オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

いまから始めるオンラインゲーム
募集中
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2011/05/30 09:00

ニュース

[COMPUTEX]NVIDIA,「GeForce GTX 560M」を発表。GeForce 500Mシリーズ初のGTXモデル

GeForce GTX 560Mのスペック概要
GeForce 500M
 COMPUTEX TAIPEI 2011の開幕を翌日に控えた2011年5月30日,NVIDIAは,ノートPC向けGPU「GeForce GTX 560M」(以下,GTX 560M)を発表した。GeForce 500Mシリーズでは初のGTXモデルとなる。

 GTX 560MはTSMCの40nmプロセス技術で製造され,192基のCUDA Coreを搭載。メモリインタフェースは192bitで,最大では容量3GBのGDDR5をグラフィックスメモリとしてサポートできる。
 動作クロックはコア775MHz,シェーダ1550MHzで,メモリは最大2500MHz相当(実クロック625MHz)。最大では60GB/sのメモリバス帯域幅を確保することになる。下の表1は,同じく192 CUDA Coreを搭載した「GeForce GTX 460M」および従来のシリーズ最上位モデルたる「GeForce GT 555M」とスペックを比較したものだが,CUDA Core数だけでなく,動作クロックも大幅に引き上げられているのが分かるだろう。

※GT 555Mには,96 CUDA CoreでGDDR5が組み合わせられたラインナップも存在する

GTX 560M搭載ノートPCの中心価格帯は999〜1999ドルとされる
GeForce 500M
 NVIDIAは,GTX 560Mのキーワードに「1080p」を挙げている。
 同社によれば,「Duke Nukem Forever」をプレイするとして,「GeForce GT 540M」(以下,GT 540M)搭載のノートPCだと,解像度を1366×768ドットに設定したうえで,テクスチャとシャドウの設定を順にLow,Mediumに指定し,さらにアンチエイリアシングを無効化すると30〜40fpsの確保が可能。これに対してGTX 560Mの場合は,解像度1920×1080ドットで,テクスチャやシャドウの設定をUltraとし,アンチエイリアシングを有効化しても,55〜65fpsのフレームレートを維持できるという。

GeForce 500M GeForce 500M
GT 540M(左)とGTX 560(右)で,Duke Nukem Foreverのプレイにどれだけの違いを示したスライド。(96 CUDA Core仕様の)GT 540Mと違って,GTX 560Mでは,1920×1080ドットで,各種グラフィックスオプションを高めに設定して55〜65fpsを確保できるとのこと
GeForce 500M GeForce 500M
こちらは「Crysis 2」で解像度1980×1080ドットに設定し,30〜40fpsのフレームレートを維持しようとすると,どういう画面になるかをGT 540(左)とGTX 560M(右)で比較したもの。各種グラフィックス品質を高くした「Gamer」設定を選択できるのがGTX 560Mの強みとされる
GeForce 500M GeForce 500M
GTX 560Mでは,主要タイトルにおいて,グラフィックス設定を最大に指定しても平均30fpsのフレームレートが得られるとされる(左)。右はDirectX 11アプリケーションで「Radeon HD 6870M」より高速というスライドだ

GeForce GTX 560MはOptimusにも対応させられる
GeForce 500M
 また,ゲーマー向けのGTXモデルということで,GTX 560Mでは,PhysXと3D Vision,SLIのすべてに対応するのも特徴となる。ノートPC側がサポートしていれば,Intel製CPUに統合されたグラフィックス機能とGeForceとを自動で切り替える機能「Optimus」も利用可能だ(※Optimusを採用したノートPCだと,3D Vision&SLIは利用できない)。
 NVIDIAでノートPC向けGPUビジネスを統括するRene Haas(レネ・ハース)ジェネラルマネージャーによれば,OptimusからGPUを無効化した状態でオフィス系の作業を行えるようなバッテリーが搭載されている場合,GPUを有効化してDuke Nukem Foreverをプレイしてもバッテリーは2時間持つとのこと。また,そのときのフレームレートは(Optimusを利用しない環境と比べると若干落ちるものの)平均50fpsを確保できるという。

 GTX 560M搭載のノートPCは,この夏にも主要なノートPCベンダーから登場する見込み。現時点で明らかになっているそのラインナップは下に示したスライドのとおりだが,ASUSTeK ComputerやMSIの製品は,COMPUTEX TAIPEI 2011の会場で展示されることが期待されよう。また,Dellの「ALIENWARE M18x」はSLI構成でGTX 560Mを搭載するのが明らかになっており,こちらもなかなかの注目製品といえる。

今年の夏には,GeForce GTX 560M搭載ノートPCが主要ベンダーからリリースされる予定とも発表された
GeForce 500M



2011年後半には「GeForce GTX 485M」の後継が登場

位置づけが変わりつつ「MX」も復活?


 GTX 560Mに合わせて,NVIDIAは,GeForce 500Mのロードマップを公表した。さらに,下位モデルのバリエーションモデル追加も発表しているので,これらも紹介しておきたい。
 まずロードマップのほうだが,それによると,同社は2011年後半に,「GeForce GTX 485M」の後継となるフラグシップGPUを投入する計画だ。

ノートPC向けGeForceシリーズのロードマップ。今年後半にはGeForce GTX 485Mの後継モデルが投入される
GeForce 500M

GeForce 500M
GT 520MXの製品イメージ
GeForce 500M
GT 520MとGT 520MXの比較。GT 520MXでは動作クロックが引き上げられている
 もう1つ,発表されたバリエーションモデルのほうは,「GeForce GT 520M」(以下,GT 520M)の高性能版,「GeForce GT 520MX」(以下,GT 520MX)となる。かつての「エントリーモデル」的意味合いとはずいぶん異なるものの,結果的に「MX」という型番が復活したのは感慨深い。

 GT 520MXとGT 520Mの主なスペックは表2で比較しているとおり。コア&シェーダクロックは約22%,メモリクロックは約13%引き上げられている計算だ。NVIDIAはこれにより,ローエンドの単体GPUを搭載したノートPCにおけるグラフィックス性能の底上げを図る。


 PCゲーム市場では今後,「Crysis 2」のDirectX 11対応パッチや,キャラクターの描画にレイトレーシング技術を応用した「EVE Online Incarna」,サーバー側にPhysXベースの衝突演算処理を実装した「Age of Conan : Rise of the Godslayer」などのリリースが控えている。単体GPUの重要性はますます高まるため,ラインナップの強化が必要,ということなのだろう。
 競合はすでに最上位モデルまで出揃っているが,そんななか,シリーズ初のGTX型番となるGTX 560Mがどういった立ち位置を確保できるか,今後に注目していきたい。

GeForce 500M
DirectX 11対応タイトルや3D Visionに対応したタイトルの拡充などにより,ノートPCでも単体GPUの性能は重要性を増していくというスライド
GeForce 500M
Verde DriverによってノートPCのグラフィックス性能を向上させていくNVIDIA.同ドライバは今年2月の時点で2500万ダウンロードに迫ったという


NVIDIAのGeForce製品情報ページ
GeForce GTX 560M製品情報ページ
GeForce GT 520M製品情報ページ

「COMPUTEX TAIPEI 2011」関連記事はこちら

  • 関連タイトル:

    GeForce 500M

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月02日〜09月03日
タイトル評価ランキング
92
Smite (PC)
83
83
80
マリオカート8 (Wii U)
78
FREE JACK (BROWSER)
2014年03月〜2014年09月