※見出しをクリックすると記事が読めます
DMMゲームズ号外を自動表示しない
号外No.3
キャラクター紹介
先行プレイレポート
ゲーム情報総ざらい
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

いまから始めるオンラインゲーム
募集中
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2009/10/07 22:56

ニュース

藤本美貴さんも登場! 明日発売の「ブルードラゴン 異界の巨獣」完成披露発表会で,鵜之澤社長はひたすら冷や汗

ブルードラゴン 異界の巨獣

 バンダイナムコゲームスは本日(10月7日),バンダイナムコ未来研究所にて,10月8日(木)発売予定のニンテンドーDS用アクションRPG「ブルードラゴン 異界の巨獣」の完成披露発表会を開催した。本作は,2006年12月7日に発売されたXbox 360用ソフト「ブルードラゴン」に端を発する,ブルードラゴンシリーズの最新作だ。

馬場英雄氏
 発表会では,バンダイナムコゲームスの代表取締役社長 鵜之澤伸氏による挨拶のあと,同社で本作のプロデューサーを務めた馬場英雄氏(「テイルズ オブ」シリーズのプロデューサーでもある)が,ゲームシステムについて説明。
 馬場氏によると,自分の好きなキャラを作れるメイキングシステムや,ワイヤレス通信およびWi-Fiコネクションでのマルチプレイが,本作の大きな見どころであるとのこと。
 馬場氏は「もちろん過去作同様,シングルプレイでも十分楽しめる作りになっています。ですが多人数で遊ぶことによって,その楽しさが何倍にもなりますよ」とも語るなど,とくにマルチプレイの楽しさを重視した作品であることを強くアピールしていた。

ブルードラゴン 異界の巨獣 ブルードラゴン 異界の巨獣
ブルードラゴン 異界の巨獣 ブルードラゴン 異界の巨獣
ブルードラゴン 異界の巨獣 ブルードラゴン 異界の巨獣 ブルードラゴン 異界の巨獣

鳥嶋氏の過激発言に,鵜之澤氏はきりきり舞い


 続いて,本作の総指揮を務めるミストウォーカーコーポレーションの坂口博信氏と,集英社の常務取締役 鳥嶋和彦氏が登壇。鵜之澤氏を加えた3人によるトークセッションへ。


坂口博信氏
 ここで坂口氏は,「以前から鳥嶋さんには色々と相談させていただいてたんです。色々とお叱りも受けましたよ。『FFのここがダメなんだ!』と2時間くらい説教されたこともありました。そして私がスクウェアを辞めてから3年経って,またゲームを作ろうとしたときに,『クロノトリガー』でご一緒した鳥嶋さんと,また仕事がしたいなと思い,相談したんです」と,鳥嶋氏との関係を語りながら,ブルードラゴンという作品を作るに至った経緯を説明した。
 すると鳥嶋氏も,「初めてブルードラゴンの話を聞いたとき,坂口さんと組んだら新しいゲームが生まれるんじゃないかと考えました。ちょうどその頃,いろんなゲーム会社が合従連衡してましたよね。でも,スクウェアとエニックスが合併したからといって,新しいゲームができたかというとそうでもなくて,あいかわらずドラクエとFFだけみたいな感じでした」と,いきなりの剛速球。
 続けて「だったら,新しいゲームを仕掛けて選択肢を多くしたほうがいいんじゃないかなと考えたんです。それで鳥山 明さんにキャラクターデザインをお願いして,ブルードラゴンのプロジェクトが始まったという感じですね」と語った。
 これを聞いていた鵜之澤氏は,「相変わらず辛らつですね……。ドクターマシリトの頃から何も変わっていませんね(笑)」と,苦笑を浮かべるばかり……。

