オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
EXIT TUNES×beatnation Recordsの夢のコラボ再び。BEMANIアーティストが集結した「BLUE DRAGON RELEASE PARTY」レポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2014/01/28 18:36

ニュース

EXIT TUNES×beatnation Recordsの夢のコラボ再び。BEMANIアーティストが集結した「BLUE DRAGON RELEASE PARTY」レポート

 2014年1月26日,Ryu☆氏の別名義である青龍のニューアルバム「BLUE DRAGON」の発売を記念したライブイベント「BLUE DRAGON RELEASE PARTY」が,東京・お台場のZepp TOKYOにて開催された。

 Ryu☆氏の所属レーベル・EXIT TUNESと,多数のBEMANIアーティストが所属するbeatnation Recordsのコラボによって実現したこのライブイベントでは,最新BEMANIシリーズ楽曲に加え,ファンお馴染みの人気曲,アレンジmixなどなどが披露された。本稿では,そのライブの模様を写真とともにお届けしていこう。

■関連記事:

当日13:00頃の会場の様子。開場2時間前だが,物販列には物凄い行列が出来ていた

「BLUE DRAGON」公式サイト

「EXIT TUNES」公式サイト



2年ぶりのリリースパーティ。珠玉の楽曲の数々に大盛り上がり


会場では「REFLEC BEAT plus」「ポップン リズミン」のアプリ体験会も。今後配信予定の楽曲が,先行で遊べるようになっていた
beatmania IIDX 21 SPADA
 2012年1月29日に開催された「Rainbow☆Rainbow」リリースパーティーから,実に2年ぶりの開催となるRyu☆氏のライブイベントということもあり,開場と共にあっという間に満員となったZepp TOKYO。ライブハウスの大規模な音響でBEMANI楽曲が聴けるのは,滅多にない機会ということで,数多くのファンが会場に駆けつけた。

 ライブ開始前は,EXIT TUNES代表であるDJ UTO氏がOPENING DJを担当し,会場のボルテージが早くも上昇する中,客席の照明が落ちてカウントダウンがスタートする。「0!」のコールとともに,DJブースへBEMANI界のKINGことdj TAKA氏&ダンサーのDai.氏Yossy氏が現れると「SAMBA DE JANEIRO」が流れだし,いよいよリリースパーティが開幕となった。

dj TAKA氏

■dj TAKA氏 セットリスト
  • M01 SANBA DE JANEIRO((beatmania IIDX 13 DistorteD)
  • M02 Broken(REFLEC BEAT)
  • M03 Last Dance(True Blue...)
  • M04 天空の夜明け(beatmania IIDX 19 Lincle)
  • M05 CARTE BLANCHE(True Blue...)
  • M06 Liberation(beatmania IIDX 20 tricoro)
  • M07 True Blue(jubeat sauser)
  • M08 perditus†paradisus(beatmania IIDX 18 Resort Anthem)
  • M09 Votum stellarum(pop'n music 10)
  • M10 quaver♪(REFLEC BEAT limelight)

 青龍の「BLUE DRAGON」と同日の2013年12月25日に,自身の2ndアルバム「True Blue...」を発売したdj TAKA氏。今回はそのアルバム収録曲を中心としたセットリストとなった。「CARTE BLANCHE」ではSota Fujimori氏が,「perditus†paradisus」ではwac氏がキーボードを担当するなど,一番手から豪華な競演が見られ,会場の空気は一気に熱を帯びていった。

Sota Fujimori氏(左)とwac氏(右)

 続けて登場したのは「SOUND VOLTEX」や「REFLEC BEAT」シリーズのディレクターを務めるDJ YOSHITAKA氏。前回のライブと同様,大人気曲「FLOWER」で幕を開けた後は,「VALLIS-NERIA」「JOMANDA」と,氏の代表楽曲をつないだmixが披露された。さらに,スペシャルゲストとしてTAG氏が呼び込まれると,「UNLIMITED FIRE-Try to Sing ver.-」を共に歌いあげて,「FIRE」コールが巻き起こる盛り上がりとなった。

■DJ YOSHITAKA氏 セットリスト
  • M11 FLOWER(REFLEC BEAT/jubeat knit)
  • M12 VALLIS-NERIA(REFLEC BEAT limelight)
  • M13 JOMANDA(jubeat copious APPEND)
  • M14 Lissa-RICCIA(REFLEC BEAT colette/jubeat saucer)
  • M15 卑弥呼(beatmania IIDX 16 EMPRESS)
  • M16 UNLIMITED FIRE-Try to Sing Ver.-(REFLEC BEAT colette)
  • M17 GOLD RUSH(beatmania IIDX 14 GOLD)
  • M18 Re:GENERATION(beatmania IIDX 20 tricoro)
  • M19 Elisha(beatmania IIDX 17 SIRIUS)
  • M20 Evans(jubeat)
  • M21 Daily Lunch Special(REFLEC BEAT colette)

