オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ソールトリガー公式サイトへ
読者の評価
47
投稿数:4
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

ソールトリガー

ソールトリガー
公式サイト http://sol.jrpg.jp/
発売元 イメージエポック
開発元 イメージエポック
発売日 2012/10/04
価格 UMD版6279円/ダウンロード版5600円(共に税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
47
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 「jrpgの集大成」というよりは「jrpgを突き詰めた一作品」といった趣。そういう意味で良作 75
    • 投稿者:tak-wang(男性/20代)
    • 投稿日:2012/10/11
    良い点
    ・ターン制JRPGの王道なシステム
    ゲームの形態やシステムは「JPRG」という言葉を聴いて「こういう感じなんだろうな」というイメージに非常に近かったです。
    レベルであがるステータスと、使用回数によってあがるスキルのレベル、HPとSOL(MP)といった、少なくともJRPGに馴染んできた身にはわかりやすいシステム構成です。数値や状態異常、強化や弱体についても然り。

    ・従来のJRPGの不満要素に対する対策
    よくあるJPRGでは「進行するにつれてメインパーティと控えメンバーのレベル差が開いてしまい、待機メンバーが腐ってしまう」といった事態がままありましたが、今作では補欠も含め生存メンバーには均等に経験値が入るので、戦闘要員としてキャラが腐りにくいです。
    スキルのレベルは控えメンバーはあがりませんが、各スキルとも6で頭打ちになるため、スキルレベル上げの多少の手間でメインとして扱えるでしょう。
    また各キャラのSOL上限値は全快時のもので、アイテムやソールタンクを利用することで上限値を超えて溜めておくこともできます。スキルレベル上げやボス戦前などの長丁場前に準備することができるため、拠点との往復などの手間を多少、減らせます。

    ・これまたJRPGらしいストーリー展開
    ちょっとした小説のようなストーリーに、少しばかりプレイヤーが選択できる分岐がある、といった展開です。良しと取るか悪しと取るかは人によりますが、売り文句や事前にチェックした段階で興味を持つ方にはたぶん許容できるものかと思います。
    悪い点
    ・長い目で見たときのやりこみ要素の少なさ
    クリア後の周回について引継ぎや敵の強さ等、クリア後に何度も楽しめるかどうかは微妙なところ。シナリオ収集やスキル収集をこなしてしまうと、他にできることはないかもしれません。
    co-opやPvPといったマルチプレイ要素も見受けられず、シングルプレイの度を越えて長く楽しむのは難しいかと思います。

    ・装備のバリエーション
    基本的には、キャラごとにパーティ内で明確な立ち位置が決まっていて、それに準じた装備やステータスの構成になっています。一部の拾得装備を除き、段階的に強さがあがり取得できるようになっているため、個別にキャラクターの方針を変えたりといったことは難しいです。
    拾得装備として「防御を捨てて火力に特化」や「火力を捨てて素早さ特化」といった旨の装備も各カテゴリひとつくらいはありますが、性能的にも特性的にも活用手段があるものはさらに少ないです。
    また、違うデザインがなされているのに、気に入ったデザインの武器を長く使えず、武器のグラフィックをじっくり見れないのも個人的には惜しかったです。
    総評
    よくも悪くも典型的なJRPGだと思います。

    カテゴリとしてのおもしろい要素は十二分に持っていると思いますが、カテゴリ自体の欠点の部分も同様にありますので(あるいは欠点も含めた意味でJRPGと銘打ってるのかも)、それを受容できれば楽しめるかと思います。

    自分は正典と外典を一周した段階なので、周回や引継ぎ要素については今後のプレイで発見できることがあるかもしれませんが、それを除いてどの程度楽しめるかを考えると、二部の周回を3パターンとスキルムービー等のほんの少しのやりこみ要素程度なので、多く見積もっても100時間を超えて楽しむのは難しいかと。

