オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2008/12/02 23:00

ニュース

PhysXやCUDAの最新デモ満載。GeForce Power Pack 2がリリースに

CUDA
 NVIDIAは,PhysXやCUDAなどを活用したデモアプリ集である「GeForce Power Pack」の第2弾,「Graphics Plus Power Pack #2」を発表した。“GeForce Power Pack 2”と仮称されていた新Power Pack(以下,Power Pack 2)は,日本時間2008年12月2日23:00以降,NVIDIA日本語WebサイトのPower Packダウンロードページから入手可能になる予定だ(※米国本社サイトではすでに入手可能となっている)。

 Power Pack 2を動作させるには,グラフィックスメモリを256MB以上搭載した,GeForce 8以降のGPUもしくはグラフィックス機能統合型チップセットと,バージョン178.24以降のGeForce Driver(※原稿執筆時点での公式最新版は「GeForce Driver 180.48だが,これはGeForce 8100〜8600シリーズをサポートしないので要注意)が必要。また,Power Pack 2に含まれるアプリケーションの多くで,デュアルコアCPUの利用が推奨されているので,ダウンロードの前に,動作環境を確認しておこう。

 前回同様,各プログラムを簡単に紹介してみたい。


●Crazy Machines 2

CUDA
 いわゆる“ピタゴラスイッチ系”物理パズルゲームの体験版。それぞれのステージで,指定されたパーツを指定個数配置して,なんらかの機能を持ったマシンを作り上げるのだ。物体を置ける場所では輪郭が緑色に,置けない場所では赤色になるので,試行錯誤で頑張ろう。GPUアクセラレートが有効になっている……はずなのだが,オブジェクトが少ない状態だと,CPU処理との違いはほとんど分からないかもしれない。


●Warmonger v.2.5

CUDA
 物理演算バリバリのFPS,「Warmonger - Operation: Downtown Destruction」(以下,Warmonger)。初代Power Packにはバージョン2.1が収録されていたが,バージョン2.5へと引き上げられた今回は,新たに2種類のマップ「Tombstone」「Asylum」が追加されている。

 Tombstoneは,地上の墓地と地下墓地の複合マップで,Asylumはあちこち壊れた建物内での戦闘となる。Tombstoneは壊れるオブジェクトの数がいまいち少なめなので,Asylumのほうが物理演算の醍醐味がより楽しめそうだ。


●Badaboom Media Converter 1.0:Trial Version

CUDA
 Elemental Technologies製となる,GPUを使ったトランスコード(=ビデオエンコード)ソフトである。前回はVersion 0.9だったが,今回は完成バージョンの体験版が収録されることになった。CUDAによってGPUを駆使し,再生速度の5倍速でH.264トランスコードを行えるという優れものだ。

 試用期間は,インストール後30日間となっている。


●TMPGEnc Express 4.6.2.266 Trial

CUDA
 ペガシスが制作している国産トランスコードソフト,「TMPGEnc Express」がGPUアクセラレートに対応した。なお,残念ながら対応したのはエンコードエンジン部ではなく,フィルタリング部分でのCUDAアクセラレートに留まっている。そんな簡単に最適化できるものではないそうで,GPUトランスコードは,将来のバージョンで対応予定とのこと。

 さて,CUDAを利用することにより,ノイズ消去や画像先鋭化などで最大4倍の高速化を実現したとされる本バージョン。CPUとGPUの両方を使って動的に負荷分散しているようで,エンコードを実行すると,CPUとGPUの処理の割合が表示される。
 なお,収録されているのは英語体験版で,試用期間は14日間だ。


●Power Director 7.0 Trial

CUDA
 映像のフィルタリング処理を行うCyberLink製ビデオ編集ソフト「Power Director 7.0」の体験版。エフェクトの一部でCUDAによるGPUアクセラレートが有効になる。一覧を見ると,“CUDA版エフェクト”にはNVIDIAロゴマークがついているので,どれを試せばよいかはすぐ分かるだろう。
 GPUを利用したビデオトランスコードは,今後のリリースで対応予定とのことだ。試用期間は30日となっている。


●Dark Basic Fluids Demo

CUDA
 The Game Creatorが市場投入しているゲーム開発ツール「Dark Basic」と,拡張ライブラリ「Dark Physics」。これらを活用した流体デモのプログラムである。作者はKenneth Bugeja氏で,NVIDIA協賛で行われている「Dark Basic PhysX Contest」への応募作の一つとのことだ。
 インストールは不要で,そのまま動作。画面上でCPU演算と切り換えることで,GPU処理の速度が体感できる仕掛けとなっている。負荷が少ないうちは,CPU処理もなかなか捨てたものではないのだが,パーティクルを増やすとかなり重くなってしまうのも分かるだろう。終了はESCキー連打で。


●Dark Basic PhysX Soft Body Demo

CUDA
 Dark BasicとDark Physicsによるデモプログラムで,弾性体を扱ったもの。これもKenneth Bugeja氏作だ。
 やはりインストールは不要で,即実行可能。回転する立方体内に入った,さまざまな“ぐにゃぐにゃオブジェクト”が運動するさまを観察できる。立方体はマウスでつかんで回すことも可能だ。Level of Detail(要するにポリゴン数)を下げればCPUでもそこそこ動く。


●PhysX Screen Saver

CUDA
 The Game CreatorがDark GDKとDark Physicsを使って作成した,PhysXデモ用のスクリーンセーバーだ。Dark GDKは,Dark BasicみたいなことをC言語でやるための開発環境だと思えばよいだろう。緑色のボールがいろんなものを弾き飛ばしながら突き進んでいく。各種設定を変更できるほか,布の部分はほかの仕掛けに変更も可能だ。初回起動にかなり時間がかかるようなので注意。


 以上,Power Pack 2は,8月に公開されたPower Packと比較すると映像処理関係のアプリケーションが増えた一方,ゲーム関係はちょっと減っている。この点,4Gamer的には寂しいところだが,GeForce 8シリーズ以降のユーザーなら,今すぐ試せるアプリケーションばかりなので,興味を持った人はダウンロードしてみよう。


Graphics Plus Power Pack(Power Pack 2)

http://www.nvidia.co.jp/content/forcewithin/jp/download.asp


Graphics Plus Power Pack(Power Pack 2)USサーバー

http://www.nvidia.com/content/graphicsplus/us/download.asp

※日本時間2008年12月2日23:00以降に更新予定です。また,Internet Explorerでは,そのままだと閲覧できないことがあります(※Mozilla Firefoxでは閲覧可能)。Internet Explorerをお使いの場合に,リンク先でブランクページが表示されたときは,

右クリック→「エンコード」→「Unicode(UTF-8)」

と選択し,文字エンコードを変更することで閲覧できるようになりますので,注意してください。
  • 関連タイトル:

    CUDA

  • 関連タイトル:

    PhysX

  • 関連タイトル:

    GeForce Driver

  • 関連タイトル:

    ミドルウェア/開発ツール

  • 関連タイトル:

    Warmonger - Operation: Downtown Destruction

  • 関連タイトル:

    Crazy Machines 2

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月21日〜10月22日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
72
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
56
アズールレーン (iPhone)
2017年04月〜2017年10月