オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
ハロー!Steam広場 第139回:25世紀のゴールドラッシュ到来。サンドボックス型ADV「ASTRONEER」で,一攫千金を夢見て未開の惑星を探索
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/01/10 12:00

連載

ハロー!Steam広場 第139回:25世紀のゴールドラッシュ到来。サンドボックス型ADV「ASTRONEER」で,一攫千金を夢見て未開の惑星を探索

「すちーむ」ってなぁに?というよい子のみんな集まれー! 「ハロー! Steam広場」は,PCゲームのダウンロード販売サイトSteamでリリースされた気になるタイトルやニュースを,筆者が独断と偏見でピックアップして紹介する,とっても有意義なコーナーだ。毎週欠かさずチェックすれば,言われなくても4GamerのSteamグループに参加している上級Steamerにジョブチェンジできるかも。

 ハロー!Steam広場 第139回では,25世紀の宇宙開拓時代が舞台となるサンドボックス型アドベンチャーゲーム「ASTRONEER」をメインに紹介しよう。このほか,マスターアルケミストとなってモンスターを撃退するVR向けタワーディフェンス「Alchemist Defender VR」もあるので,お見逃しなく。




25世紀の宇宙で一攫千金を目指すサンドボックス型アドベンチャー「ASTRONEER」



 アーリーアクセスとは,開発途中のゲームを購入して,デバッガー兼プレイヤーとして参加できる,Steamの販売形態の1つだ。今回はシアトルのインディーズ系デベロッパ,System Era Softworksが手掛ける「ASTRONEER」をメインに紹介しよう。

 本作は,25世紀の宇宙開拓時代を舞台としたサンドボックス型アドベンチャーゲームだ。プレイヤーは,新しい時代の幕開けとともに到来したゴールドラッシュに乗って一攫千金を掴むべく,未知なる惑星を開拓していくことになる。ちなみに,タイトルの“ASTRONEER”(アストロニア)は造語。おそらくAstro+Pioneerで「宇宙の開拓者」,つまり惑星を転々として冒険する人々のことを指しているようだ。

ハロー!Steam広場 第139回:25世紀のゴールドラッシュ到来。サンドボックス型ADV「ASTRONEER」で,一攫千金を夢見て未開の惑星を探索

 ゲームは,スペースシャトルに乗ったプレイヤーが,未開拓の惑星に着陸するところからスタートする。このシャトルがそのまま惑星内での拠点となり,シャトルから延びるジョイントの先に新しい施設を作ることで,手に入れた鉱物を加工したり,未知の物質を研究したりと,できることが広がっていく。このように,シャトルを中心に拠点を発展させていくことが,序盤における目標だ。

ハロー!Steam広場 第139回:25世紀のゴールドラッシュ到来。サンドボックス型ADV「ASTRONEER」で,一攫千金を夢見て未開の惑星を探索

 本作の大きな特徴は,プレイヤーが惑星内の地形を自由に成形できるという点にある。同じくサンドボックス型のゲームである「Minecraft」の場合は,ブロック単位で地形を作ったり削ったりするわけだが,本作にはボクセル的な仕切りはなく,ペイントソフトでブラシをかけるような感覚で,地形全体をヘコませたり,逆に盛り上げたりできるのだ。これがなかなかに面白く,気になった地形をゴリゴリと削っていける快感が病みつきになるはず。

ハロー!Steam広場 第139回:25世紀のゴールドラッシュ到来。サンドボックス型ADV「ASTRONEER」で,一攫千金を夢見て未開の惑星を探索

 このツールは地形成形のほか,資源の採取にも利用できる。当面の目標となる拠点開発に必要な資源は,惑星のいたるところにあるので,資源が埋まっている場所を見つけたら成形ツールでゴリゴリと削っていこう。このとき一度資源が砕け散るので,これを掃除機のように吸い取っていくことで1つの固形物となり,バックパックにストックされるのだ。これらの資源は固形化されて初めてクラフトに活用できるので,固形化されるまでしっかりと吸い取っていこう。

ハロー!Steam広場 第139回:25世紀のゴールドラッシュ到来。サンドボックス型ADV「ASTRONEER」で,一攫千金を夢見て未開の惑星を探索

 このように,ゲーム序盤は資源採取のために惑星内を駆け回ることになるわけだが,このときプレイヤーの前に立ちはだかる壁が“酸素のない環境”だ。
 このゲームではシャトルから供給される酸素を,プレイヤーの背負っているバックパックに補給し,その酸素を消費しならがら活動することになるのだが,その消費スピードが異様に速く,実際のところあまりシャトルから離れられないのだ。資源を掘りに行けなければ拠点も発展させられないので,この問題は最優先で解決したい。

