オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
キャサリン公式サイトへ
  • アトラス
  • 発売日:2011/02/17
  • 価格:7329円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
75
投稿数:27
レビューを投稿する
海外での評価
79
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
[EVO Japan]観戦した橋野 桂氏も「敵わない」と唸った「キャサリン」のサイドトーナメントレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/01/29 17:13

イベント

[EVO Japan]観戦した橋野 桂氏も「敵わない」と唸った「キャサリン」のサイドトーナメントレポート

 EVO Japan 2018の初日(2018年1月26日)に,アトラスのパズルアクション「キャサリン」のサイドトーナメントが行われた。多くの対戦格闘ゲームが揃う会場では一際異彩を放っていたが,開発陣も見守る中で熱戦が繰り広げられた。その模様をレポートしよう。


 Competitive Catherine運営によるこの大会はPlayStation 3版のソフトを使用し,ゲームクリア後に選べる「コロシアム」モードで行われる。2人のプレイヤーが同じステージの階段を登っていき,相手より早くゴールにたどり着くか,相手が脱落したら勝利となるルールだ。

2人プレイ専用のコロシアムモードを使用
キャサリン

使用可能ステージはこの6つ。選手は戦いたくないステージから選んでいく
キャサリン

 大会に参加したのは,ネットでの事前登録と当日参加による26人で,ダブルエリミネーション形式のトーナメントが行われた。コロシアムモードには9つのステージがあるが,トーナメントで使用できるのは6種類で,さらにプレイヤーが試合前に戦いたくないステージを指定し,残ったステージの中から交互に戦いたいステージを選ぶというルールになっていた。これで3セットを戦い,2セット先取の勝負となる。

上位入賞者への賞品として,アトラスから目黒将司氏のサイン入りサントラ(左)と副島成記氏のサイン入りフィギュア(右)が提供されていた
キャサリン

 自分で階段を作りながら早く上っていくだけでなく,相手が作った階段をうまく使ったり,相手が下りたところに罠のブロックを置いたり,ときには殴り合いで下に落としたりと,見ているほうもハラハラするようなバトルが展開。うっかり落ちてその場で敗北というパターンもあり,ほのトーナメントとはまた違った緊張感が出場選手から漂っていた。

アメリカやイギリスなど,海外からの選手も参戦

 イソッチこと磯村知美さんもゲストとして登場し,なんとトーナメントの空いた枠に電撃参戦するというサプライズ演出も設けられた(結果は残念ながら敗退)。

ゲストの磯村知美さん(左)と,進行/運営のmekasueさん(右)

決勝に残った江戸川選手(手前右)とも対戦した磯村さん
キャサリン

 決勝には,激戦を勝ち抜いた江戸川選手kim選手が進出。決勝は3本先取で行われ,1戦目をストレートで勝利した江戸川選手がペースを掴むのかと思いきや,kim選手が2戦目をすぐさま取り返す。もつれるかに思われたが,江戸川選手がそこから2連勝して見事優勝を飾り,観戦していたファンや選手達から大きな拍手で讃えられた。
 決勝に残った2人は,対戦環境などの関係からコロシアムモードをプレイするのは初めてだったとのこと。経験がなくても決勝に残れるという,ほかのゲームにはない対戦の可能性を示した大会となった。

kim選手(左)と江戸川選手(右)

決勝はかなり緊張していた様子の江戸川選手だったが,勝利してガッツポーズ

後列左からkim選手と江戸川選手,敢闘賞のマタタビ選手。前列左からmekasueさん,磯村さん

 トーナメントの模様を見守っていた,本作のプロデューサーとディレクターを務めた橋野 桂氏は「皆さん,なかなかえげつない戦いをしていて,開発陣でもたぶんかなわない(笑)」と出場選手の腕を賞賛。開発陣はこのモードをオマケのようなつもりで作ったとのことで,「こういう形で皆さんに楽しんでもらえているのは本当に嬉しい」と語った。
 また次回作「キャサリン・フルボディ」PS4 / PS Vita)では,最初から対戦モードをプレイできるほか,ネットワーク対戦への対応やステージの追加など,より対戦が盛り上がる仕様になるとのこと。今回の観戦はそのリサーチの意味もあったそうである。

アトラスの橋野 桂氏(撮影:田井中純平)

 「キャサリン・フルボディ」では,こういった大会がさらに盛り上がるのではないだろうか。発売が今から楽しみだ。
  • 関連タイトル:

    キャサリン

  • 関連タイトル:

    キャサリン

  • 関連タイトル:

    キャサリン・フルボディ

  • 関連タイトル:

    キャサリン・フルボディ

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月20日〜02月21日
タイトル評価ランキング
86
86
ゼノブレイド2 (Nintendo Switch)
82
70
69
アズールレーン (iPhone)
62
CROSSOUT (PC)
2017年08月〜2018年02月