オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
BAYONETTA(ベヨネッタ)公式サイトへ
  • セガ
  • 発売日:2009/10/29
  • 価格:7,980円 (税込),ダウンロード版3600円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
67
投稿数:6
レビューを投稿する
海外での評価
87
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

いまから始めるオンラインゲーム
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2009/10/05 15:07

イベント

爽快感に特化したイージー・オートマチックモードに注目! 「BAYONETTA」先行体験イベントをレポート

 セガは10月29日に,PlayStation 3 / Xbox 360用ソフト「BAYONETTA(ベヨネッタ)」を発売する。本作は美しき魔女“ベヨネッタ”が天使どもをなぎ倒していく“クライマックス・アクション”。四肢に装備したさまざまな武器を駆使して戦う「バレットアーツ」や,敵を拷問具にかける「トーチャー・アタック」など,独創的なアクションで注目を集めている作品だ。

 10月3日,その発売に先駆けて,東京都の葛西にあるゲームショップ「GAMESマーヤ」にて,先行体験イベントが開催された。同作のプロデューサーである橋本祐介氏とディレクターの神谷英樹氏も来店し,お話を聞くことができたので,本稿ではその内容を中心にお伝えしていこう。


単純だからこそ快感だけを味わえる

超簡単操作のオートマチックモード


――体験会を開催できたことについて,感想はいかがでしょうか?

「BAYONETTA」ディレクターの神谷英樹氏
神谷氏:
 触り心地を知ってもらいたいというのが第一だったんですよね。TGS 2009でも沢山のお客さんに来てもらえましたが,おかげさまで入場規制も凄くて……。今日(10月3日)を皮切りに全国で体験会が開かれるので,もっと多くのお客さんに遊んでもらえると思うと,凄くワクワクします。

橋本氏:
 身近な店舗で体験できる場を作れたというのは嬉しい限りです。発売まで盛り上げたいと思うので,よろしくお願いいたします。


――触り心地というのは,非常に感覚的なものだと思います。調整が大変そうですが,苦労されたことなどはありますか?

神谷氏:
 “感覚的”というのは僕のゲームを作るスタイル全般に言えるんですが,「触って気持ちがいい」とは言っても「じゃあ何が気持ちいいのか?」というのは非常に説明が難しいところなんですよね。そこは自分が納得できるところまで,スタッフと煮詰めました。

「BAYONETTA」プロデューサーの橋本祐介氏
橋本氏:
 「思いのままに操作できる」というコンセプトがあったので,敵との攻防でひっかかったり,自分の思ったとおりに動かせなかったりといったところは,徹底的に調整しました。

神谷氏:
 究極的には,「コントローラーを持つことすら煩わしい」というレベルなんです。思ったことを素直に,画面の中に反映させたいという。順番としては,まずプレイヤーキャラを動かして気持ちいいかというところから作って,レスポンスと機能性を極限まで高めたうえで,それに対抗する敵を作るのが僕のゲーム作りのスタイルなんですよ。なので,ストレスを感じるような部分は徹底的に排除し,「どうやったら快感に繋がるか」というところを煮詰めていきました。

橋本氏:
 よく「脳にさせたい」って言ってましたよね(笑)。

神谷氏:
 コントローラーじゃなくて脳にさせたいんです。アクションに関しては脳に直結で遊びたいとよく言っています。

――ではプレイヤーキャラの動きに満足行くまで,開発は次のステップへ進まなかったということですか?

神谷氏:
 そうですね。実際「BAYONETTA」もプロトタイプを作るところから始めたのですが,まずは「プレイヤーキャラありき」でした。敵はただそこにいるみたいな感じで,いかにカッコよく戦えるかというところから作りましたね。

――感覚的と言えば,イージーモードのオートマチック機能が本当に簡単操作ですよね。開発中に「簡単すぎるんじゃないか」という意見は出なかったのでしょうか?

神谷氏:
 それはむしろ,いつも僕達が葛藤しているところですね。やはり僕達がゼロからゲームを作っていくと,どうしてもそのゲームの達人になってしまうんです。そういう感覚のなかで,“簡単”のラインというのには常に葛藤しているんですよ。
 実際,以前「ビューティフルジョー」という作品でキッズモードを作ったとき,それでも「難しすぎてクリアできない」という意見があって,実はあれがノーマルモードだったのかなと。その後「ビューティフルジョー」を出しなおしたとき,スイートモードというさらに簡単なモードを作ったのですが,それもユーザーさんのリアクションを見ると,「アレでちょうどノーマルだ」という感じで,じゃあもっと下も行けたかという……。
 今回も,どこまで簡単にすればいいかという点には悩みました。ただ,本作に関してはベヨネッタの華麗なコンボを味わえて,初めて楽しさに繋がると思うんですよ。イージーモードは難度を下げるというより,ベヨネッタを自由自在に動かせるという部分に焦点を当てて作りましたね。

橋本氏:
 一本のアクションゲームに,楽しみ方が2個あるという考えが近いです。オートマチックが嫌ならサブ画面で変更することもできるので,ノーマルと両方試してほしいですね。

