「切り込みに囲まれた部分を軽く押すようにしながら黒いカバーを持ち上げる。これでようやく,Ryzen Threadripperのお目見えだ。

台座からクリップ,黒色カバーの順で外していく。製品ボックスは二重のストッパーでCPUを守っているわけだ
Ryzen Ryzen

 Ryzen Threadripperは,AMDが「Carrier Frame」(キャリアフレーム,以下カタカナ表記)と呼ぶオレンジ色の樹脂フレームに覆われている。台座からは,このキャリアフレームごと取り出す仕様だ。

キャリアフレームに付いている取っ手を使って斜めに引き上げると,台座から取り出せる
Ryzen

 詳細は続く段落でお伝えするが,Ryzen Threadripperをキャリアフレームから取り外す必要はない。開封作業はここで完了だ。

……とはいえ,外したくなるのも人情。外すこと自体はできる(左)。ただ,キャリアフレーム側の「CPUを固定するツメ」は,見る限り,「頻繁に着脱を繰り返すこと」を想定してはいないように見えるため,その点は自己責任だろう。右は重量を量ってみたところで,実測約135gあった
Ryzen Ryzen

製品版の1950X(左)と1920X(右)。OPN(Ordering Part Number)は順に「YD195XA8UGAAE」「YD192XA8UC9AE」だった
Ryzen Ryzen


Socket TR4は新しいやり方で「CPU装着時のピン折れリスク」に対策


 Ryzen ThreadripperはLGAパッケージを採用しており,コンタクト(≒ピン)数は4094もある。「Socket TR4」(もしくは「sTR4」)と呼ばれるソケット側のピンが万が一曲がってしまうと,仮に自己責任を覚悟したとしても,直すのは極めて困難だろう。
 そこでAMDが採用したのが,キャリアフレームを活用する取り付け方法である。

Ryzen Threadripperをキャリアフレームから外してしまった人は,付け直すとき,▲マークの位置を揃えよう
Ryzen
 取り付けの流れは下の連続写真を見てもらったほうが早いと思うが,要点は大きく分けて2つある。1つは,Socket TR4の場合,ソケットと,CPUを固定する金属製カバーの間に,「Ryzen Threadripperをキャリアフレームごと挿入するスロット」があり,スロットへ正常に差し込んだ状態を確認するまで,ソケット側のピンを露出させる必要がないこと。もう1つは,製品ボックスに付属するトルクスドライバーは,CPUを固定するとき,必要十分なトルクがかかったときには音を慣らす仕様になっているため,「どれくらい固定すればいいのか」が簡単に分かるようになっていることだ。
 後者についてAMDは「なので固定するときには必ず,製品ボックス付属のトルクスドライバーを使ってほしい」と呼びかけているので,この点は憶えておきたい。

Ryzen
1.CPUを固定する金属フレーム上のトルクスビスには通し番号が振ってある。開けるときは3→2→1,締めるときは1→2→3の順番だという説明もあり
Ryzen
2.製品ボックス付属のトルクスドライバーでビスを緩めると,CPUを固定する金属フレームが跳ね上がる仕掛けになっている
Ryzen
3.赤矢印で示したとおり,青い部分に両端から軽く力を入れるように親指と人差し指(など)で挟み,スロット部を持ち上げる
Ryzen
4.こちらが持ち上げた状態。「半透明のダミーキャリアフレームがスロットに差さっている」のが分かりやすい
Ryzen
5.半透明のダミーキャリアフレームを引き抜く
Ryzen
6.空いたスロットへ,5.と逆の要領でRyzen Threadripper付きキャリアフレームを差す
Ryzen
7.一番下まで正常に差し込んだ状態がこちら。ズレてしまった場合はスロットが目に見えてたわんだりするため,この段階で慎重に確認することを勧めたい
Ryzen
8.間違いなくきちんとスロットへ差し込めたことを確認したら,ここでようやくソケットカバーを外すことになる
Ryzen
9.再びスロット部の青い部分を指でつまんで,ゆっくりと下ろしていく。最後まで下ろし切ると仮固定が可能だ
Ryzen
10.最後に金属フレームを下ろして,1→2→3の順番でトルクスビスを締める。適切なトルクがかかるとトルクスドライバーが「カチッ」と音を立てるので,音を参考にしよう

 ちょっと慣れが必要かもと感じたのは,Ryzen Threadripperごとキャリアフレームをスロットへ差し込むとき,慎重にやらないと下(≒奥)のほうでズレることがあることくらい。ただそれも,気を付けてやればまず問題にはならないように思う。エンドユーザーがピンに触れてしまう危険性を極限まで減らしてある,よくできた固定機構と言っていいのではないだろうか。

 ちなみに下の写真は,Ryzen Threadripperの製品ボックスに付属していたCPUクーラー取り付け用ブラケットを(こちらは一般的なプラスドライバーで)ソケットに固定したところである。CPUクーラー取り付け用ブラケットの一部がCPUに“かかって”しまっているのが気になると思うが,AMDによれば,ヒートスプレッダの下にあるCPUのダイは,CPUクーラー取り付け用ブラケットで囲まれた円の内部で完全に収まるため,冷却に問題はないのだそうだ。

