オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
シリーズ初の舞台公演が12月4日に開幕。「ファンタシースターオンライン2−ON STAGE−」のキャスト・スタッフ顔合わせレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/11/10 20:36

イベント

シリーズ初の舞台公演が12月4日に開幕。「ファンタシースターオンライン2−ON STAGE−」のキャスト・スタッフ顔合わせレポート

 セガは2014年11月8日,東京都内において,舞台「ファンタシースターオンライン2−ON STAGE−」(以下,PSO2−ON STAGE−)のキャスト・スタッフの顔合わせを行った。
 同社がサービス中のオンラインRPG「ファンタシースターオンライン2」PC / PS Vita 以下,PSO2)を原作とした舞台演劇となるPSO2−ON STAGE−。12月4日から12月7日までの4日間,東京・青山劇場にて公演される予定となっている。

 PSO2は,SF世界での冒険を描くオンラインRPG。プレイヤーは,未知の惑星を調査する「アークス」の一人となり,ほかのプレイヤーと協力してさまざまな任務に挑む。PSOシリーズは来年(2015年)に15周年を迎えるが,これを記念したプロジェクト第1弾がPSO2−ON STAGE−というわけだ。
 本公演には,PSO2のシリーズプロデューサーである酒井智史氏と,PSO2のシリーズディレクターである木村裕也氏が,共にスーパーバイザーとして参加。劇中で着用されるのと同じデザインのコスチュームのアイテムコードが来場特典として配布されることになっている(関連記事)など,舞台演劇とオンラインゲームの連動も試みられている。

 顔合わせに先立ち,酒井氏と木村氏への,メディア合同によるインタビューが行われたので,その模様をお届けしよう。

PSO2のシリーズディレクター 木村裕也氏(左)と,PSO2のシリーズプロデューサー 酒井智史氏(右)
PSO2 | ファンタシースターオンライン2

――よろしくお願いします。まずはPSO2−ON STAGE−のプロジェクトが立ち上がった経緯を教えてください。

酒井智史氏(以下,酒井氏):
 来年がPSOシリーズ15周年ということで,いろいろなメディアへ展開していきたいと考えているところに,弊社で「サクラ大戦 歌謡ショウ」などを手がける中山(中山雅弘氏)から「舞台をやるのはどうですか」という話をもらったのがきっかけです。
 オンラインゲームと舞台演劇が結びついた例もなかなかないと思いますが,ファンタシースターシリーズはこれまでさまざまな挑戦を続けてきたシリーズでもありますので,今回も挑戦してみるのも面白いだろうと。

木村裕也氏(以下,木村氏):
 今回の舞台化は,15周年プロジェクトの第1弾としてはかなり面白い企画になりましたね。

――お二人は,今回スーパーバイザーとして参加されているんですね。

木村氏:
 「PSO2を舞台にするのであれば,ゲーム内の世界だけを描くのではなく,現実世界のプレイヤーを絡めたものとしてください」と提案させていただくなど,脚本のプロット段階から最終稿まで関わっています。舞台上で使用するゲーム映像を開発チームで制作するなどのフォローも行っているんです。

――舞台のストーリーはどういったものになりますか?

酒井氏:
 ゲームを舞台化する際は,ゲーム内のストーリーを下敷きにするというやり方が主流ですが,PSO2−ON STAGE−は完全オリジナルのストーリーになります。
 技術の進歩により,精神をゲーム世界へ送り込むような遊び方ができるようになった2022年,PSO2をプレイする男子高校生が事件に巻き込まれ,オンラインと現実の世界を行き来しながら解決していくんです。
 オンライン上のキャラクターとこれを操作するプレイヤーは,別々の方が演じられることになっていますので,両者のギャップも見どころの一つです。

――音楽はゲームと同じものが使われるんでしょうか?

