オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2013/03/30 23:16

イベント

「ファンタシースターオンライン2」EPISODE 2の展開も発表! 「ファンタシースターシリーズ25周年記念コンサート シンパシー2013」の模様をレポート

会場となった日比谷公会堂には,早朝6時過ぎから来場者が訪れ,若干数の当日券も早々に売り切れてしまったという
 セガの人気RPG「ファンタシースター」シリーズの25周年を記念するコンサート「ファンタシースターシリーズ25周年記念コンサート シンパシー2013」が,本日(2013年3月30日),東京・日比谷公会堂にて開催された。
 このコンサートは,指揮に作曲家の天野正道氏を,演奏に東京フィルハーモニー交響楽団を迎え,ファンタシースターシリーズの数々の名曲が奏でられるというもので,昼と夜の2回公演が行われた。本稿では昼の部の内容をお届けしよう。


 公演は「ファンタシースターオンライン」のオープニング曲をアレンジした「Fanfare」で幕を開けた。今回のコンサートでは,東京フィルハーモニー交響楽団が演奏をするステージのバックにスクリーンが用意され,そこに楽曲が使用されたシリーズの名場面が映し出されるという,音と目の両方で楽しめる内容となっていた。また,演奏の合間には,現在のファンタシースターシリーズを取り仕切るプロデューサーの酒井智史氏と,シリーズの大ファンとして知られる声優の榎本温子さんが,楽曲や作品にまつわるトークを展開した。
 オープニングの次は「Phantasy Star Medley for Sympathy 2013」。ここでは,シリーズ25年の原点である「ファンタシースター」「ファンタシースターII 還らざる時の終わりに」「時の継承者 ファンタシースターIII」「ファンタシースター 千年期の終りに」の4部作の楽曲がメドレーで演奏された。かつてのハードウェアの音源で聞いていたメロディがオーケストラアレンジされ,当時を懐かしむ人も多かったのではないだろうか。MCで登壇した酒井氏は,当時はまだ高校生のプレイヤーだったとのことで,その頃から現在まで続く「SF世界のRPG」という土台を築いてきた多くの開発陣に,あらためて敬意を表していた。

PSO2 | ファンタシースターオンライン2
PSO2 | ファンタシースターオンライン2 PSO2 | ファンタシースターオンライン2

 続いてはPSOこと「ファンタシースターオンライン」シリーズより,「Phantasy Star Online OPENING THEME〜The Whole new world〜」(PSO),「Can still see the light〜Phantasy Star Online ENDING THEME〜」(PSO),「"IDOLA" have the immortal feather & the divine blade Medley」(PSO),「World with me〜Phantasy Star Online EPISODE2 ENDING THEME〜」(PSOエピソード2),「"LET THE WINDS CLOW" - Theme of Phantasy Star Online EpisodeIII -」(PSOエピソード3 カードレボリューション),「Underworld -equilibrium-」(PSOブルーバースト エピソード4)の6曲と,ニンテンドーDSで発売された「ファンタシースターZERO」より,「Phantasy Star ZERO」「たいせつなもの」の2曲が披露された。
 PSOの楽曲中に流された,ボスキャラのダークファルスやオルガ・フロウなどの映像が印象的で,当時の思い出がフラッシュバックしてくる。酒井氏はこのPSOシリーズについて「何もかもが新しい挑戦で,くじけそうなときもありましたが,誰もやったことがないことを達成し,その評価が日本ゲーム大賞受賞につながったことの感激を,今あらためて噛みしめています」と語っている。

PSO2 | ファンタシースターオンライン2 PSO2 | ファンタシースターオンライン2
PSO2 | ファンタシースターオンライン2 PSO2 | ファンタシースターオンライン2
PSO2 | ファンタシースターオンライン2 PSO2 | ファンタシースターオンライン2

 次の曲は「ファンタシースター ユニバース」(以下,PSU)より「Save This World - Orchestra Version」。この曲は7分を超える大作で,同作の内容を表現したドラマチックな構成で演奏が行われた。

