オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
「Xperia Z5」シリーズ3製品に「Nexus 5X」も。ドコモ,2015〜16年冬春モデルのスマートフォン10製品を発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2015/09/30 11:53

ニュース

「Xperia Z5」シリーズ3製品に「Nexus 5X」も。ドコモ,2015〜16年冬春モデルのスマートフォン10製品を発表

 2015年9月30日,NTTドコモは都内で報道関係者向けイベントを開催し,スマートフォン10製品をはじめとする2015〜16年冬春モデルを発表した。そのラインナップは以下のとおり。Xperia Z5シリーズが無印と「Compact」,4K解像度に対応した「Premium」の3モデル展開となる点や,“非ドコモスマートフォン”として「Nexus 5X」がラインナップに入っている点などが見どころだ。
 各製品の概要とスペックを,発売日順に紹介しよう。

4K解像度対応が特徴の「Xperia Z5 Premium」(左)と,久しぶりに登場したドコモ版NexusとなるNexus 5X(右)
Xperia Xperia

Xperia

●ドコモスマートフォン
  • arrows Fit F-01H(10月7日発売予定)
  • Xperia Z5 SO-01H(10月下旬発売予定)
  • AQUOS ZETA SH-01H(11月上旬発売予定)
  • Galaxy Active neo SC-01H(11月上旬発売予定)
  • Xperia Z5 Compact SO-02H(11月中旬発売予定)
  • Xperia Z5 Premium SO-03H(11月下旬発売予定)
  • arrows NX F-02H(11月下旬発売予定)
  • AQUOS Compact SH-02H(12月上旬発売予定)
  • Disney Mobile on docomo DM-01H(2016年1月下旬発売予定)

●その他スマートフォン
  • Nexus 5X(10月下旬発売予定)

●ドコモタブレット
  • dtab d-01H(11月下旬発売予定)


arrows Fit F-01H


 富士通モバイルコミュニケーションズ製のarrowsシリーズではローエンドに位置付けられるスマートフォン。5インチサイズで解像度720×1280ドットの液晶パネルを採用しながら,本体の幅が約69mmというコンパクトさが特徴で,手にしてみると,4.7インチ級のスマートフォンを持っているような感じだ。
 搭載SoCは,Qualcomm製のローエンドSoCである「Snapdragon 410」なので,スペックは低めである。ゲーム用途で積極的に選ぶ製品ではないだろう。

arrows Fit F-01H。背面中央には,指紋認証センサーを装備している。カラーバリエーションは,左から「midori」「aka」「shiro」「kuro」の4色展開
Xperia Xperia

●arrows Fit F-01Hの主なスペック
  • メーカー:富士通モバイルコミュニケーションズ
  • OS:Android 5.1(Lollipop)
  • ディスプレイパネル:5.0インチ有機EL,解像度720×1280ドット
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 410 MSM8916」(クアッドCPUコア 最大CPU動作クロック1.2GHz,Adreno 306 GPUコア)
  • メインメモリ容量:2GB
  • ストレージ:内蔵(容量16GB)+microSDXC(最大128GB)
  • アウトカメラ:有効画素数約810万画素
  • インカメラ:有効画素数約240万画素
  • バッテリー容量:2330mAh
  • 3G待受時間/LTE待受時間:約670時間/約540時間
  • 3G連続通話/LTE連続通話:約630分/約700分
  • LTE通信周波数帯:2GHz,1.7GHz,800MHz
  • LTE-Advanced対応:なし
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11n
  • Bluetooth対応:4.1
  • 本体サイズ:69(W)×141(D)×8.9(H)mm
  • 本体重量:約149g
  • 本体カラー:aka,kuro,shiro,midori
  • 主な対応サービス&機能:spモード,ドコモメール,GPS,dマーケット,おサイフケータイ(FeliCa),WORLD WING(クラス5),防水(IPX5,8),防塵(IP6X)


Xperia Z5 SO-01H


 ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia」ブランドから登場した最新のZ5シリーズで,5.2インチ液晶パネルを採用する製品がXperia Z5 SO-01Hだ。本体側面に,指紋認証センサーを内蔵する「電源/スリープボタン」を備えるのが,外見上の大きな特徴である。
 搭載SoCは,Qualcomm製の「Snapdragon 810」で,「発熱が大きい」とユーザーからの不満が多かった先代「Xperia Z4」と変わっていないのだが,SoC以外のハードウェア面や制御を見直すことで,発熱の問題を解消しているとのことだ。