木村氏:
 基本的にゲームと同じBGMを使う予定ですが,舞台オリジナルの歌も用意しています。

――PSO2といえば,華麗な衣装や独特な形状の武器が魅力的ですが,舞台上でもこういった部分は再現されるのでしょうか。

酒井氏:
 はい。殺陣(アクション)がありますので,素材も工夫しています。殺陣では映像を使った演出も行い,PSO2らしさを出していきますよ。

木村氏:
 舞台に登場する衣装はゲーム内のものに準拠しています。PSO2の衣装はほかでは見られないような特徴的なデザインをしていますので,目で見て楽しんでいただけると思います。

――ちなみに,舞台に「キャスト」は出るんでしょうか?

木村氏:
 残念ながら出ません。「ヒューマン」「ニューマン」「デューマン」が登場します。

――PSO2プレイヤーの中には,舞台を見に行ったことがないという人もいると思いますが,そうした人に向けてのコメントはありますか。

酒井氏:
 舞台と客席のライブのコミュニケーションが楽しいのが舞台演劇です。舞台上で繰り広げられるものに,時に笑い,時に驚く。オフラインイベントであるPSO2感謝祭と同じノリで楽しんでください。

木村氏:
 舞台演劇というのは,ゲームやアニメを好きな方なら絶対に楽しいメディアだと思うんです。これまで舞台を見たことがない方も,これをきっかけにして観劇をされるのも一つの手ですね。

――では,最後にメッセージをお願いします。

木村氏:
 15周年を機に,ゲーム外へもいろいろと展開していきたいと思っています。すでにドラマCDやPSO2感謝祭などさまざまな取り組みをしていますが,ゲームの内外を含めてPSO2というコンテンツとして楽しんでいただければと思っています。

酒井氏:
 舞台は,PSO2をご存じない方でも楽しめるようなものになっていますし,PSO2のプレイヤーさんなら笑えるところも用意されています。普段はゲームをやらない方にオンラインゲームに興味を持っていただいたり,PSO2のプレイヤーさんが舞台の面白さに気づいたり……といった相乗効果があるといいなと思っています。
 15周年に向けて,いろいろなことを考えていますので,今後も期待してください。

――ありがとうございました。

 最後に,蒼井さんと新田さんからいただいたメッセージをお伝えして本稿の締めくくりとしたい。

下段左より,木村氏,久住小春さん,蒼井翔太さん,新田恵海さん,酒井氏
中段左より,菊地美香さん,小宮有紗さん,井上喜久子さん,白華れみさん,榎本温子さん
上段左より,宮垣祐也さん,高橋広樹さん,小西克幸さん,林 明寛さん,会 一太郎さん
PSO2 | ファンタシースターオンライン2

蒼井さん:
 脚本を読ませていただいてとても面白かったですし,そうそうたる皆さんと一緒に舞台を作っていけるのが楽しみです。早くお客さんに見ていただきたいという思いでいっぱいです。

新田さん:
 今回が初舞台なんですが,ずっと役者を目指していたので,ステージの上に立てるということを本当に嬉しく思っています。この舞台用の新曲を歌わせていただくことになっていますが,とても可愛らしいキラキラした曲になっていて,今から舞台の上で歌うのが楽しみです。

 キャスト・スタッフの気合いが伝わってきて,早くも12月の公演が楽しみになってくる顔合わせだった。なお,公演のチケットは現在販売中。会場では,来場者特典として「星濱学園男子制服」「星濱学園女子制服」「『蒼井翔太』ボイスチケット」「『新田恵海』ボイスチケット」,そして消費アイテム「カラーチェンジパス」が入手できるアイテムコードカードがプレゼントされる。また,会場でパンフレットを買うとカタナ武器迷彩「*スタークエーサー」「『井上和彦』ボイスチケット」「『井上喜久子』ボイスチケット」が入手できるアイテムコードカードがもらえるので,欲しい人は逃さずチェックしておこう。

PSO2 | ファンタシースターオンライン2
星濱学園女子制服
PSO2 | ファンタシースターオンライン2
星濱学園男子制服
PSO2 | ファンタシースターオンライン2
スタークエーサー 帯刀時
PSO2 | ファンタシースターオンライン2
スタークエーサー 抜刀時

舞台「ファンタシースターオンライン2−ON STAGE−」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ファンタシースターオンライン2

  • 関連タイトル:

    ファンタシースターオンライン2

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月22日〜07月23日