※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2017
号外No.2
東京ゲームショウまとめ読み!9月22日〜24日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
高難度ミッションに挑戦
METAL GEAR SURVIVE
Co-opモードのプレイレポート
裏切り者を探す心理戦が展開
スマホでプレイするPS4タイトル
「Hidden Agenda」
このスピード感はまちがいなく「バーチャロン」
「とある魔術の電脳戦機」プレイレポート
期待のスマホ向けタイトル
23/7 トゥエンティ スリー セブン
D×2 真・女神転生 リベレーション
アルケミアストーリー
会場で異彩を放つユニークな出展も
“挙式VR”を体験レポート
ツイートが武器になる「Last Standard」
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack公式サイトへ
読者の評価
40
投稿数:1
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2013/04/13 21:02

イベント

資料と共に振り返る「.hack」の11年。松山&新里氏が当時を語る「『.hack』シリーズ完全設定資料集」発売記念トーク&サイン会レポート

ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack
 2013年4月13日,サイバーコネクトツー東京スタジオにて,「『.hack』シリーズ完全設定資料集 LIGHT EDITION」の発売を記念したトーク&サイン会が行われた。
 当日は,「.hack」シリーズの初期から携わってきたエグゼクティブディレクター・松山 洋氏と,ディレクター・新里裕人氏による「.hack」のマル秘エピソードが披露され,また会場には,「.hack//G.U」「.hack//Link」でキャラクターデザインを務めた細川誠一郎氏の生原稿が拝める展示スペースが設置されるという,ファン垂涎のイベントとなった。
 本稿では,そのトークの内容を中心に,イベントの模様をレポートしていこう。

会場にはメッセージボードも
ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack

物販の様子
ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack
ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack

「.hack」シリーズ公式サイト



設定資料と共に振り返る「.hack」の11年


 トークはまず,松山氏が来場者にお礼を述べると共に,「せっかく東京スタジオがあるのだから,これからも年に2回くらいはこういう距離の近いイベントをやっていきたい」と展望を語ったところからスタートした。

左から松山 洋氏,新里裕人氏

 トークテーマのテーマとして最初に掲げられたのは「『.hack』を振り返ろう」というもの。2002年にスタートし,アニメやコミック,ゲームなど,さまざまなメディアで展開されていった「.hack」シリーズ。しかしその最初,松山氏が便宜上「1stシーズン」と呼ぶ作品が世に出た頃のサイバーコネクトツーは,スタッフが25名の中規模会社でしかなかった。開発ラインは当然1つしかなく,その1ラインで3年半かけて作りあげたのが,初代「.hack」なのだという。そして,その時チームリーダーを務めていたのが新里氏だ。

ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack

 サイバーコネクトツーの古参メンバーである新里氏は,年齢も松山氏より5つ上(現在48歳らしい)で,松山氏の先輩に当たる人物だ。松山氏曰く,当時の二人はよくある先輩後輩の間柄だったそうだが,松山氏が社長になったことで,「今日からお前は俺の部下だぞ!」と,立場が逆転してしまった。まあこの世界では良くありそうな話だが,松山氏がユーモラスな語り口で話す当時のエピソードは面白く,会場は大爆笑となっていた。

 新里氏によれば,「.hack」シリーズは当初「フォルテプロッツェ」という盗賊の女の子が活躍するゲームとして企画されていたという。しかし企画を進めていく課程で,「盗む」と「ハッキング」のイメージがマッチし,新里氏はハッカーをテーマにした作品を思案するようになった。しかしハッカーでは,現代や近未来のイメージが強くなりすぎてしまい,ファンタジーからはかけ離れてしまう。

ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack

 そこで思いついたのが,「オンラインゲームの世界をテーマにすればいい」というアイデアだった。後に「.hack」の基礎となるこのアイデアを聞いた松山氏は,「冒険ロマンをテーマにした作品はいくらでもあるので,独自性のあるアイデアだと思った」という。

ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack
ファンにはお馴染みの生物「プチグソ」に関するトークも。ゲームに幅を持たすためには考案されたというプチグソの育成だが,当時は企画担当が1人しかおらず,ほとんどの要素を松山氏が考えたという
ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack
ヘビグソも松山氏がデザインしたらしいのだが,ほとんどのデザインはボツ。結果,採用されたのは,真ん中に描かれているスタチューの1つだけだったらしい


 続いては,「.hack G.U.」を中心とした2ndシーズンの話へ。この時期はサイバーコネクトツーにだんだんとスタッフが増えてきた頃だという。開発ラインも2ライン体制になり,「.hack」を作るRPGチームと,「ナルト」を作るアクションゲームチームに分かれていったとのこと。

ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack

 この頃の新里氏は,もちろんRPGチームのリーダーとして,開発に関わっていた。その時に苦労したのは,主人公であるハセヲのデザインだそうだ。主人公なので,凝ったデザインにしたいのだが,ハード性能の制約上,それをゲームに落とし込むのが難しい。松山氏によれば,ハセヲのコンセプトは漫画「無限の住人」の主人公・万次が原型になっていたとのこと。なので,当時はマントから武器が出てくるようなビジュアルをイメージしていたのだが……布の表現は2013年の今でも,3Dグラフィックスが苦手とするものの一つである。そこで布ではなくフライングマーマーのようなイメージにしてみたりなど,実にさまざまな試行錯誤が行われという。

ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack

 またメインヒロインであるアトリのデザインでは,「最初は洋風にするか和風にするかも決まっていなかった」という両氏。しかし制作を続けていく段階で,アトリのテーマである「小鳥」のイメージが盛り込まれていくことになった。背中の羽などは,小鳥のイメージを強調した結果生まれたもので,またパンツルックの可愛らしいファッションも,やはり小鳥がベースになっているとのことである。

ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack
プチグソ同様,「.hack」のマスコット的存在であるチムチム
ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack
グランティ

 さらに2ndシーズンではゲームの後には,オリジナルビデオアニメーション「.hack//G.U. TRILOGY」の制作も行われた。サイバーコネクトツーとしては初の映像作品とった同作は,松山氏によると,ゲーム版の「.hack G.U.」がハセヲにとって「救えなかった」物語だったため,「救って終わりにしよう」という想いで制作された作品だという。
 さらにゲームと同じ展開では面白くないという考えから,ハセヲの「B-stフォーム」という新しい要素も盛り込まれた。一方ヒロインの一人である揺 光については,松山氏曰く「リデザインする必要がまったくなかったキャラクター」とのこと。しかし現場のこだわりと,松山氏が揺 光を好きすぎたことから,デザインが新たに起こされることとなった。

ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack

 続く3rdシーズンの展開は,PSP「.hack//Link」を皮切りに,2010年より開始となった。ただし,さまざまなメディアで同時に展開するのではなく,スパンを空けながら続けていく形式がとられていた。この流れはコミック,オリジナルビデオアニメーション「.hack//Quantum」と続き,2012年には劇場用アニメ「ドットハック セカイの向こうに」が公開。さらに2013年末には,スマートフォン向けゲーム「ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い」iOS / Android,以下ギルティドラゴン)が,3rdシーズンの一環として展開されている。

ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack


「ギルティドラゴン」とこれからの「.hack」


「ギルティドラゴン」はすでに50万DLを突破しており,順調に会員数を伸ばしているそうだ。無料でどこまでも遊べるので,無理に課金する必要はないと松山氏
 トークの最後のテーマは,これからの「.hack」について。さまざまな理由から「.hack」という名前は付いていない「ギルティドラゴン」だが,松山氏によれば,同作は紛れもないシリーズ作品とのこと。「.hack」のウリでもあるバトルの迫力や独特の世界観,練り込まれたドラマ性などもしっかりと受け継がれているという。それだけではなく,毎週新しい機能が実装されていて,サービスが開始された2012年末から比べても,現在は比べものにならないほどゲーム内容が進化しているそうだ。松山氏は今後の展開にも期待してほしいと語り,イベントは終了となった。最後に松山氏からのコメントを掲載し,本稿の締めとしたい。

スマートフォンはスペックに優れ,世界中のファンと簡単に繋がれる便利な万能なゲームデバイスであるとコメントする松山氏
ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack
会場では,ギルティドラゴンの未公開資料も公開。残念ながら撮影禁止だったので詳しい内容は語れないが,会場からは歓声が飛ぶほど濃い内容だった

松山氏「.hackシリーズは,新作やリメイクの要望がたくさんあります。しかし現在,家庭用ゲーム機でオリジナルシリーズを展開するのはとても難しい状況です。じゃあ,我々が何の準備もしてないかというと,なわきゃありません! ただ,大人を動かすのはいつの時代も子供達です。今の「.hack」シリーズは「ギルティドラゴン」なので,「ギルティドラゴン」の売り上げと利益が一定の規模になって「.hackいけるんじゃん? .hackそろそろやれよ」と言われた時に,「そんな事もあろうかと」と準備しているものを展開できるようしたいですね。なので,今はぜひ「ギルティドラゴン」を楽しんでください」

ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack
2013年5月には,都内某所で「ギルティドラゴン」のイラスト展示イベントも開催
ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack
「ギルティドラゴン」のイラスト集も販売される。なおこちらは「ギルティドラゴン」のイラスト展示イベントで先行販売されるそうだ

イベントの最後には,.hackの豪華賞品があたるプレゼント抽選会も。会場には60名くらいの人達が詰めかけていたが,そのうちの19人が賞品をゲットできていた。約3人に1人が当たったということになるので,なかなかの当選率といえるだろう

松山氏と新里氏による,恒例のサイン会も行われた
ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack

ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack
ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack
ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack
ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack
ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack
ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack
ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack
ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack
ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack
ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack
ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack
ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack
ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack
ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack
ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack
設定資料の展示コーナー
ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack

「.hack」シリーズ公式サイト

  • 関連タイトル:

    ドットハック セカイの向こうに+Versus Hybrid Pack

  • 関連タイトル:

    .hack//Link

  • 関連タイトル:

    .hack//GAME PROJECT

  • 関連タイトル:

    .hack//G.U. Vol.3 歩くような速さで PlayStation 2 the Best

  • 関連タイトル:

    .hack//G.U. Vol.2 君想フ声 PlayStation 2 the Best

  • 関連タイトル:

    .hack//G.U. Vol.1 再誕 PlayStation 2 the Best

  • 関連タイトル:

    ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い

  • 関連タイトル:

    ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月22日〜09月23日