※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
DARK SOULS公式サイトへ
読者の評価
82
投稿数:66
レビューを投稿する
海外での評価
89
Powered by metacritic
DARK SOULS
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

DARK SOULS

DARK SOULS
公式サイト http://www.fromsoftware.jp/darksouls/
発売元 フロム・ソフトウェア
開発元 フロム・ソフトウェア
発売日 2011/09/22
価格 7800円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
82
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 楽しいマルチプレイ、厳しいソロ 100
    • 投稿者:alie9(男性/20代)
    • 投稿日:2014/04/24
    良い点
    ・マップが本当にあるかの様に、できている。

    ・NPCがしっかり役割を果たしていて、仕事をしている。

    ・1人でじっくり攻略or仲間と楽しく、でプレイできる。
    (1人でやっている時も、攻略サイトを見なければ、情報を共有したりできてたのしよ)

    ・1周目が練習のようだ。

    ・プレイヤー同士の騙し合い、PVPがある。

    ・各プレイヤーでキャラクターの能力の個性が出る。
    悪い点
    ・道がわからなければ詰む。

    ・難易度が高いのが売りなのだが、3人で協力プレイすると
     途端にヌルゲー

    ・ほとんどのボスがゴリ押しで行けるw
    総評
    この評価は1週目をクリアした時に書いたものです。
    ダークソウルみたいなアクションRPGは今までなく、1人プレイが苦手な私でも
    オンラインを活用してクリアできた。今発売しているダークソウル兇眥戦し
    てみようよ思います。

    他のヌルイアクションゲームと違って、気を抜くとザコにもやられてしまうので、
    眠たくならないです。

    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 4 5 5
  • 友達と連日ハマっています! 95
    • 投稿者:juke(女性/20代)
    • 投稿日:2014/01/31
    良い点
    ※緊張感のある戦闘が最高!
    他のオンラインゲームに比べて格段に戦闘が楽しい。
    ボス戦にしても対人にしても、経験やプレイヤースキル次第でいくらでも上達出来る所が最高。対人では対戦相手と装備や習得技術で差がありはするのですが、崖から落としたり、擬態してみたり、カウンターやパリィを練習したり、とにかく工夫して試行錯誤するのが楽しいです!対人を仕掛ける方もエリアのモンスターを利用したり1対複数人の戦闘の中、限られた回復手段でいかに上手く立ち回れるか・・・など、対人のやりこみだけで丸々遊べるな〜と思いました。攻略の方も、ザコ相手でも簡単に死ねる難易度なので闇雲に武器攻撃や魔法を乱用してるだけでは攻略できません。ボス戦は尚更難しい〜w

    けど、それを攻略出来た時の達成感はやばいですよ。
    生ぬるい俺TUEEゲーにうんざりした方には特にオススメです!

    ※モーションがリアルでいい。
    描画もリアル志向ですが、敵やキャラの動きも物凄くリアルです。
    装備に重量があり、キャラの持久力と比較して重量オーバーしているようであれば全ての動きに制限がかかります。このシステムは本当にリアルでいいと思う。
    能力が足りなくても装備は出来るんですよ・・・しかし、動きがスロー(または弱体化)にw
    「あの装備を付けたい!けど能力足りないな・・よし、レベルを上げよう!」というプレイヤーの向上心にも一役買っていると思います。今まさに私がそれです。

    ※エリア間の移動にストレスを感じない。
    移動に関しては「歩き→ダッシュ→猛ダッシュ(スタミナゲージ消費)→篝火でのエリア間転送」があるのですが、篝火にはアイテム使えばすぐに戻って来れますし移動のストレスは皆無だと感じました。

    ※まさに冒険、探索の自由度が凄い。
    フロア探索は非常にフリーダム。強化素材を集めてもいい、抜け道を探してもいい、通常では現れないNPCを探してもいい(貴重な魔法やアイテムを売ってくれます)、ボスを他のプレイヤーと組んで攻略しても楽しいです。攻略中に対人をしても面白いです。
    フロアの数も豊富でフロアによって敵が様々にいますので、これに合わせて攻略方法が様々にあります。
    敵に使いまわしのデザイン、使いまわしの動きが無いのはほんと凄い。

    ※世界観が面白い
    ソラールさんを代表とした個性的なNPC達のおかげで、
    基本的にはストイックな世界観がどこか盛り上がってますw
    自分のお気に入りのNPCが見つかるかも知れません。









    悪い点
    ※フレンドとマッチングしにくい。
    同じ契約を組んでいても、中々繋がらない時があります。(白教同士です)
    運が悪いと何回かインしなおして、やっと・・・・という事もありました。
    ダークソウルの主旨が「一期一会の出会い」なので、フレンドと繋がらないという理由でマイナス評価は申しわけ無いのですが・・・せっかくのフレンド機能なので、フレンド同士でのマッチング優遇はして欲しいと思いました。

    ※バグ技、チート侵入がある。
    対人をやっていると、たまにチートしているプレイヤーが来る事があります。
    高所から蹴り落としてやりましょう・・・

    総評
    悪い点さえ無ければ、個人的な評価は100点付けてもいいと思いました。
    アクションRPGが好き&自分の腕や努力次第でいくらでも強くなれる、上手になれるゲームが楽しいと思う方にはほんとにオススメ出来ます。
    ぜひ一緒にやりましょう!
    フレンドと「中々繋がらないよね〜」と言いながらも、VCでワイワイやってますw
    攻略動画もとっても面白いので、購入の際にはご視聴下さい。
    ダークソウル2もめっちゃ楽しみです!!
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 5
  • パッチで良作に 65
    • 投稿者:ksk(男性/20代)
    • 投稿日:2012/10/12
    良い点
    ・ボリュームが豊富
     −ダンジョンの数、ボスの数や武器数、魔法などのコレクション要素など
      ボリュームは十分すぎるほどあります。世界そのものが広く、行くところや
      見るところは山ほどあるので物足りなさを感じることはまず無いと思います。

    ・武器モーションが豊富
     −同一種別であっても一部のモーションが違っていたりとかなり
      バリエーションが多いです。特別な名前の付いた武器だけでなく、
      一般的な武器にも特別モーションが用意されているのは素晴らしいです。

    ・オンラインの協力プレイが楽しい
     −発売直後のひどい状況からマッチングが改善され、そこまで待たなくても
      マッチングできるようになっています。
      一期一会でいろんな人と協力プレイをしていくのは楽しいです。
    悪い点
    ・入力遅延バグが存在する
     −攻撃ボタンを押してもキャラクターが行動せず、ワンテンポ遅れてから
      突然暴発するバグがあります。コントローラなどによって個人差はあるものの、
      ガードしながら攻撃ボタンを押した場合はかなりの確率で発生します。
      発売直後からあるにも関わらず未だに修正されいないのは納得できません。
      アクションゲームとしては致命的だと思いますが・・・。

    ・ダンジョンが単調
     −基本的に狭いところに敵がたくさん配置しただけ、というものが多く
      背景が違うだけで各種ダンジョンの中身は一緒でやや単調です。

    ・移動関係(ワープシステム)や商人が絶望的に使いづらい
     −何も無いボス部屋がワープ先に指定されていたり頻繁に行く場所は
      ワープ先になっていなかったりとほぼ設計ミスのように感じます。
      また、鍛える種類によって幾つかの鍛冶屋を使い分けないといけなかったり、
      その鍛冶屋がダンジョンのど真ん中にいたりとアクセスが悪く使いづらいです。
      とにかく何をするにも移動に時間がかかってしまうのが難点です。

    ・敵の判定がやや理不尽
     −巨大な敵は壁を貫通して攻撃してきます。なまじグラフィックが
      リアルなだけにこういう部分の不自然さはものすごく際立っています。
    総評
    発売直後は一部完全に運ゲーになったりと完全に難易度設定を失敗して
    ただ難しいだけのゲームになってしまっていましたが、パッチでそれが改善され
    それなりに楽しく遊べるようになりました。
    1周クリアする分にはそこまでストレスなくプレイできると思います。

