オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2011/02/21 11:14

イベント

[AOU2011]稼働間近の「クイズマジックアカデミー8」,新搭載の“自由形式”でクイズ王の座が争われた「特別課外授業 AOU2011特別杯」レポート

 新作アーケードゲームが一堂に会したAOU2011,一般公開日となった2011年2月19日のKONAMIブースでは,来場者を対象としたさまざまなステージイベントが行われた。そのステージ数はかなりのもので,4Gamerでは「jubeat AOUスペシャルマッチ」「BEMANIスペシャルステージ グランドフィナーレライブ」「ラブプラススペシャルステージ」などの記事を掲載しているが,ここでもう一つ,「クイズマジックアカデミー8 特別課外授業 AOU2011特別杯」の模様をお伝えしていこう。

クイズマジックアカデミー8

「クイズマジックアカデミー」シリーズ総合サイト



シリーズ最新作「クイズマジックアカデミー8」は3月下旬稼働開始


 さて,ステージイベントの紹介に移る前に,まず本作「クイズマジックアカデミー8」(以下,QMA8)について,改めてお伝えしよう。

クイズマジックアカデミー8

 本作は,大人気のアーケード用オンライン対戦クイズゲーム「クイズマジックアカデミー」シリーズの最新作。その8作目となる今回は,シリーズ最多の16万以上の多彩なクイズと,21人のプレーヤーキャラクターが登場するのが,一番の強化ポイントだ。
 クイズには,新方式の「早い者勝ちクイズ」「協力スロットクイズ」が登場し,「全国オンライントーナメント」と「協力プレー」の各モードで使用可能。全国対戦の決勝戦では,好みのクイズ形式を3つ組み合わせる「自由形式」が選択できるようになって,これまで以上に白熱したバトルが楽しめる。

クイズマジックアカデミー8 クイズマジックアカデミー8
クイズマジックアカデミー8
「早い者勝ちクイズ」は,複数の正解がある選択肢から,早い者勝ちで正解の選択肢を奪いあう。「全国オンライントーナメント」に登場
クイズマジックアカデミー8
「協力スロットクイズ」は,仲間と協力して正解となるようスロットを合わせて解答する。「協力プレー」に登場

会場にはもちろん実機が用意され,多くの来場者がプレイを楽しんでいた

 またキャラクターは,前作「QMA7」で登場した新キャラクター,アイコ/リック/マヤらに加え,これまでのシリーズに登場した,アロエ/ルキア/マラリヤといったキャラクターが生徒として再登場となる。キャラクター人気も高い本作だけに,過去の人気キャラクターの復活は,純粋に嬉しいポイントといえるだろう。

本作オリジナルのe-AMUSEMENT PASSも用意された。またコナミスタイル限定のアニメ購入特典として,アニメ版のe-AMUSEMENT PASSも登場する
クイズマジックアカデミー8
クイズマジックアカデミー8

 このほかにも,本作から携帯電話やPCより閲覧可能な,コミュニケーションサイトが開設(2011年春に公開予定)されることで,ゲームと連動したプレイヤー同士の“サークル活動”が手軽に行えるようになり,「協力プレー」モードでのみ使用可能な「お助けアイテム」が,同社の電子マネーシステム“PASELI”で購入できるようになるなど,ゲームの内から外に広がる要素も用意されている。稼働は2011年3月下旬の予定なので,QMAファンは約1か月後を心待ちにしておこう。

クイズマジックアカデミー8
さまざまなお助けアイテムが登場。例えば「刻戻しの砂時計」は,自分と仲間の回答時間を,一定時間回復できる
クイズマジックアカデミー8
ステージでは,QMA7からだけでなく,QMA6からのデータ引き継ぎも可能になることが発表された


ステージは,肩慣らしのQMA“トリビアクイズ”からスタート



クイズマジックアカデミー8
 そんな本作の概要説明から入ったステージだが,その後はまず,集まったギャラリーを対象とした“トリビアクイズ”からスタートした。全問正解者には,なんと先ほどのQMA8オリジナル“e-AMUSEMENT PASS”がプレゼントされるとのことで,参加者は自然に気合いが入る。
 以下に出題された10問のトリビアクイズを掲載するので,リアルタイムで参加できなかったファンは,ぜひ挑戦してみよう。正解はこのページの最後に掲載しているので,答え合わせの際はそちらを参照してほしい。


クイズマジックアカデミー8 クイズマジックアカデミー8
クイズマジックアカデミー8 クイズマジックアカデミー8
クイズマジックアカデミー8 クイズマジックアカデミー8
クイズマジックアカデミー8 クイズマジックアカデミー8
クイズマジックアカデミー8 クイズマジックアカデミー8

最終的にトリビアを完走したのは,8名の参加者。まさか8名も残るとは思わず,5枚しか賞品を用意していなかったというが,急遽3枚を追加。8名全員に“e-AMUSEMENT PASS”が贈られた


QMA8「特別課外授業 AOU2011特別杯」がいよいよ開幕


クイズマジックアカデミー8
 そしてトリビア大会で場が暖まったところで,いよいよ「特別課外授業 AOU2011特別杯」が開幕となった。この「AOU2011特別杯」は,携帯サイト「コナミネットDX」内からエントリーした参加者の中から,QMA7の「第8回全国大会 −学期末試験−」および「全国オンライントーナメント 1月の優勝回数ランキング」の,それぞれ上位12名が選抜されての戦いとなった。第1回戦と2回戦は,午前中に行われたステージにて行われ,勝ち抜いた8名の中からいよいよ優勝者が決する。

