オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
「Hearthstone」挑発ミニオンを並べつつ中盤から一気に攻めへと転じるデッキ「クエストウォリアー」を紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/04/20 12:00

攻略

「Hearthstone」挑発ミニオンを並べつつ中盤から一気に攻めへと転じるデッキ「クエストウォリアー」を紹介

 新スタンダード「マンモス年」が始まり,新拡張パックの「大魔境ウンゴロ」がリリースされた「Hearthstone: Heroes of Warcraft」PC / iOS / Android)では,さまざまな新アーキタイプのデッキが台頭してきた。今回はそんな新アーキタイプのデッキのひとつ「クエスト挑発ウォリアー」を紹介しよう。

Hearthstone: Heroes of Warcraft

デッキ内容と基本戦術(最終更新日:2017年4月19日)


カード名 枚数 マナ 魔素 セット
ファイアプルームの中心で 1 1 1600 大魔境ウンゴロ
旋風剣 1 1 - ベーシック
叩きつけ 2 2 40 クラシック
止めの一撃 2 2 - ベーシック
烈火の戦斧 2 2 - ベーシック
魚のエサ 2 2 400 仁義なきガジェッツァン
死憎悔いのグール 2 3 40 旧神のささやき
ブラッドフーフの勇士 2 4 40 旧神のささやき
ダイアホーンの幼生 1 5 100 大魔境ウンゴロ
乱闘 2 5 400 クラシック
横丁の鎧職人 2 5 100 仁義なきガジェッツァン
気荒なダイアホーン 1 6 40 大魔境ウンゴロ
ドブネズミ 2 2 400 仁義なきガジェッツァン
苦痛の侍祭 1 3 40 クラシック
ストーンヒルの守護者 2 3 100 大魔境ウンゴロ
タール・クリーパー 2 3 40 大魔境ウンゴロ
キュレーター 1 7 1600 ワン・ナイト・イン・カラザン
始祖ドレイク 2 8 400 大魔境ウンゴロ
デッキコスト:7380魔素

Hearthstone: Heroes of Warcraft
 このデッキはその名前の通り,ウォリアーのクエストをプレイし,その達成条件である挑発持ちのミニオンを展開していくものだ。クエスト達成後に手に入るサルファラスを装備することで,自身のヒーローパワーが「ランダムな敵1体に8ダメージを与える」という非常に強力な効果になるので,そこから一気に勝負のアドバンテージを握ることができる。

 また,挑発ミニオンと除去系のカードが入っているため,アグロ系のデッキには比較的強めで,クエストを達成しなくても,盤面の挑発ミニオンだけで勝ってしまうこともある。加えて,デッキに乱闘が入っているため,横に複数のミニオンを並べてくるタイプのデッキにも対応できるのが強みだ。

 デッキの分類ではコントロール型といえるが,従来のコントロールウォリアーとは違い,デッキ切れまでいかなくとも中盤から一気に攻めに転じることができる。デッキパワーも高いので,現環境のランクマッチでアグロデッキを負かしたいならオススメのデッキだ。


採用カードの解説


Hearthstone: Heroes of Warcraft Hearthstone: Heroes of Warcraft Hearthstone: Heroes of Warcraft

ファイアプルームの中心で
 このデッキの核となるクエストカード。達成報酬には,炎の王ラグナロスと同じヒーローパワーを得られる武器・サルファラスが手に入る。このデッキは挑発持ちのミニオンが山盛りなので,挑発持ちミニオンを7体手札から出すというクエスト達成の条件はそれほど難しくはない。

旋風剣
 敵味方問わず,すべてのミニオンに1ダメージを与えるスペル。基本的に相手の軽量ミニオンの除去に使用するが,苦痛の侍祭が出ている状態ならドローも狙える。また,魚のエサと組み合わせた4点コンボも強力だ。

叩きつけ
 2コストの軽量除去呪文。相手の軽量ミニオンの除去に使えるほか,大型ミニオンに当ててドローを狙いつつ,止めの一撃で除去する動きも強力だ。

Hearthstone: Heroes of Warcraft Hearthstone: Heroes of Warcraft Hearthstone: Heroes of Warcraft