神谷氏:
 ユーザーフレンドリーというところには徹底的に気を使いましたね。難度に関してもステージごとの選択が可能で,もちろんステージを遡ってのプレイもできます。今回はユーザーのやりたいことがすべてできるようにと,凄く配慮しました。難しいモードでも,心が折れない程度にはリトライポイントを用意してありますので,チャレンジ心を刺激する作りになっています。プレイヤーの技量に合わせて,自由に遊べるのではないかと思います。

橋本氏:
 イージー・オートマチックに関してはとくにチームからの反対というのもなかったですね。アクションを作り慣れた人間ばかりなので,その辺は新しいチャレンジとして考えて。

神谷氏:
 テストプレイしながら作っているので,チーム全員,テクニックは上級者なのですが,そういう人間が開発終盤に導入されたイージー・オートマチックをプレイして,「これはスゲェ!」と。操作が単純だからつまらないのではなく,単純だからこそ快感だけを味わえて面白いという感じでした。「デビル メイ クライ」にもオートマチックモードというのがあって,当時,「こっちの方が面白いから,こっちメインで行ったほうが良いんじゃないか」というような話も出てました(笑)。今回もこだわって作ったので,たとえ熟練者でも,プレイしてみれば楽しさを味わえるのではないかと思います。なので,一度はオートマチックでプレイしてほしいですね。

――高速道路のステージで「アウトラン」の曲が流れたり,全体的にバカゲーというか,ケレン味溢れる作りですが,今回セガさんと一緒に仕事をした感想はいかがでしょう?

神谷氏:
 遊んだ人が,「ああ,だからプラチナとセガが組んだのか」と感じるような融合をしたいと考えていました。半分以上は僕の趣味だったりもするんですけど(笑)。僕もゲームっ子として育ってきて,セガさんには大分お金を突っ込んできた人間なので,愛着もありますし。

橋本氏:
 勢いで曲を作ってもらってますからね(笑)。

神谷氏:
 そうなんですよ。まぁヒロ師匠という偉大なるコンポーザーがセガさんにはいらっしゃるんですけれども,その方と今回お仕事ができまして。

橋本氏:
 開発が違うとなかなかそういうコラボレーションはできないのですが,今回は本当に縁がありまして。「BAYONETTA」のBGMとしてアレンジされてゲーム中で流れるというのが,制作サイドとしても非常に嬉しいです。

神谷氏:
 僕自身が凄く濃い人間なので,もしかすると濃い人間しか気付かないお遊びかもしれないんですが……何度もプレイするなかで,そういう発見をしていただけたら嬉しいなと思います。バカゲーという言葉が僕は好きなので,ちょっとクスッとしてもらえたら嬉しいです。

――ありがとうございました。




右手のみで華麗な戦闘が可能

空いた左手はお好きなように


BAYONETTA(ベヨネッタ)
 当日はPlayStation 3版とXbox 360版の試遊機が一台ずつ用意されていたが,バージョンについてはTGS 2009に出展したものと同じとのこと。
 詳細なプレイレポートについては「こちら」を参照してもらいたいのだが,今回は橋本氏と神谷氏から聞いた話を踏まえ,イージー・オートマチックモードでプレイしてみた。ここではその「触り心地」をお伝えしていこう。

 事前に公式サイトやブログなどで,BAYONETTAのイージー・オートマチックモードに関するプレイ動画は見ていたのだが,実際に触ってみると,その簡単操作っぷりは予想以上のもの。本当に,ただパンチとキックのボタンを押しているだけでクリアできてしまうのだ。敵との間合いや高低差はオートで詰めてくるし,本来なら複雑なコマンド入力を必要とするコンボ技も,ボタン連打のみでサクッと発動する。攻撃以外の操作をすべてオート化しているのに,ちゃんとゲームを遊んでいる感覚は味わえるという見事な調整になっている。


BAYONETTA(ベヨネッタ)
 敵に関しても,ノーマルモードと比べて体力が低く設定されており,サクサクとゲームが進むので,「アクションは苦手だけどベヨ姐さんの華麗な戦いが見たい!」というワガママな人や,まずはストーリーを一通り楽しみたいというせっかちな人などには,非常にありがたいシステムだ。
 また,イージー・オートマチックだと,戦闘に関しては実質右手だけで操作可能なので左手はフリーになる。ハナクソをほじろうが煙草を吸おうがジュースを飲もうが,好きにできるというのも何かと嬉しいところ。
 筆者も本作が発売された暁には,右手でゲームをプレイしながら左手で“片手間”に原稿を書くという技を練習しようと密かに計画中だ。

BAYONETTA(ベヨネッタ)

 まぁ,アクションゲームに慣れている人にとっては少々歯応えが足りない面もあるが,橋本氏と神谷氏が言ったように,イージー・オートマチックモードには一度触ってみることをおススメしたい。普段,キャラクターの操作に注ぎ込んでいる集中力を,別のところ(例:ベヨ姐さん鑑賞)に回せるので,新たな楽しみを発見できるはずだ。
  • 関連タイトル:

    BAYONETTA(ベヨネッタ)

  • 関連タイトル:

    BAYONETTA(ベヨネッタ)

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月29日〜07月30日
タイトル評価ランキング
95
92
Smite (PC)
83
81
Banished (PC)
80
マリオカート8 (Wii U)
2014年01月〜2014年07月