Xperia Z5 SO-01H。カラーバリエーションは,左から「Graphite Black」「White」「Gold」「Green」の4色展開となる
Xperia Xperia

 カメラの強化にも力が入っており,最速0.03秒のオートフォーカス機能や,ソニー製の新型撮像素子「Exmor RS」の採用などがアピールされている。
 また,高速通信規格「LTE-Advanced」(NTTドコモでの名称は「PREMIUM 4G」)に対応しており,下り通信速度は最大225Mbpsとのことだ。

●Xperia Z5 SO-01Hの主なスペック
  • メーカー:ソニーモバイルコミュニケーションズ
  • OS:Android 5.1(Lollipop)
  • ディスプレイパネル:5.2インチTFT液晶(トリルミナスディスプレイ for mobile),解像度1080×1920ドット
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 810 MSM8994」(4+4 CPUコア 最大CPU動作クロック2GHz,Adreno 430 GPUコア)
  • メインメモリ容量:3GB
  • ストレージ:内蔵(容量32GB)+microSDXC(最大200GB)
  • アウトカメラ:有効画素数約2300万画素
  • インカメラ:有効画素数約510万画素
  • バッテリー容量:2900mAh
  • 3G待受時間/LTE待受時間:約350時間/約440時間
  • 3G連続通話/LTE連続通話:約740分/約1160分
  • LTE通信周波数帯:2GHz,1.7GHz,1.5GHz,800MHz,700MHz
  • LTE-Advanced対応:あり
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11n/ac
  • Bluetooth対応:4.1
  • 本体サイズ:72(W)×146(D)×7.3(H)mm
  • 本体重量:約154g
  • 本体カラー:White,Graphite Black,Gold,Green
  • 主な対応サービス&機能:spモード,ドコモメール,GPS,dマーケット,フルセグ,ワンセグ,ハイレゾオーディオ,おサイフケータイ(NFC),WORLD WING(クラス5),防水(IPX5,8),防塵(IP6X)


AQUOS ZETA SH-01H


 シャープ製スマートフォンのハイエンドモデルで,この冬モデルでは唯一,
PREMIUM 4Gの最高スペックである下り最大通信速度300Mbpsに対応する製品となっている。
 搭載する5.3インチサイズでフルHD解像度の液晶パネルには,120fps表示に対応する「ハイスピードIGZO液晶」を採用しており,60fps止まりの一般的なスマートフォンよりも,滑らかな動画の表示ができるのが特徴とのこと。ただし,時間当たりの画面書き換え回数が増えるので,バッテリー駆動時間が若干短くなる場合もあるそうだ。

AQUOS ZETA SH-01H。背面の中央付近にある[―]状のものは,なぞって認識するタイプの指紋認証センサーだ。なお,カラーバリエーションは,「Black」「Blue」「Magenta」の3色展開となる
Xperia Xperia

 搭載SoCは,2+4CPUコアのQualcomm製SoC「Snapdragon 808」。2015年春モデルの「AQUOS ZETA SH-03G」の搭載していたSnapdragon 810よりも下位のSoCに当たるので,性能面の変化が気になるところだ。

●AQUOS ZETA SH-01Hの主なスペック
  • メーカー:シャープ
  • OS:Android 5.1(Lollipop)
  • ディスプレイパネル:5.3インチTFT液晶(IGZO),解像度1080×1920ドット
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 808 MSM8992」(2+4 CPUコア 最大CPU動作クロック1.8GHz,Adreno 418 GPUコア)
  • メインメモリ容量:3GB
  • ストレージ:内蔵(容量32GB)+microSDXC(最大200GB)
  • アウトカメラ:有効画素数約1310万画素
  • インカメラ:有効画素数約800万画素
  • バッテリー容量:3100mAh
  • 3G待受時間/LTE待受時間:約550時間/約490時間
  • 3G連続通話/LTE連続通話:約840分/約1300分
  • LTE通信周波数帯:2GHz,1.7GHz,1.5GHz,800MHz
  • LTE-Advanced対応:あり
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11n/ac
  • Bluetooth対応:4.1
  • 本体サイズ:74(W)×139(D)×7.9(H)mm
  • 本体重量:約151g
  • 本体カラー:Blue,Black,Magenta
  • 主な対応サービス&機能:spモード,ドコモメール,GPS,dマーケット,フルセグ,ワンセグ,ハイレゾオーディオ,おサイフケータイ(NFC),WORLD WING(クラス5),防水(IPX5,8),防塵(IP5X)