止めの一撃
 ウォリアー伝統の単体除去呪文。昔のように1コストではないとはいえ,依然としてその効果は強力。相手の高コストミニオンに対抗する有効な一手だ。

烈火の戦斧
 黎明期から現在まで活躍し続けているウォリアー伝統の2コスト武器。2コスト6点相当の破格のスペックで,主に序盤の相手ミニオンの除去に大きく活躍する。

魚のエサ
 ダメージを受けているミニオンに3点ダメージを与える呪文。条件付きではあるがうまく使えば,相手の盤面のミニオンを一気に除去できる。すべてのミニオンに1ダメージを与える旋風剣死憎悔いのグールと共に用いると,大きなリターンを得られるだろう。

Hearthstone: Heroes of Warcraft Hearthstone: Heroes of Warcraft Hearthstone: Heroes of Warcraft

死憎悔いのグール
 3コスト3/3という標準スペックに加え,全体1ダメージの能力を持った優秀なミニオン。単体で使っても相手ミニオンの除去に役立ってくれるだろうが,魚のエサ苦痛の侍祭などのカードと組み合わせると,より大きな戦果が得られるだろう。

ブラッドフーフの勇士
 4コスト2/6で挑発持ちという能力に加え,ダメージを受けると攻撃力がアップする激怒を持つ。高スペックの4コストグッドスタッフとして活躍してくれる。

ダイアホーンの幼生
 5コスト3/6挑発という能力を持ちつつ,断末魔効果で5コスト6/9という破格のスペックを持つ「ダイアホーンの長」がデッキに加えられる。断末魔能力は即時性のあるものではないが,素の状態でフェン・クリーパーと同等の能力なので,最低限の働きは見せてくれる。

Hearthstone: Heroes of Warcraft Hearthstone: Heroes of Warcraft Hearthstone: Heroes of Warcraft

乱闘
 ウォリアー伝統の全体除去呪文。アグロデッキ相手への対抗策として,非常に強力な1枚だ。相手がミニオンを一気に並べてきた時は,このカードで盤面をきれいにしてしまおう。

横丁の鎧職人
 5コスト2/7で挑発持ちという“堅い”スペックに加え,ダメージを与えることでアーマーまで追加してしまうミニオン。アーマーの追加の効果は,相手のミニオンからの攻撃分もカウントされるため,軽量ミニオンを複数並べるタイプのデッキに対する強力なアンチカードとして活躍してくれる。

気荒なダイアホーン
 6コストで5/5の挑発持ちというスペックに加え,雄叫びで適応を発動できる。素のスペックが比較的高めで,かつ適応で体力+3を引けば,6コスト5/8挑発という闇アラコアを上回る強力なステータスとなる。もちろん,盤面に合わせてそのほかの効果を選んでも良く,柔軟性の高い強力な1枚だ。

Hearthstone: Heroes of Warcraft Hearthstone: Heroes of Warcraft Hearthstone: Heroes of Warcraft

ドブネズミ
 コントロール系のカードならほとんどのデッキに入ってくる強力な1枚。とくにこのデッキにおいては,クエストの条件達成にも関わるため,採用するだけ得といえる。
 また,ドブネズミによって引っ張り出されたミニオンは,クエストの達成条件にカウントされないので,ミラーマッチや対クエストローグ戦においては,このカードを出すことで相手のクエスト達成を遅らせることも可能だ。

苦痛の侍祭
 ウォリアーのコントロール系デッキにはほぼ採用されてきた,ドロー能力持ちミニオン。このデッキにおいても旋風剣死憎悔いのグールなどで能力が発動するので,それらと組み合わせて使いたい。

ストーンヒルの守護者
 雄叫びで挑発持ちのミニオンを“発見”できるカード。このミニオンも挑発を持っているため,召喚することでクエスト達成へ大きく近づける。また,発見ではクラス専用カードが出やすく,ウォリアー専用の優秀な挑発持ちミニオンを手札に引き入れやすい。