DJ YOSHITAKA氏
TAG氏

3番手はSota Fujimori氏。イベント時はいつもギャグを飛ばすSota氏だが,今回のライブは真面目モードで演奏に集中。シンセサイザーを中心とした楽曲作りで知られるSota氏は,「In Heaven」「Fly Above」のようなメロディアスなサウンドとボーカルを組み合わせた楽曲から,稼動中の最新作「beatmania IIDX 21 SPADA」に収録のdubstep「WOBBLE IMPACT」「New Decade」といった高速ダンスサウンドまで,幅広いジャンルの楽曲を披露した。その中でも「SOUND VOLTEX」のチュートリアルは,珍しさもあってか会場の注目を集めていた。

Sota Fujimori氏(中央)とYossy氏(左)

■Sota Fujimori氏 セットリスト
  • M22 SYNTHESIZED4(SYNTHESIZED4)
  • M23 with you...2013
  • M24 SDVX Tutorial(SOUND VOLTEX)
  • M25 Into UR Heart EDM Remix
  • M26 Back Into The Light(beatmania IIDX 10thstyle)
  • M27 In Heaven(beatmania IIDX 20 tricoro)
  • M28 Fly Above(beatmania IIDX 16 EMPRESS)
  • M29 SOUND VOLTEX(SOUND VOLTEX)
  • M30 SOUND VOLTEX II(SOUND VOLTEX II)
  • M31 New Beginning(DDR X3 VS 2ndMIX)
  • M32 [E](jubeat copious)
  • M33 Mother Ship(jubeat saucer)
  • M34 PLASMA(beatmania IIDX 12 HAPPY SKY)
  • M35 ANDROMEDA(beatmania IIDX 11 RED)
  • M36 polygon(jubeat copious)
  • M37 GLITTER(REFLEC BEAT colette)
  • M38 WOBBLE IMPACT(beatmania IIDX 21 SPADA)
  • M39 Blew My Mind(Dance Dance Revolution)
  • M40 New Decade(DDR X2)

 ベテランコンポーザー達が会場を暖めたところで登場したのは,新進気鋭のコンポーザー・DJ TOTTO氏。dj TAKA氏のアルバム「True Blue...」に収録されている「THE SAFARI」のリミックスや,連動イベント「私立BEMANI学園」で話題を呼んだ「STULTI」など,激しい曲調の楽曲を中心に演奏。会場のテンションをさらに上げていった。

DJ TOTTO氏

■Dj TOTTO氏 セットリスト
  • M41 Windy Fairy(REFLEC BEAT colette Spring)
  • M42 chaplet(REFLEC BEAT colette Spring)
  • M43 THE SAFARI-DJ TOTTO mix-(True Blue...)
  • M44 海神(REFLEC BEAT colette Summer)
  • M45 Arousing(jubeat saucer)
  • M46 Adularia(beatmania IIDX 21 SPADA)
  • M47 Arcanos(REFLEC BEAT colette All Seasons)
  • M48 終焔のClaudia(REFLEC BEAT colette Autumn)
  • M49 STULTI(私立 BEMANI 学園)
  • M50 Valanga(REFLEC BEAT colette Winter)

 DJ TOTTO氏の演奏が終わると,白い衣装に身を包んだDJ YOSHITAKA氏とSota Fujimori氏によるユニットVENUSと,ダンサーのDai.氏,Yossy氏,そして伝説のダンサー・マイク氏が舞台に登場。さらにKAC2013「DanceEvolution ARCADE」部門優勝者であるaiさんも加わって,「Wow Wow VENUS」など,VENUSを代表する3曲を会場のファンとともに熱唱。さらにSota氏がブレイクダンスを華麗に踊るシーンもあり,ファン達から驚きの声と拍手が溢れた。

シークレットゲストとして応援に駆けつけた伝説のダンサー・マイク氏。やはり誰かに似ている気もするのだが……

■VENUS セットリスト
  • M51 Wow Wow VENUS(REFLEC BEAT colette)
  • M52 Chu☆Chu☆Tonight(REFLEC BEAT colette)
  • M53 Survival Games((REFLEC BEAT)


熱狂はまだ終わらない。白熱の第二部がスタート


 第二部のスタートを切ったのは,BEMANI界のヒットトラックメーカーkors k氏。「The Sampling Paradise」や「S!ck(VIP)」のほか,今回のために用意したという吉河順央さんとのユニット楽曲「Rush!!」リミックスなどが披露された。またRyu☆氏へのリスペクトを込め,「Sakura Luminance」と「Mind Mapping」のリミックスをチョイスするなど,粋を感じる選曲となっていた。

