オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN公式サイトへ
読者の評価
58
投稿数:3
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
[TGS 2015]10月に配信される「MGSV:TPP」の対戦モード「METAL GEAR ONLINE」イベントレポート。中央大学FPS部による対戦も披露
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2015/09/18 14:54

イベント

[TGS 2015]10月に配信される「MGSV:TPP」の対戦モード「METAL GEAR ONLINE」イベントレポート。中央大学FPS部による対戦も披露

MGS | METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN
 2015年9月17日,KONAMIは,東京ゲームショウ2015(以下,TGS 2015)の同社ブースにおいて,「METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN」(PC / PlayStation 4 / PlayStation 3 / Xbox One / Xbox 360,以下 MGSV:TPP)のオンライン対戦モードとして,2015年10月6日に配信開始を予定している「METAL GEAR ONLINE」(以下,MGO)のステージイベントを開催した。

METAL GEAR ARCADEでは“鬼軍曹”と呼ばれていた千太郎軍曹
MGS | METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN
 今回のステージイベントでは,以前にも「METAL GEAR ARCADE」の公式指南役として活躍した千太郎軍曹が登場。MGOについての解説を行ったほか,中央大学のFPS部によるエキシビションマッチも披露された。そこで本稿では,ステージイベントの概要をレポートしたい。
 なお,MGOのプレイレポートは別記事で掲載しているので,細かなプレイフィールを知りたい人は,そちらも合わせてチェックしてほしい。

[TGS 2015]「METAL GEAR ONLINE」のプレイレポートを掲載。「MGSV:TPP」を踏襲した世界観や操作方法での対戦が楽しい


 まずは千太郎軍曹から,MGOの基本的な要素が解説された。
 MGOには,敵の発見を得意とする「偵察タイプ」と,前線での打ち合いが主任務の「重装タイプ」,体術で敵を暗殺できる「潜入タイプ」という,3種類のクラスが存在する。各クラスの編成バランスと,その運用方法が,MGOにおけるゲーム性のキモだ。
 千太郎軍曹によると,偵察が初心者向けで,重装が中級者向け,潜入は上級者向けのクラスだという。自分の腕前に応じて,適当なクラスを選ぼう。

3つのクラスは,それぞれに活躍できる場面が異なる。自分の得意な戦い方を見つけて,適切なクラスを選ぼう
MGS | METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN

 TGS 2015会場でプレイできる試遊版では,「BOUNTY HUNTER」と「CLOAK AND DAGGER」という2種類の対戦ルールが用意されていた。今回のエキシビションマッチでも,この2種類を使用することになる。

 BOUNTY HUNTERは,各プレイヤーが持つ「チケット」を奪い合う対戦ルールだ。ただ,多数の敵をキルしたプレイヤーは“賞金首”となるので,フルトン回収(敵を風船に括りつけて空に飛ばすアクション)をされてしまったときに,通常より多くのチケットを失ってしまう点に注意が必要だと,千太郎軍曹は説明した。
 一方のCLOAK AND DAGGERは,防衛チームと潜入チームに分かれて戦う,非対称形の対戦ルールだ。潜入チームは,制限時間内にデータディスクを回収し,回避ポイントでデータをアップロードすれば勝利。対する防衛チームは,制限時間までデータを防衛すれば勝利となる。潜入チームは非殺傷武器のみ,防衛チームは殺傷武器のみに武装が限られるという制限があるほか,リスポーンによる再出撃も不可能となっているという。

MGS | METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN

 解説に続いて,中央大学FPS部に所属する選手達が,アルファとブラボーの2チームに分かれて対戦するエキシビションマッチがスタートした。今回のエキシビションマッチは,BOUNTY HUNTERとCLOAK AND DAGGERでそれぞれ1戦ずつ対戦し,その最終結果で勝敗が決まるというものだ。

MGS | METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN MGS | METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN

 また,エキシビションマッチでは,MGO独自のシステムである,「ユニークキャラクター」が使用された。これは,対戦開始時にランダムで,両チームに1人ずつ特別なユニークキャラクターが割り当てられるというもので,「オセロット」や「スネーク」といった,METAL GEARシリーズ本編で活躍するキャラクター達を操作できる。
 これらユニークキャラクターは,通常の3クラスとは異なる能力を所持しているのが特徴だ。今回の対戦では,2丁拳銃と跳弾を操るオセロットが活躍を見せていたのが印象的だった。

BOUNTY HUNTERでは,アルファチームのオセロットが大量のキルとチケットを稼いだものの(上),フルトン回収を食らってブラボーチームに大逆転されるという一幕があった(下)
MGS | METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN
MGS | METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN

 最終的には,各チームが同じ数だけ試合に勝利したため,勝者の判定はスコア勝負となり,多くのキルを取ってポイントを稼いだブラボーチームが勝利を勝利を収めている。

CLOAK AND DAGGERは,潜入側の武装が制限されているうえ,キルをとられてもリスポーンできないルールのため,非常にじりじりとした緊張感溢れる勝負が展開された
MGS | METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN
MGS | METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN

 短いステージイベントではあったが,エキジビションマッチでは対戦ルールによるゲーム性の違いやユニークキャラクターの効果といったものが見えてきて,なかなか興味深い内容だった。
 KONAMIブースには,MGOの試遊台が多数用意されており,高ポイントを獲得したプレイヤーには,特製の「フルトンストラップ」がプレゼントされるとのこと。TPSの腕に覚えある人は,TGS会場でストラップの入手に挑戦してみよう。

高ポイントを獲得したプレイヤーに送られるフルトンストラップ
MGS | METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN MGS | METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN

 最後に,KONAMIブースで展示されていた,今後発売予定のMETAL GEARシリーズ関連グッズの写真を掲載しておこう。シリーズファンなら見逃せないアイテムばかりである。

MGS | METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN

MGS | METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN MGS | METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN

MGS | METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN MGS | METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN MGS | METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN

MGS | METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN MGS | METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN MGS | METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN

METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN 公式Webサイト

METAL GEAR ONLINE 公式Webサイト

4Gamer「東京ゲームショウ2015」特設サイト


  • 関連タイトル:

    METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN

  • 関連タイトル:

    METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN

  • 関連タイトル:

    METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN

  • 関連タイトル:

    METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN

  • 関連タイトル:

    METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月18日〜08月19日
タイトル評価ランキング
92
82
ARMS (Nintendo Switch)
82
NieR:Automata (PS4)
78
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年02月〜2017年08月