Hearthstone: Heroes of Warcraft Hearthstone: Heroes of Warcraft Hearthstone: Heroes of Warcraft

タール・クリーパー
 相手のターンのみ攻撃力が+2される挑発持ちミニオン。自分のターン中はやや使いづらいが,相手ターン中なら3/5挑発という4コストのセンジン・シールドマスタに匹敵する能力となる。クエストウォリアーは基本的に守りのデッキなので,コンセプトにあった優秀な1枚だ。

キュレーター
 守るには充分なサイズと挑発,そしてドロー能力を併せ持つ強力なミニオン。このデッキにおいては,始祖ドレイクが確定サーチとなるため,次ターンへの動きにもつながるのが強い。デッキの潤滑油として重要な働きをしてくれるカードだ。

始祖ドレイク
 4/8挑発というサイズに加え,すべてのミニオンに2ダメージを与える雄叫び効果を持ったパワーカード。とくにアグロデッキ相手には,相手の場のミニオンを除去しつつ,強力な壁を置けるので,相手の攻勢をピタッと止められるだろう。


マリガンについて


Hearthstone: Heroes of Warcraft

◯VSアグロデッキ
 クエストカードであるファイアプルームの中心では初期手札に必ず引いてくるカードになる。そのため,惰性でキープしたくなってしまうが,海賊ウォリアー,アグロドルイドなどの対アグロデッキの試合においては,このカードは初期手札から交換してしまっても良い。
 というのも,これらのデッキに対してはクエストの達成が勝ち筋においてほぼ役に立たないからだ。基本的には序盤を凌ぐために烈火の戦斧ドブネズミ死憎悔いのグールタール・クリーパーなどを探しにいきたいところ。

 また,ある程度序盤の動きが整っているなら,乱闘をキープするのもありだろう。ただし,ドブネズミについては,相手が明確にアグロデッキと分かっていない場合は,相手の巨大なミニオンを手札から出してしまう可能性があるため,序盤に出すのはリスキーなプレイであることは覚えておこう。

◯VSミッドレンジ,コントロールデッキ
 多少速度が遅いデッキであれば,クエストの達成が充分に勝ち筋として機能するので,クエストカードはキープしてよい。また,序盤に強い烈火の戦斧もキープして良いだろう。

 ミッドレンジやコントロールデッキを相手にする場合,とくに有用なのがストーンヒルの守護者である。挑発ミニオンを補充することでクエストの達成を助けてくれるうえに,単純にここで発見したミニオンを中盤戦〜後半戦のリソースとして用いることができる。速度の遅いデッキを相手にする場合は早めに手札に入れておきたいミニオンだ。
 また,苦痛の侍祭もドローソースとして試合に大きく寄与するので,これもキープすると良いだろう

著者紹介:ルネ
カードゲームやボードゲームの攻略・レビュー記事をメインに担当するフリーライター。第1回ドミニオン世界選手権優勝,第4回ドミニオン日本選手権優勝,その他複数のアーケードカードゲームで全国ランキング入りなどの経歴を持つ。Hearthstoneでは,AmericaサーバのLegendランク2位まで到達,およびGAMERS LEAGUE Season#1でSemifinal進出経験あり。主にアナログのカードゲーム/ボードゲームが大好物だが、コンシューマ,アーケードからソーシャルゲームまで,ゲームと名がつけば何でも食いつく雑食系。

「Hearthstone: Heroes of Warcraft」公式サイト

「Hearthstone: Heroes of Warcraft」ダウンロードページ

「Hearthstone: Heroes of Warcraft」ダウンロードページ

  • 関連タイトル:

    Hearthstone

  • 関連タイトル:

    Hearthstone

  • 関連タイトル:

    Hearthstone

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月20日〜07月21日
タイトル評価ランキング
88
82
ARMS (Nintendo Switch)
82
NieR:Automata (PS4)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年01月〜2017年07月