オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
モンスターハンター3(トライ)公式サイトへ
  • カプコン
  • 発売日:2009/08/01
  • 価格:通常版:7340円/クラシックコントローラPRO同梱版:8490円/イーカプコン限定版:9440円(いずれも税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
74
投稿数:23
レビューを投稿する
海外での評価
85
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

いまから始めるオンラインゲーム
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2009/10/05 22:28

イベント

九州でも4000人のファンが訪れた,「モンスターハンターフェスタ’09」福岡大会レポートその2

 10月4日,福岡県北九州市の西日本総合展示場において,「モンスターハンターフェスタ’09」福岡大会が開催された。先ほどお届けした狩王決定戦福岡地区大会の模様に続き,ここではイベントで行われたステージの模様を中心にレポートしよう。

 全国5都市で開催される「モンスターハンターフェスタ’09」は,8月23日の東京大会を皮切りに大阪,名古屋,そして今回の福岡で大会が開催された。残すは10月11日の札幌大会(※入場無料),そして10月25日に東京で開催される“狩王決定戦”決勝大会(※事前応募制)を残すのみとなった。

「モンスターハンターフェスタ’09」特設サイト

「モンスターハンターフェスタ」関連記事一覧(4Gamer)


 カプコンによれば,福岡大会の来場者数は公称4000人とのことで,開場前には1000人以上が行列を作っていた。なお会場の準備の都合で開場が約10分ほど遅れたが,オープン後は待ち時間もなくスムースに入場でき,開場時間中に入場制限が行われることもなかった。


モンスターハンター3(トライ)
モンスターハンター3(トライ)

モンスターハンター3(トライ)
 どの会場でも人気の物販コーナーについては,福岡大会でもかなりの待ち時間が発生しており,ステージイベントの合間ごとに確認したが,最大で90分待ちという状態を確認した。ただ,15:00過ぎには待ち時間なしで入れ,他会場ほど売り切れアイテムも多くはなかったように感じられた(あくまで筆者の体感ではあるが)。

 ステージイベントのスケジュールは以下のとおり。東京/大阪/名古屋大会とは異なりメインステージのみでの進行となったが,「開発者チャレンジクエスト」「帰ってきた! 教えて藤岡先生」「『モンスターハンター3(トライ)』狩王決定戦決勝戦」など,人気のステージはしっかりと行われた。

■メインステージ
モンスターハンター3(トライ)
10:20〜 オープニング&開発者チャレンジクエスト
11:30〜 帰ってきた!教えて藤岡先生 モンスター生態講座&イラストコンテスト作品講評
13:00〜 モンハン部スペシャルステージ
14:00〜 「モンスターハンター3(トライ)」チャレンジクエスト
14:30〜 モンハン模試答え合わせ&「モンスターハンター3(トライ)」狩王決定戦地区大会決勝進出者発表
15:30〜 「モンスターハンター3(トライ)」狩王決定戦地区大会決勝戦
16:30〜 お楽しみ抽選会


開発者チャレンジクエストは

“炎戈竜”アグナコトルに挑戦


MCの宇佐美友紀さん(左)と小嶋慎太郎氏(右)
モンスターハンター3(トライ)
 ステージの進行は他会場同様,まずはイベント全体の概要が説明されるオープニングからスタートし,続けて「モンスターハンター」シリーズ開発陣による「開発者チャレンジクエスト」が行われた。
 司会進行は,フェスタではおなじみの「3(トライ)」のアシスタントプロデューサーである小嶋慎太郎氏と,“ウサミス”こと宇佐美友紀さんのお二人だ。
 クエストにチャレンジするのは,こちらもおなじみ,「3(トライ)」プロデューサーの辻本良三氏,「3(トライ)」ディレクターの藤岡 要氏,「3(トライ)」メインプランナーの木下研人氏,「モンスターハンターポータブル 2nd G」ディレクターの一瀬泰範氏の4人である。

左から辻本良三氏,藤岡 要氏,木下研人氏,一瀬泰範氏
開発陣はさまざまなモンハングッズを身に着けての登場。辻本氏(と藤岡氏)が着ていたTシャツは,マンガ「クローズ」「WORST」とのコラボ企画“モンスターハンター×「クローズ」「WORST」狩猟戦線Tシャツ”だ。ちなみに藤岡氏が着ている“モンスターハンター5周年記念 限定 大空の王者 リオレウス スカジャン”は,“5周年”の間だけの期間限定販売予定とのことなので,購入を考えている人はご注意を
モンスターハンター3(トライ) モンスターハンター3(トライ) モンスターハンター3(トライ)