PSO2 | ファンタシースターオンライン2 PSO2 | ファンタシースターオンライン2

 オーケストラによる演奏はここで一旦終了し,ステージにはゲストの中 裕司氏が登場した。氏は,25年前の初代ファンタシースターにメインプログラマーとして関わり,2Dグラフィックス主流の時代に,アニメーションで動く印象的な3Dダンジョンを当時のハードで実現し,それ以降20年以上にもわたってファンタシースターシリーズに携わってきた人物である。
 檀上の中氏は会場の来場者の中から,当時PSOをプレイしたことがある人に挙手してもらい,「当時サーバートラブルでアイテムをロストさせてしまったことに,この場を借りてお詫びします」と頭を下げ,会場を大いに沸かせた。ドリームキャスト版PSOの発売数週間後には,バグが原因で起こることが判明したが,当時は「謝罪をしてはいけない」という風潮が強く,お詫びができなかった。さらに今ならば無料アップデートで対応すべきところを,「バージョン2」として有料で販売したことを,中氏自身が本当に申し訳なく思っていたのだという。それが,発売後13年めにして謝罪をした理由だそうだ。
 このあと中氏と酒井氏の提案により,ファンタシースターシリーズをきっかけに結婚したというカップルをステージに呼んで記念撮影をしようということになり,幸せな何組かのカップルが公演終了後に2人と一緒に撮影をすることに。

 中氏に続いて檀上には,PSOシリーズからコンポーザーとして関わる小林秀聡氏が登場する。かつて中氏は,PSUの楽曲収録のために,小林氏や今回の指揮者の天野氏とともに,-20度という極寒のポーランド・ワルシャワへと飛び,ショパン国際ピアノコンクールが開催される大きなホールで行われた収録を見守っていたらしい。それをみんなに聞かせたかったという夢が,このコンサートで叶ったのが感無量だと述べていた。
 小林氏は,そのPSUの楽曲制作中に,当時の中氏の部屋(通称:カオスルーム)で「おまえは日本のジョン・ウィリアムズになれると思っていたのに,これで大丈夫か!?」と何度もリテイクをくらったのだという。その結果,誰もが納得できる名曲に仕上がったのだそうだ。

PSO2 | ファンタシースターオンライン2

PSO2 | ファンタシースターオンライン2
 ここからは,小林氏率いるバンドによる演奏が行われた。選曲は「ファンタシースターポータブル」(以下,PSPo)シリーズより,「Save This World - νMIX -」(PSPo),「Living Universe」(PSPo2),「Go Infinity feat Takenobu Mitsuyoshi」(PSPo2インフィニティ),「Ignite Infinity」(PSPo2インフィニティ)。1〜2曲目と4曲目で,当シリーズのボーカリストとして知られるアネットC(Annette Marie Cotrill)さんがボーカルを担当,3曲目ではタイトルにあるとおり,ボーカルゲストの光吉猛修氏がステージに登場し,熱い歌声を聞かせてくれた。
 もともと光吉氏は,PSPo2インフィニティのサントラの企画でIgnite Infinityも歌っていたが,今回はコンサートだけのスペシャルとしてGo Infinityも歌唱。さらに今回特別に「みんなと一緒に歌える曲」として,PSOやPSUのファンにとっても馴染み深い「バーニングレンジャー」のオープニングテーマ「Burning Hearts〜炎のANGEL〜」を歌いあげ,会場をさらなる興奮へと包んだ。酒井氏は「このBurning HeartsはPSOやPSUで聞けましたけど,PSO2でも聞きたいですよね!」と光吉氏に向けて発言し,会場からは大きな拍手が上がっていた。
 なおここで演奏されたIgnite Infinityは,このコンサートに向けた楽曲アンケートの1位になった曲だ。もちろん会場からは「[ ゜д゜]<インフィニッティー」のかけ声が聞こえてきた。

