オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
GuitarFreaksXG3公式サイトへ
  • KONAMI
  • 発売日:2012/02/23
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2012/11/26 18:19

イベント

「ギタドラ」と「jubeat」の全国チャンピオンが決定した「KONAMI Arcade Championship 2012」決勝ラウンドの模様をレポート

 KONAMIが主催するアーケードゲームの全国大会「KONAMI Arcade Championship 2012」(以下,KAC2012)。今年は全14タイトルが対象となっているが,2012年11月24日には,「GuitarFreaksXG3」「DrumManiaXG3」「jubeat saucer」の3タイトルの王座をかけた決勝ラウンドが行われた。
 今回の決勝ラウンドは,全国5エリア(北海道・東北,関東,中部,関西・中国,四国・九州・沖縄)とアジアエリア(台湾・香港・シンガポール・韓国)の各会場で同時に開催されたが,本稿では,ゲストにあさき氏L.E.D.氏DJ Yoshitaka氏も登場した,関東エリア会場(東京・お台場の東京レジャーランド パレットタウン店)の模様をお伝えしよう。

 なお,11月23日に行われた「DanceDanceRevolution X3 VS 2ndMIX」「pop'n music 20 fantasia」「DanceEvolution ARCADE」の3タイトルについては別の記事でお伝えしているので,そちらを確認してほしい。

関連記事:
逆転劇,女性王者,連覇と,ドラマチックな展開が続出。「KONAMI Arcade Championship 2012」決勝ラウンドの模様をレポート

左から,L.E.D.氏DJ Yoshitaka氏あさき氏(顔出し不可とのことで自画像)

左から,解説のまっする氏,MCの森 一丁さん千石 愛さん
 KAC2012では,オンラインでスコアを競う「予選ラウンド」と,そこで優秀な成績を修めた全国6エリアのプレイヤーが店舗に集う「決勝ラウンド」に分かれている。また,決勝ラウンドは,各エリアの代表者を決める「エリア代表選抜戦」と,その代表者がライブ中継で対決する「最終決勝」の2部構成となっていた。
 決勝ラウンドの会場となっている6会場には,それぞれBEMANIシリーズのアーティスト陣がゲストとして来場。さらに,決勝ラウンド全体の進行を担当する六本木のKONAMI本社では,「jubeat」シリーズのディレクターであるまっする氏が登場し,試合の解説や課題曲をくじ引きで決めるなどの重要な役割を務めていた。

【北海道・東北エリア ディノスパークノルベサ】左から,Yuei氏ショッチョー氏
【中部エリア 名古屋レジャーランドささしま店】左から,肥塚良彦氏wac氏

【関西・中国エリア 3RDプラネットBiVi京都二条店】左から,泉 陸奥彦氏PON氏
【四国・九州・沖縄エリア ラウンドワン半道橋店】左から,96氏猫叉Master氏

【アジアエリア 台湾会場】左から,Sota Fujimori氏Qrispy Joybox氏
 今年で2回目の開催となるKACだが,前大会との大きな違いとして,全国各地の5エリアに加えて,一部タイトルではアジアエリア(台湾,香港,シンガポール,韓国)も対象となっている点が挙げられる。BEMANIシリーズはアジア各国でも高い人気を誇っており,凄腕のプレイヤーも数多い。「jubeat」シリーズや「REFLEC BEAT」シリーズなどのオンラインマッチングで実際に海外のプレイヤーと遭遇した経験のある人も多いはずだ。この日,アジアエリアのプレイヤーは台湾の会場に集まっており,日本に負けず劣らずの盛り上がりぶりを見せてくれた。

 そして,今回筆者が取材した関東エリアの会場も,試合の模様を見届けるために朝から大勢の来場者がつめかけていた。実は,前日に行われた「DDR X3 VS 2ndMIX」「pop'n music 20 fantasia」「DanceEvolution ARCADE」の試合では,なんと,いずれのタイトルも関東エリアの代表者達がチャンピオンの座を勝ち取っていた。果たして,この日も関東エリアからチャンピオンが誕生するのか,期待が高まる中での試合開始となった。



「GuitarFreaksXG3」の予選ラウンドトッププレイヤーが関東代表として決勝進出


 この日最初に試合が行われたのは「GuitarFreaksXG3」だ。
 エリア代表選抜戦は,3人で課題曲2曲の合計スコアを競い,1位のプレイヤーが最終決戦へ進出できるというシンプルなルール。課題曲は「Eastern Lariat」(MASTER)「KAISER PHOENIX」(MASTER)。激戦の末,最終決戦への切符を手に入れたのは,予選ラウンドを全エリア中トップのスコアで勝ち進んだMORIKUN.選手であった。


 最終決戦は2ラウンドに分けて行われた。第1ラウンドでは,代表選抜戦と同様,2つの課題曲の合計点を競う。第2ラウンドへ進出できるのは第1ラウンドの上位3名のみで,ここで挑む課題曲2曲の合計点(第1ラウンドのスコアは含まない)が最も高いプレイヤーが全国チャンピオンとなるのだ。
 第1ラウンドの曲目は「ゲームより愛をこめて」(MASTER)「Predator's Crypto Pt.1」(MASTER)。96氏の曲のファンだというMORIKUN.選手は,氏の楽曲である「Predator's Crypto Pt.1」でランクSSを獲得し,見事に第1ラウンドの1位通過を果たした。