製品ボックス付属のCPUクーラー取り付け用ブラケットを取り付けた状態。CPUクーラー取り付け用ブラケットのフレームが,一部,CPUの上空に来る
Ryzen

AMDが示している対応CPU一覧。今後もこのリストはアップデート予定とのことである
Ryzen
 8月3日時点でAMDが公開しているリストによれば,現時点で以下に挙げるCPUクーラーが,製品ボックスに付属するCPUクーラー取り付け用ブラケット,もしくはCPUクーラー側に付属するブラケットを用いた固定に対応するという。簡易液冷クーラーはほぼすべてがCPU付属のブラケットによる固定をサポートするようだ。

  • Arctic「Freezer 33」「Liquid Freezer 360」「Liquid Freezer 240」
  • Cooler Master Technology:「Hyper 212 LED TR Edition」「MasterLiquid 240」
  • Corsair「Hydro Series H115i Extreme Performance Liquid CPU Cooler」「Hydro Series H100i v2 Extreme Performance Water/Liquid CPU Cooler」「Hydro Series H105 Extreme Performance 240mm Liquid CPU Cooler」「Hydro Series H80i V2 Water/Liquid CPU Cooler」
  • Cryorig「A80」「A40 Ultimate」「A40」
  • EVGA「CLC 280 Liquid / Water CPU Cooler」
  • NZXT「Kraken X62」「Kraken X61」「Kraken X52」
  • Thermaltake Technology「Water 3.0 Riing RGB 360」「Water 3.0 Riing RGB 280」「Water 3.0 Riing RGB 240」「Water 3.0 Ultimate」「Water 3.0 Extreme」


評価キットのマザーボードもチェックしておく


 以上がRyzen Threadripperの開梱から取り付けまでだが,冒頭で紹介したとおり,今回届いたのは評価機材一式だ。CPUのほかには,

  • ASUSTeK Computer製「X399」マザーボード「ROG ZENITH EXTREME
  • G.Skill International Enterprise製PC4-25600 DDR4 SDRAM 8GB 2枚セット「F4-3200C14D-16GTZR×2
  • Thermaltake Technology製簡易液冷CPUクーラー「Floe Riing RGB 360 TT Premium Edition」(型番:CL-W158-PL12SW-A)
  • Thermaltake Technology製電源ユニット「Toughpower iRGB PLUS 1250W Titanium - TT Premium Edition」(型番:TPI-1250D-T)

と,より正確を期せばもう1つアクリル板も付属していた。

評価機材一式より,CPU以外。手前がアクリル板だ
Ryzen

 製品名を並べただけで気付いた人もいると思うが,これらはすべて,いわゆるRGBイルミネーションに対応している。なので,組み上げて通電すると,下の写真のとおり,とても派手な感じになる。

テスト実行中の様子(※米田 聡氏撮影)。マザーボードとメモリモジュールはASUSTeK Computer独自のLEDイルミネーション制御技術「Aura Sync」対応なのだが,Thermaltake Technologyの2製品はそうではなく,しかも両製品で設定ツールは別々なため,色をカスタマイズしたければ異なるツールをインストールしなければならなかった。ちょっと面倒だ
Ryzen

 というわけで,ここからはASUSTeK Computer(以下,ASUS)のX399マザーボードであるROG ZENITH EXTREMEを概観してみよう。

Ryzen
ROG ZENITH EXTREME。ちょっと分かりにくいかもしれないが,I/Oインタフェース部のカバーには小型の有機ELパネルが埋め込んであり,カバーの下には40mm角の冷却ファンがある。EPS12Vの8ピンコネクタは2系統で,両方に給電を行わない限りシステムは起動しない
Ryzen
その背面側。電源部の裏側にはアルミ製と思われるヒートシンクが貼ってあった。I/Oインタフェースとアナログサウンド段の裏にもRepublic of Gamersロゴ入りカバーがあるが,これは何かの保護というより,むしろLEDイルミネーション用だ

 メモリスロットは8本で,標準対応はもちろんPC4-25600(DDR4-2667) DDR4 SDRAM。8月3日時点で公開されている英文マニュアルだと,オーバークロックではPC4-22400(DDR4-2800)までのサポートになっているが,これはCPUの発売,もしくは発売後に向けてアップデートが入るのではなかろうか。
 なお,メモリスロットはすべて,耐久度を高めてあるという「SafeDIMM」仕様になっていた。

メモリスロット周辺
Ryzen

 上の写真でメモリスロットの右に見えるのは,メモリスロットと同じ形状を採用するM.2インタフェース「DIMM.2」だ。こちらは両面それぞれがCPUとPCI Express(以下,PCIe) Gen.3 x4でつながり,M.2 2110カードを装着できるようになっている。
 ROG ZENITH EXTREMEは別途,サウスブリッジの近くにCPUとつながるPCIe Gen.3 x4接続のM.2 2280スロットも持つため,計算上は標準で3枚のNVM Express型SSDをサポートする。