本作は日本語にもちゃんと対応している。ただ,死んだ後に「窒息死」とか言われても困るわけだが
ハロー!Steam広場 第139回:25世紀のゴールドラッシュ到来。サンドボックス型ADV「ASTRONEER」で,一攫千金を夢見て未開の惑星を探索

 プレイヤーの乗ってきたシャトルでは,謎の超技術によって常に酸素が作り続けられており,プレイヤーはこれを,チューブかなにかで遠くまで送れるようにすればいいのである。そして,それを可能にするのが「テザー」と呼ばれるアイテムだ。
 テザーは,シャトルの周辺を少し探索すれば見つかる「混合物」から作れるアイテムで,上述したようにシャトルの酸素を別の場所に送ってくれるチューブのような見た目になっている。これをシャトルから延ばしていくことで,プレイヤーの活動範囲を簡単に広げられるといった寸法だ。また,テザーは拠点までの目印にもなるので,拠点からしっかりとつなげていけば,地下深くの入り組んだ坑道に潜るときも迷子にならず安心である。

ハロー!Steam広場 第139回:25世紀のゴールドラッシュ到来。サンドボックス型ADV「ASTRONEER」で,一攫千金を夢見て未開の惑星を探索

 酸素はこのほかに,拡張した施設や「造車装置」で作れるビーグルからも補給できる。とくにビーグルは,シャトルと同じく酸素が切れることがないので,遠出のお供には最適である。ただし,プレイヤーの活動に酸素が必要なように,ビーグルも電力がないと稼働しないので,ビーグルの空きスロットに発電ガジェットか,地下で採れる電力資源の固形物を取り付けて,常にエネルギーを補給できるようにするのをお忘れなく。

ハロー!Steam広場 第139回:25世紀のゴールドラッシュ到来。サンドボックス型ADV「ASTRONEER」で,一攫千金を夢見て未開の惑星を探索

 今のところクリア目標のようなものは用意されていないが,造車装置で新しいシャトルを作ればほかの惑星に行くことも可能で,探索できるエリア自体はかなり多い印象だ。まだα版なので,サンドボックスに必要な最低限の要素が用意された程度の状態だが,土台はしっかりと作られているので,今後のアップデートでどう変化していくのかが楽しみでもある。宇宙探索系のサンドボックスゲームに興味のある人は,ぜひ試してみてほしい。


「ASTRONEER」Steamストア(1980円)




マスターアルケミストとなってモンスターを撃退するVR向けタワーディフェンス「Alchemist Defender VR」


 「こんなゲームをリリースしたい」という開発者に対して,ユーザーが賛成か反対かを投票できるサービスがGREENLIGHTだ。今回はVRゲームを専門的に扱うウルグアイのゲームデベロッパ,TreeView Studiosが手掛ける「Alchemist Defender VR」を紹介しよう。

ハロー!Steam広場 第139回:25世紀のゴールドラッシュ到来。サンドボックス型ADV「ASTRONEER」で,一攫千金を夢見て未開の惑星を探索

 本作は,錬金術の達人となったプレイヤーが,拠点に攻め入ってくるモンスター達を撃退していくタワーディフェンスゲームだ。プレイヤーは,ステージを見下ろしながら,本に描かれた防衛ユニットを摘んで具現化し,それをステージ上に配置していくことになる。

ハロー!Steam広場 第139回:25世紀のゴールドラッシュ到来。サンドボックス型ADV「ASTRONEER」で,一攫千金を夢見て未開の惑星を探索

 通常のタワーディフェンスでは,ユニットの活躍を俯瞰視点で眺めることしかできないが,このゲームはVR向けというところがポイント。ユニットに顔を近づければ細かい動きなどが楽しめ,モンスターの通り道にうつ伏せで寝そべれば,従来のタワーディフェンスでは味わえない迫力も体験できる。まるで神になって下界を眺めているような感じだ。
 また,プレイヤー自身がユニットとなり,道の真中で仁王立ちしながら剣を振り回して敵と戦うことも可能なようだ。

ハロー!Steam広場 第139回:25世紀のゴールドラッシュ到来。サンドボックス型ADV「ASTRONEER」で,一攫千金を夢見て未開の惑星を探索

 そんな本作は,すでにGREENLIGHTを通過しており,2017年早期にデモ版をリリースする予定だという。コミュニティとさまざまなアイデアを共有していきたいとのことなので,興味のある人は本作をフォローしておこう。


「Alchemist Defender VR」GREENLIGHTページ

  • 関連タイトル:

    Steam

  • 関連タイトル:

    ASTRONEER

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月28日〜06月29日
タイトル評価ランキング
88
82
ARMS (Nintendo Switch)
82
NieR:Automata (PS4)
75
鉄拳7 (PS4)
2016年12月〜2017年06月