    シングルプレイJRPGをやりたいという前提でプレイするならば、期待や予想を大きく裏切られることはないかと思います。が、ゲームのカテゴリとしての不完全さも持ち合わせているので、その前提で自分の好みや許容できる仕様と相談して考えるのがいいかと思います。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 4 4 3
  • 勿体無い 35
    • 投稿者:ぴこ(男性/30代)
    • 投稿日:2012/10/11
    良い点
    ストーリー
    スキルシステムの土台?
    キャラクター
    悪い点
    題名にも成っているソールの扱いが粗末
    声と文章が一致していない
    周回プレイするように出来ている?のに周回特典がマップのみ
    総評
    ストーリー、キャラクター、スキルシステムなど基本的に良い出来なのですが、いくつかの欠点が台無しにしているゲームに思えます。
    ソールを題材にまで持ってきているくらいなのに、短間隔で置かれている中継、セーブポイントから拠点に戻れば全快でソール節約の観念が殆ど無い
    アイテムから抽出して拠点内に有るタンクに貯め、それを使う事で一時的に最大ソールをあげる事ができるのですが、ボスもソールが余った状態で勝てるし、道中も距離が短く使う必要性が感じれない。
    スキルに多めのソールをつぎ込んでスキル強化が出来るのですが、ソール2倍で威力3倍などとソール効率がよくなる為駆け引き感が無い。
    っと普通のRPGのMP以下の扱いに成っているように思えました。
    また音声を入れてあっても 文章に一致しない 一言二言の所が多くそれならばそこは音声無しにしてしまった方がよほど良いのではないかと思ってしまいました
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 3 4 2
  • 悪い意味でいつものイメージエポックでした。 30
    • 投稿者:のぼ(男性/20代)
    • 投稿日:2012/10/09
    良い点
    世界観
    キャラクターデザイン
    サウンド

    この点は素晴らしい素材は完璧です、ですが・・・
    悪い点
    {RPG要素全て}
    そこらの無料RPG以下です、どう見てもちゃんと考えて作っていません。
    これがJRPGなどと片腹痛い!しかも6000円ですプレイヤーを舐めきっています。

    戦闘システム
    フィールド
    装備品
    テンポ
    「レジスタンスのはずなのに凄く豪華な金がかかった目立つ拠点」などを始めとしたストーリー展開の穴

    総評
    イメージエポックは素材を腐らせる天才ですね。
    今まで発売した殆どのゲーム、アプリで見られる現象ですが今回は特に酷い、ゲーム要素がフリーの同人ゲー以下です。

    工夫というものが欠落しています。

    まー酷いです
    キャラクターは可愛いので買ってみてもいいかもしれないですよ、それだけですが。




    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 1 2 1
  • 良作だが単調と言ってしまえばそれで終わる作品 50
    • 投稿者:Rc(男性/20代)
    • 投稿日:2012/10/07
    良い点
    ■キャラクターを前提とした全体のグラフィック
    ■マップ毎のロードはあるものの、全体として動きの軽さ
    ■ゲームをバックアップするBGM
    ■高すぎず低すぎずなエンカウント率
    悪い点
    ■探索マップの単調さと粗さ
    ■引継ぎのできない周回向きではない周回ゲーム
    ■キャラクターのバランス及び自由度の低さ
    ■サブパーティの戦闘中参加不可なシステム
    ■ソールの為の基地往復によるテンポの悪さ
    ■装備品のバリエーションの無さ
    総評
    最後のJRPGと銘打ったこの作品。
    この制作を行ってる会社の作品を初めてプレイした者の総括としまして、
    グラフィックやBGMに魅せられるところはあるものの、
    探索マップの粗さに残念だと感じ、目的の為だけに存在するマップ構成に
    探索の期待感はあまり感じることができずじまいでした。

    また、キャラクターには個性こそありますが自由度が一切無く、
    プレイヤーによるプレイスタイルの変化はないといってよいでしょう。
    一部のキャラクターが万能であったり、メインパーティからはずすことのできない
    キャラクターがいたり、サブパーティの戦闘中での交代はできなかったりと
    アレンジができないことによる継続に至っての意欲が削がれる結果となりました。

    装備品に関しても、オリジナルティのある品は皆無でスキル取得の為だけに
    装備をただ進行度に応じて買い換えるシステムです。

    よって、全体的にまとまっている作品ではあると思いますが
    ずっと継続してやっていきたいゲームではないとまとめさせていただきます。
    ストーリーを全て終えたらそこまで、しかしそれを成す為には
    継続のできないキャラクターデータで何度もプレイをし直す必要があったりと
    飽きてしまえばそこから続けないような、これで最後とは残念な作品でした。

    最後に、ゲームのボリュームとしましてはお値段からすると
    少しいまいちといった感じでしょうか。2つの物語から成る作品として
    10〜15時間程の内容が2作分で計30時間ちょっとと考えていただきたい。
    これは個人の価値観にもよりますので単調ながらも王道でそこそこ楽しめる、
    そのようなレビューとさせていただきます。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 2 2 2
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月20日〜10月21日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
72
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
56
アズールレーン (iPhone)
2017年04月〜2017年10月