Ryzen
DIMM.2専用カード「ROG DIMM.2」。カードの表と裏に1枚ずつSSDを差せるようになっている。いずれもPCIe Gen.3 x4接続だ
Ryzen
サウスブリッジを覆うカバーを開けると,ここにもM.2スロットが。「SSD 960 PRO」は評価機材として標準で差してあった

Ryzen
 物理的な拡張スロットはPCIe x16 ×4,物理的にはx16カードにも対応するPCIe x4×1,PCIe x1 ×1。4本あるPCIe x16スロットのうちPCIe Gen.3 x16接続なのはCPU側から最も近いスロットと3番めに近いスロットで,2番めはPCI Gen.3 x8接続,4本めは基本的にPCI Gen.3 x8接続ながら,オンボードのU.2スロットにSSDを差した場合はPCIe Gen.3 x4接続になるという。
 物理的なx16スロット4本で,合計48レーンはCPU直結。x4スロットとx1スロットはX399チップセットとつながっている。

Ryzen
ROG ZENITH EXTREMEは4-wayまでのSLIとCrossFireに対応しており,製品ボックスにはSLIブリッジが付属している。2-way用はもちろんSLI HB Bridgeだ
Ryzen
「大量のレーンを使い切りましょう」というわけでもないのだろうが,PCIe Gen.3 x4接続のASUS製10Gbit Ethernetカード「ROG AREION 10G Ethernet Card」が標準で付属している

X399チップセット。見た目は「X370」そっくりだ
Ryzen
 その多くがX399チップセットとの接続になっていると思われるI/Oインタフェースと,X399とつながるSerial ATA 6Gbpsポートの構成は下に写真で示したとおりだ。
 USBポートは,青いUSB 3.1 Gen.1 Type-Aが全部X399直結で,赤いUSB 3.1 Gen.2 Type-A&Type-C各1がASMedia Technology製コントローラ「ASM 3142」によるものとなる。

Ryzen
I/Oインタフェース部。無線LAN機能はASUS独自の小型PCIeカード「Wi-Fi Go!」で実現している。1x1のIEEE 802.11adと2x2のIEEE 802.11ac両対応
Ryzen
Serial ATA 6Gbpsポートは6基。写真でその左に見えるのがCPU直結かつCPUから最も遠いPCIe x16スロットと4レーンを共有するU.2ポートだ。右はUSB 3.1 Gen.1内部ポート

 基板を覆うカバー類やヒートシンクを外すと,もう少し情報が得られるので,確認していこう。

もろもろ取り外した例
Ryzen
取り外した状態で基板の表面と裏面を撮影したカット
Ryzen Ryzen

CPU用の電源部周辺。Socket TR4にかなり近いのが分かる
Ryzen
 CPU用の電源フェーズは見る限り8で,Republic of Gamersのマザーボードでお馴染みのデジタル電源コントローラ「VRM Digi+ EPU」が近くにある。電源部がCPUにかなり近いことと,ヒートシンクが小さめなのが,外観上の特徴と言えるだろうか。熱はヒートパイプで運び,I/Oインタフェース部のファンで冷却するから,近くても問題ないということなのかもしれない。
 CPUのノースブリッジ的機能用と思われる電源部はどこかなと探したところ,Socket TR4を挟んで8フェーズ電源部の反対側に3フェーズあった。これらがノースブリッジ的な機能やPCIeスロット,X399チップセット用という可能性はありそうだ。

CPU用電源部では,いわゆるパターン面に部品が載っていた(左)。右が追加の3フェーズ。こちらの近くにもVRM Digi+ EPUがある
Ryzen Ryzen

Ryzen
 アナログサウンド段はASUSが「ROG SupremeFX」と呼ぶ,最近のROG製マザーボード上位モデルでよく採用されるのと近い構成で,搭載するHD Audio CODECは,Realtek Semiconductorの「ALC1220」をベースにした(と思われる)「SupremeFX S1220」になっている。その近くにあるESS Technology製のチップは同社D/Aコンバータの現行最上位モデルとなる「SABRE32 Reference 32-bit 8-Channel Audio DAC」(型番:SABRE9018Q2C)で,ヘッドフォンアンプも統合したタイプと,相変わらず豪華だ。


組み上げたPCでテスト開始済み。結果は後日!


 以上,Ryzen Threadripperの評価機材一式を,駆け足で紹介してみた。
 4Gamerでは,組み上げたシステムを使い,テストを開始しているので,結果は後日,あらためてお伝えしたいと思う。
 世界初のデスクトップPC向け16コア32スレッド対応CPU(とその下位モデル)が持つ性能が気になる人は,あと少し待ってもらえれば幸いだ。

米田 聡氏撮影
Ryzen

AMDのRyzen Threadripper製品情報ページ

  • 関連タイトル:

    Ryzen

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月22日〜08月23日
タイトル評価ランキング
92
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年02月〜2017年08月