オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
コール オブ デューティ ブラックオプス公式サイトへ
読者の評価
68
投稿数:15
レビューを投稿する
海外での評価
80
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

いまから始めるオンラインゲーム
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2010/11/17 14:33

イベント

加藤夏希さん,曙 太郎さん,神田うのさんがミリタリールックで駆けつけた,「コール オブ デューティ ブラックオプス」発売記念イベントをレポート

コール オブ デューティ ブラックオプス
コール オブ デューティ ブラックオプス
 スクウェア・エニックスは,PC / PlayStation 3 / Xbox 360用ソフト「コール オブ デューティ ブラックオプス」(Call of Duty: Black Ops)の発売記念イベント“コール オブ デューティ ブラックオプス プレミアムパーティ”を,11月16日に東京都内のベルサール渋谷ファーストにて開催した。

 すでに欧米では発売中の「ブラックオプス」は,発売初日に560万本,3億6000万ドル(約300億円)の売上を記録するという,FPS(一人称シューティング)の大ヒット作品である(関連記事)。
 日本においては,「字幕版」と「吹き替え版」の2種類が用意され,字幕版(PC / PlayStation 3 / Xbox 360)は明日11月18日,吹き替え版(PlayStation 3 / Xbox 360)は2010年12月16日に発売される予定だ。
 なお本イベントは,以前「こちら」の記事でお伝えしたように,同社の会員制サイト「スクウェア・エニックス メンバーズ」において事前に募集された,ブラックオプスを愛する一般参加者50名が観覧できた。
 ここでは,加藤夏希さん曙 太郎さん神田うのさんら豪華ゲスト陣が出演した,イベントのレポートをお伝えしよう。

コール オブ デューティ ブラックオプス

スクウェア・エニックス代表取締役社長 和田洋一氏
 最初に登場したのは,スクウェア・エニックス代表取締役社長の和田洋一氏
 和田氏は,2010年の年初から発売されたタイトルはどれも素晴らしく,どれを遊んでいいか分からないくらいほどだと雑感を述べつつ,「その中でも本命中の本命」として「ブラックオプス」の名前を挙げた。

 和田氏は,同社が展開する海外タイトル専用レーベル「SQUARE ENIX EXTREME EDGES」について,「志はよかったものの,最初の頃はユーザーからの厳しい意見も多かった」と反省点を述べた。しかし,良質なタイトルを届けたいという気持ちで行動を続けてきたことで,状況は徐々に変化してきているとし,「ブラックオプス」についても,だいぶ改善点が成果として出ているのではないかとコメントした。
 またレーティングについても,「ゲームの魅力が損なわれないようにギリギリのラインまで調整した」と和田氏は述べる。「ゾンビモードを絶対につけなくてはいけないか」といった事柄についてもデベロッパと相当議論を交わし,「それらをクリアしてやっと今回の発売にこぎ着けた」と語っていた。
 そして和田氏は,最後に「これからも皆様からのご意見をどんどんいただき,今後も素晴らしい海外タイトルの紹介に注力していきたいと思います」と述べ,挨拶を締めくくった。

会場では「ブラックオプス」の60秒CMも公開された
コール オブ デューティ ブラックオプス コール オブ デューティ ブラックオプス
コール オブ デューティ ブラックオプス コール オブ デューティ ブラックオプス

トレイアークのマルチプレイ・デザインディレクター,デイビット・ヴォンダハー氏
 続いては,本作の開発を手がけたトレイアークのマルチプレイ・デザインディレクターである,デイビット・ヴォンダハー氏が登場し,「ブラックオプス」のマルチプレイについてプレゼンテーションを行った。