Galaxy Active neo SC-01H


 ちょうど1年前に発表された,Samsung Electronics製の「GALAXY S5 ACTIVE SC-02G」の路線を継承する耐久性重視スマートフォンである。
 ただ,当時のハイエンドスマートフォンと遜色ないスペックを備えていたGALAXY S5 ACTIVEに比べると,液晶パネルは4.5インチサイズで解像度480×800ドット,搭載SoCもSnapdragon 410と,スペック的には低めなローエンド端末となっているのは,少し残念なところか。ゲーマーが積極的に選ぶ製品ではないだろう。

Galaxy Active neo SC-01H。防水に防塵,落下にも強い耐衝撃性を備えたタフネススマホ。ただ,SoCや液晶パネルのスペック面ではローエンドといったところ
Xperia Xperia

●Galaxy Active neo SC-01Hの主なスペック
  • メーカー:Samsung Electronics
  • OS:Android 5.1(Lollipop)
  • ディスプレイパネル:4.5インチTFT液晶(IPS-NEO),解像度480×800ドット
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 410 MSM8916」(クアッドCPUコア 最大CPU動作クロック1.2GHz,Adreno 306 GPUコア)
  • メインメモリ容量:2GB
  • ストレージ:内蔵(容量16GB)+microSDXC(最大128GB)
  • アウトカメラ:有効画素数約800万画素
  • インカメラ:有効画素数約200万画素
  • バッテリー容量:2200mAh
  • 3G待受時間/LTE待受時間:約580時間/約490時間
  • 3G連続通話/LTE連続通話:約730分/約740分
  • LTE通信周波数帯:2GHz,1.7GHz,800MHz
  • LTE-Advanced対応:なし
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11n
  • Bluetooth対応:4.1
  • 本体サイズ:70(W)×133(D)×10.1(H)mm
  • 本体重量:約154g
  • 本体カラー:Camo White,Solid Black
  • 主な対応サービス&機能:spモード,ドコモメール,GPS,dマーケット,ワンセグ,おサイフケータイ(NFC),WORLD WING(クラス5),防水(IPX5,7),防塵(IP6X)


Xperia Z5 Compact SO-02H


 Xperia Z5三兄弟では,一番小さな4.6インチモデルである。幅65mmというコンパクトボディは手の中に収まりやすく,片手で使いやすいのが利点だ。
 搭載SoCはSnapdragon 810で,メインメモリ容量は2GBと,スペック面では兄貴分たちにそれほど見劣りしないのも特徴の1つ。PREMIUM 4Gにも対応しており,下り通信速度は最大225Mbpsになる。小さくても高性能なスマートフォンを求める人に,お勧めできるかもしれない。

Xperia Z5 Compact SO-02H。ハイスペックながら手の中に収まりやすいサイズで,5インチ超のスマートフォンは大きすぎるという人に歓迎されそうだ
Xperia

●Xperia Z5 Compact SO-02Hの主なスペック
  • メーカー:ソニーモバイルコミュニケーションズ
  • OS:Android 5.1(Lollipop)
  • ディスプレイパネル:4.6インチTFT液晶(トリルミナスディスプレイ for mobile),解像度720×1280ドット
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 810 MSM8994」(4+4 CPUコア 最大CPU動作クロック2GHz,Adreno 430 GPUコア)
  • メインメモリ容量:2GB
  • ストレージ:内蔵(容量32GB)+microSDXC(最大200GB)
  • アウトカメラ:有効画素数約2300万画素
  • インカメラ:有効画素数約510万画素
  • バッテリー容量:2700mAh
  • 3G待受時間/LTE待受時間:約430時間/約400時間
  • 3G連続通話/LTE連続通話:約700分/約1080分
  • LTE通信周波数帯:2GHz,1.7GHz,1.5GHz,800MHz,700MHz
  • LTE-Advanced対応:あり
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11n/ac
  • Bluetooth対応:4.1
  • 本体サイズ:65(W)×127(D)×8.9(H)mm
  • 本体重量:約138g
  • 本体カラー:Yellow,Graphite Black,White,Coral
  • 主な対応サービス&機能:spモード,ドコモメール,GPS,dマーケット,ワンセグ,ハイレゾオーディオ,おサイフケータイ(NFC),WORLD WING(クラス5),防水(IPX5,8),防塵(IP6X)