    さすがにダンジョンの仕組みまでは修正できないのでどこもかしこも細道+敵の
    単に事故死率を上げるだけの安易な作りになっていたりはしますが・・・。

    流石に前作デモンズソウルと比べてしまうと見劣りしますが、シリーズファンなら
    まずまず満足できる出来になっていると思います。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 2 3 3
  • やり込む以外の攻略方法が無いゲーム 80
    良い点
    マゾゲーと巷で広まったデモンズの後継。

    オープンワールドに賛否はあるが、個人的にはこちらの方が好き。

    とにかく「死んで覚える」が第一前提。
    死ぬことで「あそこに敵がいる、あそこの敵は今は逃げる」など常に
    考えながら進めることが必須である。

    外国顔にアレルギーがある人でもとりあえず触れて欲しい。

    30代のファンも多く、何かしら新しいゲームの形を示してくれた気がする。


    音楽については、特に記憶に残る音楽はありません。
    私はそれが良い点と思ってますが気になる方は何か音楽聴きながらやれば
    問題ないと思います。
    悪い点
    まだ装備が少ない。

    クリア後の要素ででも数多の選択肢を用意してくれても良かったのでは?
    PC版の発売予定もあり、そこではボスや装備が追加されるそうですが、
    ちょっと時期が遅かった感があります。

    オンラインのマッチングが一番このゲームの評価を落とした原因ではないでしょうか。

    とにかくマッチングしない。友達も呼べない。
    一期一会を大切にするような開発側からの発言がありましたが、IDも英語で、
    マッチングしてボスを倒した瞬間にパーティが解散するため出会いに感謝する
    ことなく終了します。

    発売当初は色々とバグも多く、重大なバグもありました。
    もう少し早い対応を、と言いたいところですがそれ以前にデバックをしっかり
    して欲しい。
    総評
    好き嫌いははっきりするゲームです。

    ただ、デモンズで苦手だなと思ってた方はこちらは一度やってみることを
    おすすめします。

    似て非なる感じというか、私もデモンズは途中で一度投げた側ですがダークソウルは
    かなりやりこみました。

    このシリーズと開発会社はまだ発展途上であることを信じて次回作を期待します。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 2 4 3
  • PS3の名作 90
    • 投稿者:おっか(男性/30代)
    • 投稿日:2012/03/03
    良い点
    ダークファンタジーな世界観、フィールドの美しさ、ドMが泣いて喜ぶ難しさ、そしてピカイチの面白さ。求めていたものがここにはありました。
    オフラインで自力で困難に挑むもよし。困難を乗り越えた時の達成感は異常。
    オンラインで猛者に協力を仰ぐもよし。一緒に戦う感覚がうれしい。
    敵として他プレイヤー先に殴り込みに行ったり、殴り込まれたり。
    オンラインの距離感が絶妙で意思疎通がジェスチャーのみでなので、普段オンラインゲームしない自分でも快適なオンラインプレイができました。
    必要以上な低評価がされてる印象ですが、是非やってみてください。
    海外でも高い評価を得ているゲームです。海外のプレイヤーともオンラインで繋がって、一緒に戦ったり、殴り込みに行って、ささやかな交流ができるのも地味にうれしい。
    悪い点
    やはり初期のバグ騒動で悪い印象を持たれ、それが尾を引いてますね。
    もちろんバグは許されることではありませんが、それを差し引いても抜群の面白さがありました。現在はパッチで対応がなされて文句なしの状態になってます。
    ちなみに私自身発売日に買ってプレイしましたが、1度だけ協力プレイ中にフリーズしたぐらいで他には特にバグらなかった為、他の方に比べて印象がいいのかもしれません。
    しかしこの点は非常に悔やまれるところでしょうね。
    あとかなり難しい方なので、人を選ぶゲームだとは思います。
    総評
    初期のバグ騒動でかなりの低評価が付けられてしまったもったいないゲームです。
    実際プレイしてみれば、その面白さに気付いてもらえると思います。
    そして自らの隠れたマゾ気質に気付かせてくれるでしょう。
    もっと難しく困難な冒険がしたい!と渇望する自分がそこにいることにも。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • PS3屈指の歯ごたえある神ゲーム 90
    良い点
    難易度の高さ。

    心が折れて人間性が尽きる難易度。

    正統進化したグラフィック。

    世界観とマッチした素晴らしい音楽。

    最高のやり応えとボリューム、前作より濃くなったNPCとのストーリー。

    シームレス仕様によるマップの繋がりが見せる世界観。

    武器の豊富さ、モーションの重み、マップの細かさ等の作りこみ。

    特に和製ゲームならではの浪漫武器や、フロムらしい武器やNPC

    特に前作(?)になるデモンズソウル経験者には、嬉しいギミックや諸々なんかもある。

    その前作の知識(トラウマ)を利用されて死ぬ事も(笑

    壊れ仕様やバグなどをパッチできちんと修正してくれる。
    悪い点
    オンラインマッチングの不安定さ。

    時折見せる理不尽な初見殺し等、難易度が高いので人を選ぶ。

    世界観もNPCも基本はこってりとダーク、ここらへんも人を選ぶ。

    PS3の限界なのか、病み村など一部の場所で毎回処理落ちがある。


    総評
    最初に言っておくと、

    確かに初期Verでの鬼畜難易度や仕様は困る部分が多かったですが、

    それらは今はもうパッチで改善されています。

    同じく発売当時話題になった「フリーズバグ」は即パッチ配信されていますし、

    現在は発売当時にネットで話題になったフリーズ等はとっくに無くなってます。
    (買ってない人が当時の批評をそのままネットでぶり返す事が多いので注意)





    プレイ経歴と感想ですが、

    発売当時のVerでトロコン、噂に聞いたフリーズは自分のPS3ではありませんでした。

    その後別キャラでマルチをいくらかやり、一度やめていましたが、

    とある事情でPSNアカウントを変えてトロフィーを取り直す事になり、

    又某動画サイトの実況で再燃していたので、先週もう一度トロコンしました。



    1回目の初期パッチによるプレイと、先週の最新パッチによるプレイの差ですが、

    やはり最新パッチでは比較的クリアがしやすいようです。

    発売してすぐに買う人は、
    前作経験者で尚且つ本作の難易度の高さに期待してる方がほとんどでしたから、
    ある意味初期パッチの難易度でも十分に楽しめましたが、

    強敵を倒しても少ないソウルだったり、アイテムドロップ率の物凄い低さだったり、

    苦行マラソンがやむ終えなかった部分が改善されたので、

    苦行を行う覚悟の無い初心者でもがっつりと楽しめるようになったのは良い事でしょう。

    谷底に落ちてしまう敵のドロップを回収できるようになったのも嬉しかった。





    文句無しに100点をつけたいのですが、今回のマルチは少し困る部分も多かった。

    便宜上白ファン・黒ファンと呼びますが、

    とにかく攻略目的の装備で対人しに来た黒ファンを相手するのが辛い。

    装備を一括で切り替えれれば・・・と悔やむシーンもありました。

    黒への対抗策としても、
    又普通に攻略をする上での救済措置としても重要になってくる白ファンですが、

    これがともかく呼びにくい。

    シームレス仕様ということもあって、前作と違いサインを置く場所も散らばる。

    今作では非攻略目的でイベントの為に生身になる場面もいくらかありましたから、

    白を呼ぶわけにもいかず、黒には入られまくり・・みたいな状況はどうにかしてほかった。




    さて総評。

    攻略にワクワクできて、何週しても新発見がある大ボリューム。

    やり込めばやり込むほど新発見が顔を見せる。

    そして手加減無しの難易度、最近の「クリアに導いてくれる」ようなゲーム仕様ではなく、

    フロムさんがクリアさせまいと殺しにかかってくる。

    最初はオフラインで、2〜3週目は攻略でも見ながらマルチをするのがオススメです。



    「最近のゲームはゆとり仕様でつまらない」

    なんて思ってる方にぜひオススメしたいタイトルです。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 5
  • プレイしてみて・・・すばらしい! 90
    • 投稿者:トッキー(男性/20代)
    • 投稿日:2012/02/28
    良い点
    1 まずグラフィック。アクションゲームだからこそ見ていてすごい。
    2 驚きのストーリーと敵の数々。様々な罠を見抜き、クリアした時の達成感。
    3 BGMを楽しむ事も出来る。緊迫した状況の中では襲い掛かってくるようなサウンドは本当に恐ろしかった。