 そして今回は,すっかりリーダーとして定着した木下氏から,“炎戈竜”アグナコトル(関連記事)に挑戦すると発表された。木下氏は「アグナコトルはまだ見たことのない人がいらっしゃると思うので,その見本になれるように,しっかりと作戦を立てて狩ってみよう」とコメントした。なお開発者チャレンジクエストでは,フェスタルールで制限時間15分となり,制限時間内にクリアできない場合はそこで打ち切りとなる。

 今回挑戦するアグナコトルのクエストは,ネットワークモードの★3レベルの中でも高難度の特別なクエストで,火力は4人必要だと木下氏が説明する。一瀬氏が「一応3人でクリアできるクエストではあるんですよね?」と聞くと,木下氏は「今回は4人ちゃんと必要です」と返す。
 毎回このステージでは,辻本氏が戦力として数えられておらず,実質3人で挑戦している形だったのだが,果たしてどうなることやら,毎度のことだが心配でもあり楽しみでもある。

 クエストに出かける前に,それぞれの装備の紹介が行われた。まず一瀬氏は,火耐性に強いリオレウス防具一式に麻痺属性のスラッシュアックスである「バンカーバスター」を選択。
 木下氏は,ガンナーのリオレウス防具一式で,ボウガンはロアルドロス素材を使い,水冷弾の速射対応がポイントとのこと。
 藤岡氏は,闘技場モードで入手できる素材から作れる城塞遊撃隊装備一式で,ランスは水属性の「スパイラルランス」を選択。そのほかスキルに広域+1が付いており,サポートも視野に入っているという構成だ。
 辻本氏は,すっかりおなじみとなったサメの形のランス(シャークキング)に防具はウラガンキン一式という感じだ。
 といった感じで,開発陣のコメントから,アグナコトルには水属性の攻撃,防御は火耐性に強いものが効果的だと思われる。これからチャレンジする人は参考にしてほしい。


 クエストスタート後,“今回は4人必要”なアグナコトル狩猟の作戦が説明された。木下氏によれば,アグナコトルは溶岩を身にまとうのだが,溶岩が冷えて固まると攻撃がはじかれてしまうとのこと。溶岩が冷える前に攻撃をして溶岩をはがしておくと,その部位では攻撃がはじかれなくなるので,前足/後足といった攻撃を当てやすい部位から狙っていこうとのことだ。また木下氏は,尻尾の切断も狙っていきましょうとコメント。
 ……というか,木下氏が説明している間に,辻本氏が一瀬氏に小タル爆弾をしかけるなど,今回も出だしから少々不安がよぎる展開だ。

モンスターハンター3(トライ)
 アグナコトルと遭遇した直後に“誰か”がケムリ玉を連発したおかげで,辺り一面が真っ白になり,アグナコトルの姿がまったく確認できない。辻本氏の言葉を借りれば,「さすが高難度」である。ちなみに藤岡氏は,火山フィールドに「こんな温泉効果はない」と言っていたが。
 また辻本氏は,ネタを仕込むためにかマタタビ爆弾を使っていたところでアグナコトルに攻撃され,“1オチ”を献上してしまったのだが,このときは会場から拍手が上がっていた。
 そのほか,落とし穴を仕掛けたときに生肉を置いて「目印です」と言ったり,笛を吹いている一瀬氏にマタタビ爆弾を仕掛けて「これでアイルーと仲良くなれるよ」と言ったり,なぜかたいまつを振り回したりと,要所要所でネタプレイを披露することは忘れていなかったが,とはいえ今回は,罠を仕掛けたり閃光玉を投げたり,モンスターにちゃんと(?)攻撃をしたりと,クエストに積極的に参加していた。

モンスターハンター3(トライ) モンスターハンター3(トライ)
モンスターハンター3(トライ) モンスターハンター3(トライ)

モンスターハンター3(トライ)
 そして残り時間が5分を切ったところで,一瀬氏が尻尾の切断に成功。一瀬氏はアグナコトルを麻痺させたり,前足の部位破壊に成功したりと,藤岡氏とともに目立たないながらも着実にダメージを与えていた。
 そして制限時間がほとんどなくなってきて,「“また”時間切れか?」と思ったところでなんと(?)討伐に成功。トドメは藤岡氏の一撃と,これまでの大会で縁の下の力持ちだった藤岡氏と一瀬氏の見せ場がやってきたステージとなった。
 さてこれで,東京大会のギギネブラ(時間切れ),大阪大会のラギアクルス(クリア),名古屋大会のジエン・モーラン(時間切れ)と,2勝2敗となった開発者チャレンジクエスト。札幌大会ではどのモンスターに挑戦し,そして勝ち越しを達成できるのかも気になるところ。札幌大会来場予定の人は,楽しみにしてほしい。

