オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
[GDC 2014]Autodesk製ゲーム開発用ミドルウェア「Gameware」の最新動向
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/03/21 14:06

イベント

[GDC 2014]Autodesk製ゲーム開発用ミドルウェア「Gameware」の最新動向

Ankur Hohan氏(Product Manager, Autodesk)
 北米時間2014年3月19日,米サンフランシスコ市で開催中のGame Developers Conference 2014で,Autodeskによる講演「Autodesk Gameware Updates」が行われた。ゲーム開発用ミドルウェア群「Gameware」の最新版となる2015バージョンから,「HumanIK」「Gameware Navigation」「Scaleform」の紹介がなされたので,まとめて紹介してみたい。

 なお,セッションで登壇したのはAutodeskでプロダクトマネージャーを務めるAnkur Hohan氏だ。


HumanIK 2015


Autodesk
 HumanIK 2015には目玉要素として,「Foot contacts」「Look at controls」が追加された。Foot contactsは文字どおり,足の裏の接地精度に関するアップデートである。
 発表スライドで動いていたデモは,ぱっと見だと「靴の裏に貼り付けられた板ごと足を動かしている」ような感じなのだが,実際はその逆で,板の自由自在な動きにぴったり追従して足の裏が接地しているのがポイントとなる。

 もちろんこれは足の裏に限った処理ではなく,手をついたり,指で触ったりしたときにも同じ精度で処理が行われる。キャラクターと地形,ほかのオブジェクトとのインタラクションが自在に取れるようになると,動作の幅も広がってきそうだ。

 一方のLook at controlsは視線制御のことで,要するに「特定のオブジェクトに視線を向け続ける」ような処理を指している。フルボディIKシステムの上に乗っかっているものなので,たとえば「一点を見つめながら走っていて,対象を追い越した場合,肩越しに対象を見つめ続けて肩の動きや腰の回転に影響を与える」といった処理も自動的に行える。

Autodesk
Autodesk
 ただ,最近のHumanIKにおいて,導入によるインパクトが最も大きそうなのは,「Creature Solver」ではないかと思う。
 HumanIKは人体に特化してキャラクターの動作をサポートしてきたミドルウェアである。キャラクターのモーションに定評のあるAssassin's Creedシリーズがずっと使い続けているくらい,優秀な製品でもあるのだが,Autodeskによれば,「でも人体だけなんでしょ?」と言われることも多かったのだという。それに対する回答となるCreature Solverがあれば,人体以外の関節構造を持ったオブジェクトに対してもフルボディIKを使う処理ができるようになる。

 デモで示されたのは,クモやトカゲ,バッタなどのフルボディIKだ。ゲームでは,羽根や尻尾が生えていたり,手が4本あったりするようなクリーチャーも結構な頻度で出てくるので,動物でなくても重宝されるかもしれない。

Autodesk Autodesk


Gameware Navigation 2015


Autodesk
Autodesk
 Gameware Navigation 2015は,かつて「Kynapse」と呼ばれていた製品の後継に当たるもので,動的なパス検索など,NPCの動きを自動制御するミドルウェアである。ナビゲーションメッシュ生成部分では,NavTag(任意のタグ情報)の追加やマルチスレッド化など,あまり大きな話題はないのだが,ランタイム部分ではさらに強化された自動回避機能,階層的パスファインディング,「Smart Objects」,「Animation Driven Locomotion」など,見どころのある機能が追加されている。
 これまでも「突発的に通路が使えなくなった場合に,自動で新しい経路を見つける」といった機能はついていたのだが,今回は障害物が常に動いているような状況にも対応できるようになった。

 階層的パスファインディングは,非常に大きなシーンに対してもパスファインディングができるというもの。とてつもない大きさのマップでどのように処理されているのかは,実際にスライドで示された。
 また,Smart Objectとは,動く通路やエレベータ,ドアなどの構造物があったときに,それらを利用して移動するようなNPCの動作を指定できるようになる。

Autodesk
階層的パスファインディングの例
Autodesk
Smart Objectの例

 なお,Animation Driven Locomotionというのは,スプライン曲線を用いた滑らかな軌道による移動のこと。要は,NPCが通路を曲がるときに,突然旋回するのではなく,滑らかで自然な動きを指定できるようになったという意味である。

Animation Driven Locomotionは,Unityベースでも実装できる
Autodesk Autodesk


Scaleform 4.4


 UI作成ミドルウェアのScaleform,その最新版となるScaleform 4.4では,Action Scriptが改良され,メモリ使用量の改善や性能の向上が実現された。メモリ使用量は5〜20%減り,性能は20〜40%近く伸びることもあるという。

Autodesk Autodesk

Autodesk
 また,ゲームエンジンからの使い勝手が上がり,とくに「Unity」との統合が進んでいる。Scaleformの出力を直接テクスチャに描き出したり,Adobe Flash用のテクスチャをUnity側で使ったりといったこともできるようになった。

 昨今のコンシューマゲーム機が軒並みDirectX 11(相当)の機能をサポートしたことを受け,UIの表示でもDirectX 11ベースの表示が行えるようになるなど,高機能化も進んでいる。当然ではあるが,PlayStation 4やXbox Oneへの対応も行われた。


 以上,駆け足でまとめてみたが,毎年アップデートされるGamewareは,今回も,ゲームの品質を一段上げてくれそうな印象である。実際に「採用しました」と高らかに謳うデベロッパは少なかったりするが,今回のトピックを記憶に留めておくと,新しいタイトルが出てきたときに「おっ」と思えるのではなかろうか。

Autodesk日本語公式Webサイト

  • 関連タイトル:

    Autodesk

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月21日〜05月22日