     最後に一言フロムへ、「心が折れかかりました」
                     ̄ ̄ ̄
    悪い点
    あまりにも難しい場面があるところくらいだと思う。

     プレイヤースキルが非常に試される場面であり、クリアした時の喜びはとてつもないものだろう。人によっては諦めてしまうけれど、私の心は折れませんでした。
                            (ゴム製だから)
    総評
    アクションRPGがお好きな方だったら絶対にお勧めします。
    友達と多少協力できるし、1人でも十分楽しめると思います。
    ぬるいゲームが嫌いなら挑戦してみてはいかがでしょうか。

    私が一番感動したのはやっぱりクリアした時の達成感ですかね。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 3 4 4
  • アクションゲーム苦手ですが、はまりました。 90
    • 投稿者:masakin191(男性/40代)
    • 投稿日:2012/02/22
    良い点
    キャラクリの自由度
    数ある装備・魔法と豊富なカスタム性
    シームレスに展開してゆくエリア
    最近のJRPGにない硬派な世界観
    何度も挑む度に実感できる上達感と達成感
    悪い点
    前作にくらべると、サインが少なくてちょっとさびしい。
    鍛冶屋があちこちにあってちょっと面倒
    原盤がなかなかでない。
    総評
    発売当初はいろいろと問題ありましたが、マッチングの問題もほとんど解消されてて最近では、LV帯にもよりますが、不満なくマッチングできてます。
    なんといってもあの絶望からはじまり絶望に終わるという世界観にはかなりの中毒性が潜んでいるとおもいます。(人によりますが)このゲームに味をしめてしまいますと、他のRPGやっても物足りない感じになりそうです。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 3
  • ガッカリ続編 20
    • 投稿者:かまぼこ(男性/30代)
    • 投稿日:2012/02/17
    良い点
    とにかく装備・魔法・奇跡・呪術が多い
    悪い点
    装備や魔法が多いが性能バランスが悪すぎる
    一部の性能が優遇されすぎている

    バグが多い
    Ver1.05でもそう感じる Ver1.00は販売出来ないレベル

    グラフィックが汚い
    テクスチャ伸ばし過ぎでしょう じっくり見るとPS1のような木が生えてたりする

    移動が面倒
    MAPを無駄にでかくしすぎ キャラが移動することを考えて作るべき

    お粗末な攻撃モーション
    ナイフを全身で振ったり、重量武器を横向きにしか振らなかったり本当に格好悪い

    レスポンスの悪化
    デモンズより反応が遅いです たまに1,2秒遅れることすらある

    高難易度(笑)
    狭い場所に大量に敵を並べただけ

    オンライン機能の低下
    メッセージやサインが全然無いけどどうなってんの?

    総評
    デモンズを不便・面倒・理不尽にしたのがダークソウル
    正直こんな内容なら発売して欲しくありませんでした

    スタッフはデモンズのなにが評価されたかキチンと勉強してください
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 1 1 1 4
  • 硬派なARPG 80
    • 投稿者:ゆる(男性/20代)
    • 投稿日:2012/02/16
    良い点
    ・探索感を増したたシームレスなフィールド
    シームレスなオープンワールドが流行りつつある昨今、この試みはすごく良かった探索感が増して冒険してるのがすごく楽しかった。
    ・重量感のあるBGM
    世界観にとても合ってるBGMばかりでした。 素晴らしいの一言 
    ・多彩な武器防具
    デモンズソウルに比べ大幅に増えました 更にに似たような武器のモーションでも少し特殊なモーションのある武器などが増え色々使う楽しみが増えました 防具の見た目もかっこいいものやユニークなものがたくさんあり着せ替えが楽しい。
    ・硬派な難易度
    これは人によるかもしれません。他のゲームと比べるとはるかに難易度高いです故に達成感があります 理不尽に感じた方も多くいらっしゃったようですが、色んな攻略法があり決して理不尽だとは私は思いません。ただし初見殺しは多いです それを笑って「そうかぁ。じゃ次は気をつけよう」と肯定的に許容できないと厳しいのかもしれません。
    ・ストーリークリアまでのボリューム
    公式がクリアまでの想定60時間を謳うだけはありますね。ストーリークリアだけでもかなりのボリュームです オンライン要素も含めるとずっと遊んでられます 


    悪い点
    ・オンラインでのマッチングの悪さ
    本当に悪い所はこれに尽きます 前作デモンズソウルでは(正式には前作ではないが)サーバーがあったのですが、今回はサーバーがないので特定の人とマッチングするのが難しくなっています デモンズソウルの息が長いのはオンラインの楽しさが確立されていたからではないでしょうか。今作はこれさえなければもっと多くの方の評価も変わっていたのではないかと思います。
    総評
    発売からしばらく経ちましたが、改めてダークソウルについて振り返ってみました。思えば初期不良なども多く、製品的には問題があった部分も多かったと思います。しかしゲームの根幹と言えるべき部分は素晴らしいです。プレイヤーを楽しませるんだという製作者の意図がひしひしと伝わってきます。良い点に書いた部分は本当に満足のいく点でした。オンラインでは誓約システムの導入により、ありとあらゆる場面で敵対関係や協力関係が生まれマッチングさえ良好であればどれだけ楽しめたのだろうと身震いしてしまうほどです。本当にもったいない。
    私が減点する部分はオンラインのマッチングの悪さのみです。それ以外はフレームレートの問題も多く聞かれますがPCゲーマーでもなければさほど気にならないのではと感じます。オフラインの要素だけなら文句なしの一言です。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 3 5 5
  • 人を選ぶが傑作 95
    • 投稿者:dook(男性/30代)
    • 投稿日:2011/12/08
    良い点
    ・とにかくダークファンタジーの世界に没頭できる中毒性の高さ
    ・プレイヤー次第で様々な遊びごたえがある再プレイ性の高さ
    ・世界観を大いに演出するグラフィックにボタンを押す指に力が入るモーションの素晴らしさ
    ・煩わしさを感じさせないオンラインプレイ
    ・理不尽かつ非常に難易度が高い一方で一歩一歩、確かに感じる達成感
    悪い点
    ・バグの多さ(ただし、ほぼ完璧に改善されつつある)
    ・特定のマップでの処理落ち

    初見殺しや落下死、敵の配置には個人的に苛立たしさを感じなかった
    総評
    今年、並ぶものがない一本
    ver1.05までアップデートされた今、ダークソウルを一言で評価するとこうなる

    前作、圧倒的な評価を受けたデモンズソウルから約二年半
    ユーザーの期待を一心に背負ったこのダークソウルの船出はかなり厳しいものだった
    オンラインプレイで頻繁に発生するフリーズ、特定のイベントが進行不可能になるバグ
    致命的な欠陥を抱えつつもパッチでダークソウルは本来の姿に戻りつつあるというべきだろうか
    現在、キャラメイクからエンディングまでプレイして不具合を起こす事はない、いやなかった

    あえてここで感想や前述した良い部分の詳細を書き連ねる事は安易ではないとは思う
    しかしながら、このダークソウルはプレイヤー1人で何も知らず立ち向かうべきゲームだと思う
    総評として「メチャクチャ面白かった」と、だけ書くべきだろうか
    このダークソウルを予備知識も攻略情報もなしにクリアする事は素晴らしい体験だと私は考える