PSO2 | ファンタシースターオンライン2 PSO2 | ファンタシースターオンライン2
PSO2 | ファンタシースターオンライン2 PSO2 | ファンタシースターオンライン2

 ここから再びオーケストラ演奏へと戻り,「ファンタシースターオンライン2」(PC/PS Vita 以下,PSO2)の楽曲をフィナーレに向けて演奏。「Title - PSO2 -」「Stage Medley - PSO2 -」「Dark Range」「Big Varder & Quarts Dragon Medley」「Falz Arm & Dark Fals Elder Medley」の合計5曲が披露された。ちなみに,今回のコンサートのタイトルとなったシンパシー(Sympathy)は,PSO2のゲーム展開によってステージBGMが変わるサウンドシステム(関連記事)に由来しているそうだ。

 この演奏の合間には,PSO2に関する2つの大きなニュースが,酒井氏より発表となった。まずはPSO2のリリース1周年を記念し,6月より「ファンタシースター感謝祭2013」が開催されることが決定。6月9日の東京を皮切りに,6月15日名古屋,6月29日福岡,7月14日大阪,7月28日札幌の5都市で開催される予定だ。同時に公式大会「アークスグランプリ」も開催され,その決勝が8月3日に東京で行われるとのことである。
 そしてもう1つは,今年夏よりPSO2の「EPISODE 2」が始動するということ。会場のスクリーンには「新種族」「新クラス」「新フィールド」などのキーワードが映し出された。ストーリーなども新しいものが用意されるとのことなので,楽しみにしていてほしい。

PSO2 | ファンタシースターオンライン2 PSO2 | ファンタシースターオンライン2

 そしていよいよ最後となった曲は,PSUより「For Brighter Day - Orchestra Version -」。「明日をもっと輝かせるという意志を歌った曲」と酒井氏が紹介するこの曲の,穏やかなイントロから荘厳なラストへと続く展開に,会場からは惜しみない拍手が贈られていた。
 酒井氏が「ファンタシースターシリーズも,この曲のように輝いた明日を迎えられるように,これからもがんばっていきます」と挨拶すると,さらに大きな拍手が湧き上がり,約2時間半にわたるコンサートは終了となった。

PSO2 | ファンタシースターオンライン2

物販コーナーは当日のチケットを持っていなくても入場ができた。一部のグッズには,昼の部の開演前に完売しているものもあった。特に「25th アニバーサリー ファンタシースター ビジュアルクロニクル」と「ナギサの抱き枕カバー」が人気

ファンタシースターシリーズ25周年記念コンサート シンパシー2013 セットリスト

  • 1:Fanfare
  • 2:Phantasy Star Medley for Sympathy 2013
  • 3:Phantasy Star Online OPENING THEME〜The Whole new world〜
  • 4:Can still see the light〜Phantasy Star Online ENDING THEME〜
  • 5:"IDOLA" have the immortal feather & the divine blade Medley
  • 6:World with me〜Phantasy Star Online EPISODE2 ENDING THEME〜
  • 7:"LET THE WINDS CLOW" - Theme of Phantasy Star Online EpisodeIII -
  • 8:Underworld -equilibrium-
  • 9:Phantasy Star ZERO
  • 10:たいせつなもの
  • 11:Save This World - Orchestra Version -
  • 12:Save This World - νMIX -
  • 13:Living Universe
  • 14:Go Infinity feat Takenobu Mitsuyoshi
  • Ex:Burning Hearts〜炎のANGEL〜
  • 15:Ignite Infinity
  • 16:Title - PSO2 -
  • 17:Stage Medley - PSO2 -
  • 18:Dark Range
  • 19:Big Varder & Quarts Dragon Medley
  • 20:Falz Arm & Dark Fals Elder Medley
  • Ex:For Brighter Day - Orchestra Version -

※Exは,プログラムにないスペシャル演奏曲

「ファンタシースターオンライン2」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ファンタシースターオンライン2

  • 関連タイトル:

    ファンタシースターオンライン2

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月23日〜05月24日