■kors k氏 セットリスト
  • M54 Insane Techniques(beatmania IIDX 21 SPADA)
  • M55 the Sampling Paradise(beatmania IIDX 19 Lincle)
  • M56 Monkey Business(Dance Dance Revolution)
  • M57 Playing With Fire(REFLEC BEAT colette)
  • M58 7 Colors(REFLEC BEAT colette)
  • M59 Rush!!(Remix!!)(GuiterFreaks XG3 & DrumManiaXG3)
  • M60 Sakura Luminance(Sakura Luminance)
  • M61 Mind Mapping(kors k Remix)(cyber beatnation 2 -HiSpeed conclusion-)
  • M62 New Lights(beatmania IIDX 20 tricoro)
  • M63 S!ck(VIP)(beatmania IIDX 20 tricoro)
  • M64 Ground Shake(REFLEC BEAT colette)

kors k氏
吉河順央さん

 お次はbeatmania IIDXシリーズのサウンドディレクター・L.E.D.氏が登場。前半は「THE BLACK KNIGHT」や「EXTERME MACH COLLIDER」など,ハードなサウンドからスタートし,後半はPrimさんも登場し,L.E.D.氏と共に,「恋する☆宇宙戦争っ!!」「†渚の小悪魔ラヴリィ〜レイディオ†」を歌い上げて場を盛り上げた。サビの部分では,ファン一同から合いの手が入り,盛り上がりは最高潮に。さらに,現在行われているイベント「熱闘!BEMANI スタジアム」で遊べる楽曲「轟け!恋のビーンボール!!」では,度胸兄弟の相方としてwac氏が野球のユニフォームを着て参戦。楽曲終了後にはwac氏が会場に向けて野球の球をバットで打つパフォーマンスをするが,お面を被っているせいか空振りを連発。そのアクシデントに,会場は笑いに包まれていた。

■L.E.D.氏 セットリスト
  • M65 EXTREME MACH COLLIDER(beatmania IIDX 21 SPADA)
  • M66 THE BLACK KNIGHT(beatmania IIDX 18 Resort Anthem)
  • M67 SPEED BLADE(REFLEC BEAT colette)
  • M68 TSAR BOMBA(jubeat saucar)
  • M69 EMPEROR OF THE AVALON(REFLEC BEAT colette)
  • M70 旋律のドグマ 〜Misérables〜(beatmania IIDX 21 SPADA)
  • M71 恋する☆宇宙戦争っ!!(beatmania IIDX 19 Lincle)
  • M72 †渚の小悪魔ラヴリィ〜レイディオ†(jubeat saucer)
  • M73 轟け!恋のビーンボール!!(熱闘!BEMANI スタジアム)

L.E.D.氏
Primさん

野球好きを公言するだけあり,ノリノリでステージに上がっていたwac氏。お面を被ってバットを持つ姿は実にシュール

 L.E.D.氏の後は,同じくbeatmania IIDXのサウンドディレクターを務める猫叉Master氏にバトンタッチ。開幕のMCでマイクを持って挨拶をする猫叉氏だったが,その声は「beatmania IIDX 20 tricoro」のシステムボイスそのもの。猫叉氏らしいパフォーマンスで会場を驚かせたあとは,「POINT ZERO」「Funny shuffle」といったジャズテイストの楽曲を中心に,長時間体を動かしたファンを癒しつつ,最後は冷ました熱を取り戻すかのようにL.E.D.氏との合作「GAIA」で再び場のテンションを盛り上げた。

■猫叉Master氏 セットリスト
  • M74 Intro
  • M75 Welcome to tricoro system(beatmania IIDX 20 tricoro)
  • M76 POINT ZERO(beatmania IIDX 20 tricoro)
  • M77 squall(jubeat saucer)
  • M78 nightbird lost wing(Dance Dance Revolution)
  • M79 Far east nightbird kors k Remix(Crevice)
  • M80 Funny shuffle(beatmania IIDX 21 SPADA)
  • M81 GAIA(私立 BEMANI 学園)

猫叉Master氏

 続いては最新作「beatmania IIDX 21 SPADA」に楽曲を提供しているユニット・Xceon feat.Mayumi Morinaga氏が「罪と罰」を披露した。

■Xceon feat Mayumi Morinaga セットリスト
  • M82 罪と罰(beatmania IIDX 21 SPADA)

 イベントも終盤となったところで,いよいよ本日のメインであるRyu☆氏と,HHHメンバーHalkaさんが登場。アルバム「BLUE DRAGON」の表題曲「Blue Dragon」が流れた後は,青龍の持ち味といえるハイスピード&ハイテンション楽曲――いわゆるボス曲ラッシュがスタート。「BLUE DRAGON」収録の,白龍や紅龍などの新曲で攻め立てれば,観客達も負けじと「ハイ!ハイ!」の掛け声で応えるなど,長丁場にも関わらず,BEMANIファン達はまだまだ元気が有り余っているようだった。