    その理由は雑魚に囲まれて斬られ、ボスに蹂躙され、あるいは落下して、罠にはまって

    死ぬ

    幾度も幾度もこの難易度に苦しむと思う
    この鬱積を抱えながら、難所を超えてボスを切り伏せた時のカタルシス
    これこそがダークソウルの魅力だと私は思うからだ

    そしてその生みの苦しみは初見のプレイで最も甘受できるはずだ
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 4
  • フロム臭が強い 85
    • 投稿者:yoshi0(男性/20代)
    • 投稿日:2011/12/01
    良い点
    ・遊びの幅が大きく広がった
    デモンズに比べて武器の数やモーションが格段に増えたのが嬉しい。さらに固有のモーションや特性を持つ武器もあるので、いろいろ試したくなる。

    ・洗練されたグラフィックス
    全体的に画面の雰囲気が引き締まった感じ。コントラストが強く、モーションブラーがかかるようになったせいか、デモンズに比べて重厚感が増してます。

    ・探索感が増したフィールド、迫力のあるボス
    マップがシームレスになった分、移動の手間は増えましたが、探索感があります。ステージクリア型のアクションゲームに近いデモンズに対して、今作は「キングスフィールド」のような印象。
    悪い点
    ・難易度の上げ方がデモンズに比べて下品になった
    狭い一本道、極端に悪い足場、全然のけぞらない敵などユーザーがストレスを感じる方向で殺そうとしてきてるのは残念。ソウルの取得量も全体的に少なく、特にゲーム序盤のバランスはちょっと窮屈でした。ただ、今はアップデートによってある程度改善されています。

    ・キャラクターの挙動が全体的に重くなり、アクションゲーとしての爽快感は損なわれた
    モーションのクオリティ自体は上がっているし、そういう調整だと思えばいいんですが、デモンズソウルの方が単純に操作していて気持ちよかったという印象。特に、ダッシュがデモンズと比べて遅いのは移動が多い本作では結構なストレスになります。

    ・敵対プレイがつまらない
    強靭度のせいで対戦バランスはほぼ終わってます。強靭さえあれば攻撃を受けても強引に背後に回れてしまうし、つまらない手段をとればいくらでも勝ててしまう。おまけに対戦向け誓約が分散しすぎてて余計にマッチングしづらいので積極的に敵対プレイをしようとは思えませんでした。
    総評
    とにかく、発売当初のトラブルが残念です。シングルゲーとしても十分遊べるんですけど、一番新鮮な時に本来の面白さを味わえなかったのがもったいなさすぎる。

    ゲーム的には、良くも悪くもフロムゲーらしくなったという感じですね。キングスフィールドやアーマードコアのようなテイストが強く出ていて、逆にデモンズソウルの時にあった、洗練されたバランス感覚は薄れてしまったかも。

    とはいえ、そこらのゲームにはない独自性と中毒性は健在。なんだかんだ文句言いながらも遊びたくなる感覚は、シレンやモンハンに通ずるものがありますね。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 3 5 4
  • 約束されたはずの名作 40
    • 投稿者:FiGi(男性/20代)
    • 投稿日:2011/11/19
    良い点
    挙動から始まるすべての雰囲気が素晴らしいです
    敵の造形からロケーションや武器のモーションやNPC
    どれもがある統一されたテーマの元存在していて気持ちいいぐらいです

    非常に高次元でのアクションRPGとしてまとめられてるので動かしているだけで楽しいです

    Ver1.05にてオン周りも非常に快適になりました
    悪い点
    バグがひどいです
    現在ver1.05ですがバグのオンパレード
    一部PS3に明らかに負担になるようなバグも存在しています

    難易度設定を明らかに間違えてるというか手を抜いてます
    そのせいで後半が一切といっていいほど面白くないです
    総評
    良い点としては
    中世をテーマにしたダークファンタジーとしては100点といった所でしょうか
    不気味で不安な所で孤独に戦う妙な閉鎖感は昔のRPGを思い出してしまいます
    ボスなどを倒した時の開放感など病み付きになります

    悪い点としては
    残念なことに異常なまでにバグがあります
    正直商品回収が当たり前な次元であったと思います
    1.05だとまだ「まし」ですが・・・良く売れたもんだなと

    後半の「フロムが考えた難しいゲーム」はつまらないです
    硬くて攻撃が重くてしつこいデカブツが大量にいます
    1匹づつ倒せばしっかりと進める難易度ですがめんどくさいです
    硬いし気を抜くとやられるのですっごい疲れます
    投げやりになって適当にスルーすればしっかりやれれます
    ボス前にそういう配置の場所もありメンドクサイの一点に尽きます

    敵の種類は多いですが配置のバリエーションは皆無なので素人がエディターで適当に作ったみたいな敵の種類と配置場所みたいなステージもあります
    見たときは思わず失笑がでました
    だだっぴろい場所にでかいのが2匹ぐらいぽつんといるような場所も多いです
    デカブツばっかりでなぞのスカスカ感が全体を通してあります

    全体で見れば非常にいいゲームなのですがデモンズの続編的な事をいうので正直どうなんだろうっていう感じです
    ダークソウルを作りたいなら1からしっかり作って欲しかったし、デモンズの新作ならしっかり継承させて欲しかったです
    あまりにも中途半端な内容でがっくりきました
    オープンワールドなARPGという大変貴重な存在であるので残念です
    アクション部分は本当にしっかりしているので綺麗で幻想的なマップをみる観光旅行の為に多少の苦痛は我慢するぐらいの気持ちでやるといいかと思います
    1キャラでも70〜100時間ぐらい初見ならかかるので買って損は絶対しないです
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 1 2 4
  • ここにきて再浮上 95
    • 投稿者:anchero(男性/20代)
    • 投稿日:2011/11/17
    良い点
    ・綺麗なグラフック、そしてそれにふさわしい世界観。
    ・多彩な育て方、顔の作成、防具武器の種類。
    ・誓約、侵入、復讐などのオンラインプレイの増加。
    ・人間性、ソウルシステムにより、死亡のドキドキハラハラ感。
    ・オフラインでもNPC召喚など初心者救済システム。
    悪い点
    ・オンラインの場所の区切りの悪さ。ある程度召喚されやすい場所など知っていないとオンラインしにくい。
    総評
    オンラインが全然できないゲームとして、一度は手放され始めたが、新しいパッチでゲーム内容のバグおよび、マッチング等が改善されて、個人的に神ゲームに舞い戻ったといえる。
    デモンズに続き、このゲームはオンラインあり気の魅力あるゲームなのでもう一度皆トライしてほしい。
    もちろんオフラインでも十分良ゲーだとは思う。「これはクリア不可!」と思うような絶望感から達成感までしっかりと味わえる仕組みになっている。

    最後に・・・特にオンラインユーザーが増えれば増えるほど面白くなるゲームだと思うので、皆プレイしてほしい。また、一度離れたプレイヤーも再集結してほしいと切に思う。
    では、太陽万歳。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • ぐだぐだ文句言いながら楽しめるゲーム 85
    • 投稿者:あばばば(男性/30代)
    • 投稿日:2011/11/17
    良い点
    レベルを上げても楽しめる骨太な難易度
    統一感があってのめり込める世界観、シームレスマップ
    ボス、モンスター、装備品の造形や雰囲気
    そこかしこに見える制作者のこだわり
    本筋ではないにせよ、それなりにきちんとしている対人
    煽られる達成感、爽快感
    オンラインのやりやすさ(白、闇、復讐問わず)
    NPCの多様な性格、ストーリー
    悪い点
    一部制約の運用(特に墓王の眷属)
    オンライン時、ホスト側のメリットの薄さ
    飛竜の谷はもう少し作り込んで欲しかった…
    総評
    ver1.05での感想です。
    良い点

