オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
[CES 2016]Mad Catzがまた奇抜なゲームパッドを提案。今度はBluetooth接続で小型キーボード付きの「S.U.R.F. R」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2016/01/08 00:00

イベント

[CES 2016]Mad Catzがまた奇抜なゲームパッドを提案。今度はBluetooth接続で小型キーボード付きの「S.U.R.F. R」

 北米最大の家電見本市であるCES 2016の期間中には,いくつかのミニ展示会が会場周辺で同時開催となるのが通例となっている。そうしたイベントの1つが,北米時間1月6日夜開催の「ShowStoppers@CES」で,そこにはMad Catz Interactiveのミニブースがあった。
 そこで目を惹いたのが,国内未発表のPC&Android用Bluetooth接続型ゲームパッド「S.U.R.F. R」(サーフ アール)だ。

S.U.R.F. Rの量産サンプル。横長のボディ中央にキーボードが並ぶという,かなり奇抜なデザインのゲームパッドだ。写真の展示機はブラックだが,ほかにホワイトとレッドのカラーバリエーションがあるという
Mad Catz,Saitek,TRITTON

 メーカー想定売価は79.99ドル(税別)で,北米市場では近日中に出荷が始まるというS.U.R.F. Rだが,その見た目はかなり“変態”的。小型のワイヤレスゲームパッドを横に引き伸ばしたような本体の中央部に,ボタンを計47個配置してキーボードとして,それを左右で形の異なるアナログスティックで挟んだ,なんとも言えないデザインである。

キーボード部分を拡大してみた。キー1つの具体的なサイズは聞き忘れたのだが,指先でなんとか押し分けられる程度という小ささだった

 写真を見て,「D-Padや[A/B/X/Y]ボタンがないな?」と気付いた人は,なかなか鋭い。実のところS.U.R.F. Rでは,左アナログスティックを囲む四角い枠のようなものがD-Pad,右スティックを囲む丸い枠のようなものが[A/B/X/Y]ボタンになっているのだ。

左アナログスティックを囲む枠のような部分がD-Pad(左)。右アナログスティックを囲む丸い枠は,4つに分割され,それぞれが[A/B/X/Y]ボタンとして機能する
Mad Catz,Saitek,TRITTON Mad Catz,Saitek,TRITTON

 さらに,本体奥側の側面部には[L1/R1]のショルダーボタンと,[L2/R2]のトリガーボタンがある。読者がゲームパッドと聞いてイメージする入力系は一通り揃っているわけである。
 なお,これらボタン類は,S.U.R.F. Rの動作モードを切り替えることで,メディアアプリケーションを操作したり,右アナログスティックをマウス代わりに使ったりできる「Media Mode」に切り替えることも可能だ。

上側面部分にはショルダーボタンとトリガーボタンを装備(左)。上側面中央にあるのが,動作モードの切り替えボタンだ。Media Modeだと,[L2]ボタンはマウスの左メインボタン,[R2]ボタンは右メインボタンとしても機能する(右)
Mad Catz,Saitek,TRITTON Mad Catz,Saitek,TRITTON

 下側面側には,引き出し式のグリップを装備しており,好みに合わせてグリップの長さを変えられるのもポイントといえよう。実際,グリップを引き出したほうが,手に持ったときの安定感は高いように思えた。

下側面から引き出し式のグリップを出した状態。ゲームをプレイするときは,この状態のほうが使いやすく感じた
Mad Catz,Saitek,TRITTON

製品カタログに掲載されていたアダプター取り付け状態のイメージ
Mad Catz,Saitek,TRITTON
 会場にあった量産サンプル品には付いていなかったが,製品ボックスには,スマートフォンを固定するためのアダプターも付属するとのこと。アダプターを使えば,5.7インチサイズのディスプレイパネルを備えたスマートフォン,たとえば,Samsung Electronics製の「Galaxy Note 5」などをS.U.R.F. Rに取り付けて操作することもできるそうだ。

S.U.R.F. Rの底面側
Mad Catz,Saitek,TRITTON
 さて,この奇抜な製品は,いったいどのような用途を想定して作られたのだろうか。Mad Catzのマーケティング担当副社長であるBrad Carraway(ブラッド・キャラウェイ)氏に聞いてみたところ,「Android TVデバイスでの利用を想定して開発した」という答えが返ってきた。
 日本ではGoogleの「Nexus Player」くらいしか販売されておらず,存在感のないAndroid TVデバイスだが,米国ではさまざまなメーカーから製品が登場している。Android TVデバイスは,シンプルなリモコンで操作できるのが特徴なのだが,ゲームをプレイするならゲームパッドのほうがいいのは当たり前で,また,文字入力が必要なアプリを操作するときはキーボードが欲しくなる。なら,そうしたニーズを汲んでしまおうというのが,このS.U.R.F. Rだというわけだ。

 正直にいえば,D-Padは操作しやすいとは言い難い。また,[A/B/X/Y]ボタンも連射には向かないと思う。とはいえ,少なくとも,ボタンが足りなくてゲームをプレイできないという心配はしなくて済むのは事実だ。まったく使い物にならないというものではない。
 Android TVデバイスがほとんど存在しない日本市場に投入されるのかどうかは今のところなんともいえないが,両手で握った状態でキー入力できるスマートフォン用の小型キーボードとして,ガジェット好きの琴線に触れそうな製品ではあった。

S.U.R.F. R 製品情報ページ(英語)

  • 関連タイトル:

    Mad Catz,TRITTON

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月09日〜12月10日
タイトル評価ランキング
83
ペルソナ5 (PS4)
79
討鬼伝2 (PS Vita)
74
No Man’s Sky (PS4)
2016年06月〜2016年12月