オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
パッケージ
Windows 8.x公式サイトへ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2011/06/02 12:42

ニュース

Microsoft,開発中の新OS コードネーム“Windows 8”をプレビュー。ユーザーインタフェースを紹介するムービーも公開

 Microsoftは,同社が現在開発中の新OS“Windows 8”の一部を公開した。現在公式サイトでは,「Previewing ‘Windows 8’」と題された記事が公開されているほか,主にユーザーインタフェースを紹介するムービーも掲載されている。


 上記のように,Microsoftは,D9 conferenceで「Windows 8」に関する発表を行い,初めて実働デモを公開した。
 Windows 8は,Intelアーキテクチャのみならず,ARMもサポートするなど,タブレット型PCやスマートフォンへの搭載も視野に入れられたOSであり,タッチパネルによるナチュラルインタフェースが非常に重視されていることが分かる。
 また,「今年初めに発表したSoC(System on a Chip)でWindows 8をサポートするという発表をフォローするデモ」とのことなので,今回のデモ自体がARMベースCPUコアで動いているものだと思われる。
 また,ムービー中では,「Windows 8」はコードネームという扱いになっているようだ。

 さて,すでにムービーをご覧になった人も多いと思うが,今回のデモはマウスやキーボードを一切使わないタッチスクリーンだけの操作によるものだ。Windows 8のUIは,Windows Phone 7の“Tile”インタフェースを思わせるものとなっている。Windows Phone 7のデモについては,こちらの発表会記事に詳しいので,ご参照いただきたい。
 Windows 8では,スタートメニューに代わる,TileベースのローンチメニューUIからのアプリの高速起動などがウリとなっている。また,そのTile部分の情報を随時更新していく「Live Tile」などについても,上記の記事に含まれるWindows Phone 7のデモが分かりやすいだろう。

タイル状の画面構成。選択用メニューとなっているだけでなく,天気や株価などはLiveTileとなっており,随時更新される
Windows 8
画面の余白部分が重要な役割を持つ模様。メニューを呼び出したり,すでに開いているアプリを拾ったりとさまざまな機能が確認できる
Windows 8 Windows 8

 ほとんどのデモは,1アプリが全画面を占有するタイプのものだったのだが,アプリを画面端にドッキングさせて,画面分割を行うシーンなどもあり,オーバラッピングウィンドウシステムからタイリングウィンドウシステム(マルチウィンドウシステム草創期にいくつか実装例があったようだが,すぐにオーバーラッピングマルチウィンドウシステムに駆逐されていた)への回帰が窺える。
 デモでは従来のWindowsアプリが動作するほか,ファイルウィンドウなどでは,お馴染みの画面が表示されたおり,基本部分はこれまでどおりのWindowsであることも確認できる。

画面外から持ってきたアプリを,画面端付近に配置すると,ドッキングされるようだ。タイル幅は自由に変更できる
Windows 8 Windows 8

Webブラウザでは画面の上の余白でページを選択している
Windows 8

従来のWindowsアプリも動く。お馴染みのファイルウィンドウも
Windows 8 Windows 8

 HTML5のレンダリングについては,Internet Explorer 9で,すでにかなりの部分をDirectXレベルで行っているのだが,“Internet Explorer 10”ではさらにハードウェア対応が進み,WindowsのネイティブAPIにアクセスできるような機能が追加される模様だ。Windows 8世代の基本的なアプリケーションは,HTML5とJavaScriptだけで記述できてしまうかもしれない。また,IE10では,HTML5の機能サポートでの仕様への忠実度も高くなるとしている。

 Windows 8の開発は順調に進んでいるようだが,カーネル,ネットワーク,ストレージ,デバイス,UIなど,あらゆる部分で革新的な試みが行われるとされており,すべてが作業中であるため,一般向けのプレビューリリースは当分困難であるとの見通しだ。Microsoftでは,Windows 7開発時と同様に開発ブログで技術的な対話を行っていく予定だとしている。

 「Windows 8を搭載したPCは,まったく新しいデバイスになります」

 とはいえ,これはデスクトップPC向けのOSの次世代製品でもあるので,ちゃんと“クラシック”なUIはあるのかなども気になるところではある。新しいデバイスになってもらうと困る場合も多いのだ。Windows 2000以降,Windows UIは一定の方向で進化はしているものの,全体的な自由度は下がってきている。実際のところ,だんだん使いにくくなっていると感じている人も少なくないのではないだろうか。Windows Vistaでは,予想以上にゲームが動かないという状況も経験しているだけに,大きなアーキテクチャ変更を含むと思われるWindows 8の互換性なども気になるところである。今後の発表に注目したいところだ。

Microsoft公式サイト「Previewing ‘Windows 8’」

  • 関連タイトル:

    Windows 8.x

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月17日〜10月18日