    ・レベルを上げても楽しめる骨太な難易度
    緊張感や探索の楽しさ等、どのステージもボスを倒すまでかなり楽しいです。
    レベルを上げたとしても、結局ミスると落ちて死ぬ。。。人によって好みは分かれると思いますがあの緊張感は好きですし、デスペナも酷くないので何度でも挑戦する気になります。

    ・統一感が損なわれずのめり込める世界観、シームレスマップ
    シームレスマップということもあり、例えば街→最下層→病み村と少しづつ異形になっていく敵など、世界観がグラデーションで変化して行く感じで、どのステージもあまり違和感がなく
    スムーズでした。
    かと思えば巨人墓場で暗い場所からいきなり明るい場所に入った時には爽快感もあったりしますし、灰の湖に入った時に、そのステージ同士の位置関係や関連性が見えたりと、のめり込むことが出来ました。

    ・ボス、モンスター、装備品の造形や雰囲気
    そのままです。またいい位置に装備品が置いてあったりするので、防具一式等手に入れた時は凄くワクワクします。

    ・そこかしこに見える制作者のこだわり
    グウィネヴィア(の乳)は感動しました。

    ・本筋ではないにせよ、それなりにきちんとしている対人
    いちいちお金を払ってやってるわけではないですし、みんな似たような性能になったところで個性付けが難しいので、一般的な対戦格闘ゲームのようなバランスは無くても良いのかなと思います。強いとされる武器もあって、あえて弱いとされている武器でなんとかしてみよう…じゃあどうしよう…等、色々な試みが出来ます。
    対人をつまらないものにしているのは「一対一じゃないといけない」とか「エスト飲むな」とか「〜〜強過ぎ使うな」といったむしろプレイヤーにある「暗黙の了解」的なものが多いかと思いますので、メーカー側でどうこうするのはバグのみで良いです。勝った時の達成感はあるので、現状ママでも満足です。

    ・煽られる達成感、爽快感
    スタブやパリィ〜致命、ボスを倒した時の演出は、素晴らしいです。

    ・オンラインプレイのやりやすさ(白、闇、復讐問わず)
    現状マッチングも安定しており、サイン出したまま30分放置、みたいなこともなくなりました。
    赤以外にも侵入要素が増えたのは良いですね。出たり入ったりとなかなか楽しいです。

    ・NPCの多様な性格、ストーリー
    プレイヤー各々が誰かのファンでもおかしくありません。
    そのくらい多彩ですし、それぞれがストーリーを持っていて、楽しめます。
    また同じ装備にしてみたりすることが出来るのも良いですね。

    悪い点(改善が望まれる点)
    ・誓約 墓王の眷属
    制約にいまいち意味の薄いもの(白教)もありますが、お試し的なものなのかなと思っています。
    墓王の眷属は相手側も赤い敵が出てきたりと攻略する楽しみになったりするので面白い試みだと思いますが、相手が1周目では全く持って呪われたことに気づかないので、呪われた側にアラートを出すだけでかなり良くなると思っています。

    ・オンライン時、ホスト側のメリットの薄さ
    ホストになってると何か良い事あるんですかね?という部分で、動機付けが少し乏しいです。
    人間性が購入出来ないので、じゃあやってみようかな、とあまり気軽にできないですし。
    攻略ならまだしも、かといって白呼んだとこで変に気を使ってゆっくり探索できないし、
    侵入されたりもするわけで何となくデメリットばかりが目立つと思います。


    ・飛竜の谷はもう少し作り込んで欲しかった…
    名前から凄い飛竜いたりするのかなと思ってワクワクしてたら汚らしいのが一匹いただけで拍子抜けでした。
    各ステージ間の通路的な使われ方をしていますが、ボスがいたらもっと楽しかったなあ。。。と思います。


    総評としては素晴らしいの一言です。非常に長く遊べそうなゲームだと思っていますし、ver1.05以降は買って良かったと思えるゲームになっていると思います。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 4
  • 高何度ダークファンタジー傑作 90
    • 投稿者:テツ(男性/30代)
    • 投稿日:2011/11/13
    良い点
    ■ユーザーの成長が実感できる
    クリアできないように思える敵も、考えて工夫を積み重ねることで攻略できるゲームデザイン。
    特に2週目以降になると1週目につまずいた所がサクサク抜けれるようになって実感が湧くのではないでしょうか。

    ■探すほど出てくるやり込み要素
    よくあるレベルの高い敵を出したりする要素を追加するだけのやりこみとは違い、プレイヤーがマップを探索し、自身で新たな発見をできるやり込み要素。
    「こんな所にアイテムが!」など、世界に発見が溢れているため回っていて非常に楽しいです。

    悪い点
    ■武器のバランス
    アップデートで治っているかも知れませんが、武器のバランスがちょっと偏り過ぎてる。
    一部属性武器が強すぎたかな。

    ■バグの多さ
    これもアップデートで治ってるとは思いますが、発売直後にバグが多かったのは少し残念。
    総評
    アクションゲームとしては非常に高いレベルのものだと思いました。
    難易度は高いですが、冒険し攻略する楽しさを実感できると思います。

    シナリオをあまり語られず硬派なゲームなので、いわゆる日本のRPGが好きな人は肌に合わないかも知れませんが、国産ダークファンタジーの傑作とも言えるこのシリーズはゲーマーなら多くの人に遊んで欲しいですね。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • ver1.04をちょっと触ってみた 70
    良い点
    ※ほとんどオフライン。前作未プレイ 発売日購入
    一周目100時間クリアのレビュー

    ・お城とか最初の方の世界観が良かった。
    ・難しいのは期待通りで楽しめた。
    ・NPCが味方になってくれて感動した。
    ・操作しやすかった。
    ・バグ技が救済だった。
    ・ストーリーとか無いに等しいので戦闘に集中できた。
    ・オフのデメリットがあんまり無かった。
    ・装備が割と種類あった。
    ・グラフィックが良かった。
    悪い点
    ・NPC消失バグがあった。
    ・生身が維持できないのでキャラの着せ替えが残念だった。
    ・キャラ作成の顔が洋風ばかりだった。
    ・宮崎氏の言ってたすげー色々な所から進められるんだぜ?
    みたいなのが、2通りぐらいの分岐しかなくて期待外れだった。
    ・装備強化がめんどくさかった。
    ・アイテム収集とかクリア後のやり込み要素が乏しかった。
    ・全体的に直感で触れたけど、人間性とかオン絡みのシステムがわかりにくかった。
    ・序盤はもっさりしてて苦労した。
    ・オフ専で縛り的にやろうとしたけど攻略に頼らざるを得なかった。
    ・ワープできるまで、ある程度進行が必要で理不尽だった。
    総評
    自分はデモンズ未プレイで、心が折れそうだという
    キャッチフレーズの評判を聞いて
    それならやってみようじゃないかと購入を決めました。
    悪評ばかり多くなったけど期待の裏返しです。
    ゲームとしては、なんだかんだいいながらハマりました。
    今年やったなかでは一番考えさせられるストレスゲーでしたね。
    序盤が明るくて好きです。
    発売当初のオンは面白かったけど
    v1.03からバグが出回ってきて
    オンは、もうやる気も失せてました。
    それでも救済バグのおかげで
    オフでも後半新たに楽しめる余地があって、クリア出来て良かったです。
    せめてver1.04を見届けようと粘りました。
    その結果、マッチング悪化だったので
    発売日に木の根っこに絡まったのが
    懐かしくて仕方ありません。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 1 3 4
  • 今なら買いです。 90
    • 投稿者:災厄狼(男性/30代)
    • 投稿日:2011/10/29
    良い点
    前作よりもグラフィックが良くなっています。音楽はフィールドの雰囲気に良くあっていて、自然な感じでプレイできます。自分の思い通りにキャラが作れる点も前作よりもパワーアップしています。他の方の評価と違いますが難易度が前作より低くなっていて、初めての方もクリアまで行けそうな感じになっていますので(もちろん何十回も死ぬ)難易度が高くて敬遠しますという人にもやってみてほしいです。前作で気になった2周目からの難易度が低くて飽きるということが解消されているので、周回プレイが楽しかったです。色んな武器を集めて強化するのも楽しかったです。熱中しました。
    悪い点
    期待して発売日に買ったので、バグ関係の影響でイライラすることが多く快適にプレイはできませんでした。非常に残念です。多少改善された点もあるらしいですが、クリア後に改善されても意味がないと思います。
    総評
    とても面白く熱中できるゲームです。期待して発売日に買ったプレイヤーは馬鹿をみましたが、今から買おうかと悩んでいる方は特にオススメしたい。次の作品にも期待していますが、発売から1か月過ぎたあたりで買おうと思います。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 1 5 5
  • 良質のアクションRPG、ただし 75
    • 投稿者:Reg_A(男性/30代)
    • 投稿日:2011/10/25
    良い点
    渋めのファンタジーな雰囲気
    プレイヤーを陥れる気満々のトラップの数々
    工夫次第で楽勝になる一見すると強すぎるエリアボス達
    悪い点
    オンラインPvPのバランスが悪すぎて面白くない
    エリアボスの行動パターンが単純
    総評
    一人で楽しむ分には実に良い。
    パリィの効かない敵が多すぎるのはちょっと不満が無いでもないが、
    一人プレイを楽しむだけならなんでもやれる自由度を感じる。