 ヴォンダハー氏は,本作においては“競争”こそが重要な要素であると述べる。「ブラックオプス」開発の際には,ユーザーが競い合えるように,さまざまな新しいアイデアを採用したとのことだ。
 また「ブラックオプス」のようなゲームのマルチプレイは,初めてプレイするユーザーにとってはハードルが高いように感じられたという理由から,「コンバットトレーニング」の導入を決めたと話す(関連記事)。
 コンバットトレーニングとは,一人もしくは友達と一緒に,マルチプレイの各モードを練習できるというもの。対戦相手となるのは,ダミーと呼ばれるAIコントロールの敵で,オンラインステータスに影響を与えることなくプレイすることが可能だという。また,レベルアップや賞金を稼ぐといった要素も含まれていると,ヴォンダハー氏は語っていた。
 ヴォンダハー氏は,クラス作成機能の向上にも注力し,序盤の「ファーストレベル パーク1」からキャラクターの外見をアレンジできるとも述べた。

コール オブ デューティ ブラックオプス コール オブ デューティ ブラックオプス
コール オブ デューティ ブラックオプス コール オブ デューティ ブラックオプス

 またヴォンダハー氏は,「コール オブ デューティ」シリーズでお馴染みの「キルストリーク」も新しくなったと話す。「ブラックオプス」にもいくつものキルストリークがあるが,その中でもプレイヤーが操れるガンシップを,ヴォンダハー氏はアピールしていた。
 武器のアタッチメントやキルストリークといったカスタマイズアイテムは,ゲーム中で入手できる「CoDポイント」で購入できる。また本作では,「契約」を購入することも可能だ。

コール オブ デューティ ブラックオプス コール オブ デューティ ブラックオプス コール オブ デューティ ブラックオプス

 「契約」とはチャレンジボーナスのようなもので,指定時間内に課題を達成すれば,さらなる賞金を受け取れるというもの。契約は全部で500種類以上あり,ゲームを進めていくにことで増えていくそうだ。ヴォンダハー氏は,「より多くの賞金がもらえるようにプレイすることで,まったく新しいインタラクティブなゲームの楽しみ方ができると思います」と述べていた。

コール オブ デューティ ブラックオプス コール オブ デューティ ブラックオプス
コール オブ デューティ ブラックオプス コール オブ デューティ ブラックオプス

 続いて紹介されたのは,「賞金マッチ」について(関連記事)。ヴォンダハー氏も個人的に気に入っているという賞金マッチには,四つのルールが存在し,勝ち残ったトップ3のプレイヤーには賞金が与えられる。武器指定があったり,特別なスコア設定があったりと,変化に富んだ設定も特徴とのことだ。

コール オブ デューティ ブラックオプス コール オブ デューティ ブラックオプス
コール オブ デューティ ブラックオプス コール オブ デューティ ブラックオプス

さまざまな種類があるフェイスペイント。別のフェイスペイントを購入することがアンロック条件になっているものもあるとのこと
コール オブ デューティ ブラックオプス コール オブ デューティ ブラックオプス

オンラインIDを示すエンブレムは,状況に応じて別のプレイヤーにも開示される。エンブレムはサイズや色を変更できるほか,武器に貼り付けることも可能。またシアターでは,プレイしたゲームを「最近プレイしたゲームのリスト」に記録することができ,リプレイも可能だ。お気に入りのシーンは最大10個まで登録可能で,クリップを作成してオンラインで友達との共有もできる
コール オブ デューティ ブラックオプス コール オブ デューティ ブラックオプス コール オブ デューティ ブラックオプス

会場では,「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2」発売時に開催された“Call of Duty Survival”のダイジェストムービーも上映された。ちなみにこのイベントはブラックオプスでも開催予定となっている
コール オブ デューティ ブラックオプス コール オブ デューティ ブラックオプス コール オブ デューティ ブラックオプス

 ここで,ゲストの加藤夏希さん曙 太郎さんが,ミリタリーファッションに身を包んでステージに登場。加藤さんと曙さんは,「ブラックオプス」版の“Call of Duty Survival”出場が決定しており,それぞれがその意気込みを以下のように語った。

