オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
crossbeats REV. SUNRISE公式サイトへ
読者の評価
45
投稿数:4
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
「crossbeats REV. SHARING DJ PARTY -2017 SPRING-」フォトレポート。8名のアーティスト陣が4時間以上にわたり熱いライブを繰り広げる
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/04/17 21:26

イベント

「crossbeats REV. SHARING DJ PARTY -2017 SPRING-」フォトレポート。8名のアーティスト陣が4時間以上にわたり熱いライブを繰り広げる

 2017年4月15日,東京・渋谷のCIRCUS Tokyoにて,カプコンは同社のアーケードリズムゲーム「crossbeats REV. SUNRISE」のDJライブイベント,「crossbeats REV. SHARING DJ PARTY -2017 SPRING-」を開催した。本作に楽曲を提供しているアーティストが集結したイベントの模様をレポートしていこう。

crossbeats REV. SUNRISE

会場内の物販では,Tシャツや缶バッジといったライブのオリジナルグッズに加えて,ライブに参加したアーティストのCDなどが販売された
crossbeats REV. SUNRISE crossbeats REV. SUNRISE

「crossbeats REV. SUNRISE」公式サイト


 ライブのスタートを告げるカウントダウンの後,まず登場したのはトラックメイカーやDJとして活動しているKO3(コミ)さん。最初にKO3さんが提供している「Pyromania」が流れ始めると,オーディエンスは大きな歓声とクラップでそれに応え,ライブ開始から早くも盛り上がりを見せていた。

crossbeats REV. SUNRISE crossbeats REV. SUNRISE
crossbeats REV. SUNRISE crossbeats REV. SUNRISE

 続いてはアメリカやイギリスのレーベルに所属し,世界規模での活動を行っているRelect(リレクト)さんが登場。人気楽曲の「THIS IS HDM」をはじめとしたノリノリのハイテンポな楽曲を披露し,プレイ中には自らもノリに乗って体を動かすなど,ファンと一体となって会場を盛り上げていく。最後は,今回のイベントのために制作した「Moonrise」の別バージョンで締めくくった。

crossbeats REV. SUNRISE crossbeats REV. SUNRISE
crossbeats REV. SUNRISE crossbeats REV. SUNRISE

 そして3組目は,Tatsh(タッシュ)さんYu Oda(ユウ オダ)さんがステージに姿を現した。作曲家として数々のゲームに楽曲を提供しているTatshさんが,まず自らの楽曲を披露すると,スペシャルゲストとして,幅広い分野で歌手として活動しているYu Odaさんが登場。自らがボーカルを務める「EVERYTHING」をはじめとした人気楽曲を熱唱し,会場のボルテージを高めていった。

「東方project」の楽曲のアレンジも行っているTatshさん。今回のイベントでは「信仰 -1st Desire-」など,Yu Odaさんがボーカルを担当している楽曲を披露した
crossbeats REV. SUNRISE crossbeats REV. SUNRISE
crossbeats REV. SUNRISE crossbeats REV. SUNRISE

 続いて登場したYamajet(ヤマジェット)さんは,独自のDJスタイルに定評のあるアーティスト。提供楽曲の「たのしいことだけ」をはじめとした,キュートな楽曲でオーディエンスの心を掴んでいく一方で,プレイ中でも前口上や曲の説明,CDの販促などを挟んでいくマイクパフォーマンスで笑いを誘うなど,楽曲以外の部分でもオーディエンスを楽しませた。

Yamajetさんは自らが提供している楽曲のほか,「ロックマン」シリーズのステージBGMなど,有名楽曲のリミックスを次々と披露した
crossbeats REV. SUNRISE crossbeats REV. SUNRISE
crossbeats REV. SUNRISE crossbeats REV. SUNRISE

 5組目のアーティストとなるTORIENA(トリエナ)さんは,ゲームボーイやLSDjを使用した楽曲の制作を得意としているチップチューンアーティスト。提供楽曲である「CODENAMEはEQ」「ピコラセテ」などを熱唱しながら,ステージ上で激しく体を動かす派手なパフォーマンスで会場を盛り上げた。

crossbeats REV. SUNRISE crossbeats REV. SUNRISE
crossbeats REV. SUNRISE crossbeats REV. SUNRISE

 次にステージに上がったのは,オーディエンスとのコール&レスポンスで場を盛り上げる,正統派DJスタイルのKent Alexander(ケント・アレキサンダー)さん。まずは提供楽曲の「Touch n Go」を披露して会場のボルテージを高めると,「Human Nature」などの人気楽曲を次々と披露し,オーディエンスからの大歓声を浴びていた。

Kent Alexanderさんは,今回のイベントでのMCも担当。積極的にコール&レスポンスを行うスタイルで,登場するアーティストを紹介していった
crossbeats REV. SUNRISE crossbeats REV. SUNRISE
crossbeats REV. SUNRISE crossbeats REV. SUNRISE

 ラストを飾ったのは,世界最大級のダンスミュージックカンパニー「Armada Music」と契約するなど,ワールドワイドな活躍を見せているNhato(ナハト)さん。Nhatoさんは最初にマイクを握ると,「みんなの音が良すぎて,すごいくつろいじゃって。ずっと折り紙折ってた(笑)」との正直なコメントでオーディエンスの笑いを誘った。
 自らが提供している「Heartstrings」など,大音量によるビートが体を揺さぶる楽曲を続けざまにプレイすると,オーディエンスのテンションも最高潮に。今日一番の盛り上がりを見せながら,ライブのエンディングを迎えることとなった。

crossbeats REV. SUNRISE crossbeats REV. SUNRISE
crossbeats REV. SUNRISE crossbeats REV. SUNRISE

crossbeats REV. SUNRISE crossbeats REV. SUNRISE
締めくくりとなるエンディングでは,出演したアーティスト全員が登場。各々が今回の感想を述べつつ,ライブは大団円を迎えた
crossbeats REV. SUNRISE

 なお4月22日には,大阪・心斎橋のCIRCUS Osakaにて本イベントの大阪公演が開催予定だ。今回の東京公演とは出演アーティストが異なるので,関西圏のファンはイベントの公式サイトをチェックしてみよう。

イベントでは抽選会も開催。当選者には,出演者全員のサインが書かれたサイン色紙がプレゼントされた
crossbeats REV. SUNRISE crossbeats REV. SUNRISE

「crossbeats REV. SUNRISE」公式サイト

  • 関連タイトル:

    crossbeats REV. SUNRISE

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月21日〜08月22日
タイトル評価ランキング
92
82
NieR:Automata (PS4)
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年02月〜2017年08月