Xperia Z5 Premium SO-03H


 5.5インチサイズで4K解像度の液晶パネルを最大の特徴とする,Xperia Z5三兄弟では一番大きな製品だ。ただし,4Kネイティブ解像度での表示に対応しているのは,ビデオ再生や写真表示アプリなど特定のものに限られており,ゲームを4K解像度でレンダリングできるわけではない。
 搭載SoCやメインメモリ容量,下り通信速度が最大225Mbpsといった仕様は,Xperia Z5 SO-01Hと変わらないので,ゲーマー視点で見た場合,「画面サイズの大きなXperia Z5」といったところになるだろうか。

4K解像度の動画再生を披露しているXperia Z5 Premium SO-03H(左)。正直にいえば,画面サイズが5.5インチということもあって,フルHD解像度と比べて高精細という印象はなかった。背面には光沢仕上げの施されたガラスパネルを採用。とくに銀色ボディの「Chrome」モデル(右)は,手鏡代わりに使えそうなくらいピカピカだ
Xperia Xperia

●Xperia Z5 Premium SO-03Hの主なスペック
  • メーカー:ソニーモバイルコミュニケーションズ
  • OS:Android 5.1(Lollipop)
  • ディスプレイパネル:5.5インチTFT液晶(トリルミナスディスプレイ for mobile),解像度2160×3840ドット
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 810 MSM8994」(4+4 CPUコア 最大CPU動作クロック2GHz,Adreno 430 GPUコア)
  • メインメモリ容量:3GB
  • ストレージ:内蔵(容量32GB)+microSDXC(最大200GB)
  • アウトカメラ:有効画素数約2300万画素
  • インカメラ:有効画素数約510万画素
  • バッテリー容量:3430mAh
  • 3G待受時間/LTE待受時間:約510時間/約490時間
  • 3G連続通話/LTE連続通話:約860分/約1330分
  • LTE通信周波数帯:2GHz,1.7GHz,1.5GHz,800MHz,700MHz
  • LTE-Advanced対応:あり
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11n/ac
  • Bluetooth対応:4.1
  • 本体サイズ:76(W)×154(D)×7.8(H)mm
  • 本体重量:約181g
  • 本体カラー:Chrome,Black
  • 主な対応サービス&機能:spモード,ドコモメール,GPS,dマーケット,フルセグ,ワンセグ,ハイレゾオーディオ,おサイフケータイ(NFC),WORLD WING(クラス5),防水(IPX5,8),防塵(IP6X)


arrows NX F-02H


 arrowsシリーズのハイエンドスマートフォンで,5.4インチサイズで解像度1440×2560ドットという高精細液晶パネルの採用が特徴の製品だ。また,傷に強いという「ハードアルマイト」なる素材や,耐傷性に優れた表面コートにより,傷に強いボディであることも特徴であるという。
 搭載SoCはSnapdragon 808で,こちらも2015年春モデルの「ARROWS NX F-04G」よりも,スペック面では下回っている。CPU性能やグラフィックス性能がどの程度変化しているのかが,注目すべきポイントになりそうだ。

arrows NX F-02H。液晶パネルがやや大きめの5.4インチサイズということもあって,手に持つとけっこう大きく感じられる。カラーバリエーションは,左から「White」「Iris Green」「Black」の3色展開。写真ではIris Greenが暗い青色に見えるが,肉眼ではもう少し明るめで緑色寄りの色に見える
Xperia Xperia

●arrows NX F-02Hの主なスペック
  • メーカー:富士通モバイルコミュニケーションズ
  • OS:Android 5.1(Lollipop)
  • ディスプレイパネル:5.4インチTFT液晶(IPS-NEO),解像度1440×2560ドット
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 808 MSM8992」(2+4 CPUコア 最大CPU動作クロック1.8GHz,Adreno 418 GPUコア)
  • メインメモリ容量:3GB
  • ストレージ:内蔵(容量32GB)+microSDXC(最大200GB)
  • アウトカメラ:有効画素数約2150万画素
  • インカメラ:有効画素数約240万画素
  • バッテリー容量:3390mAh
  • 3G待受時間/LTE待受時間:未定
  • 3G連続通話/LTE連続通話:未定
  • LTE通信周波数帯:2GHz,1.7GHz,1.5GHz,800MHz
  • LTE-Advanced対応:あり
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11n/ac
  • Bluetooth対応:4.1
  • 本体サイズ:75(W)×154(D)×7.9(H)mm
  • 本体重量:約167g
  • 本体カラー:Iris Green,Black,White
  • 主な対応サービス&機能:spモード,ドコモメール,GPS,dマーケット,フルセグ,ワンセグ,ハイレゾオーディオ,おサイフケータイ(NFC),WORLD WING(クラス5),防水(IPX5,8),防塵(IP6X)