「帰ってきた! 教えて藤岡先生」福岡大会編は

「ウラガンキン」「アグナコトル」「ナバルデウス」を解説


モンスターハンター3(トライ)
 開発者チャレンジクエストに続いては,人気コーナーの「帰ってきた! 教えて藤岡先生 モンスター生態講座」がスタート。このコーナーは,藤岡氏扮する“先生”と小嶋氏扮する“助手”が,「モンスターハンター3(トライ)」に登場するモンスター達の生態を紹介するという内容だ。今回は,「火山」に生息する「ウラガンキン」「アグナコトル」,そして“大海竜”ナバルデウスがテーマとなった。来場者やモンハン部から寄せられた質問に答えるQ&Aコーナーと合わせて,その概要をお伝えしよう。

モンスターハンター3(トライ)
・ウラガンキン

 ウラガンキンは,巨大なアゴをはじめとした特徴的な部位の解説が行われた。まずアゴは,成長とともに大きくなる部位で,ウラガンキンは,溶岩でアゴをコーティングしてちょっとずつ堅く大きくしていくとのこと。
 ウラガンキンは成体になると岩石を主食にするのだが,大量の岩を砕いて食べやすくするためにアゴを大きくしていると言われているそうだ。もう一つの説としては,ウラガンキンは自重があるモンスターであるものの,二本の足で体を支えなければいけないため,尻尾とのバランスを取るためにアゴを大きくしているという。また,回転するときに真ん中に重心があったほうが安定するというのも,アゴを大きくする理由のようだ。
 ウラガンキンの背中の突起は,回転するときに地面をグリップしやすくするために発達している部位とのこと。また,背中の突起は人における爪のように,成長するとどんどん伸びていくそうだ。伸びすぎると気持ち悪い(?)ため,転がることで突起を削って長さを調整していると説明された。ちなみに,ウラガンキンの幼体は,うまく転がれないため,斜面を使って回転の練習をするそうだ。
 また,ウラガンキンは食した鉱石がそのうち体の表面に現れるとのこと。雄は繁殖期になると,きれいな鉱石を食べて体の表面をつややかにすることで雌にアピールをするという。ウラガンキンは雌雄の区別が付けにくいモンスターなのだが,繁殖期につややかな体表の固体は雄であるかもしれないとのことだ。

モンスターハンター3(トライ)
モンスターハンター3(トライ)
・アグナコトル
 火山に生息するアグナコトルは,鱗の隙間から不燃性の体液を出し続けることで,外殻が燃えたりすることなしに,長時間溶岩の中を泳げるという。また,溶岩を身にまとうことで外敵から身を守るという意味もあり,体表も溶岩を溜めやすいような仕組みになっているそうだ。
 また,アグナコトルはクチバシが特徴的な形をしており,岩盤を砕くほど力が強い。これは,火山に生息する生物は外殻が堅く発達しやすい傾向にあるため,そういった生物を捕食するアグナコトルは,外殻を割って中の柔らかい肉をほじくり出して食べやすいよう,あのような形に進化したのではないかと言われているそうだ。
 アグナコトルのクチバシを鳴らす行為については,子供とのコミュニケーションや外敵への威嚇など,信号の一種だといわれているとのこと。
 そのほか,火山に生息する小型モンスターのウロコトルは,アグナコトルの幼体である。ウロコトルは地上で主に生息しているのだが,これは鱗や不燃性の体液といった身を守る仕組みが未発達のため,あまり長時間溶岩の中に潜っていられないのが理由だそうだ。また,体表も未発達で溶岩を身にまとえないので,あまり堅くないとの説明があった。

モンスターハンター3(トライ)
・ナバルデウス
 藤岡先生によれば,“大海竜”ナバルデウスは謎めいたモンスターで,生態もはっきりしていない古龍に分類される。
 ナバルデウスの目撃例は少ないがさまざまな言い伝えが残っており,海の中で白く発光する姿から「海に浮かぶ月」と言われたり,立ち上がると巨人のようにも見えるため「海の巨人」と言われたりしているという。「新月」「神」といった言葉を総じて「ナバルデウス」という名前になったとのことだ。
 また,ナバルデウスが発光すると大漁になることがあるため,豊漁祈願の象徴としてあがめられたり,地震で起きた大津波で村が丸ごと飲み込まれるような災害を引き起こすことから畏れられていたりと,地域によってさまざまな言い伝えがあるそうだ。

モンスターハンター3(トライ)
・Q&Aコーナー
Q:ウラガンキンの背中のトゲって,鱗の一種なんですか? それとも骨なんでしょうか?

A:先ほど触れましたけど,どちらかというと外殻なので,鱗の一種みたいなものですね。がんがん食べた鉱石が体表に出てきているので,ちょっとギラギラしている感じで。

Q:ウラガンキンって,背中のデコボコがなくなると転がれなくなってしまうんですか?

A:皆さん背中に大注目ですね(笑)。うまく転がるためにああいった形状をしているので,やはりなくなってくるとうまく転がれなくなるんじゃないでしょうかね。ハンターに部位破壊されるとうまく転がれなくなっちゃって可哀想ですね(笑)。

Q:アグナコトルとウラガンキンが戦ったら,どちらが勝ちますか?

