オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2010/09/18 00:00

ニュース

[TGS 2010]「Langrisser Schwarz」の企画開発エピソード披露に「POWER DoLLS」発表が行われたガマニアのカンファレンスレポート

ラングリッサー シュヴァルツ
 東京ゲームショウ2010の2日めとなる9月17日,ガマニアデジタルエンターテインメント(以下,ガマニア)はプレスカンファレンスを開催し,同社がサービスを予定する新作タイトル「Langrisser Schwarz」(ラングリッサー シュヴァルツ)の情報を公開した。また速報でお伝えしたとおり,同社が現在「POWER DoLLS」(パワードール)をモチーフにしたブラウザゲームの開発に着手していることも明らかとなっている。

ラングリッサー シュヴァルツ ラングリッサー シュヴァルツ

TGS 2010 Langrisser Schwarzプレイレポート

TGS 2010 ガマニアブース速報


浅井 清氏(ガマニアデジタルエンターテインメント 代表取締役社長)
 登壇したガマニアの浅井 清 代表取締役社長は,Langrisser SchwarzのベースとなったシミュレーションRPG「ラングリッサー」について,「20年以上前に第一作がリリースされた人気シリーズ」と紹介。それをオンライン化しようとした理由は,以下に挙げる3つだという。

  1. シミュレーションRPGは1人で多数のキャラを操作して遊ぶものだが,オンラインになることで,皆がそれぞれのキャラを操作して遊ぶと面白いのではないかと考えたから
  2. 世界観がしっかりしていて魅力的であるから
  3. ライセンサーが協力的で,いいゲームができそうな感触を得たから

佐藤昌平氏(エクストリーム 代表取締役社長)
 ここで,浅井氏の紹介によって,ラングリッサーのライセンスを管理するエクストリームの佐藤昌平 代表取締役社長が登場。2年ほど前から,浅井氏とラングリッサーのオンライン化について話をしていたと明らかにした。
 「ガマニアの開発スタッフにはラングリッサーに思い入れのある人が多いので,安心して開発を任せられる」と佐藤氏。Langrisser Schwarzがグローバル展開を予定していることについては,「かつてのコンシューマゲーム時代には思いもよらなかった」と述べ,ガマニアによるオンライン化には大いに期待しているとも付け加えている。

 続けて浅井氏は,ガマニアが「日本のゲームをグローバル化すること」に重点を置いているとし,同社の最高戦略責任者を務める陳 威光氏を紹介。陳氏はLangrisser Schwarzの中国展開が決定したことを明らかにし,日本と中国以外のアジア各国,北米,ヨーロッパと順次展開していく予定であることを明らかにした。

陳 威光氏(ガマニアデジタルエンターテインメント 最高戦略責任者)
ラングリッサー シュヴァルツ
「Langrisser Schwarz」中国版のロゴ。なんとなく読める?


作曲家の岩垂氏とガマニアの市崎氏が開発秘話を披露


岩垂徳行氏(作曲家)
市崎裕康氏(ガマニアデジタルエンターテインメント 商品開発部 部長)
 “大きな話”が終わった後は,Langrisser Schwarzの音楽を手がけた作曲家の岩垂徳行氏と,ガマニアデジタルエンターテインメント 商品開発部 部長の市崎裕康氏が登壇し,同タイトルの開発にまつわるトークを繰り広げた。
 市崎氏によれば,日本の開発スタッフはもちろん,台湾のガマニア本社のスタッフにもラングリッサー好きが大変多く,「これはもうオンライン化するしかない」という話になったのだとか。

 岩垂氏は,ラングリッサーシリーズの曲を手がけた当時を振り返り,「もともと遊びがいのあるゲームとして定評があったが,まさかオンライン化するとは思っていなかった」と発言。
 市崎氏はそれを受けて,「しっかりしたゲームだっただけに,オンライン化するにあたってどう再現するかに最も配慮した」と述べていた。そして今回は,プレイヤーが三勢力に分かれて争うことになるため,これまでのシリーズでは描かれなかった「光の軍勢」や「闇の軍勢」それぞれの国もゲーム内で表現できるようになったという。

ラングリッサー シュヴァルツ
闇の軍勢
ラングリッサー シュヴァルツ
光の軍勢

 また,両名のトークセッションでは,

  • プレイヤーキャラが15個のパーツで構成されること
  • それぞれのパーツは,女神の質問にどう答えたかで決定されること
  • キャラクタークラスが70種類あり,それぞれ長所と弱点をもっていること
  • 武器と防具は既に1800種類以上用意されており,生産・合成も可能なので,まさに自分だけのプレイヤーキャラを作り出せること

が披露された。加えて,ギルドの拠点となる本拠地もカスタマイズできる可能性も示唆されている。
 また,現時点でマップは70以上用意されており,しかも,たとえ同じマップでもクエストが異なると戦い方を変える必要が出てくるため,戦闘は決して単調にならないとは市崎氏の弁だ。

ラングリッサー シュヴァルツ
女神の質問に答えてキャラクターの15個のパーツを決める
ラングリッサー シュヴァルツ
キャラクター作成画面
ラングリッサー シュヴァルツ
戦闘画面。岩垂氏は,会場で初めてゲーム画面を見たとのこと
ラングリッサー シュヴァルツ
同じく戦闘画面。岩垂氏は「音楽が合ってるかなあ」と心配していた

 トークセッションの最後には,岩垂氏が「皆が好きになるゲームになってほしい」との期待を述べ,また市崎氏は「スタッフ全員が大好きなゲームを作っているのだから,面白くならないわけがない」と述べ,「これはガマニアでしかできないことである」と強い意気込みを見せていたことも付記しておきたい。

Langrisser Schwarzグローバルサイト


 最後に再び浅井氏が登場。ガマニアがサービスを手がけるブラウザゲームとして,新情報を2つ紹介した。
 1つは,「Web恋姫†夢想」の開発が佳境に差し掛かっており,実際にゲームができる状態を近々お披露目できそうだということ。浅井氏は,「10月中に何か発表できそうだ」と述べていたので,期待して待とう。

ラングリッサー シュヴァルツ
 そしてもう1つが,速報でムービーをお届けした,ブラウザゲーム版POWER DoLLSだ。正味の話,ムービーから得られる以上の情報はまったくないのだが,企画は工画堂スタジオの全面協力により進行中とのこと。ブラウザゲームの特徴を活かした内容になる予定で,詳細な情報は2010年末以降に順次発表されていく見込みだ。

ラングリッサー シュヴァルツ ラングリッサー シュヴァルツ
ラングリッサー シュヴァルツ ラングリッサー シュヴァルツ

 浅井氏は「ガマニアでは,日本のクリエイターさんと一緒に日本のIPを開発し,それをグローバル展開していきます。日本はもちろん,海外の皆さんにも注目していただけるよう頑張ります」と締めくくっていた。

ラングリッサー シュヴァルツ
  • 関連タイトル:

    ラングリッサー シュヴァルツ

  • 関連タイトル:

    Web 恋姫†夢想

  • 関連タイトル:

    Webパワードール

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月13日〜12月14日
タイトル評価ランキング
83
82
ARMS (Nintendo Switch)
73
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
70
2017年06月〜2017年12月