    だが、ひとたびオンラインにして他人に攻め入られると話が変わる。
    彼らへの対策のために出来ることが非常に少ない。
    対人戦用のテンプレがほぼ固まってしまい、
    それを跳ね返す要素に乏しい為、
    オンラインにするならそのための専用装備とステータスが必要になる。

    ダンジョン攻略のために試行錯誤を繰り返したキャラは、
    カモが人間性背負って歩いてるのと一緒で、
    狩られるだけの存在になる。
    それが嫌ならテンプレ化したステータスと装備で固めることを半ば強要される。

    没個性はこのゲームの魅力を半減させるので大変残念だ。

    故に、興味があって購入したとしても、オンラインでのプレイは控えたほうがいい。
    途端につまらないものになる。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 1 4 3
  • 前作から進化も退化もしていない、別のゲーム 60
    • 投稿者:Makoko(男性/40代)
    • 投稿日:2011/10/22
    良い点
    ・醜くくも美しい世界
    ・シンプルかつ多彩な戦術を可能とするUI
    ・固有モーションの武器が増えた
    ・クロスボウをのぞくノーマル武器は全種の強化ができる
    悪い点
    ・全体として武器の種類は減った
    ・致命の一撃は前作と変わらず、刺突、殴打、格闘の三種
    ・メッセージの種類が減った。
    ・敵の誘導が強すぎて、少しでもタイミングがずれるとよけられないなど、指先のシビアな操作が要求される部分が多い
    ・敵が群れやすく、タコ殴りになりやすい
    ・上記の救済措置か、バランスを大きく崩すような、強力な武器や魔法がある
    ・防具は前作に比べて多いように見えるが同じようなのものも多く、それほどバリエーションは無い
    ・それほど強力な能力があるわけでもないのに、強化できない防具がある
    ・死ぬと見た目がゾンビになる
    ・亡者から始まるため、キャラクターメイキングの出来を確認するのに、いちいちチュートリアルをクリアしなくてはならない
    ・武器の強化の種類が前作のような多彩さが無い
    総評
    デモンズソウルの後継作ということで大変期待していたのですが。一言で言うなら『これは違うな』というのが正直な感想です。

    アクションRPGには3つの進め方があると思います。それは、キャラクターや装備を強化しての力押し。反射神経や指先のテクニックで敵を圧倒。敵の動きを覚えて、立ち廻りで御する。の3つです。前作はそのバランスが絶妙でしたが、今作は7:2:1といった様相です。

    ゲーム単体としてみれば、出来のよい作品と言えますが、『デモンズソウルの精神的後継作』としては評価はできません。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 2 3 3
  • 良い出来です。 95
    • 投稿者:psptuww(男性/40代)
    • 投稿日:2011/10/20
    良い点
    当方オフ専で回線を完全切断しているのでオフだけの
    感想となります。現在8週目プレイ

    まず、グラが最高に良いですね。DarkSoulsの「Dark」は
    偽りではありません。真っ暗です。次進んだら何が出てくるだろうか、
    慎重に行かねばと言う緊迫感はもう尋常じゃありません。
    精神的に非常にクる作品です。

    また当方、高所恐怖症なんですが某漫画の鉄骨渡りの
    ような所を行く必要性があり、精神的嫌悪感が物凄く
    何度も目眩を覚えました。いやぁ・・ほんとに怖い怖い。
    下手なアミューズメントパークのジェットコースターより
    怖いです。

    そして、当然の事ながら「理不尽によく死にます」

    これが最高な所です。死んでも笑って再プレイ。これが
    出来ないとこのゲームの評価は一気にクソゲーと化して
    しまうでしょう。死んで覚えるゲームです。
    ノーミスクリアなんて目指しちゃいけません。
    いや、やり込み要素としてはそれもありか。
    死んでボー然として、死に様を笑って、再プレイ。
    これが正しい姿です。

    物凄い緊張感とそれをあっさり裏切る強烈な仕掛けが
    購入者を襲います。

    ボス戦のサウンドも素晴らしい。マッチしてます。

    前作を併せ、PS3を買ったならこれは外せない1本です。
    悪い点
    最大の不満は某漫画のような鉄骨渡りをやってる時に、
    キャラクタの視点がグルッと回ってしまって落ちて死ぬ
    と言う所がある所でしょうか。

    いや、ほんとあれは辛い。自分の意志と関係ない部分ですから、
    あれだけは改善してほしーなぁ。オブジェクトの配置の関係上
    仕方の無い部分なんでしょうけど、ちょっと辛いですね。
    総評
    前作が発表されて、発売されて、また今作が発表され、発売されたと。
    私的には何故同種の作品がこうも少ないのか。当たるのはもう約束された
    物とも言えます。今、ユーザーが求めてるのはコレでしょう。

    何故他社は出さないのか。今、正に「剣と魔法の世界」が復権してると
    私は感じます。切り口が多少違うだけでこうものめり込める物かと驚いて
    いるぐらいです。こういう作品を他社様は是非発売して欲しいものです。

    私的に本作は非常に満足しています。パッチが出るようなのでそれにも
    期待です。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 4
  • 前作と比べれば…なところもあるが、まずまずのゲームと感じました。 80
    良い点
    ※個人的好みでオフラインプレイのみ。デモンズソウルクリア済。

    ■前作と同じように長く遊べる点は好感。マップも広大で背景など見ていて楽しい。
    シームレスになったことで、いわゆるKFの頃のあっちこっち怖いもの見たさに足を運んでしまうところは今作にも見られたと思う。ある程度道筋が決まっているのは、いわゆる今作がより多くのユーザーが遊ぶであろうという点から、KFシリーズのようにはいかなかったのだろうというのはある。
    KF2ように壁を調べたら壁が開き、またその後の部屋も壁を調べたら壁が開き、次の部屋で調子こいて調べたら槍が出てきて脳天串刺しにされて死んだ…みたいなとんでも仕様、プレイスタートしてすぐ巨大クラーケンがいて足元の竜王の〜を攻撃のタイミングに合わせて取ろうとして失敗して一撃で死んだとかそういう何とも言えない笑うしかない仕様に比べれば、一般ユーザー寄りになったのかと思う。KF3も魔法飛ばして遊んでたら家の中の人が死んでいて、初めからプレイすることになったりしたし…。
    そういった「コア」から「より多くのユーザー層に」と向けたのであろう今作は、今までのユーザーには物足りなさもあるかもしれない。

