オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/02/19 00:00

イベント

[JAEPO2013]世間を騒がすオオカミ達「MAN WITH A MISSION」がBEMANIシリーズに参戦。イベント後のJean-Ken Johnny氏に話を聞いた

 「ジャパンアミューズメントエキスポ2013」の一般入場日となった2013年2月16日,KONAMIブースの特設ステージでは,同社の人気アーケードゲームに関連したさまざまなイベントが開催されていたのだが,その中でもひときわ大きな盛り上がりを見せたのが,ロックバンド「MAN WITH A MISSION」(以下,MWAM)が登場したステージイベントだ。

 このステージは,MWAMの代表楽曲「Get Off of My Way」が,「GITADORA」「jubeat saucer」,さらに「REFLEC BEAT colette」 「pop'n music Sunny Park」といったBEMANI機種に収録されたことを記念したもので,会場には大勢のMWAMファンが駆けつけ,大盛況となった。そのステージの模様を,写真と共にお伝えしていこう。
 
「MAN WITH A MISSION」:頭はオオカミ,体は人間。天才科学者ジミー・ヘンドリックスが残した,究極の生命体が集まるロックバンド。2010年からインディーズ活動を開始し,2011年にメジャーデビュー。デビュー2年目にしてオリコンチャートの上位に食い込むなど,現在人気上昇中。写真は左がドラム担当のSpear Rib氏,右がギター担当のJean-Ken Johnny氏

「MAN WITH A MISSION」公式サイト

「GITADORA」公式サイト



ミッション「JAEPO2013で『Get Off of My Way』をクリアせよ!」


 イベントがスタートした15:00過ぎ。ステージがMWAMファンで埋め尽くされるなか,まず司会進行役の森 一丁氏と,KONAMIのまっする氏肥塚良彦氏がステージに登壇した。ちなみにまっする氏は「jubeat」シリーズのディレクターとして知られているが,今作からは「GITADORA」も手がけることになったという。
 そしていよいよゲストであるMWAM――ギター担当のJean-Ken Johnny氏とドラム担当のSpear Rib氏が登場し,会場は声援に包まれる。

BEMANIファンにはお馴染みの森 一丁氏と,「GITADORA」ディレクターのまっする氏,そしてギタドラ界の王子こと肥塚良彦氏

「MAN WITH A MISSION」の登場に沸きあがる会場

 役者が揃ったところで始まったトークセッションでは,まずMWAMの楽曲がBEMANIシリーズに収録された経緯,そして収録曲「Get Off of My Way」の紹介などが語られた。
 まっする氏によると,ギタドラシリーズを一新するにあたり,新たな音楽を求めていたことが,MWAMを起用した理由なのだとか。曰く「ケモノのような音楽を求めていたら,ちょうどMAN WITH A MISSIONさんがいた」とのことで,Jean-Ken Johnny氏も「ゲームガ好キナノデ,オ話ガキテウレシカッタデス」と当時のことを振り返っていた。

 ちなみに客席には,どうやらMWAMのファンと思われる,オオカミ頭の人がいたのだが,それについてまっする氏が「あそこにいるのは,同胞の方でしょうか?」と話を振ると,Jean-Ken Johnny氏は「ナニカシラノ関係性ハミラレマス。スコシ体調ガワルソウニ見エルノガ心配デス」と返す一幕も。ファンを絡めた軽快なトークに,集まった観客達からも笑いが漏れていたようだった。

 トーク終了後は,MWAMの二人がGITADORAでセッションプレイをするという,メインイベントが開始。プレイする楽曲は,もちろん「Get Off of My Way」だ。プレイ前は,あまりゲームが得意ではないと不安そうに述べていたJean-Ken Johnny氏だったが,フタを開けてみればさすがというべきか,ゲージを落とすことなくSpear Rib氏とともに細かくコンボをつなぎ,難なくのクリア。不得手とは思えないプレイに,会場から拍手が巻き起こっていた。

 セッションプレイの後は,再びステージに戻り,MWAMの今後の活動などについてのトークを繰り広げ,興奮冷めやらぬままにイベントは終了となった。MWAMファンにとってはもちろん,GITADORAファンにとっても,プロのアーティストが実際にプレイする様子などは,めったにお目にかかれるものではないので,注目度の高いステージだったのではないだろうか。
 最後にイベントを終えたMWAMの二人に,短い時間ながら楽屋で話をうかがったので,以下にインタビューを掲載する。MWAMファンはぜひチェックしてほしい。

演奏はもちろん自身が担当しているものをプレイ。ギター担当はJean-Ken Johnny氏
ドラム担当はSpear Rib氏。ゲームが大好きと言われるだけあり,華麗なプレイを披露してくれた

軽快なトークをこなすJean-Ken Johnny氏。Spear Rib氏も両手を挙げてテンションの高さをアピールするなど,どちらもイベントを楽しんでいた様子だった


「MAN WITH A MISSION」Jean-Ken Johnny氏 ミニインタビュー


4Gamer:
 今日はお疲れさまでした。ステージでBEMANIシリーズに楽曲が収録された経緯についてのお話がありましたが,MWAMの皆さんは,ゲームを遊ばれたりもするのですか。

イベントを終え,ホッと一息をつくJean-Ken Johnny氏(左)とSpear Rib氏(右)
Jean-Ken Johnny氏(以下,Johnny氏):
 「MAN WITH A MISSION」ノメンバーハ,ミナゲーム大好キナノデ,今回ノオ話ヲイタダイテ非常ニ嬉シカッタデスネ。トクニ,ドラム担当ノSpear Ribハ,本番直前マデゲームヲ遊ンデイタクライ好キミタイ。チナミニ,僕タチKONAMIサンノ大ファンデス。

4Gamer:
 おお。では,KONAMIのゲームで好きなタイトルというと?