 MORIKUN.選手の活躍に,関東会場の空気もヒートアップ。ところが,第2ラウンドの1曲目「Brown blizzard」(MASTER)では,北海道・東北エリア代表のGIL.選手がほかの2名に3万点以上の大差をつけてリードした。
 ここまでは全国の代表者が同時に楽曲をプレイしていたが,勝敗を決する2曲目は,代表者が1人ずつ順番にプレイし,その模様を全国の会場で見守る形となった。課題曲は,シリーズでも屈指の高難度を誇る「Rock to Infinity」(MASTER)。上級者でもクリアがきわめて困難な譜面だが,MORIKUN.選手は難所でも鮮やかにコンボをつなぎ,客席からの歓声を浴びながらプレイを終えた。しかし,残念ながら1曲目でのスコア差を埋めるまでには及ばず,GuitarFreaksXG3部門ではGIL.選手がチャンピオンを獲得した。

「GuitarFreaksXG3」チャンピオン 北海道・東北エリア代表 GIL.選手


前回チャンピオンが2連覇を目指して挑戦した「DrumManiaXG3」


 続く「DrumManiaXG3」の試合も,エリア代表選抜戦・最終決戦ともにGuitarFreaksXG3と同様のルールで行われた。
 エリア代表選抜戦の課題曲は「Xenon」(MASTER)「10,000,000,000」(MASTER)だ。KAC2011でチャンピオンの座に輝いたMISTER.S選手が,2曲目で鮮やかにフルコンボして決勝へ進出。


 最終決戦,第1ラウンドの1曲目は,今回の課題曲の中ではもっとも古い「Timepiece phase II」(MASTER)。大会2連覇を目指すMISTER.S選手は,ここでまたもフルコンボを達成し,文句なしのスコア1位に立った。
 2曲目「MODEL DD10」(MASTER)ではほかのエリアのプレイヤーも必死に追い上げてきたが,1曲目との合計スコアはMISTER.S選手が2位となり,無事に第2ラウンドへの進出を果たした。

 第2ラウンドでは,関西・中国エリアのNKN-FAL選手が1曲目の「over there」(MASTER)で大幅にリード。MISTER.S選手に逆転の期待がかかる中,2曲目に選ばれたのは,「XG」シリーズのメインテーマともいえる「X-treme Grade」(MASTER)。最終決戦にふさわしい選曲に,会場の熱気もいっそう高まった。だが,ここでもNKN-FAL選手の勢いは衰えず,2曲連続で90万点以上のスコアを記録し,トータルスコアで2位以下に10万点以上の差をつけての優勝となった。

「DrumManiaXG3」チャンピオン 関西・中国エリア代表 NKN-FAL選手


SSSランクは当たり前。EXCELLENTを達成するプレイヤーも現れた「jubeat saucer」


 この日最後のタイトルは,「jubeat saucer」。こちらも基本的なルールは前の2タイトルとほぼ変わりないが,各エリアの予選ラウンドを勝ち抜いた選手の人数が8人と多いため,エリア代表選抜戦も2ラウンド方式で行われた。代表選抜戦の曲目は,第1ラウンドが「concon」(EXTREME)「HEAVENLY MOON」(EXTREME),第2ラウンドが「FLOWER」(EXTREME)「DIAVOLO」(EXTREME)。関東会場では,第1ラウンド,第2ラウンドともに1位を獲得した3SAGIRI選手がエリア代表となった。


 最終決戦の第1ラウンドは,「The Wind of Gold」(EXTREME)「Beastie Starter」(EXTREME)の2曲。大会の課題曲にはいずれも難度レベル10の曲が選ばれているが,中でも「Beastie Starter」は現在jubeatシリーズに収録されている楽曲中もっともノーツ数の多い曲として知られる。
 残念ながら,3SAGIRI選手のスコアはあと一歩のところで及ばず,第2ラウンドへ進出することができなかった。

 jubeatは,BEMANIシリーズの中でもとくに上級者のスコアが伯仲しやすい傾向にあるタイトルだ。今回の大会も,ほとんどのプレイヤーが全ての課題曲で99万点以上を記録するというハイレベルな対決となっており,数千点の差で勝負が決まる場面がほとんどであった。ほんのわずかなミスが差をつけるため,緊張の糸が張りつめるなかでの戦いであったようだ。

 第2ラウンドの曲目は「Riot of Color」(EXTREME)「JOMANDA」(EXTREME)。関東会場の観客もライブ中継を真剣に見守るなか,北海道・東北エリア代表のII-L-Y選手がJOMANDAでフルコンボを達成し,喝采を浴びながら優勝を手にした。

