オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[G-Star 2013]FPS「OPERATION7」の後継「OPERATION7 II :Rise of Condota」が開発中。韓国で2014年にクローズドβテストを予定
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/11/18 13:02

ムービー

[G-Star 2013]FPS「OPERATION7」の後継「OPERATION7 II :Rise of Condota」が開発中。韓国で2014年にクローズドβテストを予定

 G-Star 2013のB2BエリアにあるPARK ESMブースにて,オンラインFPS「OPERATION7 II :Rise of Condota」が展示されていた。


 本作は,日本でもサービスされている「OPERATION7 RELOAD」の後継作だ。
 ストーリーラインは,2000年代初頭にメキシコで生産された麻薬がアメリカに流入し,それをきっかけに戦争が勃発。戦いは長期化の兆しを見せる中,その混乱に紛れてタリバンのテロが相次ぐ。国連はこの事態に対応すべく,すべての国家から傭兵を募集し,UNMと呼ばれる組織を結成することになる……といった感じだ。この設定から分かるように,本作も現代戦を舞台にしたFPSとなる。

 前作からパワーアップしている点は,まずはグラフィックスだ。公開されているスクリーンショットを見るだけでも,マップの表現や銃器のリアリティなどが前作と比べて大きく向上しているのが分かるだろう。また,今回のグラフィックスで前作のマップをブラッシュアップするといった試みも行われ,例えば前作にあった「Industry Town」は,本作にも登場するようだ。

OPERATION7 II :Rise of Condota OPERATION7 II :Rise of Condota

 次に,前作の特徴だった武器のカスタマイズシステムは,もちろん本作にも引き継がれている。本作でも,グリップやバイポッド,グレネードランチャーやショットガン,レーザー照準器といったパーツを銃に取り付け可能だ。新たなフィーチャーとなるのは,「ハイブリッドスコープ」への対応。本作では,1つの銃に光学スコープとドットサイトを両方取り付けて,遠距離ではスコープ,近距離ではドットサイトといった具合に,使い分けられるようになっている。

 そのほか,タイトルによってあったりなかったりするリーンが行えたり,前作にはなかった倒した敵の装備を拾う操作が追加されていたりすることもポイントだという。また,AIと戦うモードが追加されるほか,クラン戦をより活性化させる新たな対戦システムも用意されるとのことだ。

 ブースで話を聞いてみたところ,現在は開発が70%ほど終わっている状態であるという。正式サービスの日程などは決まっていないが,2014年に韓国内でクローズドβテストを実施予定とのことである。

OPERATION7 II :Rise of Condota OPERATION7 II :Rise of Condota
OPERATION7 II :Rise of Condota OPERATION7 II :Rise of Condota

「OPERATION7 II :Rise of Condota」公式サイト

  • 関連タイトル:

    OPERATION7 II :Rise of Condota

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月17日〜07月18日