A:
小嶋助手:
 やっぱりアグナコトルじゃないかなと僕は思います。

藤岡先生:
 僕はウラガンキンですね。自分がやっていてもやばいなって,緊張感が違う気がしているので,ウラガンキンが強かろうと。

小嶋助手:
 アグナコトルは飛び道具とか潜れるとか,そうそうウラガンキンにはひけを取らないかなと思うわけですよ。

藤岡先生:
 潜っていても,背びれが出たときにアゴでがーんってやれますからね。

小嶋助手:
 そこはね,僕も危惧しているんですよ。それを出されるとアグナコトルもやばいかなと。そこを上手いことね,避けてもらえればと。

藤岡先生:
 そもそも,岩を割っちゃうようなアゴをしているんで,あんな溶岩ごときの外殻じゃ。

小嶋助手:
 こちらのクチバシも,岩盤砕いちゃいますよ。……っていう感じで,お互いの好きなモンスターの言い合いしかできないので難しいですよね。というわけで個体差です(笑)。

藤岡先生:
 いろんな妄想を膨らませてもらえればと思います。

Q:先日,火山で幻のウラガンキンを見ました。すごく小さくて可愛かったです。もし村に連れて帰って飼うとして,飼育上の注意があったら教えてください。

A:通称チビガンキンちゃんですね。まず土地は要りますね。転がらないといけないんで,坂を用意してください。あとは大量の岩石をがんがん食べさせてください。男の子だったら,きれいな岩をたくさん用意したら可愛くなるかもしれません。きれいにならなかったら女の子でハズレだ,みたいな。非常にブリーダー泣かせですね(笑)。そこが一番の注意点かもしれませんね。
 あと,バンバンやるんで,下の人とか大家さんには事前に言っておいたほうがいいですね。ウラガンキン禁止ってところがあるかもしれませんし(笑)。

教えて藤岡先生の最後には,イラストコンテストから開発者お気に入りの作品を紹介
モンスターハンター3(トライ) モンスターハンター3(トライ)

モンスターハンター3(トライ)
 そのほか,モンハン部スペシャルステージでは,携帯電話向けの公式ファンクラブ「モンハン部」,9月30日に発売されたCD「モンハン音楽部」,10月26日に開催される「オレたちモンハン部SPイベント」などの紹介が行われたり,PSP「モンスターハンターポータブル 2nd G」の“女子ハンター大会”(ババコンガ討伐訓練),“親子ハンター大会”(イャンクック亜種討伐訓練)の優秀チーム表彰が行われたりしていた。
 また,「MHP2G」のリアル集会所や「モンスターハンター ハンティングカード」大会,モンハン屋台やモンハン占いなどなど,さまざまな催し物を,来場した多くの人達が楽しんでいた。

モンスターハンター3(トライ)
モンスターハンター3(トライ)

最後のステージイベントは,さまざまなグッズが抽選で当たる“お楽しみ抽選会”。ロジクール製キーボードが10名,狩人麺(ハンターメン)が33名,カリケシ(全種セット)が1名に当たった

 「モンスターハンターフェスタ’09」福岡大会は,他会場には及ばないものの,2008年に博多で行われたときの来場者数(2500人)を遥かに超える4000人もの来場者が訪れた。4Gamerでもフェスタ’09レポートは4会場目となるが,ファンなら楽しめること請け合いのイベントである。
 10月11日には地区大会のシメを飾る札幌大会が開催される。入場は無料なので,近郊在住で興味のある人は足を運んでみよう。ちなみに,4Gamerでは本イベントをプロデュースしている「モンスターハンター3(トライ)」アシスタントプロデューサーの小嶋慎太郎氏のインタビューを掲載済みだ。インタビューを読んでから会場を訪れれば,フェスタをさらに楽しめるようになると思うので,来場予定の人は,ぜひ目をとおしてもらいたい。

「モンスターハンター3(トライ)」アシスタントプロデューサー小嶋慎太郎氏に聞く,「モンスターハンターフェスタ」の裏話と今後の展開


モンスターハンター3(トライ) モンスターハンター3(トライ) モンスターハンター3(トライ)

  • 関連タイトル:

    モンスターハンター3(トライ)

  • 関連タイトル:

    モンスターハンターG

  • 関連タイトル:

    モンスターハンターポータブル 2nd G

  • 関連タイトル:

    モンスターハンターポータブル 2nd

  • 関連タイトル:

    モンスターハンターポータブル PSP the Best 

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月01日〜10月02日
タイトル評価ランキング
83
81
マリオカート8 (Wii U)
78
FREE JACK (BROWSER)
73
2014年04月〜2014年10月