AQUOS Compact SH-02H


 AQUOSブランドスマートフォンのコンパクトモデル。液晶パネルは4.7インチサイズで解像度1080×1920ドットで,AQUOS ZETA SH-01Hと同じハイスピードIGZO液晶を採用しているので,120fpsでの動画表示が可能なのが特徴だ。
 コンパクトサイズのスマートフォンではスペックの低いものも珍しくないが,搭載SoCはSnapdragon 808で,メインメモリ容量も3GBと,基本スペックは高めとなっている。ハイスピードIGZO液晶と合わせて,意外にゲーム用途でも役立つ製品かもしれない。

お詫びと訂正:掲載当初,「4.5インチサイズで解像度480×800ドット」と記載していましたが,正しくは「4.7インチサイズで解像度1080×1920ドット」でした。お詫びして訂正いたします(2015年10月1日12:40頃追記)

収まりのいいコンパクトボディが魅力のAQUOS Compact SH-02H。カラーバリエーションは,「Blue×Black」(本体側面が青色)と「Yellow×White」(同じく側面が黄色)の2色展開だが,背面パネルに貼り付けて着せ替えできる「ニュアンスシート」が,各製品に2枚付属している
Xperia Xperia

●AQUOS Compact SH-02Hの主なスペック
  • メーカー:シャープ
  • OS:Android 5.1(Lollipop)
  • ディスプレイパネル:4.7インチTFT液晶(IGZO),解像度1080×1920ドット
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 808 MSM8992」(2+4 CPUコア 最大CPU動作クロック1.8GHz,Adreno 418 GPUコア)
  • メインメモリ容量:3GB
  • ストレージ:内蔵(容量16GB)+microSDXC(最大200GB)
  • アウトカメラ:有効画素数約1310万画素
  • インカメラ:有効画素数約500万画素
  • バッテリー容量:2810mAh
  • 3G待受時間/LTE待受時間:未定
  • 3G連続通話/LTE連続通話:未定
  • LTE通信周波数帯:2GHz,1.7GHz,800MHz
  • LTE-Advanced対応:なし
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11n/ac
  • Bluetooth対応:4.1
  • 本体サイズ:66(W)×126(D)×8.9(H)mm
  • 本体重量:未定
  • 本体カラー:Yellow × Silver,Blue × Black
  • 主な対応サービス&機能:spモード,ドコモメール,GPS,dマーケット,ワンセグ,ハイレゾオーディオ,おサイフケータイ(NFC),WORLD WING(クラス5),Wi-Fiテザリング,防水(IPX5,7),防塵(IP6X)


Disney Mobile on docomo DM-01H


 ディズニー作品の世界観で統一されたスマートフォンとして,根強い人気を誇るという「Disney Mobile」の最新モデル。ハードウェア自体はAQUOS ZETA SH-01Hと同じものだが,本体下側面のLEDイルミネーションの形状が,ディズニーキャラクターをイメージしたものになっているといった細かい違いもある。

Disney Mobile on docomo DM-01H。左側の「Sparkle Pink」モデルの上に付いているのは,イヤフォンジャックに取り付けられる付属のアクセサリーで,着信や通知に合わせて光る機能を備えているとのこと
Xperia

●Disney Mobile on docomo DM-01Hの主なスペック
  • メーカー:シャープ
  • OS:Android 5.1(Lollipop)
  • ディスプレイパネル:4.7インチTFT液晶(IGZO),解像度1080×1920ドット
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 808 MSM8992」(2+4 CPUコア 最大CPU動作クロック1.8GHz,Adreno 418 GPUコア)
  • メインメモリ容量:3GB
  • ストレージ:内蔵(容量16GB)+microSDXC(最大200GB)
  • アウトカメラ:有効画素数約2150万画素
  • インカメラ:有効画素数約240万画素
  • バッテリー容量:2810mAh
  • 3G待受時間/LTE待受時間:未定
  • 3G連続通話/LTE連続通話:未定
  • LTE通信周波数帯:2GHz,1.7GHz,800MHz
  • LTE-Advanced対応:なし
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11n/ac
  • Bluetooth対応:4.1
  • 本体サイズ:66(W)×126(D)×8.9(H)mm
  • 本体重量:未定
  • 本体カラー:Sparkle Pink,Sparkle Blue
  • 主な対応サービス&機能:spモード,ドコモメール,GPS,dマーケット,ワンセグ,ハイレゾオーディオ,おサイフケータイ(NFC),WORLD WING(クラス5),防水(IPX5,8),防塵(IP6X)