■青龍 a.k.a. Ryu☆氏 セットリスト
  • M83 Blue Dragon(BLUE DRAGON)
  • M84 waxing and wanding(BD MIX)(beatmania IIDX 13 DistorteD)
  • M85 Critical Crystal(BD MIX)(beatmania IIDX 21 SPADA)
  • M86 kaleidoscope(BD MIX)(Sakura Luminance)
  • M87 Holy Crown(BLUE DRAGON)
  • M88 ra'am(beatmania IIDX 21 SPADA)
  • M89 Crimson Mist(BLUE DRAGON)
  • M90 3y3s(BD MIX)(beatmania IIDX 16 EMPRESS)
  • M91 Dark Fall(BLUE DRAGON)
  • M92 Plan 8(beatmania IIDX 20 tricoro)

Ryu☆氏

 青龍楽曲の後は,Ryu☆氏にStarving Trancer氏を加えての「New Gravity」,さらにMayumi Morinagaさんが合流し,3名によるユニット・Another Infinity feat Mayumi Morinagaが「Fly to you the star」を熱唱。そしてダンサーのDai.氏,Yossy氏も加わって,「朧」「Follow Tomorrow」「We're so Happy」が続けて披露された。

Starvingtrancer氏
Mayumi Morinagaさん

■Starving Trancer氏 セットリスト
  • M93 New Gravity(Dance Dance Revolution)

■Another Infinity feat Mayumi Morinaga セットリスト
  • M94 Fly to you the star(beatmania IIDX 20 tricoro)

■HHH×MM×ST セットリスト
  • M95 朧(pop'n music 20 fantasia)
  • M96 Follow Tomorrow(beatmania IIDX 19 Lincle)

■Ryu☆氏 セットリスト
  • M97 「We're so Happy」(jubeat saucer)


ジャカルタからの刺客,そしてあのスーパースターも再来した衝撃のアンコール


 Ryu☆氏達がステージから退場して照明が暗くなるも,客席からは怒涛の手拍子によるアンコールがあがる。そして再びライトアップされたステージに現れたのは,なんとアフロの3人組――ジャカルタファンクブラザーズであった。
 彼らの楽曲「INSOMNIA」が大音量で流れるとともに,会場を縦横無尽に走りまわるジャカルタファンクブラザーズ。元々は二人組だった気もするが,それすらも気にさせない暴れっぷりに会場も笑いが止まらない様子だった。

ジャカルタファンクブラザーズ

 ジャカルタファンクブラザーズがステージから退場すると,スクリーンに「2年間…待たせたな」の文字が移し出され,会場をどよめきが包む。「She is my wife」のメロディとともに会場に現れたのはスーパースター満氏。さらにbeatnationフルメンバーが登場して,ダンスを披露した。引退と言われていた満氏の復帰という,まさかのサプライズに会場は歓声の渦に飲み込まれる。
 最後に出演者の挨拶とMCタイムを経て,エンディング曲としてdj TAKA氏とRyu☆氏による「Blue Rain」が流れ,イベントは幕となった。

スーパースター満氏

■ENCORE セットリスト
  • M98 INSOMNIA(beatmania IIDX 21 SPADA)
  • M99 She is my wife(beatmania IIDX 17 SIRIUS)
  • M100 Blue Rain(beatmania IIDX 15 DJ TROOPERS)

 総計4時間,合計100曲という大ボリュームを駆け抜けた今回のライブ。2年ぶりということで,ファン達の待ち望んだイベントであるだけに,その盛り上がりはここでは書き表せないほどだった。
 なおイベント後,Ryu☆氏とdj TAKA氏にコメントをお願いしたところ,「機会があったら,また皆で楽しめるイベントをしたい」と語ってくれた。必ず来るだろうその日を心待ちにしつつ,BEMANIアーティスト達の今後の活躍にも注目しておこう。


「BLUE DRAGON」公式サイト

EXIT TUNES 公式サイト

  • 関連タイトル:

    beatmania IIDX 21 SPADA

  • 関連タイトル:

    REFLEC BEAT plus

  • 関連タイトル:

    REFLEC BEAT colette Autumn

  • 関連タイトル:

    ポップン リズミン

  • 関連タイトル:

    SOUND VOLTEX II -infinite infection-

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:03月24日〜03月25日
タイトル評価ランキング
87
82
NieR:Automata (PS4)
70
FINAL FANTASY XV (PS4)
2016年09月〜2017年03月