「jubeat saucer」チャンピオン 北海道・東北エリア代表 II-L-Y選手

 また,惜しくも1位には届かなかったものの,アジアエリア代表であるSI-OT選手の活躍も目をみはるものがあった。SI-OT選手の住んでいる韓国では,「jubeat copious APPEND」がリリースされておらず,「jubeat saucer」もほんの1週間ほど前に稼働開始したばかりだという。そのため,課題曲のうちThe Wind of GoldやJOMANDAなどはほとんど練習する期間がなかったようなのだが,なんと前者では今回唯一のEXCELLENT(100万点)を達成し,ほかの曲でもかなりの好成績を記録。このスコアには関東会場の来場者やゲストも驚いていた様子で,アジアにおけるBEMANIプレイヤーのレベルの高さが垣間見える試合だったともいえよう。

SI-OT選手

 試合の合間には,Twitterのハッシュタグ「#BEMANIアーティストへ質問」を通して寄せられたユーザーからの質問にゲストが答えるコーナーもあった。
 とくに客席を沸かせていたのは,「カバーしてみたい他のBEMANIアーティストの楽曲はありますか?」という質問への回答だ。L.E.D.氏はDJ Yoshitaka氏とkors k氏の合作である「Juicy」を挙げて「あれ多分ね,僕とkors k君がやったら,全然違う曲になると思うんだよね。そういう感じだったらどうかな」とコメント。ちなみに,Yoshitaka氏とL.E.D.氏は以前,「TASTUが勝つ」という曲の制作を宣言しているが,そちらの制作も「忘れていませんよ」と改めて明言していた。
 一方,あさき氏は「アンパンマンのテーマをカバーしたい」とまさかの宣言。あさき氏は普段,同曲をギターで「ジャキジャキにして」弾いているらしく,ボーカルについても「俺が全力で唄います」とのこと。カバーを実現させるためのハードルは高そうだが,ファンは首を長くして待ってみよう。

Webラジオ「BEMANI Backstage」の「世界の楽器」コーナーであさき氏が紹介した「ハイランダー ずんいち」を,ゲストと観客が一斉に全身で表現するひと幕もみられた

関東会場では,最後にプレゼント抽選会も実施。グッズの他に,あさき氏直筆の似顔絵(あさき氏,L.E.D.氏,DJ Yoshitaka氏)もプレゼントされた

 大会の終了後,各タイトルのエリア代表者とゲスト陣からコメントをもらうことができたので,紹介しよう。

左から,MORIKUN.選手,MISTER.S選手,3SAGIRI選手

MORIKUN.選手:
 こういう舞台に出るのは初めてのことなので,プレッシャーがすごかったです。優勝を狙ってやっていたんですけど,よく2位までこれたなと思います。惜しかったですけど,悔いはありません。

MISTER.S選手:
 今回は全力を出したんですが,惜しくも……というか大差で負けました。また次回,優勝できたらいいなと思います。よろしくお願いします!

3SAGIRI選手:
 今回,最初の方はけっこう運が乗っていたんですけど,後半ちょっと自分のペースがつかめなくなっちゃったかな……という感じでしたね。緊張もありましたし,苦手な課題曲も出たということで,個人的には満足できないような結果になってしまいました。でも,まだチャンスはあると思っているので,来年頑張りたいと思います!

左から,L.E.D.氏,DJ Yoshitaka氏
DJ Yoshitaka氏:
 今回,関東エリアの選手は残念ながら結果が出なかったですが,選曲によって大きく得意不得意が出たりとか,その日の調子によって変わるようなレベルでの戦いなので,僕ら自身はすごく楽しめましたし,またお客さんもすごく盛り上がってくれたと思います。またこういったイベントを続けたいですね。

L.E.D.氏:
 去年の優勝者が敗れてしまったのは,関東のサポーターとして残念は残念ですけど,ここで終わる彼らじゃないと思いますので,また来年のリベンジを楽しみにしています。

あさき氏:
 おつかれさまでした。皆様に愛されて,僕達も幸せだなと思います。ありがとうございます。

 ちなみに,あさき氏は2ndアルバム「天庭」の発売も2013年1月30日に控えていて,この日は「この足でそのままトラックダウン(レコーディングした音源を最後に楽曲としてまとめる作業)に向かう」と話していた。前作から約7年半ぶりのアルバムとなる本作を楽しみに待ち焦がれている人も多いだろうが,もう少しの辛抱といったところである。

 この週末でKAC2012の各タイトルにおける優勝者は決定したが,12月27日には東京・六本木にて,優勝者全員が一堂に会する「グランドフィナーレ〜授賞祝賀会〜」が開催される予定だ。今後も,KONAMIがどのようにアーケードゲームを盛り上げていくのか,期待しよう。

「KONAMI Arcade Championship 2012」公式サイト

「GuitarFreaksXG3」公式サイト

「DrumManiaXG3」公式サイト

「jubeat saucer」公式サイト

  • 関連タイトル:

    GuitarFreaksXG3

  • 関連タイトル:

    DrumManiaXG3

  • 関連タイトル:

    jubeat saucer

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:03月25日〜03月26日