 その決戦を盛り上げるコメンテーターとして登壇したのは,本作に用意された16万ものクイズを作成/監修した,クイズ作家の大門弘樹氏と,数々のクイズ番組で王者輝いた経歴を持つクイズ王,永田喜彰氏,そして早稲田大学クイズ研究会のエースとして,数々の実績を残す大美賀 祐貴氏。優勝者には,3月24日に発売される本作のアニメBlu-rayに加え,カスタマイズアイテムのチャンピオンクラウンが大門氏から贈られることとなる。

右から大美賀氏,永田氏,大門氏。いずれもQMAのイベントでは欠かせないメンバーだ

優勝者に贈られるカスタマイズアイテム“チャンピオンクラウン”
クイズマジックアカデミー8

数々の難関を突破し,本戦トーナメントにコマを進めたのはこの8名。当日午前中に行われた予選で,特別参加の永田氏,大美賀氏を下した猛者達だ
クイズマジックアカデミー8

 そして始まった本戦トーナメント。その戦いは,先にも触れたQMA8から新たに加わった出題形式「自由形式」によって争われた。これはクイズジャンルから,○×や一問多答などのクイズ形式,そして難度も任意に選択可能というモードで,自分と相手の得意ジャンル/得意方式をどう被せていくかも戦略のうちとなる。そのあたりも見どころの一つとのことで,ジャンルセレクトの段階から,QMAシリーズの頂点に位置するプレイヤー達による,ハイレベルな駆け引きが展開されていた。

四択クイズでは,問題を読み上げる前に全員が回答するという,司会者泣かせなハイレベルなバトルが展開
クイズマジックアカデミー8
普段からいちプレイヤーとして本作をプレイしており,アニメジャンルが苦手という永田氏。最近はクイズのために深夜アニメをチェックして勉強しているそうだ
QMA3の当時,中3の頃から本作をプレイしているという大美賀氏。学生だけあってか,学問ジャンルが得意だという
近頃は視聴者参加のクイズ番組がめっきり減ってしまって残念だというお三方。関係者の皆さん,ぜひ視聴者参加番組をよろしくお願いしますとは永田氏の弁

 そして迎えた決勝戦,その舞台にコマを進めたのは,かきねTとく選手ほーてんげき選手やるお選手とまとばんく選手の4名。まだ未稼働のQMA8にも関わらず,全員が300点前後をとる接戦の末,優勝を手にしたのは,かきねTとく選手となった。

2回戦で自身を下したほーてんげき選手を応援する永田氏。大美賀氏は,同じく自身を下したとまとばんく選手を応援
クイズマジックアカデミー8
問いが「○○ですが,〜」で繋がる引っかけ問題にも,誰一人引っかからないという,こちらは出題者泣かせな展開。最後はこの問題で,優勝者が決定となった
クイズマジックアカデミー8

 前回出場した大会で3位だったというかきねTとく選手は,優勝コメントで「3年前の忘れ物を取り返せた」と,雪辱の喜びを語る。大門氏から贈られた記念の楯や賞状を手に,喜びの表情を見せていた。また惜しくも敗れた3名にも,額装イラストと賞状が贈られた。

優勝したかきねTとく選手
クイズマジックアカデミー8 クイズマジックアカデミー8

 イベントの最後のコメントも,やはり大門氏から。「皆さんに愛されてQMAも8まで来ました。6〜7のさまざまな変更点を経て,QMA8はいわばその究極形態,最高傑作になったと自負しています。自由形式などの新要素や,お休みしていたキャラクターが帰ってくるなどもあります。そのほかにも仕掛けや展開を考えているので,たっぷり十二分に楽しんで,遊んでほしいと思います。」と語り,ステージを締めくくった。

 1か月後の稼働をひかえ,期待を集める最新作「クイズマジックアカデミー8」。クイズマニアもキャラクターのファンも,稼働後はぜひ最寄りのアーケードに通い詰め,思う存分本作を楽しんでほしい。


トリビアクイズの答え(選択反転):
A.1:○ A.2:○…協力プレーやカスタマイズアイテム購入でおなじみのPASELIは,QMA7が初対応のコンテンツでした。 A.3:×…描かれているちびキャラは「レオン,セリオス,カイル,ラスク,ルキア,シャロン,クララ,アロエ」の8キャラクター。 A.4:×…QMA5で挑戦できた検定の数は30検定。 A.5:×…QMA4で新しく増えたクイズ形式は「線結びクイズ」。「スロットクイズ」はQMA5で追加された。A.6:×…QMA3製品版からe-AMUSEMENT PASSに対応した。 A.7:○…生徒キャラクター「タイガ」「ユリ」。先生キャラクター「マロン」「ガルーダ」「リディア」「ロマノフ」。 A.8:×…最初のロケテスト場所は池袋,川崎で開催。その後,入谷,大阪で開催した。 A.9:(3)クララ A.10:(2)ズッキーニ
  • 関連タイトル:

    クイズマジックアカデミー8

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月22日〜05月23日