オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
Microsoftの隠し球は2-in-1 PC「Surface Book」! キーボードドック側に“外付けGeForce”を搭載できる仕様で1499ドルから
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2015/10/07 00:29

ニュース

Microsoftの隠し球は2-in-1 PC「Surface Book」! キーボードドック側に“外付けGeForce”を搭載できる仕様で1499ドルから

 北米時間2015年10月6日,Microsoftは,「Surface」ブランドの2-in-1 PC「Surface Book」を発表した。13.5インチサイズで解像度3000×2000ドットの液晶パネルを搭載し,ペン入力にも対応するタブレットPCとして利用できるだけでなく,ノートPC向けGeForce搭載のキーボードドックと組み合わせることで,ノートPCとしても利用できるという,ユニークな製品だ。
 北米市場においては,「Surface Pro 4」と同じく,10月7日予約受付開始,10月26日発売予定。価格は1499ドル(税別)からとなる。なお,国内発売の時期や価格は発表されていない。

Surface

Surface

 搭載CPUは,「HD Graphics 520」を統合したCore i7もしくはCore i5とされている。統合されるGPUのブランド名からすると,2コア4スレッド対応でL3キャッシュ容量4MB,TDP 15WのSkylake-Uということになるだろう(関連記事)。
 一方,キーボードドック側のGPUは,製品情報ページで,「AutoCAD」のような3Dモデリングアプリケーションを利用できるスペックを持つ,「GeForce 8G」と発表されている。キーボードドック側にGPUを搭載しないモデルも用意されるようだ。

Surface

 さて,未発表のGeForce 8GとはいかなるGPUかという話だが,AutoCADがそれほど3D性能を要求しないという事実,そして,そして組み合わされるグラフィックスメモリが容量1GBのGDDR5であるという情報が,スペックを妄想するヒントになるかもしれない。
 というのも,NVIDIAのここ数年におけるGPUラインナップを振り返っても,容量1GBのGDDR5が組み合わされたエントリークラス以下のGPUは,「GK208」(と,その前世代モデルである「GF108」)くらいしかないからだ。NVIDIAがMicrosoftのために新規でGPUを設計しているというのであれば話は別だが,そうでないなら,GK208ベース,すなわち,Kepler世代でCUDA Core数384基もしくは192基程度の規模だと考えておくのが妥当ではないかと思う。

Surface
 なお,メインメモリ容量は8GBまたは16GBのいずれか,ストレージはPCI Express 3..0接続のSSDで,容量が128GB,256GB,512GB,1TBのいずれかとなる。製品ラインナップと米ドルでの価格はのとおりで,原稿執筆時点だと,ストレージ容量1TBモデルの価格は明らかになっていない。

表 Surface Bookの製品ラインナップ
CPU,GPU,メインメモリ容量,ストレージ容量 価格(税別)
Core i5+HD 520(GeForce非搭載),メモリ容量8GB,ストレージ容量128GB 1499ドル
Core i5+HD 520(GeForce非搭載),メモリ容量8GB,ストレージ容量256GB 1699ドル
Core i5+GeForce,メモリ容量8GB,ストレージ容量256GB 1899ドル
Core i7+GeForce,メモリ容量8GB,ストレージ容量256GB 2099ドル
Core i7+GeForce,メモリ容量16GB,ストレージ容量512GB 2699ドル
※1TBモデルは,10月6日現在で未発表

 気になる性能は,GeForce搭載モデルで,AppleのハイスペックノートPC「MacBook Pro」の2倍に達するとされた。

Surface

 液晶パネルは13.5インチ,10点タッチ対応のグレア(光沢)仕様で,解像度は3000×2000ドット(267ppi)。コントラスト比は1800:1で,sRGB色域100%を達成しているという。
 別売りの「Surface Pen」を利用すれば,1024段階の筆圧検知にも対応する。

13.5インチサイズで,画面解像度は3000×2000ドット
Surface

 ヒンジ部分が非常にユニークな形状で,これには「Dynamic Fulcrum Hinge」という名が与えられている。

Surface

 そのほか明らかになった仕様は,下にスクリーンショットとキャプションでまとめてみたい。

バッテリー駆動時間は最長12時間と,単体GPUを搭載するノートPCとしては,かなりの長時間駆動が可能なようだ
Surface
ドック側の左側面には,USB Type-A 3.1ポートを2つ装備
Surface
タッチパッドは5点マルチタッチ対応
Surface
浮き石(アイソレーション)タイプのキーボードは,バックライトを内蔵する
Surface
価格は1499ドルから。ハイスペックでギミック満載な分,2-in-1 PCとして高めであるのは否めない
Surface

 筆者の妄想が正しいとすると,ゲームでバリバリ使えるほどのGPU性能は期待できそうにないが,ピュアタブレットPCとしてもクラムシェル型のノートPCとしても利用できるマシンが,Microsoft純正モデルとして発表されたことの意義は大きいといえそうだ。
 現在のところ,国内発売されるのかどうかはまったくもって不明。Surface Pro 4ともども,日本マイクロソフトの動きを期待して待ちたいところである。


●Surface Bookの主なスペック
  • サイズ:312.3(W)×232.1(D)×13.0〜22.8(H)mm(キーボード含む)
  • 重量:約1515g(HD 520モデル),約1579g(GeForceモデル)
  • OS:Windows 10 Pro
  • CPU:TDP 15W版Core i7,またはCore i5(型番未公開)
  • GPU:HD Graphics 520またはGeForce 8G
  • ディスプレイ仕様:13.5インチ液晶パネル
  • ディスプレイ解像度:3000×2000ドット
  • メインメモリ容量:8GB,16GB
  • ストレージ:PCI Express 3.0接続(容量128GB,256GB,512GB,1TB)
  • 3G/LTE通信機能:非搭載
  • 無線LAN:IEEE 802.11ac対応(2×2 MIMO)
  • Bluetooth:4.0 LE
  • センサー:加速度,磁気,環境光,ジャイロ
  • 外側カメラ:800万画素
  • 内側カメラ:500万画素
  • バッテリー駆動時間:ビデオ再生時で最長12時間


Surface Book製品情報ページ(英語)


  • 関連タイトル:

    Surface

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:03月27日〜03月28日