コール オブ デューティ ブラックオプス
コール オブ デューティ ブラックオプス
加藤夏希さん
「前回も参加させてもらったんですけど,一回戦で敗退してしまったので『ブラックオプス』で一から鍛え直したいと思います」
コール オブ デューティ ブラックオプス
曙 太郎さん
「皆さん知らないと思いますけど,自分は隠れゲーマーです。この作品はアメリカでも有名なので,とてもハマっています。戦略を考えても考えたとおりにはならないと思うので,撃って撃って撃ちまくるしかないです」

 続けて登場したのは,「ブラックオプス」の応援に駆けつけたという神田うのさん。その衣装は,一見しただけでもかなり本格的だったのだが,神田さん曰く,「これはファッションではなくて,実際に戦場に行くときに着る本物のミリタリーウェアです」とのこと。
 神田さんは,「ブラックオプス」を初めて見たときの感想について「クールでカッコイイと思いました! 実はもうプレイしたんですけど,映像も美しいしやっていてすごく気持ちいいです。まさに自分がその世界に置かれてしまったという感じですね」と話していた。ちなみに神田さんは,最初にこのイベントのオファーを受けたとき,映画のものだと思っていたそうだ。

コール オブ デューティ ブラックオプス コール オブ デューティ ブラックオプス
コール オブ デューティ ブラックオプス コール オブ デューティ ブラックオプス

 そのあとは,「Call of Duty Survival」に出演するCHEMISTRYの堂珍嘉邦さん,レゲエアーティストのRYO the SKYWALKERさんから寄せられた,ビデオメッセージが上映された。二人のコメントは以下のとおりだ。

コール オブ デューティ ブラックオプス
堂珍嘉邦さん
「前回は二回戦で負けてしまったので,今回はぜひ勝ち進んでリベンジできたらいいなと思います」
コール オブ デューティ ブラックオプス
RYO the SKYWALKERさん
「前回は見事優勝できたんですけど,上を見ればキリがないゲームなので,あれからますます腕に磨きをかけています。『ブラックオプス』の発売を待ちながら,さらに腕を磨いております。前回同様容赦しないですから,待っていてください。ぜひオンラインでお会いしましょう。リスペクト!」

東芝の3Dテレビ最新機種「CELL REGZA 55X2」にて,3D立体視の「ブラックオプス」を鑑賞した3人。曙さんは特注の3Dメガネでじっくりと見入っていたのだが,「むう……凄いですね」と,思わず言葉を漏らしていたほど
コール オブ デューティ ブラックオプス コール オブ デューティ ブラックオプス

曙さんと加藤さんがCall of Duty Survivalへの意気込みのコメントを語ったのだが,曙さんは「優勝して,これ(=CELL REGZA 55X2)をもらえるようにがんばります」と,3Dテレビを賞品という前提にしたコメントをし,MCに賞品じゃないとツッコミを入れられていた。一方の加藤さんも「まずはリベンジということで,一回戦突破したいです。あわよくば優勝してテレビをもらいたいです」と,天然なのか重ねてのボケなのかよく分からないコメントで笑いを取っていた
コール オブ デューティ ブラックオプス コール オブ デューティ ブラックオプス

コール オブ デューティ ブラックオプス

 そして,イベント終了後は試遊体験会の時間となった。試遊台ではPlayStation 3版とXbox 360版両方の字幕版がプレイ可能だった。マルチプレイ専用台とシングルプレイ専用台に分かれており,マルチプレイ台では10人同時対戦も行われていた。
 「ブラックオプス」はこのイベントが初のプレイアブル体験ということで,会場に来ていた参加者達は,みな熱心にプレイしていた。

「コール オブ デューティ ブラックオプス」公式サイト

コール オブ デューティ ブラックオプス コール オブ デューティ ブラックオプス

  • 関連タイトル:

    コール オブ デューティ ブラックオプス

  • 関連タイトル:

    コール オブ デューティ ブラックオプス

  • 関連タイトル:

    コール オブ デューティ ブラックオプス

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月24日〜07月25日
タイトル評価ランキング
95
92
Smite (PC)
83
82
81
Banished (PC)
2014年01月〜2014年07月