Johnny氏:
 「ときメモ」トカ,「グラディウス」シリーズガ好キデスネ。

4Gamer:
 ときメモ! それはちょっと予想外ですね(笑)。BEMANIシリーズについては,今回のお話の前からご存じだったのでしょうか。

Johnny氏:
 モチロンデス。ゲームセンターニモヨク行キマスカラ。「beatmania」ヤ「ギタドラ」のシリーズハヨク見カケテイマシタ。タダ,セッションデキル機能ガアルノハ知ラナカッタノデ,驚キマシタ。

4Gamer:
 では,ご自身の楽曲「Get Off of My Way」をプレイされてみていかがでした?

Johnny氏:
 サッキモプレイサセテイタダキマシタガ,難シカッタケド面白カッタデス。実際ノ楽器ソノモノトハ違ウンデスケド,アアイッタ形デ楽曲ヲ演奏デキテ,一緒ニ楽シメルノハ喜バシイコトデス。人間ノ皆様モ,今回収録サレタ「Get Off of My Way」ヲゲームデ楽シンデイタダイテ,ソレデ僕達ノ音楽ニ興味ヲ持ッテイタダケレバ非常ニ光栄デス。

4Gamer:
 僕等人間としても,MWAMさんの楽曲がもっとたくさん遊べるようになると嬉しいです。

Johnny氏:
 イエスイエスイエス。ソウナッテクレタラ,僕モ嬉シイデス。ユクユクハ,MWAM全部ノパートガ遊ベル音楽ゲームガアッタラ面白ソウデスネ。

4Gamer:
 音楽ゲームだけでなく,MWAMメンバーが活躍するゲームとかも,面白いかもしれません。

Johnny氏:
 RPGニモ出演シテミタイデスネ。レベル2クライデ倒セルヨウナ雑魚キャラデモイイノデ。

4Gamer:
 RPGいいですね! KONAMIさん,ぜひよろしくお願いします(笑)。では,MWAMの今後の活動について聞かせてください。

Johnny氏:
 2月20日ニ2ndシングル「Emotions」ガ発売サレマス。題名ドオリ,エモーショナルデドラマチックナナンバーニ仕上ガッテオリマス。シングルデスガ収録曲ハ4曲アリマシテ,「Emotions」以外ニモ,MWAMノ狼タチノ世界観ガ色濃ク反映サレタ作品ニナリマシタ。ナノデ皆サンヨロシクオ願イシマス。
 マタ,2月後半カラ3月ニハヨーロッパツアーガアリ,戻ッテキテカラハ日本国内ノライブハウスヲ回ル予定デス。5月6日ニハ,日本武道館デワンマンライブヲサセテイタダキマス。日本中ノ皆サント一緒ニ,楽シンデイケタラト思イマス。

「Emotions」通常盤ジャケット/価格:1200円(税込)
「Emotions」初回生産限定盤(シリコンラバー製キーチェーン付)ジャケット/価格:1800円(税込)

4Gamer:
 「Emotions」は,映画「変態仮面」のOP曲にもなっているんですね。

Johnny氏:
 イエスイエスイエス。変態仮面サンニツイテハ我々モ存知アゲテオリマシタガ,主題歌トシテ起用サレルノハ非常ニアリガタイオ話デス。予告編ノ映像ヲ見マシタケド,笑ッテシマイマシタ。コチラモゼヒ見テクダサイ。

4Gamer:
 分かりました。最後に,MWAMファン,またBEMANIシリーズで新たにMWAMファンになるプレイヤーの人達にメッセージをお願いします。

Johnny氏:
 イエスイエスイエス。我々MWAMハ,頭ハオオカミ体ハ人間ノバンドデスケド,今回ゲームデ我々ノ音楽ヲ知ッテモライ,好キニナッテクレルト嬉シイデス。ゲームダケジャナクテ,実際ノライブモゲームト同ジクライ,ソレ以上ニ楽シイ空間ニナリマスノデ,ライブニモゼヒ来テクダサイ。ゲームノ世界モ,音楽ノ世界モ,人間ノ皆サント一緒ニ盛リ上ゲテイキタイト思イマス。

4Gamer:
 今後の活躍にも期待しています。本日はありがとうございました!


「MAN WITH A MISSION」公式サイト

「GITADORA」公式サイト

  • 関連タイトル:

    GITADORA GuitarFreaks DrumMania

  • 関連タイトル:

    pop'n music Sunny Park

  • 関連タイトル:

    jubeat saucer

  • 関連タイトル:

    REFLEC BEAT colette -Spring-

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月19日〜06月20日