鳥嶋和彦氏
 またグラフィックスについて,坂口氏は「画面の中に立体感があって,粘土細工が動き出すようなものを目指した。僕なりに鳥山先生の絵を画面の中で出しています」とコメント。
 これを受けた鳥嶋氏は,「ゲームってCGが導入されて,ずいぶん表現方法が変わりましたよね。でも逆にいうと,CGで描いたキャラクターって全部同じに見えちゃうんですよ。マンガ家さんがデザインした温かみのようなものがなくなっちゃう。そういう意味でブルードラゴンは自然ですよ」と語ったかと思うと,鳥山氏に聞いたというブルードラゴンの感想を披露し始めた。
 なんでも,「『ドラクエ』と重なっていたのでつらい時期ではあった。でも,ドラクエは一部のボスキャラや一部の仕事しかしていないので,ずっと関わっているものの,全体像が掴みづらい。そういう意味で,ブルードラゴンはキャラクターとモンスターの全部に関われたので,イメージを掴みやすかったし楽しかった」のだそうだ。
 もちろんここでも,鵜之澤氏は「僕の口からはちょっと……」と苦笑いを浮かべるしかなかった。

鵜之澤伸氏
 なお,バンダイナムコゲームスが今作で初めてブルードラゴンシリーズのパブリッシャーとなった理由について,鳥嶋氏は「僕の中では,ゲームと雑誌とアニメがすべて連動した形で,子供達に楽しんでほしいという思いがありました。それにはお金のある企業の協力がないと成立しないんですよね。そこでパッと思い浮かんだのがバンダイナムコゲームスさんだったんです(笑)」と,またまたざっくばらんにコメント。
 ここでもやっぱり鵜之澤氏は,「金ですか(笑)。」と苦笑を禁じ得なかった。

 トークセッションの終盤には,坂口氏に対して,本作の制作チームと組んだ印象についての質問が投げられた。
 坂口氏は,「時間はかかりましたが,その分,ゲームの調整やマルチプレイに関しては凄く良くなったと思います。実はニンテンドーDSのWi-Fi通信で,リアルタイムに処理をするのは,メインメモリの都合で難しいものなんです。それを実現させた技術陣は本当に凄いと思いますよ」と評価。
 本作は当初,「BDO(ブルードラゴンオンライン)」という仮称がつけられていたほど,開発初期からマルチプレイを重視した作品だったとのことだけに,これをきっちり実現できたことに安堵している様子だった。

鳥嶋氏の発言は過激ながらも,トークセッションは終始和やかな様子で進行していった

藤本美貴さんが,マルチプレイ初体験に大興奮


ブルードラゴン 異界の巨獣
 トークセッション後には,スペシャルゲストとして「ブルードラゴンの主人公の女の子をイメージした」衣装に身を包んだ,藤本美貴さんが登場した。
 藤本さんは一足先に本作をプレイしたらしく「ブルードラゴンのようなタイプのゲームは初めてやったんですけど,凄い楽しかったです! とてもやり甲斐があるゲームでしたね」と本作を絶賛。

 続いて,馬場氏と坂口氏を交えて,本作のサブタイトルにもある“巨獣”を倒す,マルチプレイのデモンストレーションが行われた。
 序盤「キャ,怖い!(笑)」と逃げ回っていた藤本さんだが,馬場さんがチャットで的確なアドバイスをした甲斐もあり,なんとか巨獣の撃破に成功。
 ちなみに坂口氏は,馬場氏や藤本さんとは対照的に,プレイ中は終始無言。なんでも,デバックをしてるような感覚に陥ったらしく,「止まらないと(フリーズしないと)いいなと」と思っていたそうである。この姿からも,本作のマルチプレイへの力の入れ具合がうかがえた。

ブルードラゴン 異界の巨獣 ブルードラゴン 異界の巨獣

 藤本さんは発表会の最後にも,「こういうタイプのゲームが苦手な人でも,上級者とプレイすれば,一緒に上達していけるタイトルだと思います。発売したら,みんなでワイワイ盛り上がってください!」と語るなど,本作をかなり気に入っている様子だった。

ブルードラゴン 異界の巨獣
ブルードラゴン 異界の巨獣 ブルードラゴン 異界の巨獣 ブルードラゴン 異界の巨獣
ブルードラゴン 異界の巨獣 ブルードラゴン 異界の巨獣 ブルードラゴン 異界の巨獣
ブルードラゴン 異界の巨獣 ブルードラゴン 異界の巨獣 ブルードラゴン 異界の巨獣
ブルードラゴン 異界の巨獣 ブルードラゴン 異界の巨獣 ブルードラゴン 異界の巨獣

「ブルードラゴン 異界の巨獣」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ブルードラゴン 異界の巨獣

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月18日〜12月19日