オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2013/10/24 16:01

イベント

「なのー!」で盛り上がった「THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 06」発売記念イベントをレポート

 2013年10月13日,ランティスは「アイドルマスター ミリオンライブ!」のCD「THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 06」の発売記念イベントを東京都内にて開催した。
 ステージでは,声優さんたちによるトーク&ミニライブが行われ,CD購入者から抽選で選ばれたプロデューサーさんたち400人(昼夜200人ずつ)が大いに盛り上がった。本稿では,昼興行の模様をレポートしよう。

 と,ここまで読んで「あれ,いつもと文章のノリが違うぞ?」と思った方は鋭い。このイベントは「マチ★アソビ Vol.11」と日程がかぶっていたため,いつものおじさん後ろ髪引かれながら徳島を選び,「代理ですよ,代理!」とばかりに,不肖・馬波レイがレポートすることになったのだ。
 で,今回の出演者は以下の皆さん。

■出演
長谷川明子さん(星井美希役)
山崎はるかさん(春日未来役)
麻倉ももさん(箱崎星梨花役)
平山笑美さん(北上麗花役)
Machicoさん(伊吹翼役)

 イベントは,もはや恒例となりつつある(?),漫才からスタート。ミリオンライブ!のWebラジオ「アイドルマスター ミリオンラジオ!」(以下,ミリラジ)のパーソナリティを務める山崎はるかさんと麻倉ももさんが,「はいどうも〜!」と登場し,秋をテーマに見事な掛け合いを披露。見事にオチまで持っていき,抱き合って2人の喜ぶ姿に,会場のプロデューサーたちは大きな拍手を送っていた。
 実は「練習では全然成功しなかった」とのことで,安堵の気持ちで一杯だったのだろう。よかったね。また,ミリラジのもうひとりのパーソナリティである田所あずささんは,3人で漫才をやりたかったと寂しがっていたそうだ。

山崎はるかさん
麻倉ももさん

 山崎さんの「こっちはこっちで“街遊び”をやっちゃいましょうか!」という,徳島方面を意識した掛け声で,本日のゲストとなる長谷川さん,平山さん,Machicoさんがステージ上へ登場。それぞれに「みりっほー!」の挨拶とともに,プロデューサーたちの声援に応えていた。ちなみに,長谷川さん演じる美希のファンであることを(ちょっとアレなくらいに)公言している山崎さんは,ミリラジの10月11日配信回で共演したばかりにも関わらず,早くも興奮気味だった。

長谷川明子さん
 オープニングトークが終わると,こちらも恒例となっている,ゲストにちなんだコーナー「クイズ 長谷川明子」がスタート。長谷川さんがボックスから引いたキーワードに関するパーソナルなクイズが出題され,残る4人がそれに答えるというものだ。正解者にはシアターポイントが10p,長谷川さんがおもしろいと思った解答にはナイスアピールとして5pがもらえ,一番多くのポイントを獲得した人が優勝という,なんというか,わりとゆる〜いルール。だがそれがいい。

 長机の前に立つ4人の対面に位置して「なんか先生になった気分!」と話した長谷川さんが最初に引いたキーワードは「家族」。長谷川さんがクイズを考えている間には,解答者それぞれの兄弟についての家族トークが繰り広げられた。
 さて,気になるクイズは「長谷川家は5人家族なのですが,ラーメンを食べに行くと共通でやることはなんでしょう?」。あまりにパーソナルな難問だが,なぜか「鼻水が出る」(山崎さん)「鼻をすする」(麻倉さん)と,ミリラジ組の答えが若干かぶり気味に(しかも珍回答の部類)。正解は「湯気で曇ったメガネを拭く」で,残念ながら正解者はなし。「箸をかっこ良く口で割る」と解答した平山さんがナイスアピールを獲得した。

平山笑美さん
Machicoさん

 次のキーワードは「マネージャー」。こちらも解答者4人によるマネージャートークに花が咲き,働き者で大変そうとか,自分には絶対できないといった,ステージ裏にいるであろうマネージャーさんをねぎらう言葉が口々に語られた。この子ら,ほんまエエ子たちでっせ(涙)。
 で,長谷川さんからの出題は「マネージャーさん必携のアイテムで,ありがたいなと思うものは」に決定。「これは難しいだろー」という会場の空気に押されてか,長谷川さんが「舞台の袖とかで助かるもの!」というヒントを出したが,4人は余計に混乱。のちに自身が語っていたが,どうやら長谷川さんのヒントはクオリティが低いことで定評があるようだ。