    ■オフラインでも一時的に仲間が召喚可能なのは嬉しい。
    太陽の騎士ソラールさんを初めてアノール・ロンド(遅)で召喚できた時は、正直感動しました。デモンズではとにかく孤独な一人旅でしたので、ソラールさんがボスのお尻の下敷きになっている時は画面に向かって「ソラールさんを殺さないでぇぇ!!」なんて叫びたくなってしまいました。心躍る仕様でした。

    ■ところどころ絶妙な敵配置でした。
    この上何があるんだろう〜ぎゃあああスーパーユルトさん出てきたー!!⇒とにかく体力の続く限り全力で退避…みたいなことがありました。今作でも敵の配置は結構面白いポイントが多かった気がします。
    今作も雑魚を侮ってはいけないところが良かったですね。
    木が敵だと気づかずに何度スルーしたやら(笑)

    ■ボスなどのデザインは秀逸だと思います。
    各種ボスのデザインは今作も秀逸だと思います。特に前作よりもボスクラスの敵が増えている(今作ではボスのデザイン使いまわしもかなりありましたが…)ので、それぞれのデザインが際立っていました。戦闘中はまともに見る機会はあまりありませんでしたが、前作同様、いい味を出していたと思います。

    ■独り言を呟きたくなってしまうところ(個人的に)
    変な位置に敵がいたりすると盾を構えつつ「え? あれなに? なに?」と凝視してしまうことが度々ありました。没頭しているがために、なぜか独り言を入れ、敵の行動などにもツッコミを入れたりすることがありました。
    「アンバサめ奇跡が高すぎる!!」とか…後々に綺麗にペトりました。ごちそうさま。

    ■音楽は秀逸
    火注ぎの祭祀場の音楽を耳にすると「はぁ…癒される」と思いました。
    なんかダレた時などに聞くとちょっとホッとしました。
    その他、ボスの時なども緊張感のある音楽が盛り上げてくれたと思います。

    ■コツを掴めば楽しくなってくるところ
    歴代のKFやデモンズをプレイしていない人にとってはコントローラを投げ捨てたくなるような序盤かもしれませんが、コツを掴めば楽しくなってくると思います。敵の火力と耐久率が前作よりもパワーアップしている気がするので(特に盾を持っているのとか固すぎて嫌)、致命の一撃などの特大攻撃を狙わないと雑魚だけでも面倒な気はしますが、致命の一撃に慣れれば結構サクサクと進みます。パリィは下手過ぎて私にはできませんでした☆
    私がしたパリィ回数よりもされたパリィ回数の方が圧倒的すぎる☆

    ■フロムクオリティー
    「頑張った 苦労の果てに 何もなし byフロムクオリティー」
    強い敵倒しても必ずしも、いいアイテムとか? いい経験値とか? そういうものは本作もそうなかったと思います。ハイリスク&ロウリターンなところが多かった気が。これがマゾ精神をくすぐって恍惚となるか、そこまでマゾってないわーいと拒否されるかは分かれるところですが、今作も良い意味でも悪い意味でもフロムクオリティーでした。
    悪い点
    ■キャラの顔とか髪型とか、何かメイクが必要なのかと思う(亡者が標準なので)

    ■カクカク処理落ちなんとかして。オフラインのためフリーズはしませんでした。

    ■一部的キャラのあまりにも残念仕様にショボーン。あの恐竜なんぞい。

    ■私はありませんでしたが、人によってはNPCが勝手に死亡するそうですね…(パッチで改善されます)

    ■人間性の真の意味が分からない…私、亡者ばかりですが、なにか?

    ■篝火ワープが可能になったと思ったら、本当に特定のポイントだけ…ちょっぴり残念。せめて篝火のワープ登録数が決められていて、自分で篝火のワープポイントを入れ替え式で選べるとかの仕様にしてほしかった。ニトさんのところとか、なぜに登録されているのか意味不明。お帰り専用?

    ■一部の魔法や武具が明らかにゲームバランスブレイカー。

    ■序盤は特に思いますが、ちょっと獲得ソウルの割に雑魚の火力や耐久率がアレすぎやしませんか?

    ■篝火で休んでいないのに敵が復活するバグなど、とにかくバグが多い今作。

    ■ソラールさん救出できなんだ…ではなく、NPCのそれぞれの物語などが難易度が高すぎます。攻略wikiなんかを見ないと分からないです。だから、だからソラールさんが大変なことになってしまったんだ、私…!!!! ああああ(トラウマのフラッシュバック)

    ■フロムクオリティー
    良い意味でも悪い意味でもフロムクオリティーが仇となったかと。ボスを倒しても手に入るものとかにあまり有難味がなく、結構「ちっ、しけてんな」と思った方も多いのでは。
    昔からのフロムを知るユーザーならまだ許容できるかもしれませんが、こう…時間を使ってどっしりプレイするにもメリハリのあるプレイ、特に自分独自の戦術や戦略、キャラクターをカスタマイズしてこういう攻略の仕方もあるみたいなものを出したい人たちにとっては、今作はあまりそれには該当しないのではないかと。
    最終的にあげる能力値なども同じですし、武器も属性ついてれば強いよというところがありますし、武器個々にも使い勝手の良さ悪さがかなりバラけすぎていて、極端。最終的には属性ついている特定の武器が強いという図式になってしまいすぎて、しかも職業による差異が見られないので敢えて職業を選んだ理由が序盤の辺りしかない気がしますね。
    前作も少し思いましたが、せっかく職業などを選べるのでしたら序盤のみならずクリアまで楽しくあれるような付随する何かをつけてほしかったです。
    ちょっと厳しい意見で申し訳ないですが…。
    総評
    死ぬ気でとことんデバッグし尽くしたか、開発者!!!??

    偉そうなこと言う気はありませんが、今作は本当…見つけるだけなら私でもできますよ(本当に見つけるだけならですが)

    もうちょっと頑張ってから発売してほしかったな…発売延期してもよいから快適にプレイするという意味での高いものを出してほしかった。

    ただ、全体的にデモンズとは雰囲気が似つつも、良作であると思います。
    バグが致命的な欠点になっていますが、バグがほぼ消滅していればもっと良作になったと思うと、なんだかんだで昔からのフロムファンとしては残念でなりません。
    特にオンラインを楽しみにしておられたユーザーの方はプレイ初日からオンラインが途絶えてしまってストレスだったと思います。

    素材や世界観、やろうとしていることそのものに関しては、個人的にはとても高い逸材だと思います。ただ、それわ完全に調理しきれていない段階で出してしまっているのがとても残念でなりません。

    次回作があるのなら、本作に低評価をつけた方、あああああと思った方を見返すような大作を引っ提げて帰ってきてほしいです。
    期待しているので、頑張ってほしいです。

    今作を買おうかどうか迷っておられる方は、まずは前作をプレイされるのもよいと思います。
    前作は1つのステージをクリアした後に他のエリアのファーストステージをもれなくプレイできる仕組みでしたので、いきなり心が折れる谷へ行くもよし、うめき声聞こえる牢獄に行くもよし、ドラゴン飛び交う通路走り抜けるもよしでした。

    現在、アップデートの方がまた配信される予定ですので、迷っておられる方は今後のレビューなども見て購入を検討されるとよいと思います。本作は人によって本当に合う・合わないが激しいと思います。

    最後に。
    ここまで長いレビューを読んでいただいてありがとうございました。
    女性でこのゲームをプレイしておられる方は案外少なそうですので、ちょっとビクビクしつつのレビューでしたが、女性の人もたくさんプレイしてほしいゲームです。ハマると楽しいです。ちょっと難しすぎるかもしれませんが…アクション系は苦手な女性が多いと思いますので…。

