オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
50 Cent: Blood on the Sand公式サイトへ
レビューを書く
海外での評価
72
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

いまから始めるオンラインゲーム
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2009/08/01 17:51

ニュース

ベセスダ,「50 Cent」の発売記念パーティで,「WET」の主人公役を発表。Rubiの声はTRFのYU-KIさん

50 Cent: Blood on the Sand

 ヨー,メーン。き,の,お(7月31日),ベセスダわぁ,イエィ,都内で,パーティを開いたのさ……。えーと,原稿をヒップホップ調にまとめてみようと思って2秒で失敗したわけだが,もう一度繰り返すと,パブリッシャであるベセスダ・ソフトワークスは昨日,「50 Cent: Blood on the Sand」PLAYSTATION 3/Xbox 360)の発売記念パーティを都内で開催したのである。併せて,同社が2009年秋の発売を予定している「WET」PLAYSTATION 3/Xbox 360)の声優に関する発表もあったので,お伝えしよう。

50 Cent: Blood on the Sand
50 Cent: Blood on the Sand 50 Cent: Blood on the Sand
50 Cent: Blood on the Sand 50 Cent: Blood on the Sand

会場では,50 Cent本人がゲームを語るビデオメッセージが流された
 50 Cent: Blood on the Sand(以下,50 Cent)は,実在するヒップホップアーティスト,「50 Cent」をフィーチャーした三人称視点のアクションゲームだ。何者かにツアーの出演料を奪われてキレた50 Centと,彼の参加するユニット,G-Unitのメンバー達が,出演料を取り戻すためにマシンガンやロケットランチャー,グレネードなど,20種類以上の武器を使って激しい戦闘を繰り広げるというストーリーになっている。
 アーティストがそんなことしていいのかね? という気もするが,パーティで紹介された50 Centのバイオグラフィーによると,ジャマイカ移民の子としてニューヨークの危険な地域に生まれた彼の前職は,ドラッグディーラー。才能を見いだされてアーティストになったあとも,銃撃事件に巻き込まれて被弾するなど,にわかには信じがたいものがあるとのこと。アクションゲームの主人公として,もってこいというわけだ。

50 Cent: Blood on the Sand
50 Cent: Blood on the Sand 50 Cent: Blood on the Sand
50 Cent: Blood on the Sand 50 Cent: Blood on the Sand

プロデューサーを務める岩本けい氏は,難しいことを考えずに楽しめるゲームと語った
 「ケンカスタイル」の殴り合いや銃撃だけでなく,車やヘリコプターを使ったスピーディなアクションシーン,G-UnitメンバーとのCo-opプレイなど,本作にはさまざまなフィーチャーが用意されている。また,ゲーム内に登場するミニゲームをクリアすることで得られるポイントを溜めれば,未発表曲を含めて40曲以上の楽曲をアンロックできるというから,音楽ファンにもオススメだ。
 パーティでは,本作のプロデューサーを担当する岩本けい氏が,「何も考えずにガンガン撃ち合ってほしい」と語っており,Grand Theft AutoシリーズやSaints Rowシリーズなどのクライムアクションのファンには注目の一本といえるだろう。

50 Cent: Blood on the Sand 50 Cent: Blood on the Sand
50 Cent: Blood on the Sand 50 Cent: Blood on the Sand

50 Cent: Blood on the Sand
 そんな50 Centに続き,同社が発売を予定している二つめのタイトル,WETに関する発表が行われた。会場のスクリーンに映し出されたビデオメッセージに登場したのは,音楽ユニット「TRF」のYU-KIさん。早い話,WETの主人公であるRubi Malone(ルビー・マローン)の声を彼女が担当するというわけだ。
 日本語版の発売が発表されて以来,「誰が声を当てるのか」と一部で興味を持たれていたWETだけに,今回の発表はちょっとしたニュースだろう。ビデオメッセージでYU-KIさんは「普段生活していて,まったく使ったことのない言葉が次々に出てくる」と語っており,自分のイメージとまったく違うRubiを演じるのが大変だったとしていた。


 WETは,金のためならどんな仕事でも引き受けるダーティヒロイン,Rubiを主人公にした三人称視点アクション。驚異的な身体能力を持った彼女が,二丁拳銃や刀を使って,どう見ても悪そうな連中を華麗にやっつけていくという内容だ。6月に開催されたElectronic Entertainment Expo 2009のレポートでもお伝えしたように,1970年代のB級アクション映画をリスペクトしたグラフィックスと,個性的なライバル達が特徴となっている。
 “Fワード”を連発し,返り血をたっぷり浴びるとキレてさらに戦闘力が高まるという,とんでもない主人公をYU-KIさんがどのように演じるのか,なんとなく興味深い。

50 Cent: Blood on the Sand
50 Cent: Blood on the Sand 50 Cent: Blood on the Sand
50 Cent: Blood on the Sand 50 Cent: Blood on the Sand
50 Cent: Blood on the Sand

ゼニマックス・アジアのゼネラルマネージャー,高橋徹氏
 最後はゼニマックス・アジアのゼネラルマネージャーである高橋徹氏が挨拶を行い,「Fallout 3以降,しばらくタイトルが出ていませんでしたが,今年は50 Cent,そしてWETと続けて発売していきますの,よろしくお願いします」と結び,発売記念パーティは終了した。

  • 関連タイトル:

    50 Cent: Blood on the Sand

  • 関連タイトル:

    50 Cent: Blood on the Sand

  • 関連タイトル:

    WET

  • 関連タイトル:

    WET

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月25日〜07月26日
タイトル評価ランキング
95
92
Smite (PC)
83
82
81
Banished (PC)
2014年01月〜2014年07月