オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
妖怪ウォッチ3 スシ公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
レベルファイブ,大学・短大・専門学校生向け 「クリエイターを目指す者たちへのカンファレンス」を東京・大阪・福岡で開催決定
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/01/25 19:17

リリース

レベルファイブ,大学・短大・専門学校生向け 「クリエイターを目指す者たちへのカンファレンス」を東京・大阪・福岡で開催決定

クリエイターを目指す者たちへのカンファレンス
配信元 レベルファイブ 配信日 2017/01/25

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>


参加無料ゲーム業界を目指す学生必見!!
株式会社レベルファイブ主催 大学・短大・専門学校生向け
“クリエイターを目指す者たちへのカンファレンス”開催決定

妖怪ウォッチ3 スシ

この度、株式会社レベルファイブ(本社:福岡市中央区、代表取締役社長/CEO:日野晃博)は、2017年2月に「大学短大専門学校生向け“クリエイターを目指す者たちへのカンファレンス”」を東京・大阪・福岡の3都市にて開催することを決定しましたのでお知らせいたします。

カンファレンス開催概要

カンファレンス当日は代表の日野をはじめ、レベルファイブの最前線で活躍するクリエイターの、ここでしか聞けない制作秘話を大公開いたします!参加は無料(事前申込制)です。ゲーム業界に興味がある学生の皆さんのご参加をお待ちしております!

■名称:大学・短大・専門学校生向け“クリエイターを目指す者たちへのカンファレンス”
■主催:株式会社レベルファイブ
■日時および会場:

(1)福岡
【日時】2月21日(火)開場16:00開演17:00(終了19:35予定)
【会場】JR九州ホールJR博多シティ会議室
[福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-19F10F]

(2)東京
【日時】2月26日(日)
[1回目]開場12:00開演13:00(終了15:30予定)
[2回目]開場17:00開演18:00(終了20:30予定)
【会場】東京コンベンションホール
[東京都中央区京橋三丁目1-1東京スクエアガーデン5F]

(3)大阪
【日時】2月28日(火)開場15:30開演16:00(終了18:30予定)
【会場】大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪)
[大阪府大阪市北区中之島5丁目3-5110F会議室]

■内容:レベルファイブクリエイター陣によるゲーム制作に関するセッション
※プログラムは全会場同一の予定です。
■定員:福岡会場約420名/東京会場各回約500名/大阪会場約450名
■対象:ゲームクリエイターを志望している18歳以上の大学生/短大生/専門学校生/高等専門学校生
※学年は問いません。
■参加費用:無料
■参加方法:
本イベントは事前申込制(抽選)です。カンファレンス特設サイト内参加申し込みページよりご応募ください。
※お一人様1回のご応募のみ有効となっております。
■応募締切:
福岡会場2017年2月10日(金)18:00頃まで
東京会場2017年2月14日(火)18:00頃まで
大阪会場2017年2月14日(火)18:00頃まで

カンファレンス特設サイトはこちら!
http://level5.co.jp/conference

レベルファイブのクリエイティブを一挙公開プログラム一覧!

カンファレンスでは、全6セッションを実施予定。クリエイターセッションは、前半後半それぞれ3セッションの内、ご希望の1セッションを選んでいただく選択制となっています。
※セッションのタイトル登壇者内容は変更になる可能性もございます。
※各会場によって受付開演の時間が異なります。カンファレンス特設ページ(http://www.level5.co.jp/conference)をご確認ください。


レベルファイブ代表日野によるゲーム業界及び会社紹介・質疑応答

レベルファイブ代表取締役社長/CEO日野晃博による、ゲーム業界及びレベルファイブの紹介等を行います。また、会場の皆様との質疑応答も実施予定です。

クリエイターセッション[前半]
※いずれかひとつ選択

ゲームクリエイターだからこそできる映画づくり・アニメづくり

登壇者
日野晃博(代表取締役社長/CEO)
栗秋寿彦(プロジェクト推進部プランニングチームディレクター)

レベルファイブが得意とするクロスメディア戦略で、重要な役割を担う映画やテレビアニメでのコンテンツ展開。実はゲームの制作スタッフも、この制作に深く関わっているんです。ゲームクリエイターならではの感性が盛り込まれた、映画アニメ制作の魅力についてお話しします!

コンセプトアートに込められた物語性

登壇者
梁井信之(制作統括2部ゼネラルマネージャー)
東村有里(制作統括2部マップアートチーム)

作品の世界観を語る上でキーとなるコンセプトアート。そこには、作品に対するデザイナーそれぞれの解釈がひそかに隠されています。デザイナーの視点から提案する世界観について、これまで多岐にわたるレベルファイブ作品のコンセプトアートを手掛けてきたクリエイターがお話しします

オンラインゲームにおけるゲームデザインのコツ

登壇者
潮田太一(プロジェクト推進部プランニングチームディレクター)

プランナー候補も必見の内容!?面白いゲームを作るためには、目指すゲームの構造を知っているかどうかによって、完成品に大きな差が生まれます。数あるゲームの中でもオンラインゲームを題材にして、プログラマーも知るべきゲームデザインを解説。プログラマーの授業ではなかなか教えてくれない、レベルファイブならではの切り口でお話します。

クリエイターセッション[後半]
※いずれかひとつ選択

妖怪ウォッチのゲームに隠された演出の秘密

登壇者
本村健(常務取締役/プロジェクト推進部ゼネラルマネージャー)
西郷憲一郎(制作統括1部サウンド開発チームチーフ)

「妖怪ウォッチ」シリーズが大ヒットした要因のひとつに“音楽”があります。本作のディレクター本村と、ゲーム音楽を制作した西郷が、音を使った妖怪ウォッチ演出の秘密を、ゲーム制作の裏側とともにお話しします。

愛されるキャラクターデザインとは

登壇者
長野拓造(制作統括2部キャラアートチームシニアアートディレクター)
田中美穂(制作統括2部キャラアートチームチーフ)
モデレーター:日野晃博(代表取締役社長/CEO)

「妖怪ウォッチ」のジバニャンやコマさん、レイトン教授やイナズマイレブンなど、ファンに親しまれているキャラクターは、一体どのようにして生まれたのか?長く愛されるキャラクターを生み出す秘訣について、レベルファイブのキャラクターデザイナーとして最前線で活躍する長野と田中がお話します。

ゲームの完成度に関わる技術力・プランニング力

登壇者
赤坂泰洋(専務取締役/CTO制作統括1部ゼネラルマネージャー)
森雄二(制作統括1部開発1部チーフ)

「プログラマーはコードを書くだけじゃない!」プログラマーはゲーム制作のいわば司令塔。ゲームを面白くするための提案、企画力も求められる重要な役割を担っています。レベルファイブだからこそできる、プログラマーの多岐に渡る仕事の魅力についてお話します。

「レベルファイブ」公式サイト

  • 関連タイトル:

    妖怪ウォッチ3 スシ

  • 関連タイトル:

    妖怪ウォッチ3 テンプラ

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月25日〜07月26日
タイトル評価ランキング
88
82
NieR:Automata (PS4)
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
69
2017年01月〜2017年07月