 そんなやりとりを経て出てきた解答は,平山さんが「ティッシュ」,Machicoさんが「カイロ」,山崎さんが「ストロー」,そして麻倉さんが「Love(愛)」という,ややぼやーんとしたもの。
 正解は,薄暗い舞台袖で足元を照らしてもらえると,ありがたみを感じるという「ライト」。なんともライブ慣れした長谷川さんらしい答えでしたが,ここで「ミリオン! だとランティスさんが持ってくれるんですよ〜」(山崎さん)と思わぬ事実が発覚。これを受けてなのか,長谷川さんは全員にナイスアピールを贈ったのであった。

 ここで時間いっぱいのベルが鳴り,クイズは最終問題へ。この回はバーストモードとなり,得点は3倍増。素直に「オオーッ!」と驚くプロデューサーさんたちの声をバックに長谷川さんが引いたキーワードは「休日の過ごし方」。長谷川さんが問題を考えている間のトークでは「生きてる」と即答した麻倉さんの発想が衝撃的すぎて,ほかのトーク内容を忘れさせるほどであった(笑)。

 問題はキーワードそのままに「休日にしていることはなんでしょう?」というもの。「気持ちよくてふわふわしてて」というヒントに,心なしか顔を赤らめていたプロデューサーさんもいた気がするが,そんな邪推を上回るアピールをしたのが,山崎さんの「マッサージ(なのー!)」。長谷川さんによる生「なのー!」が聞きたいがために,答えに「なのー!」を追加した山崎さんは美希ファンの鏡だ。ちなみにほかの答えは,平山さんが「ストレッチ」,Machicoさんが「伸びている」,麻倉さんが「アイドル動画を視る」となってた。
 肝心の正解は「寝てる」だったが,「でも,書いてあること全部やってる!」という長谷川さんの一声で,全員がナイスアピールに!

 ということで,最終的に平山さんが最も多くのポイントを獲得し,長谷川さんが「おにぎりと同じくらい美味しい」と選んだ,ベルギーワッフルが贈呈された。なお,「物いらないから,(長谷川さんに)なのー!って言って欲しい……」という山崎さんたっての願いによって,「以上,クイズ 長谷川明子,なのー!」というシメのセリフが実現。ステージ上と客席がドッと沸いたままに,お待ちかねのライブパートへと突入していった。


■セットリスト
01.恋のLesson初級編(Machicoさん)
02.Legend Girls!!(麻倉さん)
03.PRETTY DREAMER(山崎さん)
04.FIND YOUR WIND!(平山さん)
05.追憶のサンドグラス(長谷川さん)
06.Thank You!(全員)

 トップバッターのMachicoさんは「皆さんの前で歌うのは久しぶりで緊張しているんですけど,精一杯心をこめて歌いたいと思います」と言っていたが,そんなセリフを聞いて,やはりライブというのは演者と観客(プロデューサーですけど)の両者で作り上げていくものなのだよなぁ,なんて思わずジーンとしたのであった。

 また,麻倉さんと山崎さんが「THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE」シリーズの02,03に収録されているユニット曲をソロで披露したのもサプライズだったし,平山さんが「プロデューサーさん,◯◯(アイドル名)のこと,大好きですか?」と問いかける恒例のシメを,「プロデューサーの皆さん,カワイイですぅ!」と,麗花よろしくお姉さん視点でコールしたりと,皆さんしっかりと自分のキャラクターをアピールしていたのが,なんとも素晴らしかった。

 ソロ歌唱のシンガリを受け持ったのは長谷川さんだったが,なんというかやっぱり圧巻。フレッシュなミリオンライブ!勢もいいけれど(決して長谷川さんがフレッシュでないというワケではありません!),数多くのステージを経験してきたキレッキレのパフォーマンスを見せられたら,取材とはいえ自然と体が動き出すほどに盛り上がらずにはいられなかった。
 そんな長谷川さんが歌い終わると,山崎さんが「切ない寂しいカッコイイ,もうやばいッス……」となんだか壊れ気味で登場。会場も山崎さん同様に盛り上がり,その余韻を残したまま,最後は出演者全員で「Thank You!」を歌ってイベン トは終了した。


 最後にちょっとだけ余談。実は筆者,アイマス関連のイベントは数十回ほど取材してきてるのだが,このイベントを見て思ったのは「ミリオンライブ!の(中の)人たちは,最初からタイヘンだなぁ」ということ。すでに大きな存在であるアイマスというコンテンツに加わることには,恐れや不安,希望や憧れといった気持ちをきっと抱くはず。それは,ミリオンライブ!のキャラクターたちも同様だろう。そのゲームと現実が渾然一体となったライブ感が,(すでに完成の域にある通常のアイマスライブとは違った意味で)実にいいものだな,と思った次第だ。機会があればまた取材したいので,松PPの長期海外出張を願うばかりである。

「アイドルマスター ミリオンライブ!」公式サイト

  • 関連タイトル:

    アイドルマスター ミリオンライブ!

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月22日〜06月23日