Nexus 5X


 Googleが発表したばかりの,Android 6.0搭載スマートフォンが,「ドコモスマートフォン」ではないスマートフォンとして,NTTドコモから発売される。おサイフケータイを始めとして,ドコモスマートフォンで提供されている各種サービスやアプリのほとんどは使えないが,そうしたサービスを必要としないグローバルモデルを必要とする人には,むしろ歓迎されるだろう。PREMIUM 4Gにも対応しており,下り通信速度は最大262.5Mbpsと,AQUOS ZETA SH-01Hに次ぐ速さだ。
 なお,NTTドコモが販売するNexus 5Xは,内蔵ストレージ容量が32GBのモデルのみとなる。それ以外のスペックや特徴については,Googleによる発表時の記事を参照してほしい。

グローバルモデルほぼそのままで販売されるNexus 5X。NTTドコモが提供するサービスの窓口となる「dマーケット」は利用できるそうだ
Xperia

●Nexus 5Xの主なスペック
  • メーカー:LG Electronics
  • OS:Android 6.0(Marshmallow)
  • ディスプレイパネル:5.2インチTFT液晶,解像度1080×1920ドット
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 808 MSM8992」(2+4 CPUコア 最大CPU動作クロック1.8GHz,Adreno 418 GPUコア)
  • メインメモリ容量:2GB
  • ストレージ:内蔵(容量32GB)
  • アウトカメラ:有効画素数約1235万画素
  • インカメラ:有効画素数約500万画素
  • バッテリー容量:2700mAh
  • 3G待受時間/LTE待受時間:未定
  • 3G連続通話/LTE連続通話:未定
  • LTE通信周波数帯:2GHz,1.7GHz,800MHz
  • LTE-Advanced対応:あり
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11n/ac
  • Bluetooth対応:4.2
  • 本体サイズ:73(W)×147(D)×7.9(H)mm
  • 本体重量:約136g
  • 本体カラー:Quartz,Carbon
  • 主な対応サービス&機能:spモード,ドコモメール,GPS,dマーケット,WORLD WING(クラス5)


dtab d-01H


 Huawei Technologies製の10.1インチタブレット端末。HiSilicon製SoC「Kirin 930」という,日本ではあまり見かけないプロセッサを採用しているのが特徴だ。
 harman/kardonブランドのスピーカーを4基内蔵しているのも特徴で,映画やテレビの再生時に臨場感のあるサウンドを再生できると謳われている。

dtab d-01H
Xperia Xperia

●dtab d-01Hの主なスペック
  • メーカー:Huawei Technologies
  • OS:Android 5.1(Lollipop)
  • ディスプレイパネル:10.1インチTFT液晶,解像度1920×1200ドット
  • プロセッサ:HiSilicon製「Kirin 930」(クアッドCPUコア 最大CPU動作クロック2GHz,Mali-T628 MP4 GPUコア)
  • メインメモリ容量:2GB
  • ストレージ:内蔵(容量16GB)+microSDXC(最大128GB)
  • アウトカメラ:有効画素数約1300万画素
  • インカメラ:有効画素数約500万画素
  • バッテリー容量:未定
  • 3G待受時間/LTE待受時間:未定
  • 3G連続通話/LTE連続通話:未定
  • LTE通信周波数帯:2GHz,1.7GHz,800MHz
  • LTE-Advanced対応:なし
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11n/ac
  • Bluetooth対応:4.0
  • 本体サイズ:240(W)×173(D)×7.5(H)mm
  • 本体重量:未定
  • 本体カラー:Silver
  • 主な対応サービス&機能:spモード,ドコモメール,GPS,dマーケット,フルセグ,ワンセグ

NTTドコモによるニュースリリース

NTTドコモ 2015〜16冬春モデル 特設ページ


  • 関連タイトル:

    Xperia

  • 関連タイトル:

    Nexus

  • 関連タイトル:

    Galaxy

  • 関連タイトル:

    arrows(旧称:ARROWS)

  • 関連タイトル:

    AQUOS

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月22日〜05月23日