    今回、ジェスチャーよかったです。
    オンラインすることがあったら、是非に使いたいです、お辞儀。

    フロムの底力はこんなものではないと信じたいので、次回作こそいい意味で「心が折れる」作品をお願いします。

    ありがとうございました。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 3 4 5
  • オフラインのみのレビューです 70
    • 投稿者:kamome(男性/40代)
    • 投稿日:2011/10/16
    良い点
    ・マップの構造
     立体的な構造と各エリアとの繋がり方は、探索に驚きを与えてくれた。

    ・ゲームバランス
     最初の選択肢は無いが、その後から中盤までは行ける場所の選択肢が増え、
     詰まったら別の道へ行き武器を鍛える、を繰り返すことにより難易度が調整された。
    悪い点
    ・NPCのイベントが過度に複雑
     NPCは世界に点在している上、ゲームの進行によって移動し、
     色々な条件によって態度が変わる。
     攻略情報でも見ない限り、NPCのストーリーを知ることはほぼ不可能と言える。

    ・隠し通路・エリア
     隠し方に対して、隠されているものが大きすぎる。

    上記2点、クリアはできるのかもしれないが、
    ゲームの一部を体験できなかったと感じる危険があると思う。

    ・冗長なボリューム
     ノアール・ロンドで終わりくらいがちょうど良かった。
     その先のエリアが広く見える割に大して凝っていなかったので余計にそう感じた。
     つまり、終盤は探索する楽しみをあまり感じなかった。

    ・ユニークアイテムを抱えて落下死する敵キャラクター
     後からわかったことだが、侵入の数秒後に落下死?した悪霊がコンテストの盾
     を持っていたらしい。自分も敵もNPCも平等に落下死するというなら、
     同じように回収できる位置にソウルを残して欲しかった。

    ・初期バグ
     二人のNPCが消失した。これによりNPCの言動がおかしくなった。
     当然いい気分はしない。現在はバージョンアップにより直っているようです。
    総評
    クリアしましたので投稿させていただきました(クリアまで約100時間)。
    まず、(初期バグもあり)クリアまで一度もオンラインにしていません。
    当然対人戦もやっていませんし、ヘルプを呼んだこともありません。
    その上でのレビューです。

    フロムはKF1のころからのファンです。今までのシリーズで一番好きなのはKF2です。
    何が言いたいかというと、私が求めるものは『探索の楽しみ』です。
    なので、オフラインのみでも全く構いませんでした。

    そういう意味では、ダークソウルは概ね満足しています。
    不満点としては、終盤は探索の楽しみや興奮が薄れてダレたこと、
    攻略情報なしでは、ゲームを十分に楽しめないと感じたことです。

    今やネット情報前提で設計するのは仕方の無いことなのでしょうかねえ…。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 2 3 3
  • 慣れればイケる(?) 艶の無い難易度 50
    • 投稿者:darong(男性/50代)
    • 投稿日:2011/10/15
    良い点
    ■多様性に富んだフィールド
    遺跡の様な拠点から城、墓地、谷、森、湖などの広大なエリアへシームレスに繋がっていて、探索する楽しみが増えました。

    ■描きこまれたグラフィック
    個人的に前作で不満だったグラフィックがアップ・グレード。質感・色調共に増し、光源処理も及第点。

    ■豊富な装備品
    武器・防具の種類が増えました。各々固有のグラフィックが用意されていて、コレクターズ魂を刺激される。今回は防具も強化できるので、ドレス・アップが楽しい。

    ■表情豊かなモンスター
    逃げる、隠れる、間合いを取る、頭を掻く、ギミックを動かす等々、種族別にしっかりと表情付けがなされている。攻撃を忘れて見入ってしまうほど。
    悪い点
    ■短絡的な難度
    序盤からモンスターが硬く、火力も高い。地形&配置も陰湿。多くのレビューにあるように、「難しさ」の観念が異なる。製作者の勘違い。

    ■もどかしいオンライン・プレイ
    サーバーを廃してピア・トゥ・ピアにしたそうで。「一期一会」の感覚を意図しているとか。マッチングしなければ意味ありません。

    ■制限されるマルチプレイ・エリア
    せっかくのオープン・フィールドなのに、限定されたエリア内でしかマルチ・プレイができない。気の向くままにサインを出して「さぁ、どっちに行きます?」的な遊び方ができれば良かったのに。
    総評
    ※戦士、魔法士、呪術士タイプでそれぞれ一度づつクリアしての感想です。

    ■「難しい?」、「やり込めばクリアできる」などの意見を見受けます。プレイヤーのスキルには個人差があるので、サクサク進める人もいるでしょうし、何度も何度もトライしてクリアできた人もいるでしょう。しかしながら、やはりアクション・ゲーム好きなプレイヤー万人にはお薦めできません。「難しさ」の質が違うのです。
    とにかく「地形と敵の配置」の悪さ、これに尽きるでしょう。雑魚からボスに至るまで、難度調整はこれの一点張りと言っても過言ではないと思います。創意工夫が足りない。少し進んでまた死んで「またかよ」の嘆息。大抵のプレイヤーが思うのではないでしょうか。同じパターンの繰り返しで「先へ先へ」の動機付けが薄い。難度に「艶」が無いのです。

    ■フィールドの構築にも問題があります。拠点からはどの方角にも行けますが、相当にスキルのあるプレイヤーでなければ厳しいレベルのエリアにも繋がっています。仮に進めたとしても、キー・アイテムなどが無ければ袋小路に陥ります。序盤は方向性を示すべき。ここで嫌になって投げてしまう人、いると思います。

    ■ピア・トゥ・ピアに無理があるのでは。アップデート・パッチの導入で発売当初のバグは大方解消されましたが、マッチングに時間がかかる事が多いのは変わりません。また、待ち合わせをして召還のサインを出してもマッチしないこともしばしば。フレンド・システムを否定しているような仕様になっています。技術的な事はわかりませんが、遊び相手を求めて何十分も彷徨うのって、嫌ですね。

    ■不満ばかり書きましたが、個人的には結構楽しめてます。確かに何度も嫌な思いをしましたが、基本的には「覚えゲー」なので、対処法がわかってしまえば何とかなるものです。気長に待てばマルチもできます。難度の設定やオンライン周りに大きな疑問はありますが、主観として「良い点」に挙げたものが打ち消してます。80点くらい付けてもいいかも。でも……やっぱり50点ってとこですね。

    ■総評として「デモンズに狂ったプレイヤーで何事も笑って受け入れられる人、短気でなく、お小遣いに余裕のある人には、ちょっとだけお薦め」とします。
    ※デモンズ未経験、アクションが苦手、時間に余裕のない方はパスで。

    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 1 3 4
  • 冷静に振り返っても買って損なしの秀逸タイトル 95
    • 投稿者:Yanbaruwrx(男性/50代)
    • 投稿日:2011/10/14
    良い点
    まだ一部のアイテムが効果ありすぎだったり、若干の修正も必要だとは思いますが
    それでも、基本的にプレイする中毒性の高い楽しさは、前作以上の自由なテイストで熱中できて秀逸。

    アクションが苦手の人でも、序盤をレベルを上げてじわじわと乗り超えていけば、普通にクリアは可能な仕様。
    また武器や衣装も多様になって、好きなキャラ仕様にしてシームレスの世界を自由に旅できる感覚が嬉しい。
    悪い点
    おそらく追って修正パッチが配信されると思いますが、一部の強すぎたり効果高過ぎのアイテムを修正されれば良い。
    総評
    プレイする人の楽しみ方次第で、いろいろと多様な遊び方もできるのが奥深い魅力でもあり
    また、そういう本編クリア以外の部分で「自分なりの遊び」を楽しめるかどうかで評価も違ってくるでしょう。

    いろいろ些細な不満はあっても、間違いなく前作デモンズよりは戦略性やクオリティが高く
    「プレイしたら戻れない」と言いきれます。
    とにかく独特なテイストにハマる自由な楽しさは、現時点で他の類似タイトルの追従を許さないと思う。

    ほんと困るほど、時間を忘れて楽しんでます(笑)
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 4 5 5
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月21日〜09月22日